11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

旧・碓氷峠見晴台 (2016年12月6日)(長野県北佐久郡軽井沢町) 

12月6日 公休日

12月6日、7日の個人的な連休を利用して、軽井沢方面へ出かけました。

熊野皇大神社をあとにして向かった先は...............旧・碓氷峠見晴台

熊野皇大神社から、歩いて100mぐらいにある見晴台。
熊野皇大神社の駐車場にそのまま車を停めて、歩いての移動です。

旧中山道碓氷峠の頂上南側に位置する碓氷峠見晴台は、
長野と群馬の両県にまたがる展望公園です。
軽井沢開発の功労者・近藤友右衛門が独力で開発。
昭和32年、軽井沢町に見晴台を寄贈するとともに旧軽井沢からの遊歩道も開発しました。
標高約1200mにつくられた展望場所からは雄大にそびえる浅間山をはじめ、
眼下に広がる関東平野などを見渡すことができます。
眺望の良さから、戦国時代には狼煙台を設けた場所ともいわれています。



この石碑がある場所が碓氷峠見晴台の入口。

      20161206碓氷峠見晴台01

熊野皇大神社の鳥居から100mぐらいの場所。


さらに50mほど中に入ると、見晴台の通用門(?)

      20161206碓氷峠見晴台02


実は、この見晴台は、太平記に記載されている足利氏と新田氏の古戦場でした。
この広い古戦場跡を名古屋の豪商、近藤友右衛門が大正5年に整備して公園としたものです。


敷地内に入って目に入った看板。

      20161206碓氷峠見晴台03

ここにも熊は出没するみたいです。


古戦場跡と言うことで、何やら城址っぽい雰囲気もあったりします。

      20161206碓氷峠見晴台04



その名の通り、見晴台案内看板。

      20161206碓氷峠見晴台05



見晴台頂部は広い削平地。

      20161206碓氷峠見晴台06



碓氷峠の頂部でもあるから見晴らしは良い。

      20161206碓氷峠見晴台07



見晴台って言うんだから、見晴らしが良いのは当たり前。

      20161206碓氷峠見晴台08


方向音痴ではありますが...............

おそらく、安中(群馬県)方面。


      20161206碓氷峠見晴台09


      20161206碓氷峠見晴台14




おそらく、佐久方面(長野県)

      20161206碓氷峠見晴台10


      20161206碓氷峠見晴台11


      20161206碓氷峠見晴台12


      20161206碓氷峠見晴台13




そして、浅間山。

      20161206碓氷峠見晴台15


      20161206碓氷峠見晴台16




この見晴台も長野県と群馬県の県境地。

      20161206碓氷峠見晴台17

昔流に言えば、信濃と上州の国境。



群馬県の びいすけ 。

      20161206碓氷峠見晴台18

長野県の びいすけ も写真に撮った気でいたら
すっかり忘れてしまっていました。


暮石のように見えなくもないが暮石ではない。
この土地の寄進者、近藤氏の標柱。

      20161206碓氷峠見晴台19


そして、近藤翁頌徳碑。

      20161206碓氷峠見晴台20

何しろ、大正5年にこの辺りの旧軽井沢から碓氷峠に至る22万坪を買い、
峠の頂上に見晴台を作り、訪れる人に無料で開放したそうです。

近藤さんって名前からして、エラい!(笑)



近藤さんだけかと思ったら、
この地では、もう一人偉人が讃えられています。

インドの詩聖タゴール(ラビンドラナート・タゴール)です。

      20161206碓氷峠見晴台21


タゴールは1916年(大正5年)に初来日しました。
タゴールは、日本女子大学創設者成瀬仁蔵 (1858-1919)の招きで、
日本女子大学成瀬講堂において『ギーターンジャリ』の朗読と講演をし、
その後、軽井沢にある夏季修養のための日本女子大学三泉寮に約一週間滞在し、
学生たちに心をこめて瞑想の指導をしたそうです。



タゴールの胸像

      20161206碓氷峠見晴台22

ノーベル文学賞を受賞したインドの詩聖タゴールの生誕120年を記念して建立されたそうです。


う〜む、
個人的には、タゴールより、やっぱり近藤さんだなぁ...............。


スポンサーサイト
2016/12/31 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

熊野神社と熊野皇大神社 (2016年12月6日)(長野県北佐久郡軽井沢町、群馬県安中市) 

12月6日 公休日

12月6日、7日と軽井沢方面へ1泊で出かけました。

めがね橋をあとにして、向かった先は...............熊野皇大神社


熊野神社(熊野皇大神社)は本宮の中心が、
長野県と群馬県の境になっている珍しい神社です。
長野県側では「熊野皇大神社」、群馬県側では「熊野神社」と呼ばれています。
 
その歴史はたいへん古く「古事記」「日本書紀」の伝承にまで遡り、
日本武尊が建立したと伝わる古社です。
群馬県側に鎮座されるのが「新宮」(祭神: 速玉男命)
県境に鎮座されるのが「本宮」(祭神:伊邪那美命・日本武尊)
長野県側に鎮座されるのが「那智宮」(祭神:事解男命)になります。
樹齢800年といわれる御神木のシナノキの他、
追分節にうたわれた石の風車や、室町時代中期の作と伝わる狛犬、
山口誓子句碑など様々な見所があります。



鳥居前には県境線

      20161206熊野神社05

鳥居に向かって右側が群馬県
左側が長野県。


こちらが鳥居。
鳥居には扁額が掲げられていません。

      20161206熊野神社01

こう言う場合、どちらの鳥居になるのだろう。


一応、申し訳程度なのか?
1つのお宮に2つの宗教団体と、お断りのお知らせ。

      20161206熊野神社02



鳥居右側、群馬県側の熊野神社の由来書き。

      20161206熊野神社03


こちらは鳥居左側。
長野県側の熊野皇大神社の狛犬。

      20161206熊野神社04

これも由緒あるモノらしい。


      
石段を上って境内に向かいます。

      20161206熊野神社06


石段を上りきれば、山門。
この場合、神社だから山門って言わないのかな?

      20161206熊野神社07



さっきの境界線の延長沿いに建つから
どちらでも無いのかな?と思っていたら
扁額には熊野皇大神社の文字。

      20161206熊野神社08


      20161206熊野神社09


      20161206熊野神社10



境内の長野県側にある石の風車。

      20161206熊野神社11

神社正面の石畳を奉納した記念碑として奉納されたものらしい。


こちらが、長野県側の熊野皇大神社のお宮。

      20161206熊野神社12



こちらが群馬県側の熊野神社の釣鐘。

      20161206熊野神社13


群馬県内で最古の釣鐘であり、群馬県重要文化財にしていされています。
新宮殿内にあり、無料で拝観できます。

      20161206熊野神社14


広くはない境内にお宮が3つもあり、ごちゃごちゃしている感は否めない。
あんまり犬連れで長居ができそうな雰囲気でもないので
早々に引き上げることにしました...............。






2016/12/30 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

めがね橋 《碓氷第三橋梁》 (2016年12月6日)(群馬県安中市) 

12月6日 公休日

この日は、軽井沢方面へ1泊で出かけました。


坂本ダムをあとにして、向かった先は...............めがね橋

めがね橋は、正式には『碓氷第三橋梁』と言い、
明治25年4月に建設が始まり、その年の12月に完成しました。
芸術と技術が融合した美しいレンガのアーチ橋で、
川底からの高さが31mあり、我が国最大のものです。
この4連の雄大なアーチ橋は通称「めがね橋」として親しまれています。


坂本ダムから、旧・R18をひたすら登って行くと
やがて、目の前にめがね橋は現れますが
駐車場は、さらに先。

      20161206めがね橋01


駐車場に車を停めて、めがね橋を眺めて見ると
綺麗な虹。

      20161206めがね橋02

さっきまで、ポツリポツリと細かい雨が降っていたけれど、
一瞬、陽が射して虹が現れたようです。

しかし、すぐに曇り空。 虹はあっと言う間に消えてしまい
まさに、一瞬の出来事でした。

      20161206めがね橋03


こちらが、めがね橋。

      20161206めがね橋04

この上を機関車や電車が走っていたんですね。


説明板によれば、明治24年から26年にかけて建設され、
昭和38年まで使われていたらしい。

      20161206めがね橋05

(昭和45年に建てられた旧・松井田町の説明板)

見上げるほどの大きさ。
そして、赤煉瓦造りの美しい曲線美。

      20161206めがね橋06


こちらは、現・安中市が建てた説明板。

      20161206めがね橋07


鉄道の線路は撤去され、その軌道跡が『アプトの道』として
JR横川駅近くの碓氷峠鉄道ぶんか村から旧・熊野平駅跡まで約13kmが
ハイキングコースになっているようです。
せっかくだから、めがね橋を渡りアプトの道をちょっひり散策してみましょう。

めがね橋に至る導線には、こんな看板。

      20161206めがね橋08

今年は全国で熊の被害が多かったから気を付けましょう。



めがね橋上部。

      20161206めがね橋10

この道がアプトの道のようです。


めがね橋の欄干には、多くの説明板に案内板。

      20161206めがね橋09


     
めがね橋を渡った先にトンネルがあるから
そちらに行ってみましょう。

      20161206めがね橋11



トンネル手前の山道からめがね橋をパチリ☆。

      20161206めがね橋12


このトンネルは碓氷第五隧道。

      20161206めがね橋13

長さは243m。

アプトの道には、このようなトンネルが10ケあるようです。


薄暗い照明のトンネル。
でも、明治の時代を彷彿させる雰囲気は嫌いじゃない。

      20161206めがね橋14


      20161206めがね橋15

特に『鉄っちゃん』じゃないから、トンネルも1ヶ所歩けばいいかな?


今日は、この後に見たい所、行きたい所がそれなりにあるから
めがね橋とオプトの道はこれぐらいで、駐車場に戻りましょう。

      20161206めがね橋16


晴れたり、曇ったりとおかしな天気だけど、
雨が、いや小雪が舞い散らないことだけを期待しましょう。




2016/12/29 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

ダムカードを集めよう! 《 坂本ダム 》 (2016年12月7日)(群馬県安中市) 

12月6日 公休日

12月6日、7日と個人的な連休で、
この連休を利用して軽井沢方面へ出かけました。


霧積ダムをあとにして、向かった先は...............坂本ダム


坂本ダムは当初、建設省(現:国土交通省)の砂防事業として昭和32年度に竣工し、
高さ28.5メートル、堤頂長74メートルの砂防ダムでした。
その後昭和53年度に補強のため天端を3.0mの嵩上げが行われました。
もともと下流の既得用水を補給するための容量を持つことから、
昭和56年に群馬県に河川管理施設として移管され、
その後、昭和60年度よりダム再開発事業として調査を開始し、
堰堤改良事業でダム本体の補強、放流施設、管理設備、周辺道路を整備しました。
坂本ダムによって堰き止めらて出来た人造湖(ダム湖)は碓氷湖と呼ばれ、
地元の松井田町(現:安中市)と協力して碓氷峠の歴史的な鉄道施設をモチーフにした周辺設備を行い、
環境と調和のとれた美しいダム湖になっているようです。



こちらが、坂本ダムって言うか、碓氷湖。
奥に見える堰みたいなのが、坂本ダム。

      20161206坂本ダム01


このオブジェがダム碑の代わりなんだろうなぁ。

      20161206坂本ダム02



坂本ダムの案内板(説明板)。

      20161206坂本ダム03



こちらが、坂本ダム。

      20161206坂本ダム04



特に水門を開けているわけではないが
いわゆる堰を超えてオーバーブローしている状態。

      20161206坂本ダム05

要は、碓氷湖の水位はそれなり以上あると言うことか...............?



こちらが、坂本ダムの天端。

      20161206坂本ダム06

車は通行止め。


碓氷湖には、約1.2kmの湖畔の周遊路があるけれど、
橋が老朽化(?)のため、現在は通行出来ないらしい。

      20161206坂本ダム07


こちらが碓氷湖。

      20161206坂本ダム08

碓氷川と中尾川から流れてくる水が
坂本ダム湖で堰き止められてダム湖になっています。



碓氷湖の湖畔は、ちょっとした公園になっています。

      20161206坂本ダム09


こわわな歌碑も建てられています。

      20161206坂本ダム10

よく見たら、有名な小学唱歌ですね。
子供の頃、良く歌ったなぁ。

と言いながら、今でも紅葉を見にいくと、
ついつい口ずさんでいますが...............。


高野辰之って言う人が作詞したんですね。

      20161206坂本ダム11


坂本ダム管理事務所もありますが、どうやら無人のようです。
ダムカードは、霧積ダム管理事務所で貰えます。

こちらが、坂本ダムのダムカード。

      20161206坂本ダム12


      20161206坂本ダム1313


群馬県は利根川の源流の地。
利根川水系には、多くのダムがあって、ダムカードを発行しているダムも多いから
群馬県のダムカードも真剣に集めちゃおうかな...............?





2016/12/28 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

ダムカードを集めよう! 《 霧積ダム 》 (2016年12月6日)(群馬県安中市) 

12月6日 公休日

12月6日、7日と個人的な連休。
この連休を利用して軽井沢方面へ出かけました。

前日(12月5日)の夜、八王子の実家に移動し
12月6日の朝、6時半過ぎに出発。
圏央道あきる野ICから高速に乗ります。
信越道松井田妙義ICで高速を降り、向かった先は...............霧積ダム


霧積ダムは、利根川水系の霧積川にあるダムで、
難所碓氷峠の奥地に位置している洪水調節・農地防災・不特定・河川維持用水を
目的とした治水ダムです。
昭和50年に竣工し、堤高59m・堤頂長305m・堤体積196000立方メートルの重力式コンクリートダムです。
天端は車両も通行可能て、ダム湖の霧積湖は、流域面積20.4平方キロメートル、湛水面積13ha。
ダムサイトは、森村誠一が著した『人間の証明』で脚光を浴びた秘湯・霧積温泉に向かう途中にあり、
深い自然に囲まれているので、紅葉も美しいそうです。


霧積と言う地は、先に述べた森村誠一氏の『人間の証明』で

『母さん、僕のあの麦わら帽子どうしたでしょうね?
ええ、あの碓氷から霧積に向かう道の途中で、
渓谷に落としたあの麦わら帽子ですよ』

これは、西条八十の詩です。

今から30年近く前に話題になった詩の1フレーズで、
以前から、霧積には行きたいと思ってました。
霧積温泉は今だに山の中の1軒宿。
その霧積温泉のはるか手前に霧積ダムはあります。

こちらが、霧積ダム。
山の天気は変わりやすいと言うのは正解で
さっきまで太陽が顔を出していたのに、霧積ダムに着く頃には
いつの間にか曇り空。

      20161206霧積ダム01


      20161206霧積ダム02


ちょうど、ダム天端が工事中で通れないかな?と思っていたけど
タイミング良く天端を通り、霧積ダム管理事務所の前に車を停めます。

      20161206霧積ダム03


管理事務所前の説明板。

      20161206霧積ダム04


      20161206霧積ダム05



こちらは、竣工記念の碑。

      20161206霧積ダム06


霧積ダムは『くの字』型のダム。
天端の途中から曲がっています。

      20161206霧積ダム07


この角度で見れば、ダムが『くの字』なのがわかるかな?

      20161206霧積ダム09



こちらは、天端。

      20161206霧積ダム08

狭いながらも、一応車も対面通行が出来ます。



      
霧積川を霧積ダムで堰き止めて、出来たのが『霧積湖』。
工事の関係か? はたまた時期的なモノなのか?
霧積湖の水位は、ものすごく低い。

      20161206霧積ダム10


      20161206霧積ダム11



こちらが、霧積ダム管理事務所。

      20161206霧積ダム12

ダムカードは、こちらで配布されています。
しかし、ダムカードの配布時間は、平日の10時から。

実は、この時点で午前9時。
配布時間まで1時間ある...............
1時間待つのも大変だからと諦めかけていたら、
工事関係者だと思っていた人が、ダムの管理事務所の職員で、
事務所の前で右往左往していた私を見て、事務所に戻って来て、
時間前だけど、ダムカードを貰っちゃいました。

霧積ダムのダムカード、Get!

      20161206霧積ダム13



こちらが、霧積ダムのダムカード。

      20161206霧積ダム14


      20161206霧積ダム15


霧積ダム管理事務所では、近隣(下流域)にある坂本ダムのダムカードも配布しています。
当然、坂本ダムのダムカードも貰っちゃいました。


ダムカードだけ貰って、ダムを見に行かない訳には参りません。
霧積ダムをあとにして、坂本ダムへと向かうのでありました...............。


2016/12/27 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

佐倉城址公園  (2016年12月2日) 

12月2日  公休日

個人的な連休2日目。

北総のドッグランの帰り道。
またまた、佐倉城址公園に立ち寄ってみました。


今回も車での来園。
平日だと言うのに歴博の駐車場は満車に近い。
何とか駐車場を確保して、佐倉城址公園の散策開始です。

      20161202佐倉城址公園01



駐車場脇の植え込みで匂いを嗅ぐ びいすけ 。

      20161202佐倉城址公園

城址公園に住み付いているノラ猫の匂いでもするのかな?



前回訪れてから約10日が経っています。
色付いていた木々にも変化はあり、
こちらは、かなり葉が落ちています。

      20161202佐倉城址公園03


約10日間の変化。もう冬に入っているようですが
北総の晩秋の木々の変化を見るのも楽しみ。

こちらは、約10日前には色付いていなかったような気がしますが
単なる見落としか?

      20161202佐倉城址公園04


      20161202佐倉城址公園05



ロングリードを装着しているから、7〜8m先を気ままに闊歩する びいすけ 。

      20161202佐倉城址公園06


心なしか、城址公園の遊歩道沿いもオレンジ色に染まる木々が増えている気がします。

      20161202佐倉城址公園07



二郭(二の丸)の城址公園の看板前でパチリ☆。

      20161202佐倉城址公園08


城址公園にはノラ猫もいるし、ワンちゃんを連れて散歩に来る人も多い。
いろんな匂いがあるんでしょう。
匂い嗅ぎ匂い余念の無い びいすけ 。

      20161202佐倉城址公園09


      20161202佐倉城址公園10



二郭のハリー像の背後のモミジも色付き始めました。

      20161202佐倉城址公園11



正岡子規の歌碑の横のモミジも色付きました。

      20161202佐倉城址公園12




主郭(本丸)の土橋近くの空堀沿いのモミジも色付きました。

      20161202佐倉城址公園13


      20161202佐倉城址公園14


      20161202佐倉城址公園15


      20161202佐倉城址公園16


      20161202佐倉城址公園17


      20161202佐倉城址公園18

10日間で随分と秋色になっています。
真っ赤ではなく、オレンジ色が映えるモミジです。




主郭の土塁沿いのモミジ。
こちらは濃赤の色付き。

      20161202佐倉城址公園19


      20161202佐倉城址公園20


土塁の上を歩きながら主郭周りを散策します。

      20161202佐倉城址公園21


土塁の上から眺める主郭。

      20161202佐倉城址公園22

駐車場は満車だったけど、主郭には誰も居ない。


      20161202佐倉城址公園23


      20161202佐倉城址公園24



誰も居ない主郭に降り、 びいすけ は半径10mの自由行動。

本丸広場の芝生の匂いを嗅いでいます。

      20161202佐倉城址公園25


と思ったら怪しい体勢。

      20161202佐倉城址公園26


ごろ〜んと転がり、背中をスリスリのローリング。

      20161202佐倉城址公園27


そして、起き上がって...............

      20161202佐倉城址公園28


体を震わせ、プルプルプル〜ッ。

      20161202佐倉城址公園29


そして再び、ごろりんちょん。

      20161202佐倉城址公園30

見ていて飽きない(笑)。




再び起き上がると、今度はスイッチが入ったのか?

      20161202佐倉城址公園31



いきなりのダッシュ。

      20161202佐倉城址公園32



半径10mのダッシュと旋回。

      20161202佐倉城址公園33



午前中に居たドッグランでは、走る気配を見せなかったくせに
本丸広場では走り屋モードに突入?

      20161202佐倉城址公園34


      20161202佐倉城址公園35

半径10mの弧を描き、3〜4周もしたら気分が癒えたのか?
いつしか走るのをやめて...............


本丸広場を散策モード。

      20161202佐倉城址公園36


主郭(本丸)から二郭(二の丸)に移動。


やはり、前回とは違う場所が色付いています。

      20161202佐倉城址公園37


      20161202佐倉城址公園38


      20161202佐倉城址公園39



三郭(三の丸)に移動。
いつもの定点ポイント。
三の丸の城址公園の看板前。

      20161202佐倉城址公園40



そして、三の丸の空堀前。

      20161202佐倉城址公園41

いつもなら、このまま大手口へと向かいますが
今日は再び二の丸経由で駐車場に戻りましょう。


この坂を下って行けば、梅園、姥ヶ池と続く道。
土塁沿いのモミジが良い感じで色付いている。

      20161202佐倉城址公園42


      20161202佐倉城址公園43


      20161202佐倉城址公園44



城址公園には巨木・古木も多く、中にはこんな木も。

      20161202佐倉城址公園45

大きな空洞。
中に猫でも隠れているか?
チェックに余念の無い びいすけ 。

猫が居ないことが分かれば、階段を一気に駆け上がる びいすけ 。

      20161202佐倉城址公園46


びいすけ も結構歩いたけれど、かく言う私も歩きました。
午前中のドッグランで満足しない分(?)、
佐倉城址公園で満足してくれたかな...............?









2016/12/26 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

北総花の丘公園ドッグラン     (2016年12月2日)(千葉県印西市) 

12月2日 公休日

個人的な連休2日目。

特に予定の無かったこの日。
朝5時の散歩を済ませると、遠慮なしに二度寝。
9時過ぎに起きて...............

たまにはドッグランにでも行きますか...............?

と言うことで、向かった先は...............北総花の丘公園ドッグラン



ドッグランには10時半過ぎに到着。
しかしながら、誰も居ない。

貸し切り状態って言うやつです。

      20161202北総01


まぁ、誰が居ようが、どんなワンちゃんが居ようがお構いなし。
いつも単独行動の びいすけ 。
今日も、先ずはフェンス周りの徘徊。

      20161202北総02


クンクンと匂いを嗅ぎ、気になる匂いがあればマーキング。

      20161202北総03



そして、再び匂い嗅ぎ。

      20161202北総04


気になる匂いがあれば、ちょっぴり後戻りして
匂いの再確認。

      20161202北総05



そして、再びフェンスに沿っての徘徊は続きます。

      20161202北総11




フェンス周りを1周すると、今度はドッグラン内を徘徊。

      20161202北総6



ゆっくりと歩きながら、芝生に残った匂い、
土に残った匂いを確認しているようです。

      20161202北総07


あっちをクンクン。

      20161202北総08


こっちをクンクン。

      20161202北総09



そして小走りにフェンスの方に向かったかと思えば...............

      20161202北総10



Uターンして、芝生の匂いをクンクン。
      
      20161202北総12



そして、飼い主の元へ近寄って来ます。

      20161202北総13

そろそろ飽きて来たか?
って、まだ30分も経ってないし................
もうちょっと、徘徊して楽しみなさいよ!


とは言いながらも、そろそろ帰りたいモードに突入か?

      20161202北総15


しばらくすると、あらぬ方向に注視して...............
どうやら、出入り口方向を見ています。

      20161202北総14


誰かがドッグランに来たようです。
小走りに出入り口に向かう びいすけ 。

      20161202北総16



やって来たのは、イタグレのカンちゃん(カン太くん)。

      20161202北総17

カンちゃんに会うのも超久しぶり。


実は、 びいすけ が、まだパピーだった頃
この北総のドッグランで良く遊んで貰った子。
びいすけ が一生懸命追いかけるんだけど、イタグレの早さには付いて行けない。
カンちゃんは、ワザとゆっくり走って、びいすけ のペースに合わせ、
着かず離れずのペースで良く走り回っていました。
もう、6年以上前の話ですが...............。

カンちゃんは、びいすけ のことを覚えているのか?
やたらと びいすけ のお尻の匂いを確認。

      20161202北総18



一緒に走り回るような素振りを見せたけれど
それは一瞬のこと。

      20161202北総19

びいすけ は、もうカンちゃんのことは忘れちゃったのかな?



ワンちゃんよりも飼い主さんが気になる びいすけ 。

      20161202北総20


予想通り、カンちゃんのママさんにピッタリと寄り添う びいすけ 。

      20161202北総21


おいおい、カンちゃんがヤキモチ焼いているよ(笑)。

      20161202北総22


カンちゃんは びいすけ に寄ってくれますが
びいすけ にはその気が無さそう。

      20161202北総23

本当は6年前みたいに走り回ってくれると嬉しいんだけど...............


カンちゃんのママさんの話だと、カンちゃんも最近はドッグランでは走ることなく
ただフェンスの周りを徘徊して、匂いを嗅いで満足するみたい。
何か びいすけ と行動パターンが似ているなぁ。
お互い7歳。
もう走り回る年代じゃないのかな?



カンちゃんが帰るのと入れ替わるように
イタグレとウィペットが来場。

      20161202北総24

まだ1歳のウィペットが寄って来てくれるんだけど
びいすけ にはその気がない。


これまた、超久しぶりのボーダーコリーのラリー。
この子も同じ7歳で、やはりパピーの頃から知ってる子。

      20161202北総25

ラリーとも遊ぶ事なく、
ウィペットやイタグレと走り回るラリーを横目にマイペースな びいすけ 。


って言うか、ドッグランに来て約1時間になる。


そろそろ限界か?

      20161202北総26


どうやら、あらぬ方向を見ているし...............

      20161202北総27

ドッグラン内の出来事には興味なし。
あとは父さんがオヤツをくれるか、帰り支度をするのを待つだけ...............。
まるでそんな事を言いたそうな雰囲気。

オヤツを持ってくるのを忘れちゃったから、そろそろ帰ろうか。
ラリーとも久しぶりですが、今日はこの辺で...............。




2016/12/25 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

手作りに挑戦............チョーカー編 第17作目  (2016年12月1日) 

12月1日 公休日

先日、久しぶりにチョーカーを作ってみたら
忘れていた手作りの充実感、達成感、そして満足感。
これらに満たされてしまうと、ついついまた作りたくなっちゃう。

と、言うことで チョーカー作りに挑戦、その第16作目です。


先ずは、材料と工具の確認。

      20161201チョーカー作り0101



今回は、こちらの革テープを使用。
幅15mmの革テープ。
確か日暮里で45cmくらいの長さで200円くらいで売っていたモノ。

仕上がりを32cm。
折り返し部を4cm×2として、40cmでカットします。

      20161201チョーカー作り0102


カットしたら、裏面と側面のケバ落とし。
トコノールでコバ面を磨き、仕上げます。

      20161201チョーカー作り0103


30分ほどでトコノールも乾くので、その間に一服。


折り曲げ部のカシメ固定用の穴を穴開けペンチで開けます。

      20161201チョーカー作り0104



カシメ前に材料の再確認と、チェーンの位置確認。
チェーンを間違った方向で固定すると、
リード取り付け輪っかの位置があさっての方向になってしまうから要注意。

      20161201チョーカー作り0105



方向を確認したら、チェーン金具を挟んで折り返し部をカシメます。

      20161201チョーカー作り0106

カシメ金具は両面長足(大)。


カシメは2点留め。
これをカシメれば片方の取り付け完了。

      20161201チョーカー作り0107



反対側もこれをカシメれば完了。

      20161201チョーカー作り0108


一応、コレで単純なチョーカーは完成。

      20161201チョーカー作り0109

でもこれだけじゃつまらない。
一応、普段用(家の中用、普段の散歩用)のチョーカーですが
ちょっとしたアクセントは欲しいモノ。


アルファベットの飾りカシメで名前って言うのも良いけれど
たまには、変えてみましょう。

先日まとめて買った肉球の飾りカシメ。

      20161201チョーカー作り0110



等間隔(目分量)で飾りカシメ用の穴を開けていきます。

      20161201チョーカー作り0111


この肉球の飾りカシメは安いだけあって、ちょっぴり足が硬い。
かなり強めにハンマーを打ち付けないと、良い感じで足が潰れてくれない。

ゴム台座に表面(デザイン面)を当て、ポンチを当てて
一気にハンマーを振り下ろします。

      20161201チョーカー作り0112



ガツン、ガツンと飾りカシメをカシメでいきます。

      20161201チョーカー作り13


      20161201チョーカー作り14


最後の1ケをカシメます。

      20161201チョーカー作り15


都合、8ケの肉球飾りカシメを使って完成。

      20161201チョーカー作り16


      20161201チョーカー作り17


      20161201チョーカー作り18


      20161201チョーカー作り19

材料代も1000円以下。
おそらく全て合わせて800円ぐらいで済んじゃったんじゃないかな?


さっそく、 びいすけ に装着してみます。

      20161201チョーカー作り20


      20161201チョーカー作り21

なかなか、良いんではないかい...............?(笑)







2016/12/24 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

爪切りその他エトセトラ  (2016年12月1日) 

12月1日  公休日

本当は11月中旬に行きたかったんだけど
ついつい遊びに出歩くのを優先して月が変わってしまいました。

まぁ、月初めだからキリが良いかな?
と言うことで、 びいすけ の爪切りに行って来ました。


いつものカインズホーム佐倉店内のペットショップ。

      20161201爪切り01


いつもの5点コースをお願いします。

      20161201爪切り02

完全予約制で予約をすると、この値段。
やっぱり魅力だわぁ。


予約時間の17時15分。
気持ち遅れちゃったけど、 びいすけ を預けます。

会計カードを渡され、レジで精算します。
カインズホームのレジ精算だから、ダッシュでレジまで行き、
会計を済ませると、ダッシュで戻ります。

びいすけ と目が合うと、興奮して暴れだりすると
トリマーの方に迷惑が掛かるから、棚の陰からそっと様子を伺います。

      20161201爪切り03


どうやら、爪切りの最中のようです。

      20161201爪切り04

ヤバい!
いきなり、目が合ってしまった。



でも暴れることなく、トリマーさんに身を任せているような感じの びいすけ 。

      20161201爪切り05


      20161201爪切り06



出来るだけ、目を合わせないように位置を変えたりして
様子を伺います。

      20161201爪切り07


爪切りの後、肉球のマッサージもして貰ってます。

      20161201爪切り08


      20161201爪切り09



続いて耳掃除。

      20161201爪切り10


耳掃除は、最低でも週に1回洗浄液で掃除しているから
びいすけ も慣れているはず。

      20161201爪切り11


      20161201爪切り12



耳掃除も終わり、続いて肛門線絞り。

      20161201爪切り13



ティッシュを丸めて、肛門に当て...............

      20161201爪切り14


一気に絞っているようです。

      20161201爪切り15


      20161201爪切り16


      20161201爪切り17


今月の爪切り、肛門線絞り、その他諸々完了。


次は新年早々にまたお願いいたしましょう。



2016/12/23 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

手作りに挑戦............チョーカー編 第16作目  (2016年11月27日) 

11月27日 公休日

この日、久しぶりにチョーカーを作ってみました。

びいすけ 用に1本作り終えると、
なぜか忘れていた手作りの満足感と言うか充実感、
はたまた達成感とでも言えば良いのか?
そんな感覚に満たされ、ついでにもう1本作ることにしました。

と言うことで、チョーカー作り その第15作目 です。

元々、時間のある時に作る。
色はわたしに任せると言うオーダーなので
材料は共用。まあ第14作目の延長と言った感じです。


材料と工具は全く同じ。

      20161127チョーカー②01



今回のオーダーは仕上がり30cm。折り返し部分を4cmずつ取って
革テープを38cmでカットします。

      20161127チョーカー②02

オーダーと言っても、別に売り物ではありません。
まぁ、友人のリクエストって言う感じかな?



折り返し部分にカシメ金具用の穴を開け開けます。

      20161127チョーカー②03


チョーカー用の金具をカシメて取り付けます。

      20161127チョーカー②04



革の厚みが3mmほどあるから、使用するカシメは両面長足。

      20161127チョーカー②05


テンポ良くポンチを当てて、ハンマーで力を込めて
ガツン、ガツンと叩き込みます。

      20161127チョーカー②06


この1個をカシメれば、チョーカーとして機能は満たします。

      20161127チョーカー②07


せっかくだから、名前を入れなきゃ!
って、そのためにアルファベットの飾りカシメを買ったんだから(笑)。

      20161127チョーカー②08


アルファベットの並びと穴位置に注意しながら
穴開けペンチで飾りカシメ用の穴を開けます。

      20161127チョーカー②09


穴を開けたら、文字の傾きにも気をつけながらポンチング。
専用のポンチが無いから、ゴム板で代用。
力を込めて、ハンマーを叩きおろします。

      20161127チョーカー②10


一文字づつ、穴位置、文字のバランスに気をつけながら
飾りカシメをカシメていきます。

      20161127チョーカー②11


今回も『YUZU』の『Z』の位置が若干ズレています。

      20161127チョーカー②12

一応、名入れは完成ですが、毎回難しさを感じます。


ゆずちゃんのチョーカーには、肉球を大サービスいたしましょう。

      20161127チョーカー②13

片側に4ヶづつ配置。
計8ヶの肉球。

      20161127チョーカー②14

散歩をしている足跡のように見えれば良いんですが...............


一応、これで完成。

      20161127チョーカー②15


      20161127チョーカー②16


      20161127チョーカー②17



びいすけ とお揃いの白いチョーカー。

      20161127チョーカー②18


さてさて、このチョーカーを装着した『ゆずちゃん』と
びいすけ が一緒に遊べる日は、いつになるんだろうか...............,








2016/12/22 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit