FC2ブログ

02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

父さんの都内散歩・御朱印巡り 駒込日枝神社 (2019年1月25日)(東京都豊島区) 

1月25日

この日は、遅番勤務。
12時出勤だから、出勤前のフリーな時間を使って都内散歩。
御朱印目的の神社巡りです。

上田端八幡神社をあとにして、山手線の駒込駅方面へと向かいます。
田端から駒込は山手線で一駅。
歩いても意外に近い。

向かった先は....................駒込日枝神社。


駒込日枝神社は、東京都豊島区駒込に鎮座する神社です。


江戸時代初期の慶長年間以前に、現在の赤坂・山王日枝神社を勧請し
創建されたと伝えられ、旧・駒込村字新屋敷の鎮守でした。
台地の突端が鎮座地であるため、東側が拓けていて美しい朝日が臨めたことから、
古くは朝日山王宮と呼ばれていました。


御祭神は、大山咋神・素戔嗚尊・大己貴尊・少彦名尊。



こちらが社号標。

      20190125駒込日枝神社01

この社号標の右側が東方面となり、ちょっとした崖となり
東方向の眺望に長けていて、昇る朝日が美しかったのでしょう。


神社社頭。

      20190125駒込日枝神社03



鳥居の前に建つ説明板。

      20190125駒込日枝神社02



鳥居脇の狛犬。    

      20190125駒込日枝神社04


      20190125駒込日枝神社05



手水舎。

      20190125駒込日枝神社06



こちらが社殿。

      20190125駒込日枝神社07

ちょっぴり小ぶりでも立派な社。


社殿正面。

      20190125駒込日枝神社08



別アングルからの社殿。

      20190125駒込日枝神社09


      20190125駒込日枝神社10



境内社。

      20190125駒込日枝神社11


      20190125駒込日枝神社12


      20190125駒込日枝神社13



神輿庫。

      20190125駒込日枝神社14



境内の隅には古い石塔。
ひょっとしたら古い石造りの鳥居の残骸?

      20190125駒込日枝神社16


こちらは、朝日山王宮と記された古い社号標。

      20190125駒込日枝神社17



手前のプレハブのような建物が社務所ですが、閉まっています。

      20190125駒込日枝神社15

どうやら、普段は無人の神社のようです。


肝心の御朱印ですが、近くの本務社で拝受できます。

      20190125駒込日枝神社18


本務社の大國神社で拝受いたしました。



スポンサーサイト



2019/03/20 Wed. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

父さんの都内散歩・御朱印巡り..........................上田端八幡神社 (2019年1月25日)(東京都北区) 

1月25日

遅番勤務のこの日。
12時勤務だから、出勤前の時間を利用して都内散歩。
御朱印拝受の神社巡りをしました。


田端神社をあとにして、向かった先は................上田端八幡神社。


上田端八幡神社は、東京都北区田端に鎮座する神社です。

北区田端(旧・田端村)には、八幡神社が2社鎮座しています。
田端神社は現在の田端二丁目に鎮座し、上田端八幡神社は田端四丁目に鎮座しています。
旧田端村が台地上の上田端と崖下の下田端という、ふたつの地域に分かれていたため
当初は、一つの八幡神社が二つの八幡神社に分かれてしまったとも言われていますが
ひょっとしたら、それ以外にも諸般の大人の事情があったのかもしれません。

元々は一つの神社だった事から由緒も田端八幡神社と同じように
文治5年(1189年)、源頼朝が当地の豪族・豊島氏らと共に奥州藤原氏を討伐(奥州合戦)し、
その帰路に当地に立ち寄り、鎌倉・鶴岡八幡宮を勧請し、分霊したものとされています。


御祭神は、品陀別命。



神社社頭の一の鳥居。

      20190125上田端八幡神社01



鳥居に掲げられた神額。

      20190125上田端八幡神社02


  

鳥居の脇には、上田端八幡神社の説明板。

      20190125上田端八幡神社03



参道の由緒書き。

      20190125上田端八幡神社04



御神木の立ち並ぶ参道を社殿へと向かいます。

      20190125上田端八幡神社05
    20190125上田端八幡神社06
 20190125上田端八幡神社07



こちらが、二の鳥居。

      20190125上田端八幡神社08



拝殿。

      20190125上田端八幡神社09



拝殿正面。

      20190125上田端八幡神社10



別アングルからの拝殿。

      20190125上田端八幡神社11


      20190125上田端八幡神社12



拝殿前に置かれた手水鉢。

      20190125上田端八幡神社13


拝殿前の狛犬。

      20190125上田端八幡神社14


      20190125上田端八幡神社15



そして、こちらが本殿。

      20190125上田端八幡神社16


   

境内社。

      20190125上田端八幡神社17


      20190125上田端八幡神社18


      20190125上田端八幡神社19



神輿庫。

      20190125上田端八幡神社20


      20190125上田端八幡神社21


      20190125上田端八幡神社22



参道の板碑。

      20190125上田端八幡神社23



こちらが社務所。

      20190125上田端八幡神社24

御朱印はこちらで拝受出来ます。



御朱印を待つ間、境内の古木を眺めてみます。

       20190125上田端八幡神社25
      20190125上田端八幡神社26
      20190125上田端八幡神社27


30年近く前の田端の街を知っているけれど、
田端の街もかなり変わって、表通りは見違えるようになった。
でも、この上田端神社の古木の御神木は、
遷りゆく街を見てきたんでしょうね。

      20190125上田端八幡神社28




こちらが上田端八幡神社の御朱印。

      20190125上田端八幡神社29


2〜3年前に参拝された方のブログを拝見すると、宮司さんが高齢のため
セルフ方式の御朱印と書かれていたけれど、墨書きの御朱印対応をしていただきました。

見た感じ、高齢の方では無かったため、
ひょっとしたら、宮司さんが代替わりしたのかな?




2019/03/20 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit