FC2ブログ

12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

御朱印巡り...............蛟蝄神社 (2017年12月7日)(茨城県北相馬郡利根町) 

12月7日

この日は、茨城県の龍ケ崎市周辺の御朱印巡りに出かけました。

千葉県から利根川を渡れば茨城県。
茨城県の県境にあるのが北相馬郡の利根町。

先ずは、利根町にある蛟蝄神社へと向かいます。


蛟蝄神社 ............... 読めますか?
こうもう神社と読むそうです。

蛟蝄神社の始まりは、約2300年前(紀元前288年)に
現在の門の宮の場所に水の神様の罔象女大神を祀ったのが始まりと言われています。
平安時代(698年)に土の神様の埴山姫大神を合祀し、
水害や民家が近いという理由で、社殿を東300mほどの位置の高台移し
神社を建てました。これが現在の奥宮になっています。
みつち神社・文間大明神とも言われて親しまれている、
関東最古の水神様を祀る延喜式内社です。



こちらが、門の宮。
木製の歴史を感じさせる鳥居。

      20171207蛟蝄神社01



門の宮の鳥居に掲げられた神額。

      20171207蛟蝄神社02



この門の宮は、利根七福神の一つ。
数年前に利根七福神巡りの際に訪れた事があります。


手水舎。

      20171207蛟蝄神社04


こちらが、拝殿。

      20171207蛟蝄神社03


拝殿に掲げられた扁額。     

      20171207蛟蝄神社05


既に葉は落ちてしまっていますが、境内には立派なイチョウの木。
黄金色に染まった時期に来れば良かった。

      20171207蛟蝄神社06


御朱印は、ここから東に300mほど離れた場所に鎮座する奥の宮でいただけるようです。

      20171207蛟蝄神社07




こちらが、その奥の宮の入り口。

      20171207蛟蝄神社08


標柱も建っています。

      20171207蛟蝄神社09



この石段の先が奥の宮。

      20171207蛟蝄神社10


石段を上った先には鳥居。

      20171207蛟蝄神社11


      20171207蛟蝄神社12



鳥居に掲げられた神額。

      20171207蛟蝄神社13


手水舎。

      20171207蛟蝄神社14


石灯籠。

      20171207蛟蝄神社16


狛犬。
      20171207蛟蝄神社17


そして、こちらが拝殿。

      20171207蛟蝄神社15

      20171207蛟蝄神社18



本殿。

      20171207蛟蝄神社19



御朱印は、こちらの授与所で頂く事が出来ます。

      20171207蛟蝄神社20



そして頂いた御朱印。

      20171207蛟蝄神社21

何とも言えない力強い書体。
墨書きの迫力、ここに在り!



スポンサーサイト



2018/01/23 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit