FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

ダムカードを集めよう..............................湯西川ダム (2017年10月30日)(栃木県日光市) 

10月30日

この日は栃木県の日光市に出かけました。

日光市と言っても世界遺産の社寺仏閣のある中心部ではなく
旧・栗山村周辺の廃校とダム巡りが目的です。
特に鬼怒川上流の4ダム(川俣、湯西川、五十里、川治)では
鬼怒川上流4ダムスタンプラリーと言うイベントも開催されているから
4ダムのスタンプも集めます。

鬼怒川上流4ダム巡り、その第2弾は...............湯西川ダム


湯西川ダムは、鬼怒川上流ダム群の4つ目のダムとして、
平成24年11月28日に試験湛水を完了した最も新しいダムです。
洪水による下流河川の氾濫を防ぐための洪水調節、
農業用水や都市用水の供給を目的に造られた重力式コンクリートダムです。
堤高は119.0m、堤長320mとかなり大きなダムで、
有効貯水量は7,200万m3とかなりの量を誇ります。
湯西川ダムによってできたダム湖は、湯西川湖と呼ばれています。
4月中旬から12月上旬まで、水陸両用バスによるダム湖クルーズと、
ダムの見学を行うツアー(ダックツアー)が運行されているそうです。



確かに、湯西川ダムは一つの観光資源となっているようで
案内板にも周辺の見どころが記載されています。

      20171030湯西川ダム01



こちらが、湯西川ダム。

      20171030湯西川ダム02


あいにくの天気と言っていいのか?
さっきまで小雨が降っていたと思えば、
いきなり陽が射してきたり、また曇ったりとおかしな天気。

天端も先ほどまでの雨で濡れています。

      20171030湯西川ダム03



ダム堤体(ダム湖側)。

      20171030湯西川ダム04



ダム堤体(下流側)。

      20171030湯西川ダム05



発電用なのか?
一部放流されています。

      20171030湯西川ダム06


      20171030湯西川ダム08




ダム天端から堤体下部を覗いて見ると...............

      20171030湯西川ダム07

流石に高い。
堤高119mは伊達じゃない。




堤長320mの湯西川ダム。
天端中央部からの湯西川湖。
      
      20171030湯西川ダム09



天端中央部からの下流側の眺め。

      20171030湯西川ダム10

下流の渓谷の紅葉は今が見頃。


そして、放流される水の勢いも周りの紅葉の中で映える。

      20171030湯西川ダム11



320mの天端を渡って対岸からの堤体。

      20171030湯西川ダム12



眺める位置、角度が変われば放流水も違って見える。

      20171030湯西川ダム13



湯西川湖もまた違った感じに見える。

      20171030湯西川ダム14


      20171030湯西川ダム15



さぁ、管理事務所に向かいましょう。


天端を闊歩する びいすけ 。

      20171030湯西川ダム16


      20171030湯西川ダム17




管理事務所手前にあるプレハブ小屋は資料館。

      20171030湯西川ダム18


こちらでスタンプラリーのスタンプを押します。

      20171030湯西川ダム19




そうです、管理事務所でダムカードを貰います。

      20171030湯西川ダム20




こちらが、湯西川ダムのダムカード。

      20171030湯西川ダム21


      20171030湯西川ダム22



湯西川ダムのダムカードは、別な場所でも
別なカードが発行されているのですが、
それは別な記事で紹介いたしましょう。

鬼怒川上流4ダム。
これで2つ目制覇です。








スポンサーサイト



2017/12/02 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit