FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

御朱印巡り..................千ヶ瀬神社 (2018年6月26日)(東京都青梅市) 

6月26日

この日は、青梅市に出かけました。


旧・青梅街道の青梅宿の多くの映画の看板に懐かしさを満たされ、
ちょっぴりご満悦状態の中で、次に向かったのは.........千ヶ瀬神社。


千ヶ瀬神社は、青梅市千ヶ瀬町に鎮座する神社です。


千ヶ瀬神社の創建時期は不詳ですが社家の家伝によれば、
今から一千年ほど前、先祖の出雲太郎によって創建されたそうです。
出雲太郎は出雲国杵築大社(現在の出雲大社)の社人の次男であったが、
故あって東国に下り、当地に住み着いて杵築大社の神を勧請し、
出雲神社と称したのが始まりだということです。
古くは大社権現、そして江戸時代には稲荷社と称していました。
千ヶ瀬村の鎮守で、明治7年(1874年)村内の神明大神宮(神明社)を合祀し、
明治16年(1883年)に千ヶ瀬神社と改称したそうです。

御祭神は、豊宇気姫命、大国主命、伊邪那美命 。



こちらが、千ヶ瀬神社の社号標。

      20180626千ヶ瀬神社01


鳥居。

      20180626千ヶ瀬神社02


社殿へと真っ直ぐに伸びる参道。

      20180626千ヶ瀬神社03

社殿はかなり奥。



社殿が見えて来ました。

      20180626千ヶ瀬神社04



手水舎。

      20180626千ヶ瀬神社05



こちらが、拝殿。

      20180626千ヶ瀬神社06



拝殿正面。

      20180626千ヶ瀬神社09



拝殿正面に掲げられた扁額。

      20180626千ヶ瀬神社07



さらに奥には、別な扁額。

      20180626千ヶ瀬神社08


      
別アングルからの拝殿。

      20180626千ヶ瀬神社10


      20180626千ヶ瀬神社11



こちらが、本殿。

      20180626千ヶ瀬神社12


別アングルから。

      20180626千ヶ瀬神社13



境内社。

      20180626千ヶ瀬神社14



同じく、境内社の神明社。

      20180626千ヶ瀬神社15


      20180626千ヶ瀬神社16



小ぶりな神輿庫?
それとも宝物殿でしょうか?

      20180626千ヶ瀬神社17



こちらは、神楽殿。

      20180626千ヶ瀬神社18


こちらも神輿庫でしょうか?

      20180626千ヶ瀬神社19

秋例祭で使われる神輿が奉納されているのでしょう。



境内には大きな板碑が二基。

      20180626千ヶ瀬神社20



いずれも記念碑。

      20180626千ヶ瀬神社21


      20180626千ヶ瀬神社22



こちらは、本殿裏手の御神木・朝日の御蔭(杜のシイノキ)。

      20180626千ヶ瀬神社23



こちらが、社務所。

      20180626千ヶ瀬神社24



無人の社務所には、貼り紙。

      20180626千ヶ瀬神社25

どうやら、御朱印は近くに住まれる宮司さん宅にて
拝受することになります。


こちらが、千ヶ瀬神社の御朱印。

      20180626千ヶ瀬神社26


宮司さんが墨書きしていただけるかと思ったら
書き手は奥さんでした。
女性らしい柔らかい書体ですね。




スポンサーサイト



2018/08/21 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit