05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

び・び・びのびいすけ

びいすけとお父さんと時々もっちゃん

あいかわの景勝10選   《 塩川滝飛沫 》 (2017年5月27日)(神奈川県愛甲郡愛川町 

5月27日 公休日

個人的な連休の2日目。
この日は、神奈川県の愛川町に出かけました。

愛川町には、平成13年に制定された『あいかわの景勝10選』なるモノがあります。
町内の10ヶ所の景勝地を選ばれたモノです。
その内訳は...............

①宮ケ瀬ダムと新石小屋橋
②経ケ岳・仏果山・高取山にかけての山並
③塩川滝飛沫
④勝楽寺の山門と杉木立ち
⑤三増合戦碑と志田峠
⑥箕輪耕地遠望
⑦八菅山と八菅神社
⑧山十邸と中津往還
⑨工業団地といちょう並木
⑩中津川の清流

となっています。

〇〇八景とか、〇〇百選と言った類いのモノが基本的には嫌いではない。
むしろ、追っ掛けていたりするから好きな部類に入ります。
当然、この『あいかわの景勝10選』も、いつかはコンプリートしてみたいと思っています。

と言うことで、この日の愛川町に来たのは、
『あいかわの景勝10選』が最たる目的。

『中津川の清流』をあとにして、向かった先は..............塩川滝飛沫





滝幅4m、落差30mの塩川滝。
歩道が整備されていて滝壺近くまで比較的簡単に行けます。
滝壺近くは夏でもひんやりとした空気が漂い、
そのしぶきに心洗われるそうです。
そんな塩川の滝は、国道412号と中津川の間の山あいにあります。


こちらが、塩川の滝の入り口。

      0170527中津川の清流01


      0170527中津川の清流02


ここから、さらに500mほど先が塩川の滝。
車でもアプローチでき、駐車場もあり。
ただし、ほんの少しの区間、未舗装の狭い道になります。



駐車場の片隅と言うか、滝に至る橋の手前に建つ碑。

御目当の『 あいかわの景勝10選 』の碑。

      0170527中津川の清流03


      0170527中津川の清流04

実は、塩川の滝も2度目の訪問になります。
前回来た時には、『 あいかわの景勝10選 』の存在を知らなかったからなぁ。




しかしながら、愛川町は文化財や観光資源に対する取り組みが素晴らしい。
きちんと案内板や説明板や碑を設置しています。

      0170527中津川の清流05

教育委員会や観光課(観光協会?)がしっかりしているんだろうなぁ。


それでは、塩川の滝へと向かいましょう。

      0170527中津川の清流06

この橋を渡って、1〜2分で滝に到着します。


赤い橋が展瀑台。

      0170527中津川の清流07


      0170527中津川の清流08




これは塩川の滝ではありません。悪しからず。

しかし、流れ落ちた滝の清流であることは間違いない。

      0170527中津川の清流09



階段を軽快に駆け上がる びいすけ 。

      0170527中津川の清流10



こちらが、塩川の滝。

      0170527中津川の清流11


      0170527中津川の清流12


      0170527中津川の清流13

橋の下の滝壺へ行こうとしたら、
大学生らしき数名が滝修行をするのか?
白装束で待機していました。

元々、塩川の滝は八菅山修研の第五番行所だったため
古くから滝修行が行われていたそうです。

若い女性も何人か居たので、『覗き』と勘違いされるのも嫌だから
早々に撤収いたしましょう。


台地に上がる石段に先には、塩川神社があるようです。

      0170527中津川の清流14



こちらが、塩川神社。

      0170527中津川の清流15



塩川神社の由緒が記された碑。

      0170527中津川の清流16



こちらが、扁額。

      0170527中津川の清流17


さぁ、『 あいかわの景勝10選 』の『 塩川飛沫 』もこれにて完了。

次なる、景勝地に向かって出発です。




スポンサーサイト
2017/06/08 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit