FC2ブログ

12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

御朱印巡り...............《 安房神社 》 (2017年11月25日)(千葉県館山市) 

11月25日

この日は、房総半島南端の館山市に出かけました。


富崎漁港をあとにして、向かった先は...............安房神社



房総半島南部は、昔は安房の国と呼ばれていました。
その安房の国の一宮である安房神社。
かつては(江戸時代まで)洲崎神社が安房の国の一宮だったようですが
現在は安房神社が安房の国の一宮となっているようです。
まぁ、色々な大人の事情ってやつがあるんでしょう。


こちらが、安房神社の社号標。

      20171125安房神社01



こちらが鳥居。

      20171125安房神社02



神額は掲げられていませんが、かなり大きな鳥居。

      20171125安房神社03



まっすぐに伸びた参道。

      20171125安房神社04



案内図も完備。

      20171125安房神社05

周辺の観光案内も載っているから、
安房神社も重要な観光資源の一つのようですね。


参道を歩いていると、目に入った看板。

      20171125安房神社06

ペットNG。

まっ、まずい!

急いで車に戻り、 びいすけ には申し訳ないけど
車の中で留守番してもらいましょう。


気を取り直して、再び安房神社へと向かいます。

      20171125安房神社07



こちらの鳥居をくぐって、境内に入ります。

      20171125安房神社08


こちらが、授与所。
御朱印はこちらで貰えます。

      20171125安房神社09


昨今の御朱印ブーム(しっかり、ブームに乗っかっちゃってますけどね。)
御朱印を求める人も多く、番号札を貰って順番待ち。

      20171125安房神社10


その間に参拝しちゃいましょう。


こちらは、手水舎。

      20171125安房神社11



安房神社の由緒書き。

      20171125安房神社12



こちらが、拝殿。

      20171125安房神社13



拝殿に掲げられた扁額。

      20171125安房神社15



拝殿奥に掲げられた扁額。

      20171125安房神社16


安房神社の提灯。

      20171125安房神社17



ちょうど七五三のお詣りで拝殿内に何人もの人がいたので
邪魔にならないように別アングルからの拝殿。

      20171125安房神社18


      20171125安房神社19



こちらが、本殿。

      20171125安房神社28



本殿脇には、神饌所。

      20171125安房神社20

神饌所とは、元々は神様に奉じる食事を作る建物だそうです。


本殿脇の大イチョウ。

      20171125安房神社21

かなり枯れ落ちているはいるけれど、見事な黄金色。



こちらは御仮屋。

      20171125安房神社22

かつては例祭の際に、出祭してきた近郷の神社の神輿を納めるための建物でした。



こちらは、御神木。

      20171125安房神社23



そして、こちらは下の宮。

      20171125安房神社24



分社である厳島社。

      20171125安房神社25


さすが、安房の国の一宮。
コンパクトながらも立派な社が揃っている。      



こちらが、安房神社の御朱印。

      20171125安房神社29



そう言えば、御朱印関連のブログを見ると、
全国の一宮を巡って参拝している方もいるようです。
やっぱり一宮って別格なのだろうか...............?






スポンサーサイト



2018/01/12 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit