FC2ブログ

02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

今週はコレ! 《  CITIZEN SEVEN STAR Deluxe 》   (2019年1月7日) 

1月7日  

毎週月曜日に着け替えている腕時計。

今週は こちら ↓

      20190107CITIZEN01



CITIZEN  SEVEN STAR Deluxe

日本が世界の誇る時計メーカーでもあるCITIZEN。
そのCITIZENの機械式自動巻の腕時計です。

1960年代に発売されたCITIZEN  SEVEN STAR シリーズ。
ライバルのSEIKOがSportsmatic5シリーズ(後のSEIKO 5シリーズ)を
エントリーモデルとして展開したように、
CITIZENはこのSEVEN STAR シリーズをエントリーモデルとして展開していきました。


当時、SEVEN STARシリーズは様々なデザインが作られ人気を博した、若者向けのシリーズで
SEIKOのSpotsmatic5のライバルモデルの位置付けだったようです。
そのSEVEN STARシリーズの中でもクリスタル風防のモデルに
Deluxeと言う名称が付けられたようです。
 
ちなみに、SEVEN STARとは7つ星。
すなわち7つの特徴を持ったモデルと言うことです。

その7つの特徴とは?

① CITIZENが誇る強力防水 パラウォーター。
② わずかな腕の動きで巻き上げる自動巻。
③ 一目でわかる日付曜日付き。
④ CITIZEN独自の日付早修正装置付き。
⑤ CITIZENの開発した3P装置付き。
PARASHOCK 強力耐震装置
PHYNOX 切れないゼンマイ
PROFIX 保油装置
⑥ 腕にぴったり馴染むように設計されていて
活動的な若い人にふさわしいダイナミックなデザイン。
⑦ バンドの調整方法に改良が加えられ、バンド調整が非常に簡単。

そして、Deluxeには
⑧ ガラスに硬質で高い透明性を持ち、
防水性も高いクリスタルを採用。

完全にSEIKO 5を意識していますね。



以前、21石モデルを紹介しましたが(その時の記事は こちら
こちらは23石モデル。

      20190107CITIZEN02



ベルトは社外品。

      20190107CITIZEN03


でも無垢のステンレスに大きなドットの穴が開いている。
実は、このベルトもお気に入り。

ヤフオクで中古で手に入れたもの。
確か当時、5千円もしなかった格安の逸品です。

細かな傷はあるものの、時計の機能はバッチリ。
前日にゼンマイを巻いて放置していても
大幅な狂いもなく時刻もバッチリ。

      20190107CITIZEN04


竜頭はCITIZEN らしく『C』の刻印。

      20190107CITIZEN05



ケーズ裏蓋。

      20190107CITIZEN06



さぁ、腕につけてみましょう。

      20190107CITIZEN07


      20190107CITIZEN08
使い込まれた感は否めないけれど
逆にそれが古い腕時計の醍醐味、味って言うモノ。


さぁ、今週も頑張りましょう! って、これって今年初めての腕時計の記事。
今年も頑張りましょう!!




スポンサーサイト



2019/03/01 Fri. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

父さんの都内散歩・御朱印巡り...............柳原稲荷神社 (2019年1月4日)(東京都足立区) 

1月4日

この日は遅番勤務。
12時からの出勤だけど、いつもよりちょっと早めに家を出て
足立区の神社巡り。御朱印と七福神巡りの散歩を済ませ
もうちょっと時間もあったので、さらに神社に訪問。

向かった先は.....................柳原稲荷神社。


柳原稲荷神社は、東京都足立区柳原に鎮座する神社です。


創建年代は不詳ですが、社伝によれば慶長11年(1606年)に当地を巡察した徳川家康が、
楊柳が繁り、一面青々として神聖な土地と感じ、江戸城の鬼門除けとして創建させたと言われ、
そのため、現在も社殿は東北(鬼門)の方角を向いています。
天明6年(1786年)洪水で社殿が流失しましたが、寛政6年(1794年)に再建されました。


御祭神は、宇迦之御魂神。



晴天の空に颯爽とはためく神社幟。

      20190104柳原稲荷神社01


  

こちらが社号標。

       20190104柳原稲荷神社02



一の鳥居。

      20190104柳原稲荷神社03



手水舎。

      20190104柳原稲荷神社04



社殿

拝殿前には二の鳥居。

      20190104柳原稲荷神社05



拝殿正面。

      20190104柳原稲荷神社06



別アングルからの拝殿。

      20190104柳原稲荷神社07



そして、こちらが本殿。

      20190104柳原稲荷神社08


  
拝殿正面に掲げられた提灯。

      20190104柳原稲荷神社09


拝殿側面には、奉納扁額。

      20190104柳原稲荷神社10



社殿の右脇には富士塚。

      20190104柳原稲荷神社11

この富士塚は足立区の登録有形民俗文化財に登録されている。



富士塚には境内社の富士浅間神社(木花咲夜比売神)が祀られています。

      20190104柳原稲荷神社12

大正9年頃に柳原村を中心に結成された富士講によって、
昭和8年に富士浅間神社より勧請されました。
富士塚はこのとき築造されたもので、富士山北壁から貨車で運搬した溶岩や丸石を配しているそうです。



こちらは、境内社の高木神社。

      20190104柳原稲荷神社13

高皇産霊神・大山咋神・徳川家康が祀られています。



神輿庫。

      20190104柳原稲荷神社14



神楽殿。

      20190104柳原稲荷神社15



柳原稲荷神社の説明板。

      20190104柳原稲荷神社16



境内の記念碑。

      20190104柳原稲荷神社17


      20190104柳原稲荷神社18




こちらが社務所。

      20190104柳原稲荷神社19

御朱印は、こちらで拝受出来ます。



柳原稲荷神社の御朱印。

      20190104柳原稲荷神社20


シンプルな墨書きですが、こう言った御朱印も味があります。




2019/03/01 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit