FC2ブログ

02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

父さんの東京散歩④ 柳森神社 (2018年1月24日)(東京都千代田区) 

1月24日

健康診断で都内の御茶ノ水に出かけたこの日。

びいすけ を自宅に留守番させて、健康診断が終わったあとの
父さんの東京散歩。

湯島聖堂をあとにして、神田川沿いを歩いて行きます。
辿り着いたのは、神田川のほとりに鎮座する柳森神社。


柳森神社は、長禄2年(1458年)太田道灌が江戸城の鬼門除として
現在の神田佐久間町一帯に植樹した柳の森に鎮守として祭られたのが始まりとされ、
万治2年(1659)に神田川堀割の際に現在地(神田須田町)に遷座したそうです。
柳の樹も堀の土手に移植され、江戸の名所になったそうです。
境内の福寿社は「お狸さん」と呼ばれ、
五代将軍綱吉の生母桂昌院が江戸城内に創建したと言われています。

柳森神社に祀られている「お狸さん」の「たぬき」=「他に抜きん出る」という意味から、
勝負運、出世運のご利益に授かりたいと言う、隠れたパワースポットとなっているそうです。




こちらが、柳森神社の社号標。

      20180124 柳森神社01

都心の狭い場所に鎮座する神社ともなると
社号標の置かれる場所にも苦慮されるようで
なかなか見づらい場所に在る。


柳森神社の鳥居。

      20180124 柳森神社02



鳥居のある場所から一段下がった場所が境内になります。

      20180124 柳森神社03



こちらが手水舎。

      20180124 柳森神社04



社殿。

      20180124 柳森神社05



別アングルからの社殿。

      20180124 柳森神社06


      20180124 柳森神社07


社殿脇には、セルフサービスの御朱印。

      20180124 柳森神社08

御朱印を押した方は100円を賽銭箱に入れると言うシステムのようです。
     


この柳森神社は、元々は稲荷神社ですが、
コンパクトな境内に境内社として「幸神社」「福寿狸姫社」
「金刀比羅神社」「水神厳島大明神・江島大明神」「秋葉大神」
「明徳稲荷神社」の6つの神社(祠)があります。


境内社の福寿狸姫社。

      20180124 柳森神社11


      20180124 柳森神社15


狛犬ならぬ福寿神(狸)の像。

      20180124 柳森神社09


      20180124 柳森神社10

徳川綱吉の母・桂昌院が信仰していた福寿神(狸)の像です。
もちろん往時のモノではありませんが
狸の像は珍しい。
そして、何となく微笑ましい。




境内社の金刀比羅神社。

      20180124 柳森神社12



同じく、明徳稲荷神社。

      20180124 柳森神社13



水神厳島神社と江ノ島大明神。

      20180124 柳森神社14

江ノ島大明神は行灯の陰になって見えませんね。


秋葉大神は撮り忘れてしまったようです。

     

境内の13個の力石群。

      20180124 柳森神社16

千代田区の有形民俗文化財に指定されているそうです。



こちらの神社も太田姫稲荷神社と同じように
セルフサービスで御朱印を押すシステム。

御朱印を集めてはいるけと、スタンプラリーじゃないから
やっぱり、今は神職さんの手によるモノにこだわりたい。

とりあえず、御朱印は頂かずに、この場を離れることにしましたが
都心の穴場的パワースポットを見つけた気がして
ちょっとだけ得した気分になりました。


スポンサーサイト



2018/03/14 Wed. 19:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

父さんの東京散歩③ 湯島聖堂 (2018年1月24日)(東京都千代田区) 

1月24日

この日は、健康診断のため都内の御茶ノ水に出かけました。

健康診断を終えて、まっすぐ自宅へ帰るのもゲイが無いので
自宅で留守番している びいすけ には申し訳ないけれど
たまには、父さんも息抜きが必要。

父さんの東京散歩、御茶ノ水駅近くをぶらぶらと歩きます。

御茶ノ水駅から聖橋を渡ると、そのさきは神田明神ですが
神田明神(神田神社)の手前にあるのが湯島聖堂。

      20180124 湯島聖堂01


碑には、『史跡 湯島聖堂』と刻まれています。


説明板によれば...............

      0180124 湯島聖堂02

湯島聖堂は、日本でも数少ない孔子廟であるとともに、
「近代教育発祥の地」として、江戸時代に漢学の学問所がつくられ、
明治に入って師範学校ができた場所になります。



いわゆる学校跡でもあるようです。

こちらが、仰高門。

      0180124 湯島聖堂03


仰高門に掲げられた扁額。

      0180124 湯島聖堂04

仰高とは、論語の中にある孔子の徳を仰ぎ見るという意味の言葉だそうです


仰高門をくぐり、敷地内に入ります。


敷地内に入り、目にとまる大きな樹。
楷樹と言うそうです。

      0180124 湯島聖堂05

楷樹とは、孔子の墓所に植えられている名木だそうです。




楷樹の場所から右に曲がれば、目の前には孔子銅像。

      0180124 湯島聖堂06



こちらの碑は、孔子銅像の建立記念の碑。

      0180124 湯島聖堂07


銅像の先にも行けるようですが、知らなかったので
この銅像を見て、斯文会館の売店を覗いて帰ることにしたのですが...............




さらに知らなかったのですが...............

帰りの電車の中で、スマホ片手に湯島聖堂の事を調べていたら
何と、御朱印が頂けるらしい。
神社でも寺院でもないけれど、湯島聖堂は、孔子廟なので
御朱印は頂くことができるらしい。
それも立ち寄った(覗きに立ち寄った)斯文会館の売店でも頂くことが出来るらしい。
どこにも御朱印なんて貼り紙や案内はなかったんだよなぁ。

あ〜っ ショック。
せっかく湯島聖堂に行ったのに...............


これは、絶対に再訪するしかないなぁ...............。


2018/03/14 Wed. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

父さんの東京散歩② 太田姫稲荷神社 (2018年1月24日)(東京都千代田区) 

1月24日

この日は、健康診断のため都内の御茶ノ水に出かけました。

10時に健康診断の受付を済ませて、
11時半過ぎに健康診断も終了。

さて、どういたしましょう?

せっかく都内まで出て来たんだから、まっすぐ帰ってもつまらない。
びいすけ も留守番させているんだから
たまには、都内を散策するのも良いでしょう。

と言うことで、ブラリと散策いたしましょう。

御茶ノ水駅から、神田駿河台へと足を向け
向かった先は...............太田姫稲荷神社。



太田姫稲荷神社は、室町時代中期に太田道灌の娘が天然痘に罹って
生死の境をさまよい、京都の一口稲荷神社が小野篁にまつわる縁起により
天然痘に霊験があると聞いた道灌が一口稲荷神社に娘の回復を祈願したところ、
天然痘が治癒したということです。
道灌はこのことに感謝し、長禄元年(1457年)に一口稲荷神社を勧請して
旧江戸城内に稲荷神社を築いたとされ、後に城内鬼門に祀られました。

徳川家康の江戸入府後の慶長11年(1606年)に江戸城の改築により、
城外鬼門にあたる神田川のほとりに遷座しました。

明治5年(1872年)に村社に定められ、
名も太田姫稲荷神社と改められましたが
大正12年(1923年)の関東大震災では社殿が焼失してしまい、
その後、幾つかの地にに遷座し、昭和6年(1931年)に現在地に遷座しました。



御茶ノ水駅から坂を下った神田駿河台下。
中小のビルに囲まれた一画に太田姫稲荷神社は鎮座しています。

      20180124太田姫稲荷神社01


鳥居に掲げられた神額。

      20180124太田姫稲荷神社02



社号標は草に隠れて、ちょっと見づらい場所に。

      20180124太田姫稲荷神社03



鳥居脇には小さな狛犬。

      20180124太田姫稲荷神社05



こちらは手水舎。

      20180124太田姫稲荷神社05



社殿に掲げられた由緒書き。

      20180124太田姫稲荷神社06


こちらが社殿。

      20180124太田姫稲荷神社07



社殿に掲げられた扁額。

      20180124太田姫稲荷神社08



ぶら下げられた提灯。

      20180124太田姫稲荷神社09


都心のど真ん中にある神社。
かつては、それなりの境内地を有していたかと思うけれど
遷座を繰り返し、現在地に鎮座している社殿。
決して大きなモノではないけれど、コンパクトにまとまっている気がします。

      20180124太田姫稲荷神社12


      20180124太田姫稲荷神社13


社殿脇には、太田姫稲荷神社の沿革が刻まれた碑。

      20180124太田姫稲荷神社11




賽銭箱の脇には、御朱印が置かれていました。

      20180124太田姫稲荷神社10

御朱印は、セルフでお願いします。
って言うことでしょうか?



昨今の御朱印ブーム。
その御朱印ブームにどっぷりハマっているけれど
御朱印巡りがまるでスタンプラリーのように御朱印を集めている人も居るようですが
せっかく巡り会えた神様とのご縁。
そして、しっかりと奉拝した証しである御朱印。

神職(宮司)さんに手書きで墨書きしてもらい社印を押して貰うのが理想ですが、
宮司さんの多忙な事もあるから、書き置きも致し方ない。
でも、自分で押して下さいって言うのは...............

なんだかなぁ...............って気がして、
押さずにこの場をあとにいたしました。








2018/03/14 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit