FC2ブログ

02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

御朱印巡り.........................金江津側高神社  (2018年1月20日)(茨城県稲敷郡河内町) 

1月20日   

この日、茨城県の利根川沿いにある河内町に出かけたのは
金江津 側高神社に行くためでした。

普段は無人の神社ですが、1月20日は宮司さんが神社にいらっしゃると言う事で
都合の良い時間である朝9時半頃と指定を受けて、この日訪れました。

金江津 側高神社は、稲敷郡河内町金江津に鎮座する神社です。


文永年間(1264年~1274年)のある朝、漁をしていた男に白髭の翁が現れ、
「吾は大倉の神ぞ。われを厚く祀れば諸難、殊に火難を除くべし」と告げて消えました。
すぐさま男は村人に諮り、大倉(香取市)の側高神社の御分霊を迎え大嶋川岸に祀り、
鎮守の神としのが始まりとされています。

御祭神は、 天津彦火火出見命。


こちらが、一の鳥居。

      20190120側高神社01



一の鳥居に掲げられた神額。

      20190120側高神社02



手水舎。

      20190120側高神社03



二の鳥居。

      20190120側高神社04


境内の参道。

      20190120側高神社05



神社幟。

      20190120側高神社06

神社幟が立っているということは、この日は例祭日でしょうか?




こちらが、拝殿。

      20190120側高神社07



拝殿正面。

      20190120側高神社08



別アングルからの拝殿。

      20190120側高神社09



そして、こちらが本殿。

      20190120側高神社10



本殿の説明板。

      20190120側高神社11

この本殿は、河内町の指定文化財になっているようです。



拝殿前の天水桶。

      20190120側高神社12



その脇には狛犬。

      20190120側高神社13


      20190120側高神社14



こちらは、境内社の稲荷神社。

      20190120側高神社15



同じく境内社の皇大神宮。

      20190120側高神社16



境内の石祠。

      20190120側高神社17


      20190120側高神社18



石祠に混じって、青面金剛刻像 。

      20190120側高神社19

このあたりは、神仏習合の名残りが色濃い。



板碑も多く建ち並ぶ。

      20190120側高神社20


      20190120側高神社21


      20190120側高神社23


      20190120側高神社24



戦没者碑。

      20190120側高神社22

いわゆる忠魂碑。



こちらが、御朱印。

      20190120側高神社25


拝殿内で宮司さんに墨書きしていただきました。
氏子さんたちが集まる直前の、多忙な時間を割いて頂きました。
ありがとうございました。





スポンサーサイト



2019/03/15 Fri. 15:15 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて................金江津小学校    (2019年1月20日)(茨城県稲敷郡河内町) 

1月20日  

この日は、茨城県の河内町にやって来ました。

平成30年の春に河内町に新しく小中一貫校が開校しました。
それにともない、既存の小学校3校が廃校となりました。
今回は、その3校を訪ねる為に河内町にやって来ました。

その第3弾は、....................河内町立金江津小学校。


金江津小学校は、

明治9年        千葉県香取郡金江津村に仮校舎にて学校創立。
           公立金江津小学校と称する。
明治20年       金江津村立金江津尋常小学校と改称する。
明治32年       県域変更にて金江津村が茨城県稲敷郡に編入する。
           茨城県稲敷郡金江津村立金江津尋常小学校と改称する。
昭和22年       学制改革により、金江津村立金江津小学校と改称する。
昭和33年       金江津村が河内村に編入する。
           河内村立金江津小学校と改称する。
昭和34年       片巻分校、田川分校、十三間戸分校が本校に統合され廃校になる。
平成8年        河内村が町制施行して河内町が誕生。
           河内町立金江津小学校と改称する。
平成30年       金江津小学校、みずほ小学校、生板小学校が合併して小中一貫校 かわち学園が誕生。
           金江津小学校は廃校となる。


と、このような沿革となっています。



こちらか、金江津小学校の正門跡。

      20190120金江津小学校01


門柱に残る表札。

      20190120金江津小学校02



正門脇のブロック塀には横断幕。

      20190120金江津小学校03

地元に愛された小学校のようですね。


正門近くの校庭より眺める校舎。

      20190120金江津小学校04



別アングルからの校舎。

      20190120金江津小学校05


      20190120金江津小学校06



校舎の正面玄関。

      20190120金江津小学校07


玄関の庇には、校名と校章。

      20190120金江津小学校08



金江津小学校の校章。

      20190120金江津小学校09



校舎前の国旗掲揚ポール。

      20190120金江津小学校10



校訓の碑。

      20190120金江津小学校11


いっしゅ、二宮像に見えたけど違っていた。

      20190120金江津小学校12

男女の子供の像。
タイトルは『大志』。

少年よ、大志を抱け! って言うやつですね。



正門脇で、二宮像を発見!

      20190120金江津小学校13


      20190120金江津小学校14



こちらが、日常的に使われていた門になるのか?

      20190120金江津小学校15


表札もこちらの方が新しい。

      20190120金江津小学校16



隣接する認定こども園。

      20190120金江津小学校17


かつては、河内町金江津保育所だったようです。

      20190120金江津小学校18

今や、保育所や保育園も地方自治体によっては民間委託している自治体も多い。
こちらもそうなんでしょうか?


こども園や保育所の表札が掛かる古い門柱。

      20190120金江津小学校19

これらの門柱は、金江津小学校の門柱だったんでしょう。



こちらは、体育館。

      20190120金江津小学校20



校庭に残る遊具類。

      20190120金江津小学校21


      20190120金江津小学校22


      20190120金江津小学校23


      20190120金江津小学校31


      20190120金江津小学校24


      20190120金江津小学校25


      20190120金江津小学校26




校舎の傍には朝礼台。

      20190120金江津小学校27



使われなくなったローラー。

      20190120金江津小学校28



なぜか、校庭にポツンとスケートボード。

      20190120金江津小学校29



きっと誰かが忘れていったのでしょう。

      20190120金江津小学校30


 
みずほ小学校(源清田小学校)、生板小学校、金江津小学校と
明治初期から続く伝統ある小学校が、3校も同時に廃校となった河内町。    
伝統か?
合理化か?
難しい選択肢の中で、新設された小中一貫校が
上手くいくことを願っています。



2019/03/15 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit