01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

び・び・びのびいすけ

心の駅 外房七福神③  《 遍照寺 恵比寿 》  (2017年1月21日)(千葉県長生郡一宮町) 

1月21日  公休日

毎年、1月のこの時期に集中的にしている七福神巡り。

今回は、房総半島のいすみ市、一宮町に点在する
『心の駅 外房七福神』巡りにチャレンジです。


心の駅 外房七福神は

寿老人     観明寺    一宮町
布袋尊    東漸寺    一宮町
恵比寿    遍照寺     一宮町
大黒天    法興寺    いすみ市
毘沙門天   行元寺    いすみ市
弁財天    三光寺    いすみ市
福禄寿     西善寺    いすみ市

と、このような構成になっています。



そんな『心の駅 外房七福神』巡りの第3弾。
遍照寺の恵比寿です。


遍照寺は、仁寿2年(852年)に慈覚大師が開基したと伝えられ、
本尊は阿弥陀如来です。
もとは神明山福聚院東照寺と称していましたが、
徳川家康が東照大権現として祀られたので寺号を光明山遍照寺に改めました。
地元では「ホウエンさま」とよばれ親しまれています。

恵比寿とは
日本の神様で、漁業、商売繁盛の神として、信仰されています。
日本古来の神様でご神名は小彦名命(疱瘡神社)。
海の守護と商売繁盛、医療医薬、庶民救済の神として、崇敬されています。



この遍照寺に辿り着くまでに苦労しました。
とにかく、住所をナビに入力してナビの案内に従うと...............

狭い道を走らされ、周りが田んぼだらけの線路脇の行き止まりを案内します。

住所を間違えて入力したと思い、再入力しても
案内するのは、やっぱり線路脇の田んぼの中の行き止まり。

線路の向こうに遍照寺が在るのは間違いないから
踏み切りを探し、やっと辿り着けました。


こちらが寺号標。

      20170121遍照寺 恵比寿01


寺号標の先には、『心の駅 外房七福神』の幟。

      20170121遍照寺 恵比寿02

この七福神の幟は、今回の七福神巡りでは初めて目にしました。


参道(車道)には、梅の花がポツリポツリと咲き始めています。

      20170121遍照寺 恵比寿03


      20170121遍照寺 恵比寿04


      20170121遍照寺 恵比寿05



さらに先に進むと、新たな幟。

こちらは『七福神』。

      20170121遍照寺 恵比寿06


さらにもう一本。
こちらは『えびす神』

      20170121遍照寺 恵比寿07



客殿背後の台地に七福神は祀られているようです。

      20170121遍照寺 恵比寿08


こちらが、お目当の『心の駅 外房七福神』の恵比寿です。

      20170121遍照寺 恵比寿09


      20170121遍照寺 恵比寿10



この恵比寿の置かれているから台地が
城郭の郭跡っぽい。

      20170121遍照寺 恵比寿11


贔屓目じゃないけれど、城塁っぽく見えてしまう。

     20170121遍照寺 恵比寿12


      20170121遍照寺 恵比寿13

やっぱり、城址巡りに行っていない反動なのかな?(笑)



こちらが、遍照寺の本堂。

      20170121遍照寺 恵比寿14



本堂に掲げられた扁額。

      20170121遍照寺 恵比寿15

山号である『光明山』の文字が確認出来ます。


本堂を別アングルにて。

      20170121遍照寺 恵比寿16



本堂再建記念碑には、遍照寺の由緒が記されています。

      20170121遍照寺 恵比寿17



こちらが、遍照寺の客殿。

      20170121遍照寺 恵比寿18

この背後の台地に七福神の恵比寿は祀られています。



境内に建つ碑。

      20170121遍照寺 恵比寿19

『白鳥省吾 旧居跡』 とあります。

白鳥省吾って誰?


調べて見ると...............

日本の詩人らしい。彼の著作する詩は、民衆の内面を描いた物であり、
『民衆派詩人』と称されていたようです。
詩人であり文人でもあり、晩年は千葉県で過ごしたらしい。
この地には、千昌夫のヒット曲『星影のワルツ』は
白鳥省吾の二女である白鳥園枝が作詞したらしい。

太平洋戦争が激化した昭和19年に、この遍照寺に疎開し
昭和30年まで、居を構えていたと言うことらしい。

なるほど、そう言うことなのね。



こちらは句碑。

      20170121遍照寺 恵比寿20

残念ながら、誰の句なのか分かりません。




本堂の正面に苔むした古い石段が在り、
それを降りて行くと、もう一つの門があります。

      20170121遍照寺 恵比寿21


線路脇に建つ門。

      20170121遍照寺 恵比寿22


危ないから、線路内立ち入り禁止の看板もある。

      20170121遍照寺 恵比寿23


昔の参道って言うか、本来はこちらが正規の参道だったんだろうが
車社会になって、車でお詣りに来るようになり、
この参道は利用されなくなっちゃったんでしょうね。

線路と山門、そして行き止まりの道.この関係から、
ナビがあの場所を案内した理由が少し分かったけど
もう少し賢いナビになってくれないかあ...............?



スポンサーサイト
2017/02/08 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit