06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

び・び・びのびいすけ

龍福寺の森  (2017年6月15日)(千葉県旭市) 

6月15日   公休日

この日は、千葉県の旭市に出かけました。


旭市にある龍福寺の背後にある森は、スダジイやタブ、ヤブツバキなどが茂る自然林で
龍福寺の森と呼ばれ、鳥のさえずりや木々のざわめきなどの自然を体感できます。
非常に「湧水」が多いために、土壌が常に湿潤にたもたれ、
北東に「飯岡台地」を背負い南西に開いた地形が、この「湧水」の効果とあいまって、
「冬期温暖」、「夏期冷涼」な気候をつくりだしています。
そのため、「寒地性植物」と「暖地性植物」とが混在して生育しており、
学術上貴重な植物のあつまり(植生)を示しているそうです。
昭和54年に千葉県の天然記念物に指定されました。



龍福寺の山門辺りから、それらしい雰囲気は出ています。

      20170615龍福時の森19

苔生した石段。
苔が生えるということは、それなりの湿潤地ということになります。



龍福寺の境内にある説明板。

      20170615龍福時の森20



さらには、天然記念物の碑。

      20170615龍福時の森01



龍福寺の境内から裏手(横手)の森に入れば
雰囲気はぐっと変わってきます。

      20170615龍福時の森02



この先に素掘りにトンネルがあります。

      20170615龍福時の森03



石段を上りましょう。

      20170615龍福時の森04



トンネル奥の光。

      20170615龍福時の森05

出口までは100mほどありそう。




トンネルを抜けると、また違った世界。

      20170615龍福時の森06

ここは、龍福寺の奥の院。



苔生した石塔群が厳かな雰囲気を醸し出す。

      20170615龍福時の森07



確かに、ここは普通の森とはちょっと違う。

      20170615龍福時の森08



湿潤な台地から溢れ出す湧き水は
こちらでも滝となっています。

      20170615龍福時の森09



龍福寺から滝のさと自然公園に抜けるハイキングコースがあるのらしいが、
なかなかその道がわからない。

      20170615龍福時の森10




ハイキングコースには、先ほどのトンネル手前を右に行き
台地を上る細い道。

      20170615龍福時の森11



最近は訪れる人もいる居ないのか?
2回ほど、顔に蜘蛛の巣が引っかかる。

      20170615龍福時の森12



細い山道を上った先がキャンプ場。

      20170615龍福時の森13

滝のさと自然公園に隣接する旭市市営のキャンプ場ですが。



キャンプ場にコレと言って用事も無いので
今来た道を戻りましょう。

上がって来るときは気付かなかったけれど
キャンプ場との境界のフェンス。

      20170615龍福時の森14

この先が、龍福寺の森を経由して龍福寺になります。



こんな注意書き。

      20170615龍福時の森15

ちょっぴり、ビビるよねぇ〜?(笑)




下りは滑りやすいから要注意。

      20170615龍福時の森16

だてに湿潤池では無い。
本当に滑り易いから...............

お願い! びいすけ 。
ゆっくり歩いてちょうだい、

      20170615龍福時の森17


滑って転ぶ事なく、龍福寺の境内に戻る事か出来ました、

      20170615龍福時の森18

境内の紫陽花の花が綺麗だったなぁ。


龍福寺の森。
陽も遮り、涼しくて...............

パワースポットだから、ひんやりしているのかな?

でも、ちょっぴり気にいっちゃいました。







スポンサーサイト
2017/07/05 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit