FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

今週はコレ!...............RADO Purple Horse (2018年7月2日) 

7月2日

毎週、月曜日に着け変えている腕時計。


今週は、こちら ↓

      20180702RADO Purple Horse01


RADO Purple Horse。

ご存知、スイスの名門、RADO。
その昔、テレビのクイズ番組やバラエティー番組での賞品として
酒田時計貿易と言う代理店の名前と共にRADOと言うブランドは良く耳にしました。

RADO(ラドー)は1917年スイス創業の老舗メーカーですが、
元々はムーブメントメーカーでした。
本格的に機械式時計の製造に乗り出したのは1960年近くになってからです。
超硬メタルを採用したダイアスターなど個性的な時計も数多く製造しており、
ハイスペックなモデルをリーズナブルに提供しているメーカーです。

日本では、あまり知名度はありませんでしたが、
その昔、テレビのクイズ番組やバラエティー番組での賞品として
酒田時計貿易と言う代理店の名前と共にRADOと言うブランドを耳にするようになり
知名度も上がって来ました。
しかし残念ながら、スポンサー企業として貢献した酒田時計貿易も倒産してしまい、
いつしか、テレビ等でRADOの名を聞く事は無くなってしまいました。


そんなRADOのPurple Horse。
RADOには、Horseシリーズとして、このPurple Horse以外にも
Golden Horse、Green Horseと言ったモデルがあるようですが
その違いはよくわかりません。(勉強不足です。)


      20180702RADO Purple Horse02


      20180702RADO Purple Horse03


RADOと言えば錨のマーク。
竜頭にも錨のマーク。

      20180702RADO Purple Horse04



ケース裏蓋のメダリオン。

      20180702RADO Purple Horse05

そこには、3匹のシーホース。
いわゆる、タツノオトシゴ。



10年近く前にヤフオクでゲットした1本。
ほとんど使うことも無く、飾り棚に入れっぱなしだった1本。

久しぶりに腕に着けてみましょう。

      20180702RADO Purple Horse06


      20180702RADO Purple Horse07


う〜む、古き1970年代を感じさせる1本。
昭和の時代に生まれ、昭和の時代に青春期を過ごした男には
昭和の時代を思い出させる1本ですね。





スポンサーサイト



2018/08/25 Sat. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

マンホールカードを集めよう..................東京都多摩市 (2018年6月27日)(東京都多摩市) 

6月27日

この日は、実家のある八王子市のお隣になる日野市、多摩市界隈に出向きました。


多摩市では、平成29年12月から2種類のマンホールカードの配布を始めました?

実家に遊びに行った際に、貰いに行こうと思いながらも
ついつい足が遠のいていました。

多摩市の小野神社を後にして向かった先は多摩市役所。
2種類あるマンホールカードの1種は、
多摩市役所第二庁舎にて配布されています。

      20180627マンホールカード01



第二庁舎の下水道課にて、マンホールカードをゲット!

      20180627マンホールカード02

こちらは、雨水バージョンですね。


もう1種類は、市役所から徒歩15分ほど。
京王永山駅液近くの永山公民館にた配布されています。

ちょっぴり汗をかきながらの徒歩移動。
永山公民館に到着です。

      20180627マンホールカード03



2種類目のマンホールカードもゲット!

      20180627マンホールカード04

こちらは、汚水バージョンです。



さて、次はマンホールカードのモデルとなった
カラーマンホールの実物を確認いたしましょう。


実物のカラーマンホールは京王永山駅の一つお隣、
京王多摩センター駅近くに数ヶ所設置されているらしい。

車での移動、多摩センターに到着です。


多摩センター駅近く、多摩中央公園周辺にありました。


多摩中央公園のインターロックの遊歩道。
それらしきモノが見えます。

      20180627マンホールカード05



近付いて見ると、市役所でいただいた、雨水バージョン。

      20180627マンホールカード06


      20180627マンホールカード07


もう1種類の汚水バージョンは、
多摩中央公園の出口の歩道にありました。

      20180627マンホールカード08


      20180627マンホールカード09


      20180627マンホールカード10

いずれも、キティちゃんがモデル。
実は、多摩センターにはSanrioピューロランドがあるから
マンホールの設置場所も多摩センター駅周辺になったのでしょう。



こちらが、多摩市のマンホールカード。


雨水バージョン。

      20180627マンホールカード11


      20180627マンホールカード12



そして、汚水バージョン。

      20180627マンホールカード13


      20180627マンホールカード14



デザインは、いずれもキティちゃん。
理由は至極簡単。

「ハローキティにあえる街」として「多摩センター親善大使」である
ハローキティを用いて、多摩市を広報しているんですね。
設置場所も多摩センター周辺としているのもこだわりなんでしょうね。

ちなみに、多摩市の下水道は分流式のため
下水管路が雨水系統と汚水系統の2種類あるため
マンホールカードも2種類用意したそうです。

また、古くから多摩市の中心街である聖蹟桜ヶ丘駅周辺では
あらいぐまラスカル をデザインした2種類のマンホールが設置されているらしい。
こちらは、まだカード化されていないようですが
カード化されたら、是非手に入れたいものです。



※追記

多摩市のラスカルのマンホールカードが
8月11日から新たに配布される事になったそうです。
やっぱり、手に入れなくっちゃ!!




2018/08/25 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit