FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

父さんの都内散歩・御朱印巡り................. 五方山熊野神社 (2018年7月5日)(東京都葛飾区) 

7月5日

変則勤務のこの日、出勤前に寄り道。

高砂天祖神社をあとにして、またまた京成本線を途中下車。
青砥駅からちょっとあるけど、徒歩で向かった先は...............立石熊野神社。


五方山熊野神社は、葛飾区立石に鎮座する神社です。

平安時代中期の長保年間(999~1003年)に、
陰陽師・安部晴明が紀州熊野三社権現を勧請・創建したとされています。
五方山熊野神社と号し、鎌倉時代は当地の領主であった葛西三郎清重より篤く崇敬を受け、
江戸時代には、立石村の鎮守であったそうです。
都内唯一の安倍晴明公とゆかりのある神社と言うことです。


御祭神は、伊邪那岐大神(いざなぎのおおかみ)、速玉男大神(はやたまのおのおおかみ)
事解雄大神(ことさかのおのおおかみ)



こちらが、社号標。

      20180705立石熊野神社01

シンプルな熊野神社の社号標。



表参道の鳥居

      20180705立石熊野神社02



鳥居に掲げられた神額。

      20180705立石熊野神社03



皇城宣楊と記された旗杭。

      20180705立石熊野神社04



表参道を進めば、御神門。

      20180705立石熊野神社05



御神門の扁額。

      20180705立石熊野神社06



御神門の壁には由緒書き。

      20180705立石熊野神社07



御神門をくぐった先には手水舎。

      20180705立石熊野神社08


手水舎の中には、なぜか撫で牛。

      20180705立石熊野神社09



こちらが、社殿(拝殿)。

      20180705立石熊野神社10



拝殿正面。

      20180705立石熊野神社41


      20180705立石熊野神社11



拝殿正面に掲げられた扁額。

      20180705立石熊野神社12



こちらが、本殿。

      20180705立石熊野神社13



拝殿前の狛犬。

      20180705立石熊野神社14


      20180705立石熊野神社15



境内社の天満宮。

      20180705立石熊野神社16


      20180705立石熊野神社17

なるほど。
境内社に天満宮があるから、
先程の手水舎の中に撫で牛がいたんですね。



こちらは、境内社の浅間神社。

      20180705立石熊野神社18



同じく、境内社の水神宮。

      20180705立石熊野神社19


      20180705立石熊野神社20


そして、稲荷神社。

      20180705立石熊野神社21



拝殿脇には、板碑。

      20180705立石熊野神社35



社殿左奥には、裏参道。

      20180705立石熊野神社22



裏参道には、立派に朱色の鳥居が建てられています。

      20180705立石熊野神社23



朱色の鳥居に掲げられた扁額。

      20180705立石熊野神社24



裏参道の二の鳥居。

      20180705立石熊野神社25


こちらは、小ぶりな鳥居ながら
しっかりと扁額が掲げられています。

      20180705立石熊野神社26



こちらは、社務所。

      20180705立石熊野神社27

普段は閉まっているようです。


併設された幼稚園の建物の一角が授与所になっています。
御朱印は、こちらで拝受出来ます。

      20180705立石熊野神社28

この日は、宮司さんが不在で書き置きの御朱印に日付けを入れていただきました。


御朱印を待つ間、改めて境内を眺めてみます。


社殿の両脇には立派な楠。

      20180705立石熊野神社29
      20180705立石熊野神社30
      20180705立石熊野神社31


夫婦楠と呼ばれる二本の楠は、
樹齢350年の葛飾区登録天然記念物

      20180705立石熊野神社32
      20180705立石熊野神社33
      20180705立石熊野神社34



ミニチュア版ながら、五重の塔
    
      20180705立石熊野神社36

何故神社に五重の塔?
などと野暮な事は言いません(笑)

銅造りの五重の搭では日本一の高さを誇るそうで、
台座を含めて7mあるそうです。



境内の一角で飼われているポニー。

      20180705立石熊野神社37

他の方のブログでは2頭ということでしたが
なぜか3頭いる?(笑)


こちらが、五方山熊野神社の御朱印。

      20180705立石熊野神社38



こちらは、御朱印帳を2ページを使います。
授与所にも『御朱印帳を2ページ使います』と張り紙がありました。

      20180705立石熊野神社39


      20180705立石熊野神社40


実は、この五方山熊野神社には兼務社があり
その兼務社の御朱印も拝受できるらしい。
事前に知っていれば、先にお参りして来たんですが.........

この日は、この後に仕事だから今回は諦めます。

1社だと@300円の初穂料ですが、
3社セットだと700円になるらしい。
これは絶対、また来なくっちゃ!(笑)






 
スポンサーサイト



2018/08/27 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit