FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

御朱印巡り..................南大沢八幡神社 (2018年7月9日)(東京都八王子市) 

7月9日

前日に八王子の実家にやって来ました。

この日は、16時から びいすけ の病院の予定。
それまでの時間、八王子の実家近隣へのお出かけです。

最初に向かったのは...............南大沢八幡神社。


南大沢八幡神社は、八王子市南大沢に鎮座する神社です。


創建年代は不詳ですが、
古くから南大沢の鎮守として祀られてきたようです。

御祭神は、応神天皇(おうじんてんのう)。



こちらが、南大沢八幡神社の社号標。

      20180709南大沢八幡神社01



朱塗りの立派な鳥居。

      20180709南大沢八幡神社02


鳥居に掲げられた神額。

      20180709南大沢八幡神社03



鳥居をくぐり、神社では定番の石段を駆け上がります。
社殿が視界に飛び込んできます。

      20180709南大沢八幡神社04



石段脇には手水舎。

      20180709南大沢八幡神社05



こちらが、拝殿。

      20180709南大沢八幡神社09



拝殿正面。

      20180709南大沢八幡神社10


      20180709南大沢八幡神社07


拝殿正面の扁額。

      20180709南大沢八幡神社08

     
別アングルからの拝殿。

      20180709南大沢八幡神社11


      20180709南大沢八幡神社12


びいすけ も参拝。

      20180709南大沢八幡神社13



拝殿の賽銭箱の脇には、書き置きの御朱印が置かれています。

      20180709南大沢八幡神社14



こちらが、本殿。

      20180709南大沢八幡神社15



拝殿前の狛犬。

      20180709南大沢八幡神社16


      20180709南大沢八幡神社17


こちらは、神楽殿のようです。

      20180709南大沢八幡神社18


こちらは神輿庫のようですね。

      20180709南大沢八幡神社19


本殿背後の境内社。

      20180709南大沢八幡神社20


      20180709南大沢八幡神社22


      20180709南大沢八幡神社21


      20180709南大沢八幡神社23



本殿裏手は、ちょっとした土壇や堀跡っぽい地形が残り
城址の雰囲気も漂う。

      20180709南大沢八幡神社24


      20180709南大沢八幡神社25


      20180709南大沢八幡神社26



境内に建つ説明板。

      20180709南大沢八幡神社27

八王子市指定の天然記念物である『オオツクバネガシ(アカガシとツクバネガシの間種)』の巨木について触れています。
樹齢推定600年で、明治13年(1880年)の火災で枯死したと思われていましたが
その後、再生したため地元では「不死身のアカガシ」と呼ばれているらしい。
でも、南大沢に約11年住んでいたけど、一度もそんな逸話を聞いた事がない(笑)。


こちらが、そのオオツクバネガシ。

      20180709南大沢八幡神社28
      20180709南大沢八幡神社29



根元には石祠。

      20180709南大沢八幡神社30


参道口の社号標脇にはお地蔵様。

      20180709南大沢八幡神社31

これは、神仏習合の名残りでしょうね。


地蔵堂(?)の裏手には、庚申塚。

      20180709南大沢八幡神社32


南大沢八幡神社に隣接する末廣稲荷大明神。

      20180709南大沢八幡神社33


こちらは、南大沢八幡神社の境内社になるのでしょうか?

      20180709南大沢八幡神社34

でも、敷地は区分されているように見えるし
立派な朱色の鳥居も建てられています。


拝殿。

      20180709南大沢八幡神社35


拝殿に掲げられた扁額。

      20180709南大沢八幡神社36


狛犬。

      20180709南大沢八幡神社37


      20180709南大沢八幡神社38

稲荷神社の狐は狛狐と言うのかと思っていたら
どうやら、それは正しくはないようです。
狐の姿をしていても社を守る門番ということから、狛犬とも言うらしい。
正式な名称は無く、神使や神狐と呼ばれることもあるらしい。

へぇ〜、勉強になりました。



こちらが、南大沢八幡神社の御朱印。

      20180709南大沢八幡神社39

無人の神社ゆえ、書き置き対応になりますが
今年から御朱印を授与できるよになったようです。


やっぱり、御朱印ブームなんですね。




スポンサーサイト



2018/08/31 Fri. 21:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

いただききもの (2018年7月8日) 

7月8日


稲城市周辺の御朱印巡りを行ったこの日、
夕刻に八王子の実家に行きました。

実家にて夕食を終えて後、妹のもっちゃんから
小さな紙袋を手渡された。

      20180708いただききもの01

『九頭龍神社』と書いてある。

まさか?
檜原村の九頭龍神社?


中を覗くと、正解。ピンポ〜ン。

      20180708いただききもの02



九頭龍神社のお守りでした。

      20180708いただききもの03


犬のお守り。

      20180708いただききもの04


      20180708いただききもの05


今、体調が良くない(?) びいすけ の事を案じて
九頭龍神社でお守りを買ってきてくれたようです。


ありがとう。





2018/08/31 Fri. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

御朱印巡り..................小野神社 (2018年7月8日)(東京都府中市) 

7月8日

この日は、稲城市から国立市へと移動して
さらには、府中市へ移動します。

陽が長くなったとは言え、時刻は17時。

向かった先は...............小野神社。


小野神社は、府中市住吉町に鎮座する神社です。


小野神社は多摩川をはさんで多摩市にもあって、
「一之宮小野神社」といい、どちらが元の小野神社なのか?
古来から議論されているようです。

創建年代は不詳とされていますが、
安寧天皇の時代(BC548年〜BC511年)に、
武蔵国造の兄武日命が創建したとの境内の碑文に記されているようで
古代より土着の神をお祀りしたものとされています。


御祭神は、天下春命・瀬織津比賣命。


こちらが、小野神社の社号標。

      20180708小野神社02



鳥居。

      20180708小野神社01


     
手水舎。

      20180708小野神社03



こちらが、拝殿。

      20180708小野神社04


拝殿正面。

      20180708小野神社05


拝殿正面に掲げられた扁額。

      20180708小野神社06

しっかりと式内社の標記があります。



せっかくだから、びいすけ もお参りして行きましょう。

      20180708小野神社07


別アングルからの拝殿。

      20180708小野神社08


      20180708小野神社09



拝殿前の狛犬。

      20180708小野神社10


      20180708小野神社11


こちらが、本殿。

      20180708小野神社12

     

境内社。

      20180708小野神社14


神輿庫。

      20180708小野神社15



拝殿脇には、旧・鳥居?

      20180708小野神社16


小さな手水鉢も置かれています。

      20180708小野神社17


多摩市の小野神社と比べると、質素と言うか
境内もさほど広くはなく、比較的小ぶりな神社。
社務所らしき建物もなく、普段は無人の神社のようです。


こちらが、小野神社の御朱印。

      20180708小野神社18

現在の本務社である谷保天満宮にて拝受いたしました。



2018/08/31 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit