FC2ブログ

03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

御朱印巡り...............千葉県護国神社 (2018年2月26日)(千葉県千葉市) 

2月26日

この日は、千葉市に出かけていました。


千葉市中央区の商店街を歩き、
『千葉 おもてなしひな祭り 』にガッカリした後、
向かった先は.........千葉縣護國神社


千葉縣護國神社は、幕末の嘉永6年(1853年)以降約一世紀にわたり、
戊辰の役・西南の役・日清戦争・日露戦争・
第一次世界大戦・満州事変・支那事変・大東亜戦争などにおいて、
ひたすら「国安かれ」との一念のもとに、その尊い命を捧げられた方々の御霊を、
「護國」の神としてお祀りしている神社です。
その御祭神の多くは幕末から、明治・大正・昭和にかけて、
敢然と国難に立ち向かわれた前途有為な青壮年たちで、現在五万七千余柱にのぼり、
しかもそれは軍人だけでなく、従軍看護婦や児童、生徒など女性の御祭神も含まれているそうです。



こちらが、千葉県護国神社の社号標。

      20180226千葉県護国神社01


      20180226千葉県護国神社02



こちらな、一の鳥居。

      20180226千葉県護国神社03



一の鳥居から参道を進むと二の鳥居が見えてきます。

      20180226千葉県護国神社04



こちらが二の鳥居。

      20180226千葉県護国神社05



手水舎。

      20180226千葉県護国神社06



こちらが、社務所。

      20180226千葉県護国神社07

御朱印はこちらで頂くことが出来ます。




この先に社殿があります。
拝殿のように見えますが、実は門。
『神門』と言うそうです。

      20180226千葉県護国神社08


      20180226千葉県護国神社09



千葉県護国神社の由緒書き

      20180226千葉県護国神社10



神門前の狛犬。

      20180226千葉県護国神社11


      20180226千葉県護国神社12



こちらが拝殿。

      20180226千葉県護国神社13


      20180226千葉県護国神社14




千葉県護国神社の提灯。

      20180226千葉県護国神社15



菊の御紋の付いた石碑。

      20180226千葉県護国神社16

天皇の奉拝記念碑になるんですね。



とにかく、碑が多い。

      20180226千葉県護国神社17


      20180226千葉県護国神社18


      20180226千葉県護国神社19



石碑の碑文をみても、戦争関連が多い。

      20180226千葉県護国神社22


      20180226千葉県護国神社23


      20180226千葉県護国神社24


      20180226千葉県護国神社25




どうも、護国神社となると勝手が違うと言うか、雰囲気が違う。

      20180226千葉県護国神社20



社殿の裏手に、大きな忠霊塔。

      20180226千葉県護国神社21




どうしても、今まで巡ってきた神社とは
勝手が違うのは、心の中で否定は出来ない。




こちらが、千葉県護国神社の御朱印。

      20180226千葉県護国神社26


戦争を肯定する訳じゃないし、むしろ反対の立場と言うか
戦争を否定するスタンスを取って来たから.........
と言っても、何か行動する訳でもない。
ただ、今の平和な日本が在るのも、
この神社に祀られている5万幾千の柱となる御祭神や
全国の護国神社の御霊によるものだとも思う。

平和な日本がいつまでも続くように
私は色々な神社で願うしかない。


スポンサーサイト



2018/04/14 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit