FC2ブログ

03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

御朱印巡り...............寒川神社 (2018年2月26日)(千葉県千葉市) 

2月26日

この日は、千葉市内の神社の御朱印巡りをしました。


蘇我比咩神社をあとにして、向かった先は.........寒川神社




寒川神社と聞くと、神奈川県の寒川町にある寒川神社を想像してしまいます。
あちらは、相模国の一宮。
こちらは、千葉市の寒川町にある寒川神社。

寒川神社は、千葉市内の寒川地域の守り神として、
厄除け神明宮として知られていて、通称『神明様』とも呼ばれ親しまれています。
昔は、沖合いを航行中の船舶は、礼帆と称して帆を半ば下げて航行し、
社前を馬上で通行するものは武家・町民を問わず下馬をして通行していたそうです。
寒川神社の例大祭は、毎年8月19日・20日・21日行われ、
20日に千葉ポートタワー下で行われる御浜下りは、神輿を担いで海に入り、
海中御渡しする勇壮な例大祭と言われています。



実は、この寒川神社は『御朱印巡り』にハマる以前から、訪れたい神社でした。
と言うのも、この寒川神社の神紋は『月星紋』。
すなわち、千葉氏の家紋である月星紋を神紋としている神社。
ズバリ、千葉一族に所縁のある神社なんですね。


一応、千葉市内。
我が町、佐倉より都会です。

千葉市内に幟の立つ神社が在るのって意外。

      20180226寒川神社01



玉垣には、千葉市教育委員会の建てた説明板。

      20180226寒川神社02

寒川神社の御神宝である鎌倉時代作の「獅子頭」。



鳥居の前にて。

      20180226寒川神社03


      20180226寒川神社04



鳥居の手前には手水舎。

      20180226寒川神社05



手水舎と言ったら、やっぱり龍ですね。

      20180226寒川神社06



それでは、寒川神社を参拝いたしましょう。

      20180226寒川神社17




社殿前にも少し小さめな鳥居。

      20180226寒川神社07



そして、鳥居の奥には一対の狛犬。

      20180226寒川神社08


      20180226寒川神社09



こちらが、拝殿。

      20180226寒川神社10



拝殿内部。

      20180226寒川神社11


      20180226寒川神社12



拝殿に掲げられた扁額。

      20180226寒川神社13


      20180226寒川神社22



こちらが、本殿。

      20180226寒川神社23


      20180226寒川神社24



なぜか、社号標は参道入口ではなく
拝殿前(社務所の前でもある)に建っていました。

      20180226寒川神社14



こちらが相殿。

      20180226寒川神社15

相殿に祀られているのは、火の神様、お稲荷様、疱瘡神様。



千葉氏の家紋である月星紋の提灯。

      20180226寒川神社16

現在、月星紋と称されているのは三日月が斜めで、
左に星の丸がある形ですが
こちらは旧式と言うか、それ以前に使われていた月星紋。

御朱印を頂く時に、宮司さんに『なぜ神紋に月星紋を使っているんですか?』
と訊いてみたら、『千葉一族の末裔です。』と言われました。
なるほど.........。



こちらは、神楽殿。

      20180226寒川神社18



境内の末社。

      20180226寒川神社25



本殿改修の記念碑。

      20180226寒川神社26



こちらが社務所。

      20180226寒川神社19


      20180226寒川神社20



御朱印は、こちらでいただくことが出来ます。

      20180226寒川神社21



こちらが、寒川神社の御朱印。

      20180226寒川神社27

後で気が付いたけれど.........

この日は2月26日。
どう見ても2月25日に見える。
どうやら宮司さんが書き間違えたみたい。

日付を間違えるなんて.........
おいおい、大丈夫か?



スポンサーサイト



2018/04/11 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit