FC2ブログ

10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

猿橋 (2017年10月9日)(山梨県大月市) 

10月9日 公休日

この日は、山梨県大月市に出かけました。

10代の頃、甲州街道(国道20号線)をバイクで走り
猿橋の交差点があることは知っていました。
てっきり、大月市の地名だと思っていたら、実際に橋が架かっていて、
その橋が結構有名だと知ったのは数年前。
日光に出かけた時、神橋を訪れた時に、
岩国市の錦帯橋、日光の神橋、そして大月市の猿橋が
日本三大奇橋と呼ばれているらしい。
日本三大奇橋については諸説があるようです。)


猿橋は、大月市を流れる桂川に架かる刎橋です。
国の名勝にも指定され、長さ30.9m、幅3.3m。
水面からの高さは31mで、深い谷間のために橋脚は無く、
鋭くそびえたつ両岸から四層に重ねられた「刎木(はねぎ)」と呼ばれる支え木をせり出し、
橋を支えている構造となっています。



意外に観光地?
歓迎(?)のアーチが出迎えてくれます。

      20171009猿橋01

こう言った、いかにも観光地って言うアーチも最近見なくなりました。


一応、国の名勝に指定されているから
標柱前で一枚パチリ☆。

      20171009猿橋02


      20171009猿橋03



説明板もチェックしておきましょう。

      20171009猿橋04



こちらが猿橋。

      20171009猿橋05

確かに、橋脚は無く、両岸からせり出した刎木で支えています。



猿橋の上で、びいすけと一緒にパチリ☆。

      20171009猿橋06

連れが居ないと、こう言った写真は撮れないから貴重な一枚。


猿橋周辺は遊歩道になっているから、散策いたしましょう。

      20171009猿橋07


      20171009猿橋08



遊歩道からの猿橋。

      20171009猿橋09

確かに奇橋である。


四層の刎木が中々のモノ。

      20171009猿橋10



そして、猿橋の架かる桂川の渓谷も中々のモノ。

      20171009猿橋11



ちなみに、この画像で見える橋は猿橋ではなく、車も通行出来る新猿橋。

      20171009猿橋12



昭和58年に岸のコンクリートを補強して、猿橋は架け替えられたそうです。
その時の記念碑になるのだろうか?

      20171009猿橋13


記録によれば...............
明治13年に明治天皇が猿橋を渡ったとされています。

      20171009猿橋14

その時の記念碑でしょう。


こちらも古い碑。

      20171009猿橋15

木の枝に一部隠れていますが、『名勝 猿橋』の碑。



1件だけあった食事処の庭先にあった顔出し看板。

      20171009猿橋16



そして、今では忘れ去られているだろう。
オリエンテーリングのポスト。

      20171009猿橋17

なぜか、このポストを見るとオリエンテーリングがしたくなっちゃうんだよなぁ。





今では、忘れ去られてしまった観光地(?)の猿橋。
寂れた感は強いけれど、個人的には満足。
まぁ、何度も訪れるような場所ではないけど
猿橋を眺める事も貴重な体験の一つになりました。




スポンサーサイト



2017/11/11 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit