FC2ブログ

12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

館山城址 (2017年11月25日)(千葉県館山市) 

11月25日

この日は、館山市に出かけました。

予定外の北条海岸に立ち寄ったりしましたが
当初の目的地である 館山城址 に到着です。


館山城は、1580年(天正8年)に里見義頼によって築城されました。
館山城主である里見氏は清和源氏の流れをくむ名族で、
戦国時代、里見氏六代義尭の代には安房・上総・下総の三国57万石を
所領とするほどの全盛期を迎えました。

しかし、1538年(天文7年)里見義尭は小田原の北条氏康と国府台で戦って敗れ、
里見氏七代義弘も1564年(永禄7年)北条氏康・氏政父子と再び国府台で戦って敗れました。
 
里見氏八代義頼の本拠地は岡本城でしたが北条軍に攻められ、
支城の久留里城・佐貫城なども危うくなったため、
1588年(天正16年)新たに館山城の築城工事に着工しました。
1590年(天正18年)に完成すると同時に館山城に本拠を移しました。
しかし、里見氏の宿敵である小田原の北条氏が豊臣秀吉によって滅亡し、
里見義康は小田原への参陣が遅かったことを責められ、
秀吉によってその領地は安房一国9万2千石に減封されてしまいました。

里見義康は1600年(慶長5年)の関ヶ原の合戦で東軍の徳川秀忠に加勢したため3万石を加増。
里見氏十代忠義も当初は徳川幕府に重んじられていましたが、
1614年(慶長19年)妻の祖父である小田原城主大久保忠隣の改易に巻き込まれ、
徳川幕府の外様大名取り潰し政策の犠牲となって
里見氏は改易され、館山藩は取り潰しとなり安房一国を没収されてしまいます。
館山城は廃城となり、破却されてしまいました。

後の1781年(天明元年)に、稲葉正明が館山藩主となって館山に入りましたが
城を再建することはなく、2代正武が城の麓に館山陣屋を構えて、
そこを新たな政庁としました。


館山城は標高72mの城山(根古屋山)の岩壁を切り削って築かれた要害堅固な城で、
山麓には堀をめぐらしていました。
現在、館山城跡は城山公園として整備され、
山頂広場には昭和57年に三層四階の模擬天守が建てられました。
天守内部は館山市立博物館の分館と模擬天守なり、
館内には江戸時代の文豪である滝沢馬琴がその半生をかけて書き上げた
『南総里見八犬伝』に関する多くの資料を展示しているそうです。



駐車場から遊歩道を歩くと、すぐ目に留まる標柱。

      20171125館山城址01


      20171125館山城址02


城山の麓は公園整備に伴い、かなり改変されています。
そのため、城郭遺構はあまり残っていないようです。


駐車場近くの鹿島堀跡。

      20171125館山城址03

堀は廃城の際に埋め戻されてしまったそうです。


それでも城下の御霊山と呼ばれる場所には、
このような空堀と土塁が残っています。

      20171125館山城址04



公園造成時に造られた遊歩道を上がって行くと、二郭(二の丸)。

      20171125館山城址05




そして、この先は主郭(本丸)。

      20171125館山城址06



主郭(本丸)に建つ復興天守閣。

      20171125館山城址07

実は、館山市立博物館の分館。


城址碑のオブジェ。

      20171125館山城址08

復興天守閣と言えども、こう言うモノがあると様になる。


山城だけあって、眺望に長ける。
眼下に広がる館山の城下。

      20171125館山城址10

数百年前も、こんな感じで城下町が広がっていたんでしょう。


そして、海原の先には富士山。

      20171125館山城址09

里見の歴代の城主もこの富士山を眺めていたのだろう。



本丸の復興天守閣。
      
      20171125館山城址12

澄み渡った青空に白亜の天守閣が映えます。


本丸の標柱。

      20171125館山城址11



そして、本丸に建つ城址碑。

      20171125館山城址13



しかし、疑問が...............

      20171125館山城址14

館山城跡なら分かるが、なぜ里見城跡?


城址碑の前には、狛犬ならぬ里見の千力猿。

      20171125館山城址15



本丸の一角には、浅間神社。

      20171125館山城址16


      20171125館山城址17




本丸のピーク削平の残土で埋め立てられたとされる二郭(二の丸)の通称『千畳敷』。

      20171125館山城址18


所々に土塁も残っています。

      20171125館山城址19



尾根沿いに降って行けば、里見家八遺臣の墓。

      20171125館山城址20


里見氏十代忠義が倉吉で病死すると、
倉吉の大岳院にある主君の墓前で8人の家臣が殉死しました。
その遺骨は館山城の麓に分骨され、この地に眠っています。

      20171125館山城址21



この八遺臣が『南総里見八犬伝』のモデルになったそうです。

      20171125館山城址22



二の丸から八遺臣の墓に至る尾根沿いの登城路。

      20171125館山城址23



この登城路が一番、中世の山城の雰囲気を醸し出しているような気がします。

      20171125館山城址24


数年前から、『訪れよう! いつか訪れよう! 』と思っていた館山城址。
南総里見八犬伝の所縁の城でもあり、
安房の戦国大名里見氏の最後の城でもある。

遺構が少なくて残念な気もするけれど
雄大な富士山の姿も見ることが出来る。
戦国時代には、立派な城だったんだろうなぁ...............。



スポンサーサイト



2018/01/03 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit