FC2ブログ

10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

ダムカードを集めよう...............北浦 (2017年10月4日)(茨城県鹿嶋市、潮来市) 

10月4日 公休日

この日は、茨城県の鹿行地区に出かけました。


当初は、潮来市にある国土交通省 関東地方整備局 霞ヶ浦河川事務所 に向かい
北浦 のダムカードを貰うつもりでした。


午前9時に霞ヶ浦河川事務所に着いたのですが...............

      20171004ダムカード北浦01



フェンスには、こんな張り紙がありました。

      20171004ダムカード北浦02

確かに、事務所の前にあるのは北浦に見えるけど北浦じゃない。
あくまでも北浦を訪問した証が必要だし、それがダムカードのルール。


急遽、北浦に向かいました。
と、言っても北浦を挟んで潮来市の対岸である鹿嶋市に向かい
ついでに、マンホールカードを貰いに行ったり、
鹿島神宮に寄ったりしましたが、一応北浦の湖岸にも立ち寄りました。


そもそも北浦を語る前に、霞ヶ浦に触れないと意味が分からなくなっちゃいます。

霞ヶ浦は、茨城県南東部から千葉県北東部に広がる湖で、
湖沼水質保全特別措置法で指定された湖沼です。
西浦・北浦・外浪逆浦・北利根川・鰐川・常陸川の各水域の総体で、
河川法ではこの範囲を「常陸利根川」と呼び、利根川の支川としています。

すなわち、北浦も霞ヶ浦の一部分であり、北浦と霞ヶ浦は、全く別物だと思っていたら、
この水域の総称が霞ヶ浦で今まで霞ヶ浦と思っていたのは西浦のことだったんですね。



これぞ北浦!って言う場所が無いから
国道365線沿いに車を走らせ、ふと視界に入った石碑。

『 輝け 美田 豊穣』と記されています。

      20171004ダムカード北浦03

北浦沿岸の灌漑工事、水田事業の整備を記念したモノのようです。
碑よりも隣の大黒天が一際目立っています。


碑の背後に見える北浦。

      20171004ダムカード北浦04


      20171004ダムカード北浦05


      20171004ダムカード北浦06



さらに、湖畔へと向かいます。

      20171004ダムカード北浦07


この辺りには『北浦』と明記されたモノはありませんねぇ。

      20171004ダムカード北浦08


視界に入るのは、どんよりとした空と北浦の水辺。

      20171004ダムカード北浦09


      20171004ダムカード北浦10




仕方ないので、潮来市に移動しましょう。


潮来市の北浦湖畔。
国道51号線の神宮橋付近。

      20171004ダムカード北浦11


『北浦』って、しっかり看板に書かれています。

      20171004ダムカード北浦12

これなら問題ないでしょう。


一応、神宮橋をバックに、パチリ☆

      20171004ダムカード北浦13


      20171004ダムカード北浦14


バイパスである新神宮橋も押さえておきましょう。

      20171004ダムカード北浦15



と、言うわけで12時半過ぎ、お昼の休憩時間で遠慮がちに
国土交通省 関東地方整備局 霞ヶ浦河川事務所を訪ねます。

無事、北浦のダムカードを手に入れました。

      20171004ダムカード北浦16

いゃあ、時間が掛かったぁ(笑)。


こちらが、苦労して手に入れた北浦のダムカード。

      20171004ダムカード北浦17


      20171004ダムカード北浦18


ひょっとしたら(ひょっとしなくても)
私にとって茨城県の初ダムカードになる。

地道にコツコツと集めて行きましょう。



2017/11/03 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

道の駅 いたこ (2017年10月4日)(茨城県潮来市) 

10月4日 公休日

この日は、茨城県の鹿行地区(鹿島・行方)へ出かけました。


鹿島神宮から、北浦 へ立ち寄り証拠の写真を撮って
北浦 のダムカードを貰いに行くわけですが
時刻もお昼近くになりました。
犬連れで食事が出来るお店も知らないし
トイレにも行きたいし...............


そんな訳で立ち寄ったのは...............道の駅 いたこ


茨城県内には13ヶ所の道の駅が在ります。(2014年10月4日現在)
この道の駅に来るのは、多分10年振り?
確か、10年ぐらい前に一度来た記憶があります。
まぁ、久しぶりに立ち寄るのも良いでしょう。

      20171004道の駅いたこ01


おそらく10年前と変わらないであろう建物。

      20171004道の駅いたこ02


とにかく、平日だから空いています。

      20171004道の駅いたこ03

でも、駐車場には、それなりに車が停まっているんだけどねぇ。


一応、案内板で全体像を確認しましょう。

      20171004道の駅いたこ19




何やら特設売店を発見!

      20171004道の駅いたこ04


近寄ってみると...............

なぜか、銚子電鉄のぬれ煎餅。

      20171004道の駅いたこ05

ここって銚子じゃないし...............
おまけにワケありって書いてある。


要は『割れ』や『欠け』の商品を大袋に入れて格安で販売しているようです。


当然、お買い上げ〜!

      20171004道の駅いたこ06

頑張れ! 銚子電鉄!!



こちらは、生鮮品の直売所。

びいすけ は中に入れないから
適当な手すりにリードを括り付け、待機して貰います。

      20171004道の駅いたこ07



先月訪れた『道の駅 みわ 』では野菜が安かったので思わず購入。
味をしめて、チェックいたしました。


形に不揃いなキュウリが10本以上入って180円。

      20171004道の駅いたこ08

すぐさまレジに並んじゃいました(笑)



こちらは、情報館。

      20171004道の駅いたこ09

潮来市の観光その他の情報を得る事ができます。


道の駅のスタンプもこちらに準備されてます。

      20171004道の駅いたこ23

今回は、スタンプ帳代わりの無地のノートを持参したから
迷わずスタンプを押しました。



レストランは時間帯によっては持ち込み自由。

      20171004道の駅いたこ10

でも、ペットは中には入れません。


仕方ないので、テラス席と言うか
レストラン隣のオープンスペースへ。

      20171004道の駅いたこ11



ここなら、わんこ同伴でも文句は言われません。

      20171004道の駅いたこ12


びいすけ のおやつタイム。

      20171004道の駅いたこ13


      20171004道の駅いたこ14


      20171004道の駅いたこ15



期待していたフードコートらしきものが屋外に無く
仕方ないから売店で買ったおにぎりタイム。

      20171004道の駅いたこ16



人の食べてるものを欲しがる びいすけ 。

仕方がないから、具のない部分をあげましょう。

      20171004道の駅いたこ17



この満足そうな顔(笑)。

      20171004道の駅いたこ18


こちらの道の駅では、道の駅の切符が売っていたので、
そちらも当然購入。    

      20171004道の駅いたこ20


      20171004道の駅いたこ21

180円と高い気もするが、一応硬券切符。
まあ、記念になるでしょう。

と言いながらも、この硬券切符を集める気満々(笑)。



そして、こちらが道の駅のスタンプ。

      20171004道の駅いたこ22


いゃあ、道の駅巡りもハマっちゃいそう...............(笑)。


2017/11/02 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

鹿嶋市宮中地区商店会連合会の七福神 (2017年10月4日)(茨城県鹿嶋市) 

10月4日 公休日

この日は、茨城県の鹿行地区へと出かけました。
鹿嶋市二ある 鹿島神宮近くを散策している時に
鹿島神宮の参道から1本南にある通りの商店街を歩いていました。

      20171004 鹿島商店街七福神01


鹿嶋市宮中地区商店会。
商店街といっても、昨今の地方の商店街のようにシャッター通り商店街。
400mぐらいの通りですが商店の数も少なくなってしまった商店街。

      20171004 鹿島商店街七福神02



インターロックの施された歩道を歩いていると
こんな像を見つけました。

      20171004 鹿島商店街七福神03

『これって、恵比寿じゃん!』

通りの先にも幾つかの像が確認できる。
ひょっとして、七福神が揃ってる?
ならは、全部探しちゃいましょう。

偶然ですが、ふと見つけた七福神。

先ずは、先ほどの恵比寿。

      20171004 鹿島商店街七福神04

恵比寿は、
日本の神様で、漁業、商売繁盛の神として、信仰されています。
日本古来の神様でご神名は小彦名命(疱瘡神社)。
海の守護と商売繁盛、医療医薬、庶民救済の神として、崇敬されています。



さらに歩いていけば、毘沙門天。

      20171004 鹿島商店街七福神05


      20171004 鹿島商店街七福神06

毘沙門天は
インド出身の神様です。
仏教四天王の一人。多聞天とも言われており、
さらに金毘羅の別名もあり、
招福利財・融通招福の神として広く親しまれています。



そして、次に現れたのは大黒天。

      20171004 鹿島商店街七福神07


      20171004 鹿島商店街七福神0808

大黒天は、梵語で摩訶迦羅(マハーカーラ)。
マハー(大いなる)カーラ(黒)を漢訳して大黒天または大黒神といい、
仏教に採りいれられ、悪鬼と戦う勇猛な護法の軍神となる。
もともとは甲を付け、右手に鉾、左手に宝塔を持ち邪鬼か岩座の上にたっていた。
鎌倉時代から室町時代にかけて、字音が大黒と大国が同じ事から、
出雲大社の大国主命と結びつき、現在のような打ちでの小槌を持ち、
大きな袋を担ぎ、福徳円満な純和風な大黒天となったとされています。




そして次に登場するのは弁財天。

      20171004 鹿島商店街七福神09


      20171004 鹿島商店街七福神10

弁財天とは
唯一の女神で、知恵財宝、愛嬌縁結びの徳があるといわれます。
インドの水の神、音楽の神、知恵の神。
本来の姿は、八臂で金剛杵・弓矢・刀などを持ち、水の恵みを与え、
河の怒りをもって水を供給してくれる五穀豊穣の神様でもある。
中世以降では、琵琶を抱える姿が多くなり、音楽や芸能、弁舌の神様となったそうです。





次なる七福神は、寿老人。

      20171004 鹿島商店街七福神11


      20171004 鹿島商店街七福神12

寿老人とは
中国出身の神で、不老不死の霊薬を所持しているといわれています。
人々の健康と長寿の神様として、広く崇敬されています。




次々に登場する七福神。
福禄寿の登場です。

      20171004 鹿島商店街七福神13


      20171004 鹿島商店街七福神14

福禄寿は
長寿・幸福の徳を持ち、招徳人望の神様として信仰されています。
ご神名は伊装諾尊。長寿の神ですが、
一般には人々の幸福、授かる財物、人々の寿命を司る神様として親しまれています。



いよいよオーラス。
布袋尊です。

      20171004 鹿島商店街七福神15


      20171004 鹿島商店街七福神16

布袋尊は
笑門来福、夫婦円満、子授けの神様として信仰されています。
中国出身の禅僧で、唯一実在した人物。
その容姿から知恵を授け、福徳と円満な暮らしを与えてくると言われています。


たった400mの商店街の両歩道に交互に並ぶ七福神。
おそらく、商店街の繁栄を祈願して建てられたモノでしょう。
効果はあったのか?否かは不明ですが
シャッターの閉まった商店や廃業した商店が気になりました。


話は変わって...............
冒頭の恵比寿像の近くにあったマンホール。

      20171004 鹿島商店街七福神17

鹿嶋市の名が入っていますが、本日入手したマンホールカードとはデザインが違う。
おそらく、こちらのマンホールが以前からのデザインでしょう。
なんと言っても、このデザインのマンホールが商店街の通りに数個あったから、
間違いない。
鹿嶋市のマンホールカードは、
こちらのデザインでも良かったんじゃない?








2017/11/01 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit