FC2ブログ

02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

父さんの都内散歩・御朱印巡り...............《 築士神社 》 (2019年1月8日)(東京都千代田区) 

1月8日

この日は、午前中に健康診断。
午後からは都内の散歩。
都内の神社の御朱印巡りの散歩です。


東京大神宮をあとにして、向かった先は..............築土神社。


築土神社は、東京都千代田区九段北に鎮座する神社です。


天慶3年(940年)、江戸の津久戸村(上平川村、現:千代田区大手町一丁目将門塚付近)に
平将門の首を祀り、塚を築いたことから「津久戸明神」として創建されたとされ、
室町時代に太田道灌により田安郷(現:千代田区九段坂上)へ移転させられて
以降は「田安明神」とも呼ばれ、日枝神社、神田明神とともに
江戸三社の一つにも数えられることもありました。

元和2年(1616年)に江戸城の拡張工事により、
筑土八幡神社隣接地(現:新宿区筑土八幡町)へ移転し、
「築土明神」と呼ばれました。

明治7年(1874年)天津彦火邇々杵尊を主祭神として「築土神社」へ改称し、
300年以上の間、筑土八幡神社と並んで鎮座していましたが、
昭和20年(1945年)の東京大空襲によって全焼してしまいます。
昭和29年(1954年)、現在の九段中坂の途中にある世継稲荷境内地へ移転しました。


創建時の祭神・平将門に因み、武勇長久の神社として親しまれ、
千代田区北の丸公園にある日本武道館の氏神でもあります。

江戸時代の文献によれば、平将門の首(頭蓋骨や髪の毛)そのものが安置されていたといわれ、
数ある将門ゆかりの社寺の中で、将門信仰の象徴的神社となっていたそうです。


御祭神は、天津彦火邇々杵尊。

明治以前は平将門を主祭神としていましたが
現在は、天津彦火邇々杵尊を主祭神とし、
平将門、菅原道真を配祀しています。



東京大神宮から、目白通りを歩き築土神社を目指します。
目白通りから一本内に入ると、やがて現れる社号標。

      20190108築土神社01


  
こちらのビルが神社?

      20190108築土神社02

よく見ると、ビルの一部が鳥居になっている。
(って言うか、ビルの1、2階部分に鳥居が建てられている)



ビル正面が神社社頭になるんですね。

      20190108築土神社03

いかにも都心の神社って言う感じです。


鳥居に掲げられた神額。

      20190108築土神社04



鳥居前に鎮座している狛犬。

      20190108築土神社05


      20190108築土神社06



その狛犬の説明板。

      20190108築土神社07


手水舎。

      20190108築土神社08



定番の龍の吐出口。

      20190108築土神社09


   

社殿前の狛犬。

      20190108築土神社10


      20190108築土神社11



こちらが、拝殿。

      20190108築土神社12



拝殿正面に掲げられた扁額。

      20190108築土神社13



拝殿正面内部。

      20190108築土神社14



別アングルからの拝殿。

      20190108築土神社15




そして、こちらが本殿。

      20190108築土神社16


拝殿正面に飾られた提灯。

      20190108築土神社17



境内社。

      20190108築土神社18



こちらが、社務所。

      20190108築土神社19



どして。こちらが御朱印。

      20190108築土神社20


書き置き版ですが、社務所にて拝受いたしました。



スポンサーサイト



2019/03/07 Thu. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

父さんの都内散歩・御朱印巡り...............《 東京大神宮 》 (2019年1月8日)(東京都千代田区) 

1月8日

この日は、都内で健康診断。
10時45分からの健康診断もお昼頃に終わった。
バリウムを飲んだからお腹の調子もイマイチ。
急いで帰っても仕方がないし、
せっかくだから、お腹と相談しながら都内を散歩いたしましょう。

という事で、御茶ノ水駅から飯田橋まで黄色い電車。
飯田橋駅からは徒歩で向かった先は.........................東京大神宮。


東京大神宮は、東京都千代田区富士見に鎮座する神社です。


江戸時代より伊勢神宮への参拝は人々の生涯かけての願いであり、
明治の新国家が誕生すると、明治天皇のご裁断を仰ぎ、
東京における伊勢神宮の遥拝殿として明治13年に有楽町の大隈重信邸跡に落成した
皇大神宮遙拝殿が起源であり、一般には「日比谷大神宮」
もしくは、「日比谷皇大神宮」と称されました。
明治政府の宗教政策転換により神宮司庁と神宮教院が分離すると、
神宮教院に属していた本神社は、大神宮祠、神宮奉斎会本院と幾度か改称しました。
大正12年の関東大震災で被災し、昭和3年に現在地に移転して飯田橋大神宮と呼ばれました。
昭和21年東京大神宮に改称しました。

現在広く行われている神前結婚式は、東京大神宮の創始によるものであり、
東京大神宮は縁結びの神社として、若い女性を中心に多くの参拝者を集めているそうです。



御祭神は、天照皇大神、豊受大神。



目白通り沿いに建つ立派な社号標。

      20190108東京大神宮01



こちらが社頭の社号標。

      20190108東京大神宮02



神社社頭。

      20190108東京大神宮03


      20190108東京大神宮04



由緒書き。

      20190108東京大神宮05



手水舎。

      20190108東京大神宮06

『東京のお伊勢さん』と呼ばれるだけあって、
この日も平日ですが、多くの参拝客が集まっていて、
手水舎にも行列。


空いていようが、混んでいようが
手水舎の定番は龍の吐出口。

      20190108東京大神宮07



手水舎の先には神門。

      20190108東京大神宮08



神門には 謹賀新年 の提灯が並ぶ。

      20190108東京大神宮09



神門の先は拝殿。

      20190108東京大神宮10



拝殿正面。
拝殿にも多くの参拝客が並びます。

      20190108東京大神宮11



別アングルからの拝殿。

      20190108東京大神宮12


      20190108東京大神宮13



そして、こちらが本殿。

      20190108東京大神宮15



拝殿に正面に掲げられた提灯。

      20190108東京大神宮14


     
御朱印とお札専用の授与所前にも長い列。

      20190108東京大神宮16


整理札(券)を貰って、順番を待ちます。

      20190108東京大神宮17



仮設の授与所にも人だかり。

      20190108東京大神宮18


基本的には混んでいるのは苦手。
人混みは避けたいもの。

しばし、境内の隅に退避(笑)。

      20190108東京大神宮19



頃合いを見計らって、御朱印を引き取りに...............


こちらが、東京大神宮の御朱印。

      20190108東京大神宮20


手水舎から列に並び、参拝も列に並び、御朱印も順番を待ちました。
それらを合わせると、意外に時間が掛かりました。
都内のメジャーな神社はこの時期は避けた方が賢明かも...........?




2019/03/07 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit