FC2ブログ

10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

蛇王の滝   

10月30日

この日は、栃木県の日光市に出かけました。

旧・栗山村立栗山小学校若間分校を探している時に
間違った見当をつけて訪れた蕎麦屋さんの近くで
こんな案内板を見かけました。

      20171030蛇王の滝01


蛇王の滝?

今回、旅行の下調べでは完全なチェック漏れ。
滝好きには魅力的な案内板ですが、若間分校を優先。
さらに、奥地になる川俣小中学校、川俣ダムへと急いでいたため
時間があれば、帰りに寄ればいいや! と先を急ぎました。

急ぎ足で川俣小中学校、川俣ダムと回り、
戻って来ました、蛇王の滝。

蛇王の滝は、 県道23号を川治ダムから川俣方面に向かい、
瀬戸合峡手前の左側に見ることができる滝です。
こんもりと茂る木々の中を白く流れ落ちる姿は、
新緑や紅葉の季節には一幅の絵のように見えるそうです。
流れる姿が蛇のようであることから名が付いたと言われています...............

が、色々と調べていくと実は、蛇王の滝は以前「そうめんの滝」と呼ばれていたそうです。
滝の幅が今よりも広くて、そうめんを箸ですくうような姿をイメージしたそうです。

この地方には蛇王権現と言う伝説がありました。
蛇の姿をした神様が、かつて村の大災害を救ってくれたため、
昔から神様として崇められてきたそうです。
その神様の名前をもらって、蛇王の滝としたのが隠されている真実のようです。



こちらが、蛇王の滝。

      20171030蛇王の滝02

県道沿いからだとちょっと見にくいかな?
おまけにベストポジションの撮影位置には三脚を立てた
愛好家の2名が陣取っていて、良い構図は望めない。


望遠で滝のズームアップ。

      20171030蛇王の滝03

流石にこの時間だと山肌の紅葉の中に一筋の白い滝の流れ。
絵になりますねぇ。



どうやら散策路もあるようです。
200mなら行かなきゃ損でしょう。

      20171030蛇王の滝04



散策路は河原へと降りる道のようです。

      20171030蛇王の滝05


      20171030蛇王の滝06

実際、河原までは200m以上あったような気がしますが...............(笑)


河原に到着。

流石に近くに来ると滝の大きさが分かります。

      20171030蛇王の滝07

本当は、さらに上段にも滝の流れはあるのですが
角度の問題なのか? 上段の流れは見えません。



蛇王の滝をバックに。

      20171030蛇王の滝08


      20171030蛇王の滝09


      20171030蛇王の滝10



河原から蛇王の滝をズームアップ。

      20171030蛇王の滝11




滝に見とれていたけれど、周りを良く見ると
今が紅葉の真っ盛り。

      20171030蛇王の滝12


      20171030蛇王の滝13


      20171030蛇王の滝14


夏の河原と違って、晩秋の河原は変な虫も居ないし、人も居ない。
蛇王の滝周辺の紅葉をまさに独り占め。
そんな感覚に陥ってしまいます...............



スポンサーサイト



2017/11/29 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit