FC2ブログ

02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

父さんの都内散歩・御朱印巡り 王子稲荷神社 (2019年2月2日)(東京都北区区) 

2月2日

この日は、王子に出かけました。

装束稲荷神社をあとにして、向かった先は................王子稲荷神社。


王子稲荷神社は東京都北区岸町に鎮座する神社です。


荒川流域が広かった頃、その岸に鎮座した事から、
古くはは岸稲荷と名付けられました。
また、治承四年に源頼朝より奉納を得たとされています。
(社伝には「康平年中、源頼義、奥州追討のみぎり、深く当社を信仰し、
関東稲荷総司とあがむ」 とあるそうです。)

「関東八州」の稲荷の総社と紹介されるようになっているようですが、
元来は東国三十三国の稲荷総司の伝承をもっていたそうです。

毎年大晦日の夜、諸国のキツネ、社地の東である古榎の辺り()に集まり、
装束を改めるといい、江戸時代は狐火で有名でした。




御祭神は、宇迦之御魂神・宇気母智之神・和久産巣日神。



この日は、初午。
王子稲荷神社の例祭日で、王子駅から王子稲荷神社に至る参道には
縁日の屋台が数多く並んでいます。

       20190202王子稲荷神社01


       20190202王子稲荷神社02


       20190202王子稲荷神社03

おまけに、土曜日だから人も多い。


こちらは社号標。

       20190202王子稲荷神社04



神門。

       20190202王子稲荷神社05



神門の先には鳥居。。
そして石段を上がれば社殿が待ち構えているが
今日は鳥居の前で警備員が待ち構えていて、参拝規制。

       20190202王子稲荷神社06



手水舎だと思うのだが、なぜかシートが掛けられている。

       20190202王子稲荷神社07



横に五人が並び、列を作って参拝の順番待ち。

       20190202王子稲荷神社08



順番が来て、石段を上がると、神使いの狐お出迎え。

      20190202王子稲荷神社09



でも社殿前はやはり、人、人、人..............。

       20190202王子稲荷神社10

正直、こうな感じで混んでいるのは苦手。



社殿前の狛犬。

      20190202王子稲荷神社11

稲荷神社だからって、狐だけじゃありません。
狛犬もしっかりと居ました。


社殿正面。

      20190202王子稲荷神社12



向拝の彫刻。

      20190202王子稲荷神社14



拝殿正面の扁額。

      20190202王子稲荷神社15



しかしながら、拝殿までの列は長い。
なかなか拝殿まで辿り着けない。

      20190202王子稲荷神社13



拝殿内部。

      20190202王子稲荷神社16



こちらが、本殿(だと思う。ちょっと記憶が曖昧。)

      20190202王子稲荷神社17




社殿脇にも参道口。

      20190202王子稲荷神社18

こちらから入れば、横入りの参拝が出来そうだけど
やっぱり、正面から行儀よく並びましょう。




こちらは、拝殿の右脇の本宮。

      20190202王子稲荷神社19


      20190202王子稲荷神社20

こちらも列が出来ている。

さらにその奥も行列。

      20190202王子稲荷神社21



この先には、『御石様』。
『御石様』目当ての行列です。

      20190202王子稲荷神社22



持ち上げた際に重く感じるか?
はたまた、軽く感じるか?
その結果で願い事の成就を占う「おもかる石」が在ります。

      20190202王子稲荷神社23


      20190202王子稲荷神社24


こちらの大きな石を持ったら、思った以上に重くて、腰に痛みが来た。

      20190202王子稲荷神社25

まだまだ努力が足りないようです。



御石様の脇には、境内社の亀山稲荷神社・嬉野森稲荷神社・北村稲荷神社の三社殿。

      20190202王子稲荷神社26


  
 
御石様の横に階段があり、その階段を上った先には小さな石祠。

      20190202王子稲荷神社27

この石祠の脇には、この地に住みついていた狐の住処だったという『お穴様』が在る。



『お穴様』の位置から『御石様』を見下ろします。

      20190202王子稲荷神社29

まだまだ、『御石様』の列は続きます。    



社殿前から見下ろす石段の行列。

      20190202王子稲荷神社30
      
ものすごい行列。
たった30分の差でこんなに並ぶとは...............



こちらは、社殿前の石段下に鎮座する市杵島神社。

      20190202王子稲荷神社28


王子稲荷神社初午の名物、初午祭凧市。

      20190202王子稲荷神社31

火除の凧が売られています。
風を切って空高く上がる凧に火除の願いをのせたのが、火除凧の始まりだったようです。


お札を求める人が多いのか?
授与所の前にも行列。

      20190202王子稲荷神社32



こちらが、王子稲荷神社の御朱印。

      20190202王子稲荷神社33

御朱印はあまり人気がないのか?
書き置き版でしたが、並ぶ人もいなくて、すぐに拝受出来ました。






スポンサーサイト



2019/03/24 Sun. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

父さんの都内散歩・御朱印巡り 王子装束神社 (2019年2月2日)(東京都北区) 

2月2日

この日は、びいすけ には申し訳ないけれど
留守番をしてもらい、都内に出かけました。

都営1日乗車券を買ったから、都電に乗りまくる予定です。
『宮の前』から都電にのって、『王子駅前』にて下車。

向かった先は................装束稲荷神社。


装束稲荷神社は、東京都北区王子に鎮座する神社です。


その昔、関東全域にいる稲荷のお遣いである狐たちが、
この地にある榎の木の下に集まり、衣装を整え
「王子稲荷神社」に向かった場所と言い伝えられています。



御祭神は。宇迦之御魂神。


こちらが、装束稲荷神社。
王子の商店街の片隅に鎮座する装束稲荷神社。
思っていたより小さい。

      20190202装束稲荷神社01


   
境内には幟が多く立つ。

      20190202装束稲荷神社02



比較的早めに訪れた(9時半ごろ?)つもりだけど
既に参拝客の列。

      20190202装束稲荷神社03



こちらが手水舎。

      20190202装束稲荷神社04


社殿正面。

      20190202装束稲荷神社05

普段は閉ざされている社殿。
この日は初午。年に数回しか開かない日の一つらしい。
よく見えないけれど、社殿中央には木造の像があるらしい。



社殿正面の扁額。

      20190202装束稲荷神社06


      20190202装束稲荷神社07



社殿前には、神使いの狐。

      20190202装束稲荷神社16



社殿脇には装束榎の碑。

      20190202装束稲荷神社08

榎の木は枯れてしまったようですが、
その昔、神使いである狐たちが、この場所に集まっとされています

現在では『王子 狐の行列』と称し、ここからスタートします。
 
『王子 狐の行列』とは..............

まいとし、12月31日の大みそか、除夜の鐘を合図に
キツネのお面や装束をまとった人々が来年の豊作と火防と併せて、
商売繁盛を祈願し、装束稲荷神社から王子稲荷神社まで練り歩く行事です。



『王子の狐』を詠んだ句碑。

      20190202装束稲荷神社18




装束稲荷神社は普段は無人。
初午祭、二の午祭のときだけ社務所が開いて
御朱印をいただけます。


時刻は9時半過ぎ。
既に社務所には列が出来ている。

      20190202装束稲荷神社09


 
授与品。

      20190202装束稲荷神社10



こちらが御朱印。

      20190202装束稲荷神社11

今年も書き置き版にて対応。
墨書きと違って待つ時間が短いから、
混んでいてもさほど苦ではない。


社務所の隣では、栃尾の油揚げも売られている。

      20190202装束稲荷神社12



こちらが、装束稲荷神社の御朱印。

例年、2月の初午の日に限られ、御朱印が拝受され
書き置き版になりますが、昨年は2種類でした。

今年は、何と3種類。


こちらが、『火防の凧』の御朱印。

      20190202装束稲荷神社13



書き手によって書体の違う御朱印。

      20190202装束稲荷神社14


      20190202装束稲荷神社15


2枚目と3枚目の違いは書体のようです。


実はこの日、王子に来たのはここ装束神社が目的。
なんと言っても年に1回しかないチャンスですからね。

とりあえず、当初の目標達成です。


2019/03/24 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit