02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

び・び・びのびいすけ

廃校を訪ねて..........《番外編》 旧・樺穂小学校校舎  (2017年2月6日)(茨城県桜川市) 

2月6日 公休日

この日は、茨城県の桜川市に出かけました。

桜川市の真壁(旧・真壁町)。

真壁の町割りは、戦国時代末期の真壁氏時代に形づくられ、
江戸時代初期の浅野氏時代に完成したと言われています。
枡形と呼ばれる城下町特有の交差点が現存し、
その町割りの中に、蔵や門などの歴史的建造物が息づいています。
現在、99棟が国の登録文化財となっています。
平成22年に、この真壁地区が国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。
全国で87地区目で、関東地方では4地区になり、茨城県内では初となります。
現在、99棟が国の登録文化財となっているそうです。

毎年、その伝統的な真壁の町並みで、ひなまつりが開催されていますが
その真壁の重要伝統的建造物群の中に、
旧・樺穂小学校の校舎が在ると言うことで訪ねてみました。


とは言うものの、実は簡単に見つかると思っていたら
なかなか見つけられませんでした。
それもそのはず、個人の庭先と言うか、敷地内に在りました。

      20170206旧・樺穂小学校校舎01


一応、個人の敷地内なのでお断り(了承を頂いて)して
敷地内ぬ入らせてもらいました。

      20170206旧・樺穂小学校校舎02


旧・校舎の前には案内板。

      20170206旧・樺穂小学校校舎03


しっかりと『旧 樺穂小学校』 校舎 と記載されています。

      20170206旧・樺穂小学校校舎04


地元の方の話だと、工房か何かで使用されている建物らしいが
まさか、旧・樺穂小学校の校舎だとは知らなかったそうです。

確かに敷地内の奥にあるから、通りからパッと見じゃ分かりませんね。



渡り廊下は荷物置き場?

      20170206旧・樺穂小学校校舎05



裏側に回れば、校舎らしい窓。

      20170206旧・樺穂小学校校舎06


      20170206旧・樺穂小学校校舎07


この先は完全に、こちらのお宅の庭先になるので
さすがに行けません。


どう言った経緯で、この地に校舎が移転(移設)されたかは分かりませんでしたが
ネットで調べてみたら...............

飯泉家の敷地に現存する樺穂小学校旧校舎は、
昭和20年代後半に廃止された東校舎1棟で、
飯泉家の先々代が購入し、現在地に移築したそうです。
昭和50年頃まで飯泉和洋裁学院校舎として使用していたそうです。


いずれにしても重要伝統的建造物群の一つであるようですから
このまま後世に残されて行くのでしょう。



スポンサーサイト
2017/03/05 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit