FC2ブログ

10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

北総花の丘公園ドッグラン   (2017年10月18日)(千葉県印西市) 

10月18日 公休日

ここ数日雨が続いていて、久しぶりの晴れ。
って言うか、明日からまた雨だと言う天気予報。

休みの朝、溜まっていた洗濯をして物干し竿にぶら下げる。
昼からは2回戦目の格闘になりそう。

ならば、この空いている時間帯を利用して
ドッグランに行きましょう。
ここ数日間、まともな散歩が出来なかったから
例え走らなくても、ノーリードで放されれば
びいすけ も匂い嗅ぎの徘徊で息抜きできるでしょう。
と言うことで、向かった先は...............北総花の丘公園ドッグラン


久しぶりの晴れ&今日を逃すと明日からまた雨。
誰しも同じことを考えるようで、
10時半頃訪れたドッグランには、すでに7〜8頭のワンちゃんが居ました。

      20171018北総花の丘公園ドッグラン 01


駐車場で既にドッグランをあとにした顔馴染みの常連さんも2組居たから
飼い主は考えることが同じようです。


とは言え、やっぱり予想通り。
ドッグランに入ったものの、他のワンちゃんには目もくれず
フェンス周りの匂い嗅ぎに専念する びいすけ 。

      20171018北総花の丘公園ドッグラン 02



まぁ、これが びいすけ のドッグランの楽しみ方だから仕方ない。

      20171018北総花の丘公園ドッグラン 03


      20171018北総花の丘公園ドッグラン 04



フェンス周りの匂い嗅ぎを満喫した後は、ドッグラン内の徘徊。

      20171018北総花の丘公園ドッグラン 05


      20171018北総花の丘公園ドッグラン 06


      20171018北総花の丘公園ドッグラン 07



そこへやって来たのは、 ビーグルのレオくん。
ずいぶんとご無沙汰です。

      20171018北総花の丘公園ドッグラン 08

お久しぶりのレオくんですが、レオくんのパパさんによれば
レオくんもすっかり走らなくなって、匂い嗅ぎばっかりしているらしい。
もう、 びいすけ も レオくん も、そう言う年代なんだね。



レオくんと遊ぶかなと...............(最近は他の犬と遊ぶとは思わないけど)

やっぱり、遊ばない(笑)。




ふたたび、徘徊を始める びいすけ 。

      20171018北総花の丘公園ドッグラン 03


      20171018北総花の丘公園ドッグラン 10


      20171018北総花の丘公園ドッグラン 11



11時を回ると、ポツリポツリと帰る人が増え、
やがてドッグランは貸し切り状態。

      20171018北総花の丘公園ドッグラン 12



スマホをいじっていると、すぐ側に寄ってくる びいすけ 。

      20171018北総花の丘公園ドッグラン 13


つまんなさそうな顔。
って言うか、帰りたいモード満載。

      20171018北総花の丘公園ドッグラン 14


      20171018北総花の丘公園ドッグラン 15


まあ、久しぶりに土と芝生の上を歩いて日光浴も出来たし、
たくさんのワンちゃんのマーキングの匂いのチェックも出来たみたいだから
良しといたしますか...............?




スポンサーサイト



2017/11/20 Mon. 16:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

今週は、コレ!    《 WADSWORTH AVIA 》    (2017年10月16日) 

10月16日

毎週、月曜日に着け変えている腕時計。
今週は、こちら。

AWADSWORTHVIA01

WADSWORTH AVIA


WADSWORTHは、詳しくは分かりませんが、ネットで調べてみると
日本では殆ど知られていない時計メーカーです。
元々は時計のケースメーカーのようで、米国のELGINから機械の供給をしてもらい、
WADSWAORTHの名前で販売していたようです。、今でいうOEMではなかろうか。
1970年代に始まったクオーツ時代の波にのまれ、多くの時計メーカーが姿を消したように
WADSWAORTHも、いつしか消え去ってしまったようです。

1970年代以前、アメリカにも多くの時計メーカーがありました。
残念ながら、多くの時計メーカーは姿を消し
現在はTIMEXとHAMILTONとBLOVAぐらいしか名を聞かなくなりました。


この時計もケースは小ぶり。
Boy’sサイズかもしれません。

      AWADSWORTHVIA02



曲線を持った風防。
そして、この文字盤。

      AWADSWORTHVIA03

ビンテージ感丸出し。
おまけに自動巻と来れば、言う事はないのですが
残念ながら手巻き式の腕時計。

でも、ついつい手を伸ばしたくなります。
今から7〜8年前に、まるで病気のように腕時計収集にハマっていた頃の
戦利品(?)の一つです。


おそらく40年〜50年前の腕時計。

      AWADSWORTHVIA04

軽く持って振れば、自動巻のゼンマイは巻かれ
静かに時を刻み始めてくれます。


久しぶりに腕に巻いてみましょう。

      AWADSWORTHVIA06


      AWADSWORTHVIA05

何とも古めかしい感じが堪らない。

あの頃は、最新式の高価な高級腕時計よりも
ひっそりと時を刻んできたビンテージ感が溢れ出る腕時計に
心惹かれ、夢中になっていたような気がします。


あの頃の感覚を思い出して...............


さあ、今週も頑張りましょう!!




2017/11/20 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit