05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

び・び・びのびいすけ

払沢の滝  (2017年5月31日)(東京都西多摩郡檜原村) 

5月31日  公休日

個人的な連休初日。

5月25日の夜から八王子の実家に里帰り中。
仕事の日は、八王子の実家から職場に通い、
びいすけ 共々、実家ライフを満喫しております(笑)。


私 と もっちゃん の休みが合ったこの日、
奥多摩方面へ出かけました。

奥多摩町に隣接する檜原村。
檜原村には、『日本の滝百選』に選ばれている 払沢の滝 があります。
たまたまって言うか、払沢の滝近くの豆腐屋さんの豆腐が欲しくて
檜原村に立ち寄りました。

豆腐屋さんもさることながら、先ずは観光。
払沢の滝から参りましょう。


払沢の滝へは、無料駐車場から徒歩15分(?)
案内板が導いてくれるので迷わずに辿り着く事が出来ます。

      20170531 払沢の滝01



この橋を渡ったら左折。

      20170531 払沢の滝02


ウッドチップの敷かれた散策路を歩きます。

      20170531 払沢の滝03


実は払沢の滝に来るのは、コレで2回目。

      20170531 払沢の滝04

一度来たことのある場所だと距離感が分かるから
ペースもコントロールしやすい。
びいすけ と もっちゃん のペースでゆっくり歩きます。

ウッドチップの感触を味わいながら歩いて行くと
やがて前方に払沢の滝が見えて来ます。

      20170531 払沢の滝05


      20170531 払沢の滝06



払沢の滝は、東京都で唯一『日本の滝百選』に選ばれている滝です。
秋川の源流の沢の奥地にある落差62m・全4段からなる滝です。
しかしながら、4段のうち、遊歩道で見られるのは落差約23.3mの最下段です。
近隣の飲料水にもなっている清水が、木漏れ陽の中でキラキラと輝きながら
滝壺へと注ぎ込まれる様は、やはり『日本の滝百選』に選ばれるだけあります。



払沢の滝に近づいてみましょう。


沢に架かる小さな橋の上から。

      20170531 払沢の滝07


この辺りからだと、そんなに大きな滝には見えない。

      20170531 払沢の滝08



沢の岩の上に移動してみましょう。

      20170531 払沢の滝09



カメラが寄りすぎて、滝の全体が把握しづらいし、
落差もあまり感じられない。

      20170531 払沢の滝10


      20170531 払沢の滝11


かえって、沢から少し離れて見た方が
スケールは大きくみえるようです。

しかし、実際はこんな感じ。
最下段の直瀑。
      20170531 払沢の滝12



もっちゃん と びいすけ が滝の大きさを知る良い基準。

      20170531 払沢の滝13

残念ながら、水量は思ったほどは無く
滝の飛沫を浴び、全身にミストを感じるまでには至らなかった。

でも、この びいすけ の表情を見ると、来て良かったと思っちゃう。

      20170531 払沢の滝15

しっかりと滝の雰囲気は味わいました。


滝から、駐車場への帰り道。
軽快なテンポで闊歩する びいすけ 。

      20170531 払沢の滝14


この日は、出発するのが遅くなり
八王子の実家を9時過ぎに出て、時刻も11時半近く。

少し早いけど(実は計算していたりして...............)  
お昼の時間といたしましょう。



   

スポンサーサイト
2017/06/18 Sun. 14:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

今週は、コレ!    《 ORIENT STAR  》    (2017年5月29日) 

5月29日 

毎週月曜日に付け替えている腕時計。

今週はこちら。

      オリエントスター青01

ORIENT STAR


知る人ぞ知るオリエント時計。

1901(明治34)年に設立された、吉田時計店を源流とする老舗腕時計メーカーです。
前身である東洋時計は1946(昭和21)年に労働争議で事業を停止しました。

1950(昭和25)年にオリエント時計として新たに設立され、
機械式腕時計を中心に、1970年代までは堅調な業績をあげていました。
クオーツ式腕時計の急速な普及と、低価格化や円高の進展といった環境変化の荒波に飲まれ、
1980年代半ばごろから主力の輸出時計事業が思うような利益をあげられなくなっていき、
1984(昭和59)年にセイコーエプソンの傘下に入り、
今年(2017年)の3月末をもってセイコーエプソンに統合され、消滅してしまいました。

もっとも、『オリエント』のブランド名は残り、
セイコーエプソンより引き続き『オリエント』の腕時計は製造販売されています。





1990年代末に発売された機械式時計の「オリエントスター」。
1951年の誕生の往年の名機のデザインを復活させました。
安価だが比較的精度の高い機械式ムーブに特徴のあるデザイン。
1951年の誕生以来、ロングセラーを続けているモデルです。


      オリエントスター青02

確かに、ずば抜けて高いモデルでも無かったような気がします。
ヨドバシカメラ辺りで新品でも3万円以下で買えたんじゃなかったかな?

残念ながら、このタイプは現在は廃番になっています。
いつの間にか生産中止になってしまい、
中古市場でもいい値段で取り引きされているようです。
風防が適度な曲線を描くデザイン。
このレトロな雰囲気が好きなんだよなぁ。



ただ、気に入らないのはケースバックがスケルトン。

      オリエントスター青03




確かにスケルトンだと、ローターなどのメカニカルな部分が見えて作動の確認もできるけど、
個人的には、スケルトンは好きじゃない。

      オリエントスター青04




とは言え、ケースバックのスケルトンは腕に装着しちゃえば分からない。

      オリエントスター青05


      オリエントスター青06


う〜む、派手過ぎず無難なデザインだけど
腕にしっくり馴染みます。


さてさて、今週も頑張りましよう!



2017/06/18 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit