FC2ブログ

08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

父さんの都内散歩・御朱印巡り..................本郷氷川神社 (2018年7月23日)(東京都中野区) 

7月23日

中野区に出かけたこの日。

中野区の神社の御朱印巡りとなりました。


地下鉄丸ノ内線の支線の終点、方南町駅から徒歩で歩き
多田神社、神明氷川神社と巡り、次なる神社を目指します。

向かった先は.............本郷氷川神社。


本郷氷川神社は、中野区本町に鎮座する神社です。


文明元年(1469年)、太田道潅が江戸城を築くにあたり、
その鎮護のために大宮の氷川神社から御分霊を勧請し、
本郷村と雑色村に奉斎したことに始まるとされています。
俗に二簸川社と呼ばれ、雑色村に祀ったのが神明氷川神社になり、
本郷村に祀ったのが、こちらの本郷氷川神社とされています。


御祭神は、素盞嗚尊。


神明氷川神社から地下鉄一駅分歩き、中野新橋駅を通り過ぎ
辿り着いた本郷氷川神社。
本郷と言えば、文京区かと思いがちですが、
この辺りは江戸時代までは、旧・本郷村。

      20180723本郷氷川神社01


フェンスに囲まれ、見づらいですが社号標。

      20180723本郷氷川神社02



鳥居。

      20180723本郷氷川神社03



鳥居に掲げられた神額。

      20180723本郷氷川神社04



鳥居脇に立つ看板。

      20180723本郷氷川神社05

びいすけ を連れて来なくて良かったぁ。



鳥居をくぐった先には手水舎。

      20180723本郷氷川神社06



そして、目の前には社殿。

      20180723本郷氷川神社07



こちらが、拝殿。

      20180723本郷氷川神社08



拝殿正面。

      20180723本郷氷川神社09



別アングルからの拝殿。

      20180723本郷氷川神社10


      20180723本郷氷川神社11



こちらが、本殿。

      20180723本郷氷川神社12



拝殿前の提灯。

       20180723本郷氷川神社13



拝殿前の狛犬。

      20180723本郷氷川神社14


      20180723本郷氷川神社15



参集殿。

      20180723本郷氷川神社16



神輿庫。

      20180723本郷氷川神社17


境内社。

      20180723本郷氷川神社18


      20180723本郷氷川神社19


      20180723本郷氷川神社20



境内には、記念碑もちらほら。

      20180723本郷氷川神社21


      20180723本郷氷川神社22


      20180723本郷氷川神社23


      20180723本郷氷川神社24


こちらが、社務所。

      20180723本郷氷川神社25


社務所の一角は、授与所。

      20180723本郷氷川神社26

御朱印は、こちらで拝受出来ます。


こちらが、本郷氷川神社の御朱印。

      20180723本郷氷川神社27


中野区鎮座とか、中野新橋鎮座とか書いてないと
やっぱ文京区の神社?って思ってしまいそう(笑)。





スポンサーサイト



2018/09/10 Mon. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

父さんの都内散歩・御朱印巡り..................神明氷川神社 (2018年7月23日)(東京都中野区) 

7月23日

この日は、都内の中野区に出かけました。

中野に出かけた最たる目的は、先日参拝した稲城市の『大麻止乃豆乃天神社』の御朱印の拝受。
本務社である中野区の神明氷川神社にやって来ました。

実は、大麻止乃豆乃天神社で宮司さんにお会いした時
その時は御朱印を持参されていなかったので
後日、中野の本務社へ行く旨の話をしていたら
『いつ来られます?』の問いに、思わず『今月、必ずお邪魔します!』と言ってしまいました。

愚図愚図していると月も変わっちゃうから
早めに行かなくちゃ!

そんな訳でこの日、中野区の神明氷川神社にやって来ました。



神明氷川神社は中野区弥生町に鎮座する神社です。


文明元年(1469年)、太田道灌が江戸城鎮護のために
武蔵国大宮氷川神社の御分霊を勧請、創建したとされています。
以来、例祭には太田氏より幣帛が捧げられたという事です。

江戸時代には旧・雑色村字川島の鎮守社として崇敬されたそうです。



御祭神は、素盞嗚命。


地下鉄一駅分(方南町→中野富士見町)を歩き、
額にうっすら汗を浮かばせながら、神明氷川神社に到着。

こちらが社号標。

      20180723神明氷川神社01


参道口には、青い幟。

      0180723神明氷川神社02


こちらが、表参道の鳥居。

      0180723神明氷川神社03


参道の手水舎。

      0180723神明氷川神社04


吐出口は近代的なセンサーの付いた自動栓。

      0180723神明氷川神社27



こちらが、社殿(拝殿)。

      0180723神明氷川神社05


拝殿正面。

      0180723神明氷川神社06


拝殿正面の提灯。

      0180723神明氷川神社09



別アングルからの拝殿。

      0180723神明氷川神社07



こちらが、本殿。

      0180723神明氷川神社08



拝殿前の天水桶。
      
      0180723神明氷川神社10



拝殿前の狛犬。

      0180723神明氷川神社11


      0180723神明氷川神社12



境内社の津島神社。

      0180723神明氷川神社13


同じく境内社の御嶽神社。

      0180723神明氷川神社14


こちらは、神楽殿。

      0180723神明氷川神社15



参道に建つ百度石。

       0180723神明氷川神社16


その説明板。

      0180723神明氷川神社17



記念碑。

      0180723神明氷川神社18


こちらは、神輿庫。

     0180723神明氷川神社19


本殿裏手に隠れるように建っています。

      0180723神明氷川神社20


こちらが、不明。
誰かの胸像です。

      0180723神明氷川神社21



拝殿正面左手の参道口。

      0180723神明氷川神社22

位置的には南にらあたるようです。


こちらが、社務所兼授与所。

      0180723神明氷川神社23



御朱印は、こちらで拝受出来ます。
もちろん、神明氷川神社の御朱印もお願いいたしました。

      0180723神明氷川神社24



御朱印を待つ間、境内を眺めてみます。

      0180723神明氷川神社25
      0180723神明氷川神社26



そして、拝受した御朱印がこちら。

      0180723神明氷川神社28


勿論、本来の目的の『大麻止乃豆乃天神社』の御朱印も
しっかり拝受いたしました。

2018/09/10 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit