FC2ブログ

03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

御朱印巡り...............大戸神社 (2018年2月19日)(千葉県香取市) 

2月19日

この日は、香取市に出かけました。

香取市と言っても、今回は旧・佐原市域を中心に巡ってみました。


この日、一番最初に向かったのは...............大戸神社


大戸神社は、景行天皇40年日本武尊東征時に勧請されたのが始まりと伝えられ、
天手力雄命を祀り、江戸時代までは香取神宮の第一末社であったが、
明治6年(1873)独立した神社として県社に列せられました。
五穀豊穣・家内守護・交通安全守護・商業繁栄の祖神として広く信仰されているそうです。


こちらが社号標。

      20180219大戸神社01

旧県社と記されている。
と言うことは、それなりに格式の高い神社のようです。


あまり、個人的には神社に格と言うものを付けたくはないのですが
格式を好むのが日本人。
格式に拘るのが日本人。

従って、古来から神社にも格式が在ったようです。
その代表格が『延喜式』。
延喜式とは、平安時代にどのような社格が定められていたかと史料で
「延喜式」があります。
朝廷から幣帛(神への捧げ物)が奉献される神社を「官社」と言いますが、
延喜式にはその官社のリストが掲載されています。
延喜式に掲載されている神社の数は、2861社。
これらの神社は「式内社」とも呼ばれ、格式の高い神社とされてきました。
ちなみに、延喜式に掲載されていない神社は「式外社」と呼ばれていました。

延喜式とは別な神社の区分けとして、明治時代には近代社格制度が整えられました。
神社は官社と民社(または諸社という)に分けられ、神祇官の管轄である官社は
更に官幣、国幣、別格官幣社(官幣の小社と同待遇)に分類されました。

地方官の管轄である民社は府・藩・県社と
郷社、村社、無格社に分類されました。


さらには、別な格付けで一宮制度と言うものがあります。
一宮とは、平安後期から中世にかけて行われた社格で、
その国(令制国/律令国)で一番の神社のことです。
一宮制度が始まった経緯や目的などは記録史料が存在しない為、
謎が多い制度でもあるようです。


こちらの大戸神社は、旧・県社と言うことなので
一応、それなりの格式を持った神社と言うことになるようです。


大戸神社の大鳥居。

      20180219大戸神社02



大鳥居の前には由緒書き。

      20180219大戸神社03



それなりの時代を感じる石灯籠。

      20180219大戸神社04



こちらは、手水舎。

      20180219大戸神社05



香取市教育委員会設置の説明板によれば
大戸神社の和鏡は、千葉県の指定文化財らしい。

      20180219大戸神社06



拝殿に続く参道。

      20180219大戸神社07


こちらが、拝殿。

      20180219大戸神社08


      20180219大戸神社09

   

拝殿内部。

      20180219大戸神社10



拝殿正面の飾り。

      20180219大戸神社11



別アングルからの拝殿。

      20180219大戸神社12


      20180219大戸神社32



こちらが、本殿。

      20180219大戸神社13


      20180219大戸神社14



拝殿前の狛犬。

      20180219大戸神社15



拝殿前のコレ↓

      20180219大戸神社16

ずぅ〜っと名前がわからなかったやつ。
『天水桶』って言うらしい。



またまた、香取市教育委員会設置の説明板。

      20180219大戸神社17

大戸神社には、2つの千葉県指定の文化財の面があるとの事です。



昭和36年に建立された大戸神社改築記念碑。

      20180219大戸神社18



こちらは、神輿奉安殿。

      20180219大戸神社19



中には神輿が置かれています。

      20180219大戸神社20



こちらは、氏子会館。

      20180219大戸神社21

この氏子会館を見ただけでも、地元の氏子さんたちの
大戸神社に対する気持ちの強さが分かります。
一説によれば、氏子は3000戸以上だと言うことらしい。



こちらは、宝物殿。

      20180219大戸神社22



境内社。

      20180219大戸神社23


      20180219大戸神社24


      20180219大戸神社25


      20180219大戸神社26



本殿脇からも境内への出入り口があり、さしずめ裏参道?
小さいながらも手水舎もありました。

      20180219大戸神社31



夫婦杉。

      20180219大戸神社27
          20180219大戸神社28

二本の大杉の根元がつながっています。




スダジイの古木。

      20180219大戸神社29
      20180219大戸神社30



これらの、巨木・古木が大戸神社の歴史を物語っているんだろうなぁ。      



こちらが、御朱印。

      20180219大戸神社34

実は、朝一で参拝した時、宮司さんは外出していて不在。
不在時の連絡先が拝殿に貼られていたので、連絡を取り
16時過ぎに再び訪れることになりました。

宮司さんの話だと、近年の御朱印ブームの影響で
最近は御朱印を拝領される方の訪問が増えたそうです。
関西から数名のグループでやって来る『御朱印おばちゃん』が多いそうです。
御朱印ガールって聞いたことはあるけれど、
御朱印おばちゃんって、思わず笑っちゃいました。






スポンサーサイト



2018/04/05 Thu. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

今週は、コレ!    《 BOCTOK 》    (2018年2月19日) 

2月19日

毎週、月曜日に着け変えている腕時計。
今週はこちら↓

      20180219BOCTOK01



BOCTOK...............?

聞き慣れないメーカーです。
Boctok と書いて『ボストーク』 と読みます。
実は、英語では無いんですね。
ロシア語の表記。つまり、ロシア製の腕時計と言うことになります。

ボストークは、もともと軍用の時計を製造していたメーカーです。
古いモデルでは手巻き式のコマンダスキーというモデルが有名で
日本でもコレクターの方も多いみたいです。

ヤフオクでは手巻き式の軍用時計が多いボストークですが
新品の自動巻モデルをたまたま運良く安く落札出来て
私の手元にやって来ました。


現在、英語圏では Vostok となっているそうです。

      20180219BOCTOK02


一応、ダイバーズWatch?

      20180219BOCTOK03



ベルトがロシア人向けなのか?
かなりブカブカで、コマを全て抜いて調整しても、
まだ余裕がある状態。
おまけにベルトの造りが雑で、
コマのピン外しに苦労しました。

      20180219BOCTOK04



ロシア製の腕時計。
一応、ケース裏蓋の刻印もロシア語?

      20180219BOCTOK05



新品をおろすって気持ち良い。
多少緩めだけど、ベルトのコマ調整の効果アリ。

      20180219BOCTOK06


      20180219BOCTOK07


さぁ、今週も頑張って行きましょう!!





2018/04/05 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit