FC2ブログ

10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

本日の散歩 田町愛宕神社 (2017年10月23日)(千葉県佐倉市) 

10月23日 公休日

全国的に多大な被害をもたらした台風21号が駆け足でかんとうちほを過ぎ去ったこの日。
午後から、散歩に行きました。

      20171023愛宕神社01


当初は、佐倉城址公園を目指して歩いて行きます。
いつもの朝・夜の散歩とはコースが違うから
びいすけ もいつになく、リードを力強く引っ張って行きます。

      20171023愛宕神社02


      20171023愛宕神社03



ふと、目にした看板。

      20171023愛宕神社04

そう言えば、田町の愛宕神社って行った事が無いから
たまには趣向を変えて、行ってみましょう。


田町地区の小高い丘に鎮座する田町愛宕神社。
真っ赤な鳥居が目を引きます。

      20171023愛宕神社05


鳥居に掲げられた神額。

      20171023愛宕神社06



石段を上がって本殿(拝殿)へと向かいます。

      20171023愛宕神社07


      20171023愛宕神社08



石段を上りきった先にも鳥居。

      20171023愛宕神社09



鳥居をくぐれば、狛犬の待つ境内。

      20171023愛宕神社10



そして狛犬の先には拝殿(本殿)。

      20171023愛宕神社11



拝殿に掲げられた扁額。

      20171023愛宕神社12

見るからに由緒ありそうな扁額です。


田町愛宕神社の由来。

      20171023愛宕神社13

田町の愛宕神社は、元々は東京の愛宕神社の流れを汲むものらしいが
江戸時代には、佐倉城の田町門の近くに鎮座していたらしい。
大政奉還後、明治の時代を迎え、佐倉城は取り壊され
陸軍の兵営建設などにより、現在地に移されたらしい



境内は意外に狭い。

      20171023愛宕神社14



その狭い敷地の一角には天満宮。


      20171023愛宕神社16


天満宮の石灯籠。

      20171023愛宕神社15

   

この先には稲荷神社。

      20171023愛宕神社17



稲荷神社と石仏群。

      20171023愛宕神社18



拝殿の正面右奥に台地へと続く道があります。

      20171023愛宕神社19



この先に何があるのか?
興味を持ちながら上がって行くと...............


何と市役所庁舎の裏手に出ました。

      20171023愛宕神社20

これまた、驚き。
佐倉市役所の裏手に、田町愛宕神社が在ったんですね。




また一つ、地元の新しい発見がありました。




スポンサーサイト



2017/11/21 Tue. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

今週は、コレ!    《 BELFORTE 》    (2017年10月23日) 

10月23日

毎週、月曜日に着け変えている腕時計。
今週は、こちら。

      BELFORTE01

BELFORTE 《モデル名 不明》


BELFORTEは、詳細は不明ですが
1950年代にスイスのベンラス社(BENRUS Watch.company)から販売されていたディフュージョンブランドの様です。

BENRUSの歴史は、会社名の由来ともなった3人の兄弟によって
1921年に始まりまったとされています。
時代が懐中時計から腕時計へと移り変わる頃に
先見の明を持ち、腕時計を作る会社として立ち上げ、
さらには軍用時計を生産するメーカーとして政府の御用達となり、
第二次世界大戦の頃、米軍に採用され、
飛躍的に業績を伸ばした時計メーカーでした。
そんなBENRUSの業績も腕時計のクォーツ時代を迎え、
斜陽の一途を辿り、やがて倒産と言う憂き道を辿ります。

現在も『BENRUS』のブランド名は残りますが
往時の『BENRUS』とは、全く別物になります。

BENRUSから派生したBELFORTEは、
紳士用・婦人用、手巻き・自動巻きと幅広くラインナップを揃えていたようです。

赤い秒針が何となくミニタリーっぽさを感じさせてくれます。
これで文字盤が黒だったら、まさにミニタリーって言ったところでしょうか?



ケースサイズはメンズサイズとしては小ぶり。
ひょっとしたら、Boy’sサイズかも?

      BELFORTE02



小ぶりのケースでも、風防の曲面がビィンテージ感を醸し出す。

      BELFORTE03


腕時計収集にハマっていた7〜8年前。
パッと見が気に入って手に入れた自動巻の時計。


ケースに所々小さな錆が浮いているけれど
それはそれで味があるものだと、勝手に思っている。

      BELFORTE04



おそらく、腕に巻くのは7年ぶり?

      BELFORTE06


      BELFORTE05

腕が細いから、小ぶりなケースも違和感は無い。



さぁ、今週も頑張りましょう!!




2017/11/21 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit