FC2ブログ

02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

袋公園 (2018年1月29日)(千葉県旭市) 

1月29日

この日は、千葉県の旭市に出かけました。

仲島城址をあとにして、向かった先は...............袋公園。



袋公園は、桜の名所として知られ、憩いの場として親しまれている公園です。
公園内の溜池は、現在「干潟八万石」と呼ばれている耕地をつくる際、
「椿の海」と呼ばれた大きな湖を開拓して、
その後周辺の村々の用水を確保するために造成された13の溜池の中の一つです。
その後、池を囲むようにして数多くの桜が植えられ、
周辺施設が整備され現在の公園となったそうです。


駐車場は何ヶ所か有り、意外と車でアクセスするには申し分無さそうです。
たむたま、遊具のある芝生広場近くの駐車場に停めましたが、
これが意外に正解だったかも?


案内図で公園の配置などを確認します。

      20180129袋公園01



公園内に入ると、すぐさまこんな看板が...............。

      20180129袋公園02

どうやら、芝生広場内にはペットの立ち入り禁止らしい。



遊具もある、広い芝生広場なんだけどね。
中に入れないんじゃ魅力も半減。

      20180129袋公園03


仕方ないので、芝生広場沿いの遊歩道を歩きます。

      20180129袋公園04



こちらは、ジャバジャバ池。

      20180129袋公園05

この時期は水が抜かれていますが、
夏場はこの池で子供たちが遊ぶのでしょうか?


袋公園は、何と言っても溜池の周りをぐるっと一周出来る遊歩道。
桜の木が植えられ、春の桜の季節には多くの人が
桜の花を堪能する為に訪れるそうです。


桜の季節では有りませんが、溜池の周りを歩いてみましょう。

      20180129袋公園06


      20180129袋公園07



確かに、溜池の外周路には、桜の木が植えられている。

      20180129袋公園08


      20180129袋公園09



記念切手が販売されるとは...............

      20180129袋公園10

かなり、桜の名所なんですね。



溜池を横断する橋。

      20180129袋公園11

こう言う木橋があると、どうしても渡りたくなっちゃいます(笑)。



橋の真ん中にある休憩スペース(四阿)にて。

      20180129袋公園12


      20180129袋公園13


      20180129袋公園14



まだまだ1月末は寒い。
いつのまにか、曇り空。
風がちょっと冷たいね。

      20180129袋公園16


水鳥も優雅に溜池を泳いでいる。

      20180129袋公園17


さあ、駐車場まで戻りましょう。

      20180129袋公園18



駐車場まで戻ると、雲の間から太陽が顔を覗かせてきました。
駐車場には何かの石碑。

      20180129袋公園19



隣に建つ説明板によれば、椿海の開墾を記念して
大正13年に建てられた碑らしい。

      20180129袋公園20



千葉県の旭市周辺を語るには、椿海を忘れてはならない。
椿海は、現在の千葉県東庄町・旭市・匝瑳市の境界付近に、
江戸時代初期まで存在した湖です。

この袋公園は、椿海の一部を堰(溜池)として残したものの一部でもあるようです。
多くの人が、この袋公園に訪れるとは思うけれど、
椿海の事を思い浮かべる人はいるのだろうか...............?







スポンサーサイト



2018/03/23 Fri. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

仲島城址 (2018年1月29日)(千葉県旭市) 

1月29日

この日は、千葉県の旭市に出かけました。



旭市の袋公園の近くにある浅間神社のある辺りが仲島城址とされています。
平野に置かれた水城で、正中元年(1324)に大須賀尾張守によって築かれ、
後に大須賀八左衛門の居城となったとされています。
永禄年間に加瀬肥後守が移封され、天正年間には正木左近の攻撃を受けたが、
撃退したということです。
しかし、天正18年に小田原の役で徳川軍の攻撃を受けて落城し、廃城となりました。
本丸の物見台と思われる所に浅間神社が建ち、城址碑もありますが
その周囲は宅地化され、遺構のほとんどは失われてしまっています。



こちらが、仲島城の縄張り図。

      nakajimaasazu

                              余胡さんのHP よりお借りしました。



本丸跡とされる、浅間神社の入り口。

      20180129仲島城址01



鳥居脇に建つ説明板。

      20180129仲島城址02


説明板の正面には石碑があります。

      20180129仲島城址03

てっきり城址碑かと思ったら違っていました。
千葉県立海上郡農学校の碑でした。


現在の千葉県立旭農業高等学校が、この地で開校したようです。

      20180129仲島城址04




肝心の仲島城址はと言えば、
遺構らしきモノがほとんどない。

      20180129仲島城址05



ちょっとした土壇が土塁に見えなくもない。

      20180129仲島城址06



台地頂部の浅間神社。

      20180129仲島城址07



浅間神社の奥は、かつての椿海に落ち込むようになっている。

      20180129仲島城址08


      20180129仲島城址09



以前は、堀跡っぽく見えて、城址の標柱が建てられていた場所は
太陽光発電のモジュールが置かれて立ち入り禁止。

      20180129仲島城址10


浅間神社のあるちょっとした台地だけが残り、
周辺は宅地化され、かなり改変してしまったのでしょう。
鳥居の脇にある説明板が無ければ、誰もこの地が
かつての城跡とは思わないだろうなぁ。






2018/03/23 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit