04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

び・び・びのびいすけ

びいすけとお父さんと時々もっちゃん

今週は、コレ!    《 BMW   ? 》    (2017年5月22日) 

5月22日  BMW

毎週月曜日に取り替えていると言うか
腕時計を交換するようにしています。

20代の頃は、時計なんて時刻が、分かれば良い。
ちょうど世の中にデジタル式の腕時計が浸透してきた時期でもあったから、
時計に対しては無頓着でした。

たまたま以前勤めていた会社の社員旅行で香港に行き、
(当時はバブル真っ盛りな時期でした。)
仲の良かった同僚や後輩とパチモノ(偽物)のROLEXを買って喜んでいました。

たまたま本物を身に着けていた先輩に、

腕時計を持つのなら、本物を持たなきゃ!』

そんな事を言われました。
長くその言葉が耳に残っていたのと、
その先輩の影響で機械式の腕時計に興味を持つようになってから
既に20年の月日が流れています。



今週は、その先輩の言葉を裏切ってしまうかな?



今週はこちら。

      BMW01

7年ほど前に手に入れた自動巻の時計。
文字盤には BMW

ご存知、ドイツの(高級)車メーカー。



BMWのオーナーに特別に配られたモノだろうか?

      BMW02

いっけん、クロノグラフっぽく見えるけど
そう言った機能は無い。


一応、自動巻

      BMW03

裏ケースはスケルトンだから、搭載している機械が見えます。



一応、ローター(振り子)にもBMWと刻まれている。

      BMW04

SWISS MADE ...............って、はっきり読めるし...............。


でもBMWが時計作っている(いた)って話、聞いたことないし。
おそらく、販促用の景品か何かじゃないのかな?



腕に嵌めてみると...............

      BMW05



意外に悪くない。

      BMW06


若い頃って言うか、バブルの時期にはBMWにも憧れたけれど
そんなバブルの時代も遠い昔...............。

BMWには乗れないけれど、今乗っている国産車でも充分。


さぁ、今週も頑張りましょう!




スポンサーサイト
2017/05/31 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

ふれあいの小径  《 ひょうたん島池~竹袋稲荷神社 》  (2017年5月19日)(千葉県印西市) 

5月19日  公休日

北総のドッグランで小一時間徘徊した びいすけ 。
まっすぐ家に帰っても、あとは昼寝をするだけ?
どうせ昼寝をするんなら、もうちょっと疲れてもらいましょう。

先日の休みに訪れた ひょうたん島池 の近くに
『山崎池』と言う池があり、そこから『竹袋稲荷神社』まで
『 ふれあいの小径 』なるものがあるらしい。
竹袋稲荷神社はいつも近くを通る度に、雰囲気が良さそうで、
いつかは訪れたいと思っていました。

と言うことで、ひょうたん島池〜山崎池〜竹袋稲荷神社へと
ふれあいの小径を散策してみることにしました。



ひょうたん島池近くの路肩(空き地?)に車を停めて、散策の開始です。

      20170519ふれあいの小径01



まずは、山崎池を目指して...............

元気に闊歩する びいすけ 。

      20170519ふれあいの小径02



この辺りは、印西市でも未開発地域。
いわゆる里山地区。

      20170519ふれあいの小径03



ほどなくして、山崎池に到着。

      20170519ふれあいの小径07


山崎池をぐるっと1周してみようど歩きます。

      20170519ふれあいの小径04


      20170519ふれあいの小径05


しかしながら、池の畔の道はいつしか池から離れ
どうやら、池沿いにぐるっと一回りは出来ないよう



山崎池の向かいの台地の奥が竹袋稲荷神社。

池側の参道入口。
鳥居が歓迎してくれます。

      20170519ふれあいの小径08



この参道が ふれあいの小径。

      20170519ふれあいの小径10



鳥居の先の階段を上がって台地上部へと進みます。

      20170519ふれあいの小径09



元気はつらつ。
快調な びいすけ 。
階段も苦にならないようです。
     
      20170519ふれあいの小径11



階段を上りきった先に、四阿。

      20170519ふれあいの小径12



元気な 日いすけ。
息の上がった飼い主。

      20170519ふれあいの小径13



当然、小休止となります。

      20170519ふれあいの小径14



オヤツの時間にいたしましょう。

      20170519ふれあいの小径15



『 貰えるまで、ひたすら我慢する 』良い子。

      20170519ふれあいの小径16



『 良し! 』の合図で大きな口でパクりんちょ。

      20170519ふれあいの小径17


      20170519ふれあいの小径18




ふれあいの小径 の碑。

      20170519ふれあいの小径19


      20170519ふれあいの小径20

平成24年に建てられたモノのようです。



台地の尾根沿いに ふれあいの小径 は竹袋稲荷神社まで続きます。

      20170519ふれあいの小径21


      20170519ふれあいの小径22


      20170519ふれあいの小径23


しばらく進めば、竹袋稲荷神社に到着。

      20170519ふれあいの小径24



拝殿の神額。

      20170519ふれあいの小径25



国道側からの参道が雰囲気が良いので
一度、国道まで移動します。


こちらが、国道側の参道入口。

社号標。

      20170519ふれあいの小径26



赤い鳥居。

      20170519ふれあいの小径27

iいつも、この鳥居を横目にしながら車を走らせていたんだよなぁ。



鳥居の先は一度、谷に降りるように下り階段。

      20170519ふれあいの小径28



緑が濃くて深い竹袋稲荷神社。

      20170519ふれあいの小径29


谷底の参道。

      20170519ふれあいの小径30

まるで、堀跡のように見えたりする。



境内に至る石段には多くの幟。

      20170519ふれあいの小径31



石段を上がれば境内。

      20170519ふれあいの小径32



正面には稲荷神社の拝殿。

      20170519ふれあいの小径33


この辺りが竹袋村と呼ばれていた頃の村社であった竹袋稲荷神社。

由来と由緒が記された説明版。

      20170519ふれあいの小径34


境内には、『○○講』といった石碑が多い。

こちらは、安産講。

      20170519ふれあいの小径35

安産講って珍しい。


御神木ではないけれど、それなりの伸びた木々。

      20170519ふれあいの小径36




まさに鎮守の森。

      20170519ふれあいの小径37



その真ん中で存在感を示すように鎮座する拝殿。

      20170519ふれあいの小径38



そろそろ車に戻りましょう。

竹袋稲荷神社からは、案内板の示す方角へ。
ひょうたん島池を目指します。

      20170519ふれあいの小径39



古くからある集落の中を通ってひょうたん島池まで戻りましょう。

      20170519ふれあいの小径40


何だかんだと約1時間半の散策。

家に帰ると、速攻で昼寝を始める びいすけ でした..................。





2017/05/30 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

北総花の丘公園ドッグラン  (2017年5月19日)(千葉県印西市) 

5月19日  公休日

気温が28℃ぐらいまで上昇すると言われたこの日。
午前中に、さささぁ〜っとドッグランに行こうと
自宅を9時半過ぎに出て、ドッグランには10時過ぎに到着。


いつもなら、常連さんたちの車が駐車場に停まっているはずが
この日は、1台も車が停まっていない。


ドッグランに入ると、先着のワンちゃんは1頭のみ。


いつものように、 びいすけ はドッグランのフェンス周りの徘徊が始めます。

      20170519北総01



公園の散歩では、こんなに匂い嗅ぎに集中することはないんですが
ドッグランには、他のワンちゃんの匂いが満載。

      20170519北総02



気になる匂いの場所には、マーキング。

      20170519北総03



静止画ては、分かりづらいけれど
なぜか、ドッグランでマーキングした時だけ
地面を蹴る仕草。

普段の散歩のマーキングの時には、そんなことはしないんだけどなぁ。

      20170519北総04




先着のワンちゃんは、ビーグルのレオ君。

      20170519北総05

お会いするのも、超久しぶり。
元気してた?


6歳になるレオ君。

2頭は走り回ることもなく、フェンス周りを徘徊。

      20170519北総06



前を闊歩する びいすけ が、背後のレオ君に気付いたものの
これと言って絡むことは無い。

      20170519北総07



今年8歳になるオッさんビーグルと、6歳になったオッさんビーグル。

      20170519北総08

わんプロでもしてくれればいいのに...............



気ままな びいすけ 。

他のワンちゃんには興味無し。

      20170519北総09

単独行の徘徊は続きます。



ココも気になる匂いのようです。

      20170519北総10



ふと、立ち止まる びいすけ 。

      20170519北総11



出入り口の方を見ると、レオ君が帰るようです。

      20170519北総12



そして、ドッグランには誰もいなくなり
貸し切り状態となります。

      20170519北総13


気ままに徘徊する びいすけ 。
とは言え、陽射しもそれなりに強く、日陰を選んでいる。

      20170519北総14


      20170519北総15


      20170519北総16



しばらくしたら、新たな来場者。

トイプードル系のワンちゃん。

      20170519北総17


      20170519北総18



盛んに びいすけ の匂いを嗅いでいますが
一向に気にしない びいすけ 。

      20170519北総19



彼の胸中は、ドッグランに来てもうすぐ1時間。
すでに帰りたいモードに突入のようです。

      20170519北総20



視線はここにあらず。
びいすけ の視界の先は出入口。

      20170519北総21



帰りたいモードが満ち溢れて来ました。

      20170519北総22



まぁ、1時間近くの滞在ですが
のんびりとドッグラン内を徘徊して
びいすけ の気分転換になってくれれば、それで良い。
とりあえず、良しといたしましょう。




2017/05/29 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

手作りに挑戦.............................. チョーカー編 第20作目  (2017年5月19日) 

5月19日 公休日 朝5時に びいすけ の散歩を済ませたこの日。
 天気予報では28℃超えの天気になると言う。 
出かけるのなら午前中。 でも朝の5時過ぎに早々に出かける元気はない。
10時頃にドッグランに行ければいい。 

そんな訳で、時間つぶしも兼ねて 久しぶりに びいすけ のチョーカーを作ってみました。
 まずは、材料と工具のチェック。 
       
              20170519チョーカー作り01 



 今回は、こちらの革レースを使いましょう。
  
     20170519チョーカー作り02

以前、日暮里で100円で買った端切れ。 

       
仕上がり寸法を32cm。
金具を取り付けるための折り返しを4cmとして2ヶ所  8cm。
合計  40cmでカットします。

               20170519チョーカー作り03



レースをカットしたら、側面と裏面のコバ落とし。
トコノールの出番です。

      20170519チョーカー作り04



トコノールが乾いたら、作業に入りましょう。

チョーカー金具は20mmの金具ですか、チェーンの長さを間違えて買ってしまったモノ。
いわゆる在庫整理も兼ねてます。(笑)

     20170519チョーカー作り05

ハトメ金具はアンティーク調のモノを使いましょう。



チョーカー金具の取り付け用のハトメ穴を開けます。

      20170519チョーカー作り06  



穴を開けたら、ハトメを入れて、ポンチの上から
力一杯、ガツンと叩き込みます。

      20170519チョーカー作り07  


片側2ヶ所。
ガツンとポンチを叩き込みます。

      20170519チョーカー作り08  



反対側も同じように穴を開けます。

      20170519チョーカー作り09  



そして、同じようにポンチを叩いてカシメ作業。

      20170519チョーカー作り10  



このカシメ打ちが終われば、チョーカーとしては完成。

      20170519チョーカー作り11  



味も素っ気もないチョーカーの出来上がり。

      20170519チョーカー作り12  


      20170519チョーカー作り13  




家の中とか、普段の散歩用に使う予定だから
外観はそんなに凝るつもりは無い。
でも、このままじゃ素っ気もないから
多少のアクセントを付けましょう。


飾りカシメの登場です。

      20170519チョーカー作り14  



ハートマークの飾りカシメ。

      20170519チョーカー作り15  



さり気なく取り付けましょう。

ポンチを当てて、力一杯叩き込みます。

      20170519チョーカー作り16  



ハートマークの飾りカシメが付きました。

      20170519チョーカー作り17  


これだけじゃ、まだ寂しいから
別な飾りカシメも使いましょう。

錨マークの飾りカシメの登場です。
 
 
 
 
 
 
 
               20170519チョーカー作り27

 

 



適度にバランスを取った位置に、錨マーク用の穴を開けます。

      20170519チョーカー作り18  


ポンチで力一杯、叩き込みます。

      20170519チョーカー作り19  



反対側にも、錨マークを付ければ完成となります。

      20170519チョーカー作り20  


チョーカーの完成です。

      20170519チョーカー作り21  


      20170519チョーカー作り22  



片側の飾りカシメが上下逆になっちゃった。

      20170519チョーカー作り23  

今更、修正出来ないから仕方ない。
まあ、これもご愛嬌。


こちらは正しく取り付いてます。

      20170519チョーカー作り24  


出来上がったばかりのチョーカーを
びいすけ  に着けてもらいましょう。

      20170519チョーカー作り25  



元々、チェーンが短い材料を使ったから、小さめに感じるのは否めない。

     20170519チョーカー作り26


まあ、これはコレで良しといたしましょう。

チョーカー作り、第20作目、完成です。





2017/05/28 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

今週は、コレ!    《 BULOVA 》    (2017年5月15日) 

5月15日     

毎週月曜日に付け替えている腕時計。
今週は、こちら。

      BULOVA01

BULOVA。
モデル名は不明ですが、TV型(?)の自動巻。

どうやら、この手の形は『TVスクウェア』とも言うらしい


BULOVA(ブローバ)は、アメリカの時計メーカーです。
1875年に宝飾店として創業し、のちに懐中時計や腕時計の分野に進出して、
20世紀のアメリカを代表する腕時計メーカーの1つに成長しました。
クォーツ式の腕時計が全盛な昨今ですが、BULOVAは機械式腕時計の時代から技術力を評価されていました。
中でも1960年発表の電池式腕時計『アキュトロン』は、BULOVAの名を不動のものにしたようです。
一定サイクルで作動する音叉を超小型化して、腕時計のムーブメントに組み込むというもので、
月差1分以内という当時最高の精度を誇った製品ですが、機械式腕時計好きにとっては
『アキュトロン』よりも純粋な機械式の腕時計の方が気になります。

こちらは、単純な機械式の自動巻。

      BULOVA02

デッドストックの新古品をヤフオクでゲット。


手にしたのは7年前(?)

      BULOVA03



ケース裏蓋のメダリオンも光っています。

      BULOVA04

見づらいけれど、竜頭には音叉のマーク。
さすが音叉時計『アキュトロン』で名を馳せたメーカー。



しかしながら、BULOVAは2008(平成20)年に
日本の時計メーカーであるシチズンに買収されてしまいました。
まあ、以前からシチズンはBULOVAにムーブメントを供給していましたから
そういった流れも必然的だったかもしれません。



早速、腕に装着してみましょう。

      BULOVA05


      BULOVA06

スクウェア型ですが、ずっしりとした重量感がある。

文字盤もシックな色合いで様になる。



さて、今週も頑張りましよう!



2017/05/27 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

ひょうたん島池 《(竹袋調整池)》  (2017年5月14日)(千葉県印西市) 

5月14日  公休日

北総のドッグランで約40分。
このまま家に帰ってもつまらないので
以前から行ってみたい所に立ち寄ることにしました。

向かった先は...............ひょうたん島池


ひょうたん島池は、正式には 竹袋調整池 と言います。
この時期はまだ早いけれど、毎年7月になると蓮の花が綺麗に咲くスポットらしい。

JR成田線木下駅駅近くを走る国道沿いにあるこの看板。
近くを通る度に、いつかは立ち寄りたいと思ってました。

      20170514ひょうたん島池01



国道からちょっと入った所にあり、日曜日のこの日
曇り空ですが、数人の方が散歩に来ていました。

      20170514ひょうたん島池02



ひょうたん島池の近くには、
近隣の名所を記した案内板が建っています。

      20170514ひょうたん島池03


      20170514ひょうたん島池04



そして、その近くには、こんな看板。

      20170514ひょうたん島池05

誤飲じゃないけれど、毒か何かを食べてしまってペット事故があったのでしょう。




こちらが、ひょうたん島池。

      20170514ひょうたん島池06


      20170514ひょうたん島池08



そんなに大きな池じゃないけれど、
とりあえずぐるっと一回りしてみましょう。

      20170514ひょうたん島池07



びいすけ の拾い食いに気を付けようと思っていると
いきなりのマーキング。

      20170514ひょうたん島池09

近隣のワンちゃんの散歩コースになっているんでしょう。
びいすけ には、魅力ある匂いが満載か?



ちょっとした散策路には四阿も完備。

      20170514ひょうたん島池12


      20170514ひょうたん島池10


四阿前からの ひょうたん島池。

      20170514ひょうたん島池11


     

四阿の近くには、芝生広場。

盛んに匂いを嗅ぐ びいすけ 。

      20170514ひょうたん島池13



何となく嫌な予感。

      20170514ひょうたん島池14



予感は見事に的中。

      20170514ひょうたん島池15

盛んに背中を地面に擦り付け、ローリングする びいすけ 。


なぜか、ドッグランではしないんだけど
芝生のある公園では、ひっくり返ってスリスリしちゃうんだよなぁ。

      20170514ひょうたん島池16



そして、起き上がって、背中をぷるぷるぅ〜っ。

      20170514ひょうたん島池17

決まったパターンです(笑)。



おもむろに芝生に座って...............

      20170514ひょうたん島池18



にこやかな表情かと思いきや...............

      20170514ひょうたん島池19



憂いのある表情。

      20170514ひょうたん島池20




さあ、一気に ひょうたん島池 を一回りしちゃいましょう。

      20170514ひょうたん島池21


      20170514ひょうたん島池22


      20170514ひょうたん島池23





ぐるっと一回りして、背後の台地が気になりました。

      20170514ひょうたん島池24



どうやら、鳥居があるから何らかの社があるようです。

      20170514ひょうたん島池25



鳥居前にて。

      20170514ひょうたん島池26



台地頂部に社があるのか?
急な石段。

当然、上ります。

      20170514ひょうたん島池27



上がった先には、社。

      20170514ひょうたん島池28

扁額や神額が飾られていないから、よく分からないけれど
どうやら、この台地を『天神山』と称するらしい。

さしずめ 天神山神社 とでも言うのだろうか?


手水舎にも『天神山』の札が貼ってありました。

      20170514ひょうたん島池29


      20170514ひょうたん島池30




ひょうたん島池背後の天神山。
別な場所には、こんな入口がある。

      20170514ひょうたん島池31



中に入ってみると、すぐさま二又路。

      20170514ひょうたん島池32



左は下り勾配、右は上り勾配。
右方向を探索してみましょう。

      20170514ひょうたん島池33



倒木もあったりして、人が余り訪れてはなさそう。

      20170514ひょうたん島池34



さらに進んでいくと、再びT路地。

      20170514ひょうたん島池35



もうこうなって来ると、訳がわからなくなっちゃうから
今日は素直に引き上げましょう。

ひょうたん島池背後の天神山周辺も侮れないみたいです。
いつか、じっくり探索でもしようかな?



2017/05/26 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

北総花の丘公園ドッグラン   (2017年5月14日)(千葉県印西市) 

5月14日 公休日

久しぶりの土日の連休でしたが、前日の13日の土曜日。
この日は朝から霧雨。
沖縄地方も梅雨入りしたそうです。

明けて14日。日曜日。
この日も朝から霧雨。
天気予報では関東地方は曇り。
その予報を信じ、ドッグランに行くことにした。

家を出る9時頃は、霧雨も上がっているものの曇り空。
降りそんな雰囲気感じながらも、北総花の丘公園ドッグランに向かいました。

ドッグランには9時半過ぎに到着。
すでにドッグランには7~8頭のワンちゃんが来園。
天気予報を信じて来ている人が多いみたい。
前日の雨で予定が崩れ、チャンスとばかりにドッグランに走らせに来ているのでしょう。

      20170514北総ドッグラン01



肝心の びいすけ は、いつものようにフェンス周りの徘徊。
匂い嗅ぎから始まります。

      20170514北総ドッグラン02


      20170514北総ドッグラン03


      20170514北総ドッグラン04


      20170514北総ドッグラン05


      20170514北総ドッグラン06


      20170514北総ドッグラン07


      20170514北総ドッグラン08



単独で徘徊する びいすけ の後ろを、
何度かお会いしているノアくんが寄って来ます。

      20170514北総ドッグラン09

元々、ノア君とは相性が良い。
何度かわんプロ相手になってもらったこともある。


ノア君に会うのも久しぶり。
記憶に間違いがなければ、ノア君も びいすけ を気にいってくれていた筈。

しきりに びいすけ のお尻の匂いを嗅いでいます。

      20170514北総ドッグラン10

びいすけ は気にせず、マーキング。


しばらく2頭の徘徊が続きます。

      20170514北総ドッグラン11



びいすけ も時折、ノア君の匂いをチェック。

      20170514北総ドッグラン12



お互いに匂いを確認し合って満足したのか?

      20170514北総ドッグラン13



再び徘徊を始める びいすけ 。

      20170514北総ドッグラン14



ドッグラン内を徘徊する びいすけ の後を ノア君とさらに1頭が付いて回ります。

      20170514北総ドッグラン15



いつの間にか びいすけ の徘徊に連なるワンちゃんは芝犬系のワンちゃん。
確か、女の仔だと思ったけれど自信は無い。
とにかく、お初になると思う。

      20170514北総ドッグラン16



どうやら、この仔も びいすけ の事が気になるようです。

      20170514北総ドッグラン17



いつの間にか2頭になっている。

      20170514北総ドッグラン18



そして、寄り添うように2頭でドッグラン内を徘徊。

      20170514北総ドッグラン19


      20170514北総ドッグラン20



なぜかお似合いのカップル?

      20170514北総ドッグラン21


 
何となくツボにハマっていると言うか
絵になる2頭。

     20170514北総ドッグラン22



再び、単独行動になったかと思いきや...............

      20170514北総ドッグラン23



再びノア君、急接近。
そいて、いきなりのわんプロが始まります。

      20170514北総ドッグラン24



過去、何度かこんな形でノア君と遊んでもらったから
今日もいっぱい遊んでもらいなさい。

      20170514北総ドッグラン25


ついつい、ニヤニヤしながら2頭を見守る飼い主です。

      20170514北総ドッグラン26


      20170514北総ドッグラン27


      20170514北総ドッグラン28


      20170514北総ドッグラン29


      20170514北総ドッグラン30


      20170514北総ドッグラン31


      20170514北総ドッグラン32

じゃれあう2頭の姿の見て、ドッグランではこうやって遊ばなきゃ!
改めて、そんなことを思ったりして................



しばらくして、ノア君が帰っちゃうと
新たな遊び相手を探してくれればいいんですが.............

なかなか びいすけ が気に入るお相手はいないようです。

      20170514北総ドッグラン33



このワンちゃんとも何度かお会いすれば、遊ぶようになるのだろうか?

      20170514北総ドッグラン34



再び、徘徊を始める びいすけ 。

      20170514北総ドッグラン35


      20170514北総ドッグラン36


      20170514北総ドッグラン37




飽きてきたのか?
いつしか、ドッグランの芝生(?)に座り込んだ びいすけ 。

      20170514北総ドッグラン38



ドッグランに来て、まだ1時間も立っていないけれど
どうやら帰りたいモードに突入したようです。

40分弱じゃ駐車場代(300円)の元が取れないよ~.......などどケチくさいことは考えずに
今日はノア君と暫しの時間遊べたから、良しといたしましょう。




2017/05/25 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

今宵の散歩  (2017年5月12日) 

5月12日

この日は、月に2回ある16時上がりの日。
いわゆる仕事が早上がりの日。

16時に職場を後にして、御徒町のアメ横に30分ほど寄り道をして
いつもより1時間ちょっと早く自宅に帰りました。


5月の中旬ともなれば、かなり陽も伸びて来た。
18時半すぎでも、辛うじて明るい。

仕事の日(いわゆる私にとっては平日)に明るい時間帯に
びいすけ を散歩に連れて行けるのは久しぶり。


そんなわけで、今宵の散歩のひとコマ。

      20170512びいすけ01



心なしか、歩むピッチが早い。

      20170512びいすけ02



iPhoneで撮る画像もブレまくり。

      20170512びいすけ03



町内を軽く回って、自宅近く。

      20170512びいすけ04


      20170512びいすけ05



自宅近くの公園にて。

      20170512びいすけ06


      20170512びいすけ07


      20170512びいすけ08


      20170512びいすけ09


      20170512びいすけ10


陽が長くなったとは言え、宵の帳は早い。
気がつけば、辺りは薄暗くなって来た。

改めて、びいすけ の顔をマジマジと眺めると
美白化が一段と進んだようです。
あと3ヶ月と10日で びいすけ も8歳。


紛れもなく、今年8歳のビーグルが目の前に居ました..............................。




2017/05/24 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

今宵の  びいすけ  (2017年5月9日) 

5月9日 公休日

久しぶりに朝から夕方まで、ほぼ1日出かけたこの日。
びいすけ にとっても、久しぶりの長い時間の外出になります。

普段、私が仕事の日は、おそらく一日中寝ているんじゃないのかな?

久しぶりに昼寝もなく、外出した(父さんに連れ回された?) びいすけ 。
17時過ぎに自宅に帰って来るなり、
ソファーに陣取り、マッタリモードに突入。

      20170509びいすけ01


      20170509びいすけ02



寝そうな雰囲気ですが、前脚の位置を変えたりして
落ち着くポジションを探しているみたい。

      20170509びいすけ03


      20170509びいすけ04



どうやら、この体勢がいいみたい。

      20170509びいすけ05



しばらくしたら、瞼が重くなってキタァ!

      20170509びいすけ06



やがて聞こえてくる寝息。

      20170509びいすけ07



いつしか、寝息が鼾に変わってくる。

鼻も乾いて、完全に爆睡モード。

      20170509びいすけ08


今日も1日、色々と動き回ったから
ゆっくりと眠りなさい..............................。




2017/05/23 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて..........豊栄小学校  (2017年5月9日)(千葉県長生郡長南町) 

5月9日 公休日


この日は、長南町の廃校巡りに出かけました。

今年の春に長南町では町内に在る小学校を統合して、
小中学一貫教育校を設立し
4つの小学校が全て廃校(閉校)となりました。

その長南町の廃校巡りの第4弾。
長南町立豊栄小学校です。




豊栄小学校は、この地区に在った小学校が統廃合して現在に至りました。


      明治6年     千手堂村に千手堂小学校が創立される。
      明治6年     岩川村に岩川小学校が創立される。
      明治7年     千田村に千田小学校が創立される。
      明治8年     棚毛村に棚毛小学校が創立される。

明治11年      千田小学校が千手堂小学校に統合される。
明治11年      棚毛小学校が岩川小学校に統合される。

明治16年      千手堂小学校が米満小学校と改称する。
明治20年      米満小学校が東盈進小学校と改称する。
明治20年      岩川小学校が西盈進小学校と改称する。


明治22年    町村制施行により米満村、千田村、千手堂村、棚毛村、又富村、岩川村、
          今泉村、関原村、須田村、本台村が合併して豊栄村が発足する。

明治23年    東盈進小学校と西盈進小学校が統合して盈進小学校となる。
明治42年    豊栄小学校と改称する。

昭和22年    学制改革により豊栄村立豊栄小学校と改称する。
昭和30年    庁南町、東村、西村、豊栄村が合併して長南町が誕生。
          長南町立豊栄小学校と改称する。
平成29年    長南町内の4校が統合して
          長南町立の統合小学校が開校
          (名称は同じ長南町立長南小学校)。
          豊栄小学校は廃校となる。



こちらが、豊栄小学校の正門。

      20170509豊栄小学校01



正門に掲げられている表札。

      20170509豊栄小学校02


      20170509豊栄小学校03


久しぶりに訪れる豊栄小学校。

実は、豊栄小学校は昭和39年にこの地に移転して来ました。
昨年、移転前の旧・豊栄小学校跡地を訪れた時にちょっぴり立ち寄ったりしました。
( その時の記事は こちら




門扉はしっかり閉じられ、施錠もされているから中には入れません。
フェンス越しに豊栄小学校を眺めながらぐるっと一周を試みます。

目の前には閉校記念碑。

      20170509豊栄小学校05

残念ながら、裏面。
正面は確認出来ません。


フェンス沿いに校庭側に移動します。
フェンス越しに眺める校舎。

      20170509豊栄小学校06



校庭にそびえ立つ(?)大きな木。
シンボルツリーでしょうか?

      20170509豊栄小学校07




ちょっとした高台に移動しての校舎の眺め。

      20170509豊栄小学校08


      20170509豊栄小学校09



フェンス越しに閉校記念碑が確認出来ます。

      20170509豊栄小学校12

270mmの望遠では、これが限界。




校庭に残る遊具類。

      20170509豊栄小学校10


      20170509豊栄小学校11


     

      20170509豊栄小学校13

フェンス越しだと、今いちリアル感がない。



フェンス沿いの道は、やがて上り坂となり
斜面越しに、豊栄小学校を眺める形になります。

校舎。

      20170509豊栄小学校14



体育館。

      20170509豊栄小学校15



さらに、別アングルからの校舎。

      20170509豊栄小学校16



校庭側も覗いてみましょう。

      20170509豊栄小学校17


      20170509豊栄小学校18


やっぱり、フェンスの向こう側にある廃校を
フェンスのこちら側から眺めるだけでは、リアリティ感に欠ける気がする。

      20170509豊栄小学校19



とは言え、敷地内には入れないから仕方ない。

二ノ宮像も確認出来ず、路肩に停めた車に戻る途中で見つけた百葉箱。

      20170509豊栄小学校20

やっぱりフェンスの向こう側にあると臨場感がない。


この豊栄小学校も民間に貸し出しを予定しているようで
もし仮に企業等に貸し出されたら、
きっと校庭の土を踏む機会も永遠になくなっちゃうんだろうなぁ。
地域のコミュニティの場として、解放してくれないかなぁ...............



2017/05/22 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit