07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

び・び・びのびいすけ

今日の散歩@佐倉城址公園 (2016年8月11日) 

8月11日 公休日

個人的な連休初日。

連日のRioオリンピックの熱戦に感化され
前日から、ほぼ徹夜状態でテレビ観戦。
柔道に卓球、体操の個人総合、7人ラグビーと
チャンネルを変えては白熱した試合に興奮していました。

そのおかげで、5時前に朝の散歩を済ませて爆睡。
目が覚めたのが夕方の16時過ぎ。

まっ、まずい! と思いながら、
慌てて びいすけ の夕方の散歩の準備をします。
馴染みのドッグランに行くも、ちらっと脳裏に現れましたが
休日(今年から『山の日』)だと、おかしな輩が来ているとも限らない。
久しぶりに佐倉城址公園へ行ってみよう! と、
16時半過ぎに曇り空の中散歩に出かけました。

       20160811佐倉城址公園01


家の中に居るより、外の方が良い びいすけ 。
当然、テンションも昂まって来ます。

       20160811佐倉城址公園02



ぐいぐいとリードを引っ張って、先を急ぐ びいすけ 。

       20160811佐倉城址公園03



自宅から、 びいすけ の匂い嗅ぎとマーキングのペースに合わせ
30分ほどで、佐倉城址公園に到着です。

       20160811佐倉城址公園04



考えてみたら、佐倉城址公園に来るのも久しぶり。
6月の菖蒲まつりがあったんだけど、コロッと忘れていました。

菖蒲園の一画には、こんな看板が建っていました。

       20160811佐倉城址公園05


どうやら、全国あやめサミットなるモノが開催されたらしい。

例年だと、この時期には何もない菖蒲園に
何かが植えられています。

      20160811佐倉城址公園06


あやめサミットに参加した市町村のあやめの苗が植えられています。

      20160811佐倉城址公園07


      20160811佐倉城址公園08



まともにお昼モノ食べてなかったので
コンビニで買ってきた おにぎり と パン で、
超遅いお昼にいたしましょう(って時刻は17時を回っているんですけど)。

      20160811佐倉城址公園09



目ざとい びいすけ が黙っている訳は無く、
当然、おにぎり に視線が向きます。

      20160811佐倉城址公園11



しょうがないなぁ...............。
と言いながら、おにぎり の端っこ、具の無い欠片を与えます。

      20160811佐倉城址公園12



おにぎり に飛び付き、パックンちょ。

      20160811佐倉城址公園13



おにぎり も食べたし、パンも食べたし...............
草の上でご機嫌な びいすけ 。

      20160811佐倉城址公園14


      20160811佐倉城址公園15



再び、城址公園内を散策します。

      20160811佐倉城址公園16



菖蒲園の先にあるのが、姥ヶ池。

      20160811佐倉城址公園17



この時期は、蓮に覆われる姥ヶ池。
朝早くに訪れれば、咲き誇る蓮の花が見えるのでしょうが
夕方の時間帯は、蓮の花もしぼんでしまうようです。

      20160811佐倉城址公園20      




姥ヶ池の脇には、こんな巨木があったりします。

      20160811佐倉城址公園18


多くのワンちゃんが匂い付けをして行くのか?
じっくりと匂いを嗅ぐ びいすけ 。

      20160811佐倉城址公園19



姥ヶ池からは、梅園脇を通って、三の丸、二の丸、本丸へと向かいます。


梅園脇の土塁。

      20160811佐倉城址公園21



食い違い虎口。

      20160811佐倉城址公園22

手前の土塁と後方の土塁の位置を変え、まっすぐに敵が進入(侵入)出来ないようにしています。
土の城ならではの造形です。


この先を左に行けば三の丸。

      20160811佐倉城址公園23


でも右に行って、本丸を目指します。




こちらが、本丸広場。

本丸に入るや否や、芝生の感触を確認する びいすけ 。

      20160811佐倉城址公園24

ごろりんちょん、すり〜すり〜 。

気持ち良いのかな?



暫し本丸広場の芝生で寛ぐ びいすけ 。

      20160811佐倉城址公園25



ちょっぴり びいすけ から離れると
ムクッと起き上がります。

      20160811佐倉城址公園26



『待て!』のコマンドで大人しく待機。

      20160811佐倉城址公園27



う〜ん、お利口さん(親バカと笑ってやってください)(笑)

      20160811佐倉城址公園28



『良し!』の合図で再び芝生の匂い嗅ぎ。

      20160811佐倉城址公園29



本丸広場の外周になる土塁の上を歩きながら
二の丸へと向かいましょう。

      20160811佐倉城址公園30


      20160811佐倉城址公園31



二の丸を抜けて、三の丸。
いつもの定点撮影ポイントです。

      20160811佐倉城址公園32



そして、父さんのお気に入りの場所。
三の丸の土塁と空堀です。

      20160811佐倉城址公園33


      20160811佐倉城址公園34


やっぱり佐倉城址公園は散歩に丁度良い。
真夏の炎天下に何処に出かけるのなら、
陽が陰って涼しくなり始める夕刻に、この佐倉城址公園に来るのが
真夏の休日の過ごし方の大正解かもしれない...............。













スポンサーサイト
2016/08/31 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

PENNY LANE つくば (2016年8月5日)(茨城県つくば市) 

8月5日 公休日

個人的な連休初日。

この日は、茨城県にあるドッグラン、 PRIMELANDひぬま のプールに出かけました。

15時過ぎにドッグランを出て、さてどうしょう?
行きたい所、寄りたい所はいっぱいあるんだけど、
とにかく外気温が35℃もあり、とても散歩どころじゃ無い。
お腹も空いているし、かと言って小洒落たドッグカフェも近くには無い。
那珂湊のお魚センターで海鮮丼と言う選択肢も、この暑さではパス。
(テラス席っぽいベンチでも炎天下は辛い。)

かくなる上は、冷房の効いた店内にペット同伴可の店しかない。
と、言うわけで向かった先は...............PENNY LANE つくば


      20160805ペニーレイン01



このペニーレイン。
実はかなりのお気に入りのお店です。

      20160805ペニーレイン02


何と言っても、店内のBGMが絶えずBEATLES。
思わず年齢が分かっちゃうけど、リアルタイム世代のちょっぴり下の世代。
中学生の頃には、もうとっくに解散しちゃっていたけど、
同級生に熱烈なファンがいて、彼の影響で聞くようになりました。


当時は貧しかったから、家にステレオが無くてレコードは聞けなかったけど
友達がカセットテープにダビングしてくれて
それを擦り切れるまで聞いていました。
赤盤、青盤。忘れられないレコードです。



話を戻しましょう。

店内はこんな感じ。

      20160805ペニーレイン03

平日だから、空いている〜。



メニューを見ても見なくても...............

      20160805ペニーレイン04



いつも頼むのは、ハンバーグ(笑)。

      20160805ペニーレイン05



『 お父さん、僕にも何か頼んで下さいな 』

      20160805ペニーレイン06


「はいはい、わかりました。」

      20160805ペニーレイン07

じゃあ、ケーキを頼むから大人しくするんだよ。


オーダーをして、暫し時は流れます。

      20160805ペニーレイン08

当然、BEATLESのBGMに耳を傾けます。



なぜか、ワンちゃん用のケーキが先に運ばれて来ます。

      20160805ペニーレイン09


ケーキを一心に見つめる びいすけ 。

当然、コマンドは『 待て! 』(笑)。

      20160805ペニーレイン10


『 良し! 』の号令で飛び付く びいすけ 。

      20160805ペニーレイン11

この顔は美味さを物語っています。


父さんのパンが運ばれて来ました。

      20160805ペニーレイン12



そして、ハンバーグ(ライス付き)。

      20160805ペニーレイン13



ハンバーグの見た目も美味しそう。

      20160805ペニーレイン14

いえいえ、食べても美味しいんです。

ライスもパンもお代わりして満腹、満腹。


人はお腹が満たされると幸福になると言う。

いえいえ、ワンコだって、美味しいモノを食べれば幸福です。

      20160805ペニーレイン15


ちょっぴり、食べ過ぎちゃったかな〜? なんて思いながら
家路に向かうのでありました。

PENNY LANE、もうちょっと近くにあれば、いいのになぁ...............。







2016/08/30 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

PRIMELAND ドッグランひぬま (2016年8月5日)(茨城県東茨城郡茨城町) 

8月5日 公休日

個人的な連休。

梅雨も明け、本格的な暑さが到来した関東地方。
先週に続き、今週も びいすけ を泳ぎに連れて行きました。

土日の混雑を避けるため、敢えて平日をチョイス。
たまたま休日のダック家をお誘いして、
向かった先は...............PRIMELAND ひぬま



ひぬまのプールに来るのも3年ぶりになるのかな?
とにかく、超久しぶりです。


      20160805涸沼ドッグラン01


平日ですが、プールに涼を求めるワンちゃんがやって来ます。

      20160805涸沼ドッグラン02



ちょうど、時刻は11時。
しかし、プール日和の好天気ですでに暑い。

受付を済ませ、すぐさまプールに直行。
休日の混雑が嘘のように空いています。

      20160805涸沼ドッグラン03


と、思ったのも一瞬。
時を同じくして、プールにやって来るワンちゃん達。

      20160805涸沼ドッグラン04



さっそく、 びいすけ もひと泳ぎ。

      20160805涸沼ドッグラン05


      20160805涸沼ドッグラン06



正直、水が苦手な びいすけ 。
逃げる機会を伺っています。

      20160805涸沼ドッグラン07


      20160805涸沼ドッグラン08


何度となく、プールサイドを逃げ回り、その度に捕獲され
プールに連れ込まれる びいすけ 。

でも、水の中は冷たくて、気持ち良いでしょ?(笑)




こちらは、ダック。

      20160805涸沼ドッグラン09



先日のWoofの特訓で泳ぎを覚え
今日はライジャケ無し。

      20160805涸沼ドッグラン10

ちょっぴり、怖さもあるのか?
まっすぐに泳がず、90°転回してプールの脇に行ったりして...............

ダックにまっすぐに泳ぐことを練習させている間は
プールサイドの匂い嗅ぎに余念の無い びいすけ 。

      20160805涸沼ドッグラン11



今度は びいすけ が泳ぐ番だよ?


『 お父さん、今日は僕、もういいです。』
そんな目で訴える びいすけ (笑)。

      20160805涸沼ドッグラン12



なんだかんだで、約2時間近く時が流れました。

お腹も空いたから、お昼にしましょう。


平日だから、基本的にはカフェは休業。
夏休み期間だからか? 焼きそばのみ提供できると言うことで
焼きそばを頂きましょう。

      20160805涸沼ドッグラン13

あっと言う間に完食。
美味しく頂きました。



軽くシャワーはしたものの、体はしっかり濡れている びいすけ 。
乾かす意味もこめて、ドッグランで遊びましょう。

ドッグランでは、やっぱり匂い嗅ぎに余念のない びいすけ 。

      20160805涸沼ドッグラン14



ドッグラン内を徘徊していたかと思えば...............

      20160805涸沼ドッグラン15


いきなり、スイッチが入ったのか?
突然、ダッシュの びいすけ 。

      20160805涸沼ドッグラン16


なぜか、ダックも走り出す。

      20160805涸沼ドッグラン17



カメラを構えたものの、激走モードは一瞬だけ。
日陰で芝生に腰を下ろし、マッタリモードの びいすけ 。

      20160805涸沼ドッグラン18



体も乾いてきたようだから、着替えましょう。

      20160805涸沼ドッグラン19


犬服を着させて、放牧状態にした途端に
なぜか びいすけ がローリング。

      20160805涸沼ドッグラン20



『ウゲッ、ウゲッ!』と奇声を発してローリングしていたかと思えば
今度は芝生に伏せ状態。

      20160805涸沼ドッグラン21


そして、『良し!』と叫べば
一目散に走って来ます。

      20160805涸沼ドッグラン22


      20160805涸沼ドッグラン23


従順な所が、改めて健気で可愛いと思ってしまう今日この頃。

久しぶりのひぬまのドッグランも飼い主共々満喫出来たようです...............。




2016/08/29 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

富士八景《 山中湖パノラマ台 》 (2016年7月29日)(山梨県南都留郡山中湖村) 

7月29日 公休日

この日は、山中湖のWoofに出かけました。

18時過ぎ。
Woofからの帰り道、富士山と山中湖と夕焼け(夕陽)
ひょっとしたら、そんな組み合わせが見れるかも?
淡い期待を持って、立ち寄ったのが...............山中湖パノラマ台



この山中湖パノラマ台は、富士山の景勝地として有名であり、
富士八景の一つらしい。

      20160729パノラマ台01


山中湖がクジラのような形をしているのも
こちらに来れば一目瞭然。

      20160729パノラマ台02

それだけ、高台にある富士山のビューポイントです。


この日も10台近い車が狭い駐車場にいっぱい。
ギリギリ隅っちよに車を停めて、富士山を眺めます。


やっぱり、雲は抜けない。

      20160729パノラマ台03


上空には風が有りそうで、雲が流れてくれるのを期待します。


陽もいつの間にか地平線の向こうに行ってしまったようで
薄暮の中、富士山の稜線が少し赤みを増してきたような気がします。


10人近いカメラマン(おそらくアマチュアの方)が立派なカメラを三脚に立て
夕闇な中に富士山が赤く浮かび上がるその時を待っているようです。


      20160729パノラマ台04

車のナンバーを見てみると、関西のナンバーや多摩ナンバー。
明らかに地元以外のナンバー。
遠くから、富士山を撮りに来ているようです。

しばらく、雲の動きを眺めていましたが
雲が抜けるどころか、厚い雲が富士山の頭にさらに掛かって来ます。

      20160729パノラマ台05



時には、潔さも必要です。
この日は、諦めました。

      20160729パノラマ台06



どうも最近は富士山と相性が悪いようです。

山梨県に限らず、富士山の景勝地、ビューポイントに出没しても
富士山ご全く見えない時が多い。

考えてみれば、今年は『これだっ!!』と言える富士山を見ていない。

やっぱり、日頃の行いが悪いのかなぁ?
とりあえず、日頃の行いを良くして『関東の富士見百景』を追いかけてみようかな........................?





2016/08/28 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

Woofでプール特訓   (2016年7月29日)(山梨県南都留郡山中湖村) 

7月29日  公休日

この日は、静岡県の富士市、富士宮市経由で山中湖に出かけました。


山中湖に午後イチ辺りに着きたかったので、
時間が有れば色々と寄り道しながら向かいたかったのですが
白糸の滝を出る頃にはお昼過ぎ。

富士山の裾野に居るんだけど、相変わらず雲が富士山を覆い
全く富士山が見えない。
本来なら、朝霧高原からの富士山の眺望、
本栖湖や精進湖の湖畔からの富士山の眺望、
そんなモノを楽しむつもりだったんだけど、諦めて山中湖に向かいます。


山中湖には、本日のメインに目的地であるドッグランがあります。
昼ご飯もあとにして、向かった先は...............ドッグリゾート Woof




14時ちょっと前にWoofに到着。

       20160729Woof01



カウンターで受付を済ませ、先ずは腹ごしらえ。
すぐさま、カフェへと...............

ちょっぴり遅めの昼ご飯。

       20160729Woof02



メニューの中からチョイスしたのは、ミニカレーセット(うどん)。

       20160729Woof03

あんまり期待はしていなかったけれど、
うどんがツルッツルで喉ごしが良い。
ゴマだれの風味も良く、美味しくいただきました。



Woofは、このカードで帰る時に一括清算。
現金を持ち歩かなくて良いから楽ですね。

       20160729Woof04


お腹も満たされた事だし、
いよいよ、こちらへと向かいます。

Woofと言ったら、プールでしょう!


いつ、泳ぐの?

今でしょう!

       20160729Woof05



と言うことで、 びいすけ には頑張ってもらいましょう。

       20160729Woof06


2年ぶりのWoof。
やっぱり、広いプールは良い。

       20160729Woof07



気持ち良さそうに泳いでいるように見える びいすけ 。

       20160729Woof08


       20160729Woof09



確かにす〜いす〜いと泳いでいるけれど
25mを泳ぎきった後は、プールサイドを大脱走。

追いかけて捕獲。
そして、また水の中への繰り返し。
何年経っても びいすけ も飼い主も進歩しません(笑)。


Woofのプールの良い所は、やっぱり25mの広さ。

       20160729Woof10


びいすけ が優雅(?)に泳いでいるサマを
しっかりと真横から並歩しながら眺められる。

       20160729Woof11



そして、待ち構えて捕獲が出来る(笑)。

       20160729Woof12



この日のもう一つの目的。

それは、ダックに泳ぎを教える(?)事。
実は、この日がダックの人生、いやもとい、犬生初泳ぎ。

Woofでプールデビュー。

       20160729Woof13


一緒に水の中に入って見守っていたんですが
何度か方向修正をしたら、まっすぐに泳ぐようになりました。

       20160729Woof14


       20160729Woof15

中々素質あり。

       20160729Woof16

ライフジャケットを着けて、25mを7〜8本泳いだ後に
ライフジャケットを外しても、優雅にすいすいと泳いでいました。
バチャバチャと水を跳ねることなく泳ぐから、びっくりです。


結局、 びいすけ も ダック も25mを20本近く、
即ち、この日は500m弱を泳いだことになります。


びいすけ お疲れサマでした。

       20160729Woof17



ゴールデンやラブラドールと言ったレトリバー系のワンちゃんの来場が多いWoofのプールですが、
この日は、平日だからか?
14時過ぎからと言う時間帯にもよるのか?
比較的空いていました。

15時ちょっと前から17時ちょい前(プールは17時迄)の約2時間。
びっちり、 びいすけ と ダック の特訓が出来ました。


17時のプールは誰も居なくて、静かなモノです。

       20160729Woof18



びっしりと泳いだ後は、ドッグランでクールダウン。
この時期の17時って、まだまだ陽が高く
考え方によっては、これからまだまだ遊べます。


好きなだけ、ドッグラン内を徘徊して下さいな。

      20160729Woof19


      20160729Woof20


      20160729Woof21



突然、吠え出す びいすけ 。

      20160729Woof22


どうした?
何かあった?
怪しい人でも近づいて来たか?


どうやら、噴水の水に驚いて吠え捲くっていたようです。

      20160729Woof23

いゃあ、びびりのびいすけ ですな(笑)



見ての通り陽は射しているんですが...............

      20160729Woof24


富士山の周りだけ厚い雲。

      20160729Woof25

本来ならば、芝生の先に、木々の上に、
どぉ〜んと富士山が見える筈なんですが
よっぽど日頃の行いが良くないのだろうか...............?



せっかくだから、私のお気に入り。
林RUNに行きましょう。

      20160729Woof26


林を背にしているから、木陰はひんやりとして心地良い。

再び、『好きなだけ、徘徊して下さいな!』

      20160729Woof27


本当に徘徊している びいすけ (笑)。

      20160729Woof28


山中湖の方も雲が多く、今日は夕焼けが期待できないかもしれない。

      20160729Woof29


時刻は18時を回りました。
おそらく、ダメだとは思うけれど
ちょっとしたら高台に行って、富士山と夕日と山中湖。
そんな組み合わせが見れたら良いなあ。
淡い期待を胸にWoofをあとにするのでありました...............。





2016/08/27 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

白糸の滝    (2016年7月29日)(静岡県富士宮市) 

7月29日 公休日

この日は、静岡、山梨方面に出かけました。


音止の滝と来れば、当然次は...............白糸の滝

どうしても、抱き合わせになっちゃいます(笑)


白糸の滝は、戦国時代末から江戸時代初期に富士講の開祖とされる長谷川角行が修行を行った地とされ、
富士講を中心とした人々の巡礼・修行の場となったことでも知られています。

昭和11年に国の名勝及び天然記念物に指定され、
昭和25年には「観光百選滝の部」で1位に選ばれ、古くからその見事な眺めが人々に愛されている滝です。

幅約150mの湾曲した絶壁の全面にかかる白糸ノ滝は、本滝の一部を除いてそのほとんどが富士山の湧水とされ、
岩壁の間から白い絹糸のように流れるさまは、白糸の名にふさわしく、
女性的な美しさと、やさしい景観を見せながら周囲にキリリと冷えた風を運んでいます。
年間を通じて水温12℃、毎秒1.5トンの湧水が流れ出ていると言われています。



白糸の滝に訪れるのは、これで2回目。
前回来た時には、ちょうど周遊路(見学路)の工事をしていて
音止の滝近くの売店前から眺めることしか出来ませんでした。

こんな感じで写真を撮って、売店前から眺めるだけ。

      20160729白糸の滝01


      20160729白糸の滝02


さらに、ズームアップ。

      20160729白糸の滝03

(前回も矢鱈と望遠レンズで撮るしか無かった...............)


あれから2年、いや3年。
工事も終わって、周遊路も歩ける様になりました。

      20160729白糸の滝04



こんな感じで、滝に近づいていけます。

      20160729白糸の滝05


      20160729白糸の滝06



一応、説明板もじっくりと読みましょう。

      20160729白糸の滝07



この辺りが、白糸の滝に一番近い所。

      20160729白糸の滝08


平日だと言うだけのに、意外に観光客もそれなりに居て
カメラの順番待ち状態。

      20160729白糸の滝09



後ろで待っている人もいるので、
パチリ、パチリと撮りまくります。


パノラマ撮影が出来ないので
約150mの白糸のような水のカーテンを分割して収めます。

      20160729白糸の滝10


      20160729白糸の滝11


      20160729白糸の滝12



順番待ちの人にカメラポジションを譲る前に
さらにしつこくもう一枚、パチリ☆。

      20160729白糸の滝13

この びいすけ のすっとぼけた顔には、思わず笑ってしまいました。




案内板が展望台と『おびん水』に導いてくれます。


こちらが、展望台。

      20160729白糸の滝14

展望台と言う割には、眺望はイマイチ。
やっぱり滝は正面から眺めなきゃ。


こちらが、『お鬢水(おびんみず)』の説明板。

      20160729白糸の滝15


お鬢水は、白糸の滝のすぐ左上にある溶岩の窪地に湧き出している水で、
源頼朝がこの水でほつれた鬢(耳際の髪)を直したという伝説が残る場所とされています。
白糸の滝の流れ落ちる音が響く中、静かに水をたたえていて、
周囲は清らかな雰囲気に包まれています。
富士講の霊場の1つでもあり、パワースポットとしても知られているそうです。


もう1基、説明板が設置されています。

      20160729白糸の滝16



確かに、水は清らかで、この辺り一帯には厳かな感じが漂っています。

      20160729白糸の滝17


      20160729白糸の滝18

白糸の滝の近くにって言うか、白糸の滝の一部にこんな場所があるなんて、知らなかったなぁ。

ちなみに、白糸の滝周辺の駐車場(有料)は、白糸の滝入り口の駐車場が500円。
入口から離れて行くと300円になり、お鬢水や展望台近くの駐車場は200円。
音止の滝には遠くなるけど、白糸の滝の裏側から近道になるので
200円の駐車場に車を停めて、お鬢水〜白糸の滝って歩いて巡るのもアリだと思ったりしちゃいます。

お鬢水から300円の駐車場までの道のり。
暑かったなぁ...............。



2016/08/26 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

音止の滝   (2016年7月29日)(静岡県富士宮市) 

7月29日 公休日

この日は、静岡、山梨方面に出かけました。


勢子辻分校をあとにして、向かった先は...............音止の滝


音止の滝は、その昔、曾我兄弟の父の仇の工藤祐経を討つ相談をしていた際、
滝の音で声がさえぎられたため、しばし神に念じたところ、
一瞬滝の音が止んだという伝説からこの名が残されているそうです。

大量の水が水柱となって高さ25mの絶壁から、瀑音を響かせて落下するこの滝は、
白糸の滝と隣り合わせに芝川本流にかかっています。
駐車場から白糸の滝に向かう途中にある滝なので、
ついつい、白糸の滝に行くオマケ。ついでに立ち寄る滝に見られがちですが
この滝だけでも見応え十分です。



駐車場から歩いて行くと、滝の上展望台が現れます。

      20160729音止の滝01


でも、この展望台からは滝は見えません。

      20160729音止の滝02



売店の手前に説明板。

      20160729音止の滝03


足場パイプや、木材で組まれた眺滝台から眺める事が出来ますが
この場所からだと今一歩感が強い。

      20160729音止の滝04

確かに滝のすぐ近くだから、見応えはあるんだけど
やっぱり今一歩。
崖が崩落しそうなのか?
フェンスに遮られている感がどうしても出てしまいます。

      20160729音止の滝05


立ち並ぶ売店のさらに奥、
こちらが、音止の滝のベストポジション。

      20160729音止の滝06



運が良ければ虹も見えるそうですが
この日は、残念でした。

      20160729音止の滝07


白糸の滝が、周遊路(見学路)を設けて滝壺近くまで行けるようにしているんだから
こちらの音止の滝も見学路なんぞを設ける予定は無かったんだろうか?

遠くから眺める滝も、それはそれで見応えはあるけれど
やっぱり、滝って滝壺近くから見上げる。
水の落下する様を飛沫を顔に受けながら、
肌にミストを感じながら見上げるのが醍醐味の様な気がします...............。



2016/08/25 Thu. 16:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて...........勢子辻分校  (2016年7月29日)(静岡県富士市) 

7月29日 公休日

この日は、静岡、山梨方面に出かけました。

最終的には山中湖にあるドッグラン+ドッグプールを目指しますが
せっかくだから、富士山の外郭をぐるっと廻ろうと気持ち的には早めに出発した筈が
通勤時間帯の高速の渋滞にハマり、時間をロスします。

海老名SAを出発して、東名高速を一路西下します。
天気は良さそうなんですが、富士山周辺は雲が厚い。
期待した足柄SA付近も雲に覆われ、眼前に見える筈の富士山が見えない。

御殿場ICで東名高速を降り、裾野市を抜けて富士市に向かいます。

目指した先は...............富士市立吉永第二小学校勢子辻分校跡





勢子辻分校は、明治39年に鵜無ヶ淵尋常小学校の分校として開校しました。

その後、本校である鵜無ヶ淵尋常小学校が幾多の変遷を経て
富士市立吉永第二小学校と改称し、その分校となりました。
しかし、生徒の人数が減少し、昭和56年3月に少子化の波には勝てず、
廃校となってしまいました。


そもそも、この勢子辻と言う地域は幕末期(1859年)に、
相模の国足柄上郡山北村から来た川村銀兵衛という人が茶店を開いたことから始まり、
明治になって、三改木(みぞろぎ)家(御殿場)、室伏家(駿東郡小山町)が移住、
士族の秋津茂信他14名の開墾入植によって、山神社や小学校が出来、集落となったそうです。

確かに、裾野市から国道469号線を快調に車を走らせてきたけれど
周りは、杉や檜の木が立ち並び、製材関連の工場や工房も多く
林業で栄えた集落だと言うのが分かります。


勢子辻分校は、同じ敷地内に中学校の分校もあり
そちらは、吉原第三中学校勢子辻分校と言ったそうです。
昭和30年頃までは、小・中学校合わせて40人ほどの生徒が通学する活気ある分校でした。
昭和44年頃には、小学校に10名、中学校に5名の生徒が通っていたらしいのですが
今では、小学校、中学校のいずれも廃校となってしまいました。

廃校後、『勢子辻青少年の家』 になっていたようですが
校舎も平成13年末に解体され、現在は『勢子辻ひのきの家』となっています。

      20160729勢子辻分校01


校舎解体後、新たに建てられた『勢子辻ひのきの家』

      20160729勢子辻分校02

丁度、校舎の建っていた辺りに一回り小さな建物に建て替えたようです。


かつての校庭はアスファルトで舗装され、
駐車場となっています。

      20160729勢子辻分校03



『ひのきの家』と言うだけあって、ふんだんに檜が使われているようです。

      20160729勢子辻分校04


      20160729勢子辻分校06



背後の山には、杉の木?
それとも檜?
いずれにしても、人の手の入って整列された木々。
いかにも林業の集落って感じが見え隠れします。

      20160729勢子辻分校05



正面に廻ってみましょう。

      20160729勢子辻分校07



これまた、檜造りの立派な看板。

      20160729勢子辻分校08



この日は、『勢子辻ひのきの家』の休館日。

閉められたガラス戸の向こうには、勢子辻分校のパネル。

      20160729勢子辻分校09

じっくりと見たかったなぁ。




『勢子辻ひのきの家』は平成23年に建てられたモノらしい。

      20160729勢子辻分校10

平成13年に解体されたと言うことは
約10年もの期間は更地だったのだろうか?



学校遺構を探してみたけれど、コレと言ったモノは見つかりません。
廃校記念碑の類い、二ノ宮像、遊具類...............
全くありませんでした。


強いて、あげるとするならば
この木は、当時からこの地に在ったのでは無かろうか?

      20160729勢子辻分校11

因みに、この木の背後の平坦地にプールが在ったようです。



びいすけ の背後のスペースにも小さな木造の建物(校舎の一部?)が在ったようです。

      20160729勢子辻分校12





昭和56年当時の勢子辻分校

      勢子辻分校

           富士市のHPからお借りしました。






校庭跡の隅にひっそりと建っている倉庫。

      20160729勢子辻分校13



そして、お約束の防災倉庫。

      20160729勢子辻分校14


時間があれば、近所のお年を召された方から話を聞きたかったんだけど
とにかく、誰も居ない(笑)。
富士山の裾野に広がる集落には、平日の昼間に出歩いている人は居ない。

何か一つでも、勢子辻分校の名の入ったモノが残されていれば
嬉しかったんだけどなぁ。





2016/08/25 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

東名高速(下り)海老名SAでメロンパン   (2016年7月29日)(神奈川県海老名市) 

7月29日  公休日

7月29日〜31日まで、個人的な3連休。
泊りがけで伊豆に遠出をしようと思っていたけど
先週あたりの天気予報だと、この3日間は天気が悪そうな予報。
天候の様子を伺いながら予約を躊躇していたら
いつものサンロードさんが満室になっちゃいました。
そして、関東地方は前日の7月28日に梅雨明け宣言。

夏がやって来ました!

夏と言えば海?
いえいえ、犬連れには灼熱の砂浜はワンコにとって御法度です。


ならば、プールでしょう?

と、言うことでダック家をお誘いしてちょっぴり遠いプールへ出かけることにしました。



いつもなら、遠出をする際は、都内の渋滞を避けるため、5時前に自宅を出るのですが
この日は、ダック家と合流して6時過ぎに出発。

しかし、平日の上りの渋滞を甘く見ていました。


佐倉ICから、東関道。宮野木で京葉道路に乗り継ぐと
幕張辺りから渋滞にハマります。
首都高も錦糸町料金所の遥か手前から大渋滞。
環状線はノロノロ状態で、3号線下りもノロノロ。
東名高速も下りなのに、なぜか綾瀬バス停辺りで大渋滞。



いつもなら7時過ぎに下りの足柄SAに着いているのに
時刻は既に9時を回っています。
本来なら素通りの下りの海老名SAで休憩することにいたしました。

考えたら、朝ご飯も食べて無いから、小腹も空いています。
東名高速(下り)の海老名SAと言えば...............

       20160729海老名SAメロンパン01


やっぱり、コレでしょう。

       20160729海老名SAメロンパン02


迷わず行列(既に5人くらい並んでいた)に並びます。

メロンパンと言っても何種類もあるようです。

       20160729海老名SAメロンパン03



ここは、定番のメロンパンを押さえておきましょう。

       20160729海老名SAメロンパン04



1個jじゃ足りないから、プレミアムメロンパンも下さ〜い。

       20160729海老名SAメロンパン05



SAのベンチって言うか、テーブル席で食べましょう。

       20160729海老名SAメロンパン06



まずは、定番のメロンパン。
ひと口齧ってみると...............

口の中にメロンの香りが広がります。

      20160729海老名SAメロンパン07



『メロン』と聞いて、こ奴が黙ってはいません。

      20160729海老名SAメロンパン08



表面のクッキー生地を取り除いて、メロンの香りがいっぱいのパンを与えます。

      20160729海老名SAメロンパン09



いゃあ、瞬殺(笑)。



プレミアムメロンパンも狙っています。

      20160729海老名SAメロンパン10


メロンの風味豊かなカスタードクリームが入っているプレミアムメロンパン。
これは、本当に美味しい!



勿体ないけど(?)、表面のクッキー生地とメロン風味のカスタードクリームを避けて
パンの部分を食べてもらいました。


高速のSAのパンだからって、正直騒ぐほどでも無いって思っていたけど
プレミアムメロンパン。
こいつは、侮れません。

これからは、海老名SAは素通り出来ないかも...............?(笑)




2016/08/24 Wed. 16:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

狂犬病予防注射済票(2016年7月26日) 

7月26日  公休日


毎年4月に狂犬病予防注射を佐倉市指定の集団接種会場で受けていますが
今年は仕事の都合が合わず、集団接種に行けませんでした。

とは言え、狂犬病予防注射は実家近くの獣医さん(通称、今井さん)で済ませています。

      20,160,726注射票01

とりあえず、注射は済んでいるから問題は無いんですが
これからの時期、やれプールだ! やれ旅行だ!と言った時に
狂犬病予防注射済票なるモノが必要(掲示)な場合が増えて来る。
下手をすると、注射済ひょっとが無くて、施設を利用出来ないなんて事になり兼ねない。

行楽シーズンもスタートしたから、ぐすぐすしていられない。

と言うことで、慌てて注射済票の交付に行って来ました。


地元の市役所。

      20,160,726注射票02


      20,160,726注射票03



5階の生活環境課の窓口へ行きます。
必要な書類に諸々を書き込み、手数料550円を支払って
狂犬病予防注射済票をゲット!

      20,160,726注射票04


      20,160,726注射票05



とりあえず、これで一安心。
さて、 びいすけ と何処へ遊びに行こうかなぁ〜?




2016/08/24 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

佐倉ふるさと広場の向日葵(?)   (2016年7月26日) 

7月26日 公休日

通勤に京成電鉄を利用しています。

毎朝、電車の車窓越しに佐倉ふるさと広場に咲いている向日葵を見ていました。

確かにこの時点では、梅雨はまだ開けていないけれど
向日葵って言ったら夏の花。
北総のドッグランの帰り道、ちょっぴり足を伸ばして
ふるさと広場の向日葵を堪能してこよう...............

そんな思いで、佐倉ふるさと広場に向かいました。



ふるさと広場って言ったら、
何は無くても風車です。

      20160726ふるさと広場01

この風車が目的で訪れる人も多い(...............はず?)。



何て言ったって、『オランダ風車 リーフデ』ですからね。

      20160726ふるさと広場02


この風車は平成6年の春、佐倉市制40周年の記念として佐倉ふるさと広場に誕生しました。
風車はメカニズム部分をオランダで製造し、オランダ人技師により建設されました。
名称は、日蘭交流の幕開けとなったオランダ船リーフデ号にちなみ、
リーフデ《友愛》”De Liefde”と命名されました。
リーフデは、佐倉ふるさと広場のランドマークとして、また日蘭親善のシンボルとして建設されました。

《友愛》により末長くふるさとづくりと、国際親善の一翼を担ってくれることを期待して...............。

      20160726ふるさと広場03



ところが...............
2〜3日前まで風車の前でいっぱい咲いていたしましょう向日葵が無い。

      20160726ふるさと広場04



どうやら、7月23日、24日に花摘みと称して
向日葵の花が摘みとられてしまったようです。

      20160726ふるさと広場05

本当に2日とか3日前の出来事だったようです。



無残。

      20160726ふるさと広場06



花が無くなった向日葵は茎と葉っぱだけになり
重機で根っこごと掘り起こされて廃棄状態となっています。

      20160726ふるさと広場07


2tダンプに乗せられて廃棄処分。

      20160726ふるさと広場08



いゃあ、遅かったか...............。


摘み取られずに、刈り取られずに残った向日葵も
黄色い花びらが無くなり、種(?)

      20160726ふるさと広場09

ひょっとして、もう向日葵の時期は終わっちゃったの?



しかし神はまだまだ、私と びいすけ を見捨てません。
諦めた向日葵が、この一画に咲き残っています。

      20160726ふるさと広場10


      20160726ふるさと広場11


      20160726ふるさと広場12



いっぱい咲いているように見えますが
本当にこの一画だけ。

      20160726ふるさと広場13


カメラの順番待ちも大変だったりして(笑)。

      20160726ふるさと広場14


      20160726ふるさと広場15


      20160726ふるさと広場16



とりあえず、向日葵と風車をバックに びいすけ をカメラに収めることが出来ました。
ラベンダーもちょっと時期を外しちゃったし、向日葵も同様っぽい。

考えたら、8月6日に佐倉の花火大会があって
会場は、このふるさと広場。
枡席も区画して販売するから、向日葵も急きょ刈り取らざるを得なかったのだろう。


花火大会にふるさと広場に来るのは無理っぽいから
次は、秋桜の時期に来ることにしよう...............。




2016/08/23 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

北総花の丘公園ドッグラン  (2016年7月26日)(千葉県印西市) 

7月26日  公休日

この日は昼から雨が降ると言う。
ここ数日、曇り空が続き暑さも思ったほど上がらず
個人的には過ごしやすい日が続いています。

午後から雨って天気予報を聞いちゃ、遠出をする訳にも行かない。

かと言って、部屋に待機って言うのもつまらない。
と言うことで、無難に北総花の丘公園ドッグランに出かけました。


さすがに天気予報の影響か?
ドッグランは貸し切り状態。


はい、はい。
好きなだけ匂いを嗅いで下さいな。

      20160726北総05


      20160726北総01




はい、はい。
好きなだけ、マーキングして下さいな。

      20160726北総02



はい、はい。
好きなだけ、徘徊して下さいな(笑)。

      20160726北総03


      20160726北総04


   
いゃあ、本当に匂いを嗅ぎながら、徘徊しています(笑)。

      20160726北総06


      20160726北総07


      20160726北総08




そうしている内に、1頭の来場者(犬)が現れます。

      20160726北総09



お初になるJRT(ジャックラッセルテリア)。
名前を聞いたんだけど忘れちゃいました...............

      20160726北総10


元気なJRTと駆けずり回ってくれれば良いんですが
まぁ、6歳だし...............
あんまり、社交性無いし...............
引っ込み思案出し...............

どちらかと言うと、私の視線を気にしている びいすけ 。

      20160726北総11



離れて、『おいで〜!』って言えば
トコトコと近づいてくる。

      20160726北総12


久しぶりに『待て! からの 呼び戻し〜!』でもしてみましょう。


『待て!』で待機させ...............

      20160726北総13



『良ぉ〜し!』で呼び戻します。

      20160726北総14



一応、元気よく走ってくる びいすけ 。

      20160726北総15


      20160726北総16


      20160726北総17




誰か、新しい来場者(犬)が現れたようです。

      20160726北総18



ドッグラン入口に小走りでお出迎えに行く びいすけ (笑)。

      20160726北総19



以前、お会いしたことのあるウィペットの兄弟(?)兄妹(?)。

      20160726北総20



元気よく走り回る2頭には付いていけず、
だだ周辺をウロウロする びいすけ 。

      20160726北総21

本当は一緒に遊びたいのかもしれない。
でも、中々輪の中に入っていけない びいすけ 。
犬付き合いが苦手なのかもしれない。


そうこうしている内に、ドッグランに来て1時間が経ちました。
そろそろ、びいすけ のカラータイマーも点滅しそう。

『 びいすけ 、帰る?』って聞くと、リードのある場所に小走りに向かって
帰る気満々な びいすけ 。

やっぱり、びいすけ のドッグランのカラータイマーは1時間のようです...............。





2016/08/22 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて...............多古第二小学校 (2016年7月20日)(千葉県香取郡多古町) 

7月20日 公休日

この人は、栄町、東庄町、匝瑳市と北総地区をぐるっと廻っていました。

匝瑳小学校をあとにして、向かった先は...............多古町立多古第二小学校



多古第二小学校は

明治9年    多古小学校分校として開校。
明治18年   多古小学校より分離。 
         飯笹小学校を統合して中等科小学喜多小学校と改称する。
明治22年   旭尋常小学校と改称する。
明治37年   一鍬田分校を設置する。
明治42年   多古第二尋常小学校と改称する。
昭和22年   学制改革により多古町立多古第二小学校と改称する。
昭和61年   一鍬田分校を統合する。
平成28年   多古第一小学校に統合され廃校となる

と、このような沿革となっています。






こちらが、多古第二小学校の正門(?)

      20160720多古第二小学校01

おそらく、古い石造りの門柱だから
こちら側がかつての正門だったのでしょう。
校舎側から見ると、校庭の奥に位置するから
現在は、どちらかと言うと通用口になるのかな?
駐車場もあるし................。
正面の門扉はしっかり施錠されているけれど
左側の門扉は駐車場の入口だから、開いてるし...............。



駐車場にしっかりと車を停めて、見学いたしましょう。


校庭越しに校舎を眺めます。

      20160720多古第二小学校02


      20160720多古第二小学校03



鉄筋コンクリート二階建の校舎ですが、そんなに大きくはない。

      20160720多古第二小学校04


      20160720多古第二小学校05




      20160720多古第二小学校06



正面玄関。

      20160720多古第二小学校07




玄関庇には、大きな文字で『多古町立多古第二小学校』。

      20160720多古第二小学校06



玄関前の一画。

ここは待望のエリア。
廃校記念碑と二ノ宮像かお出迎え。

      20160720多古第二小学校08



廃校記念碑。

デザイン的に匝瑳小学校のモノと似ています。

      20160720多古第二小学校09



裏面には沿革。
これまた、歴史が分かって親切この上ない。

      20160720多古第二小学校10



こちらは、校歌の碑

      20160720多古第二小学校11



そして、こちらが二ノ宮像。

      20160720多古第二小学校12



この二ノ宮像。
何か雰囲気が違う。

      20160720多古第二小学校13

今まで数多くの二ノ宮像を見てきたけど
こんなに『ずんぐりもっくり』な二ノ宮像は初めて。



卒業記念のオブジェ?

      20160720多古第二小学校14



昭和38年とか39年って書かれているからそれなりに年季が入ってます。

      20160720多古第二小学校15



そして、教材用の丸ポスト。

      20160720多古第二小学校16

北総地区の小学校には、なぜかこの丸ポストが置かれているのが多い。



こちらは、体育館。

      20160720多古第二小学校17




広い校庭。

      20160720多古第二小学校18



そして、校庭には遊具類。

      20160720多古第二小学校19


      20160720多古第二小学校20


      20160720多古第二小学校21


      20160720多古第二小学校22


      20160720多古第二小学校23




びいすけ も古タイヤの上でハイ、ポーズ。

      20160720多古第二小学校24


      20160720多古第二小学校25


      20160720多古第二小学校26



朝礼だ。

      20160720多古第二小学校27



そして、お約束(?)の防災倉庫。

      20160720多古第二小学校28



車止めがあるから、こちらが実際に子供たちが利用した門でしょう。

      20160720多古第二小学校29

コンクリート造りだから、昭和の頃に建てられてモノでしょう。



校庭は、適度に芝生が伸び、適度に刈られている。

      20160720多古第二小学校30

おそらく、グランドゴルフか何かのグランドとして利用されているのでしょう。



時刻も16時を回ったけれど、日も随分と長くなってきた。

      20160720多古第二小学校31


西陽がキツイ季節になってきた。
でもこの芝生が びいすけ は気に入ったようです。

もうちょっと、芝生を堪能させてから帰ることにしよう...............。





2016/08/21 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて...............匝瑳小学校 (2016年7月20日)(千葉県匝瑳市) 

7月20日  公休日

この日は栄町、東庄町と北総台地の地を廻っていました。

夏目分校をあとにして、向かった先は...............匝瑳市立匝瑳小学校



匝瑳小学校は、

明治9年     6ヶ村の小学校として松山小学校設立
明治22年    松山村、中台村、大浦村、長岡村、山桑村、宮本村、生尾村が合併して
          匝瑳村となり、匝瑳小学校と改称する。
昭和22年    学制改革により匝瑳村立匝瑳小学校と改称する。
昭和29年    匝瑳村が八日市場町、平和村、椿海村、豊栄村、須賀村、共興村、
          吉田村、飯高村、豊和村と合併して八日市場町となり、
          八日市場町は市制施行して八日市場市となる。
          八日市場市立匝瑳小学校と改称する。
平成18年    八日市場市が野栄町と合併して匝瑳市となる。
          匝瑳市立匝瑳小学校と改称する。
平成28年    八日市場小学校に統合され廃校となる。


と、このような沿革となっています。



平成の大合併で誕生した匝瑳市。
個人時には八日市場市の方が馴染みが深かったから
『なぜ、匝瑳市にしたのか? 八日市場市じゃダメなの?』と
素朴なギモンを感じていましたが、匝瑳村から始まったこの地域。
歴史をちょっぴり紐解いて、妙に納得したりしています。

そんな看板でもある匝瑳の名の付いた匝瑳小学校も少子化な波には勝てず
この春に廃校となってしまいました。


こちらが匝瑳小学校の正門。

      20160720匝瑳小学校01



木製の手作りの表札。

      20160720匝瑳小学校02



こちらは、匝瑳市統一の表札。

      20160720匝瑳小学校03



正門の門扉は閉ざされていましたが、脇からちょっと失礼、
中を見学させてもらいました。


比較的新しい校舎。

      20160720匝瑳小学校04



濃いベージュ色の校舎はちょっとお洒落。

      20160720匝瑳小学校05


鉄筋コンクリートの灰色や白く塗装された校舎と違って
ちょっと垢抜けている気がします。

      20160720匝瑳小学校06



校舎の窓には感謝の言葉の貼り紙。
『 匝瑳小学校 ありがとう 』

      20160720匝瑳小学校07




平成9年に建てられたモノらしい。

      20160720匝瑳小学校08




校舎の前には、廃校記念碑。

      20160720匝瑳小学校09


      20160720匝瑳小学校10



裏面には沿革もしっかり刻まれています。

      20160720匝瑳小学校11

HPに沿革を載せなくなった学校も増えているから
こうやって沿革ぎ示されていると嬉しくなります。

ちなみに、この匝瑳小学校。
廃校になってもHPは残っていますが、沿革は載っていません
(平成28年7月20日現在)




校舎前の国旗掲揚ポール。

      20160720匝瑳小学校12

こちらも3本仕様の国旗掲揚ポール。

調べて見ると、3本の掲揚ポールって言うのも多いらしい。
3本ポールの場合、真ん中に国旗。その次に優位になる旗を向かって左に掲揚するらしい。
さしずめ、校旗は左、国旗は真ん中に、市旗は右になるのでしょう。


赤い屋根は体育館。

      20160720匝瑳小学校13

体育館はちょっぴり年季が入っているみたいです。
かまぼこ屋根が時代を物語っています。



校舎前の窪んだエリアに隠れるように石碑群。

      20160720匝瑳小学校14



かなり汚れた二ノ宮像。

      20160720匝瑳小学校15



こちらは、創立百周年の記念碑。

      20160720匝瑳小学校16



煤で汚れているのか?
『努力』と題されたオブジェと教材用の丸ポスト。

      20160720匝瑳小学校17



防災倉庫もしっかり並んでいます。

      20160720匝瑳小学校18



校庭の遊具類。

数ヶ月前までは子供たちの遊び道具でした。

      20160720匝瑳小学校19


      20160720匝瑳小学校20


      20160720匝瑳小学校21


      20160720匝瑳小学校22


      20160720匝瑳小学校23



フェンス沿いの桜も葉が茂り、それなりの大きさに育っています。
来年も綺麗な花を咲かせることでしょう。

      20160720匝瑳小学校24



こちらが、体育館裏の通用門。
門柱の古さから言って、以前はこちらが正門だったのでしょう。

      20160720匝瑳小学校25



門扉越しに見る体育館の裏手。

      20160720匝瑳小学校26

かなり老朽化しているのが分かります。


こちらは、北門になるのか?
正門とは別な通用門。

      20160720匝瑳小学校27


県道からちょっと入り込むから、
実際の通学にはこちら側の門を利用していたかもしれません。

      20160720匝瑳小学校28



匝瑳小学校。
この学校も歴史のある学校でした。
廃校は非常に残念ですが、時代の流れには逆らえない。

でも、やっぱり残念だなぁ...............。



2016/08/20 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて...............東城小学校夏目分校 (2016年7月20日)(千葉県香取郡東庄町) 

7月20日  公休日

この日は、東庄町へと出掛けました。

利根川河口堰をあとにして、
向かった先は...............東庄町立東城小学校夏目分校


夏目分校は

明治9年夏目禅浄院に開校された夏目小学校が始まりとされています。

明治37年東城高等小学校を城山福聚寺に設立されます。
この東城高等小学校が後々の東城小学校となります。
時期は不明ですが、夏目小学校は東城高等小学校の分校となります。

昭和22年     学制改革により、東城村立東城小学校夏目分校となる
昭和30年     町村合併により、東庄町立東城小学校夏目分校と改称する
昭和49年     本校に統合され、夏目分校は60年の歴史を閉じ廃校となる。

と、このような沿革のようです。


実は、この夏目分校。
詳しい資料もなく、東城小学校のHPの沿革に
僅かながらにその存在が示されていますが
詳細は不明です。

どこに在ったかも分かりませんでしたが、
夏目集落で地元のご年配の方に伺ったら
詳しい場所を教えてもらうことが出来ました。

東庄町にある『東庄県民の森』近くにある東庄町児童館が
かつての夏目分校だと言う事です。


県民の森の駐車場側にある入り口。
こちらは児童館の駐車場となっているため
夏目分校時には通用口だったかもしれません。

      20160720夏目分校01



こちらの門柱には、『東庄町児童館』とプレートが組みこまれているから
児童館の駐車場を整備する際に設けられたモノかもしれません。

      20160720夏目分校02



こちらが夏目分校の全景。

      20160720夏目分校03

残念ながら、正面の建物は往時のモノではありません。
東庄町役場の方に訊いたら、夏目分校の廃校後、しばらく施設は
東庄幼稚園の分園(夏目地区の保育所?)として使われていたようです。


      20160720夏目分校04



児童館になって、建物は建て替えられたそうです。

      20160720夏目分校08
      



こちらが正門だったようです。

      20160720夏目分校05


石造りの古い門柱が残っています。

      20160720夏目分校06



じっくり眺めると...............

大正4年と刻まれています。

      20160720夏目分校07



二ノ宮像や廃校記念碑が残っていないか?
じっくり探索したかったんですが、
学校は、もう夏休みに入ったんだろうか?
やたらと児童館には子供たちが多い。

犬連れとしては、気を使います。

まぁ、廃校跡が幼稚園や児童館になっているってパターンもあるから
気を使うパターンも多い。


敷地内の橋の跡?

      20160720夏目分校09

用水が何かが在ったようですが、今は埋められているみたいです。


コンクリートには、『学校橋』(右から左へ読んでくださいね)。

      20160720夏目分校10

学校跡を如実に残す遺構です。


残念ながら、『廃校記念碑』や『学校跡の碑』の類い、
二ノ宮像や校舎建立の記念碑等は全く無い。


かつての校庭跡も綺麗な芝生の広場。

      20160720夏目分校11



この藤棚は昔からあったのだろうか?

      20160720夏目分校12




校庭跡(芝生広場)にある遊具類はどう見ても
今から49年前のモノには見えそうもない。

      20160720夏目分校13



児童館になった時に設置されたモノなんでしょうね。

      20160720夏目分校14


統合先の東城小学校は、ここから1kmほどの所にあるから
この地区の子供たちも通学には苦労しないかとは思うけれど
かつての夏目村、現在の夏目集落に学校が在ったことは忘れずにいよう...............



2016/08/19 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

ダムカードを集めよう  《 利根川河口堰 》 (2016年7月20日) (千葉県香取郡東庄町) 

7月20日  公休日

最近、ハマりだしたダムカード集め。
千葉県の利根川流域にダムカードを配布している場所があると知り
長門川公園から向かった先は...............利根川河口堰


利根川河口堰は、千葉県香取郡東庄町および茨城県神栖市にまたがり、
利根川を仕切る堰(河口堰)です。
昭和40年12月に着工し、昭和46年1月に竣工しました。
総事業費は125億円。常陸川水門と黒部川水門に隣接しています。

総延長835メートルで、2門の調節門、7門の制水門などを擁し、
利根川下流における首都圏の利水上の重要施設として位置づけられています。


河口堰近くにある管理事務所。
ダムカードはこちらで配布されています。

      20160720利根川河口堰01


ちょうどお昼休みでしたが、職員の方が丁寧に応対してくれました。

ダムカードと一緒にもらったファイル。

      20160720利根川河口堰02



こちらが、ダムカード。

      20160720利根川河口堰03




利根川の千葉県側(東庄町)から眺める利根川河口堰。

      20160720利根川河口堰04


      20160720利根川河口堰05



堤防からだと距離があるから、ダムカードと並べても
イマイチ解りづらい。

      20160720利根川河口堰06



望遠レンズでズームアップしてもイマイチ。

      20160720利根川河口堰07



せっかくだから、利根川河口堰の近くへ行ってみましょう。


河口堰手前。
水門で遮っているから、遡上する魚のための水路が設けられています。

      20160720利根川河口堰08


      20160720利根川河口堰09



水門手前で魚用の水路は迂回するように設けられています。

      20160720利根川河口堰10


      20160720利根川河口堰11



この辺りが限界点。
これより先は立ち入り禁止。

      20160720利根川河口堰12


利根川河口堰そのものが利根川大橋として千葉県の東庄町と茨城県の神栖市を結んでいますが
歩いて渡るのはちょっぴり勇気がいりそう。

とりあえず、堤防に戻ります。


堤防には駐車場もあり、記念碑も建っています。

      20160720利根川河口堰13

とは言いながらも、利根川河口堰の記念碑ではなく
天保水滸伝の石碑です。


『利根の川風袂に入れて月に棹さす高瀬舟』と刻まれています。

      20160720利根川河口堰14


こちらの石碑は説明文が刻まれています。
碑文によれば、『利根の川風袂に入れて月に棹さす高瀬舟』と言う石碑の文字は、
田中角栄の書による句碑だそうです。

      20160720利根川河口堰15

実は、この石碑のある駐車場(公園?)は、
1年前に『天保水滸伝』の所縁の地と言う事で訪れていました。


駐車場に隣接する黒部川水門。

      20160720利根川河口堰16

こちらも利根川増水時の黒部川への逆流を防ぐ目的と
黒部川に塩水(海水)が遡上するのを防ぐ役割をしているそうです。

人間の英知とでも言えるのでしょうか。
遥か昔から、利根川の氾濫に悩まされてきたこの地区。
今は、この利根川河口堰によって守られているのでしょう。



改めて、利根川河口堰のダムカード。

      20160720利根川河口堰17


      20160720利根川河口堰18


よ〜く見ると、Ver.2となっています。
もっと早くダムカードの存在を知っていれば
Ver.1のダムカードも手に入ったかもしれないなぁ...............。





2016/08/18 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

長門川公園   (2016年7月20日)(千葉県印旛郡栄町) 

7月20日 公休日

この日は、北印旛沼に出かけました。

栄町の酒直水門から長門川に沿うような形で
利根川方面へと向かいます。
確か、利根川近くに公園が在ったような記憶が...............

記憶を頼りに向かった先は...............長門川公園

      20160720長門川公園01



長門川公園は、明治百周年を記念して作られた公園のようです。

      20160720長門川公園02


元々は、広い芝生の公園のようですが
どうやら、管理と言うか手入れはイマイチ。
かなりの雑草が生い茂っています。

      20160720長門川公園03

まぁ、この時期だから雑草を刈ってもすぐ伸びちゃうから
仕方がないのかな?


ロングリードで雑草の生い茂る中を徘徊する びいすけ 。

      20160720長門川公園04



この辺りは桜の木もたくさん有り、花見のメッカ?
雑草も刈られ、手入れされているようです。

      20160720長門川公園05



長門川沿いに公園内を歩いてみます。

      20160720長門川公園06



目の前に見えるのは安食バイパスの『ふじみ橋』。

      20160720長門川公園07



長門川公園の最奥部です。

      20160720長門川公園08



公園内には祠が有ったり...............

      20160720長門川公園09



句碑が有ったり...............

      20160720長門川公園10



ちなみに、こちらは篠田麦子の句碑。

      20160720長門川公園11

「月の出の 川面に可るし くつわ蟲」

篠田麦子は栄町興津に生まれ、地元の風土をよく知る麦子は、
この作品で水の美しいまち栄の優しい風土を詠んでいます。


こちらは、成田山新勝寺の第18世大僧正荒木東皐の句碑。

      20160720長門川公園12

「 菜の花や 利根の堤の 大曲り」

荒木東皐がお忍びで訪れた折の句です。春4月、利根川の堤に、
菜の花がまるで黄色いじゅうたんのように咲き誇る様を詠んでいます。


      20160720長門川公園13



さらには、桜の植樹の記念碑。

      20160720長門川公園14



そして極め付け。
印旛機場の初代羽根車。
      20160720長門川公園15

印旛機場は長門川公園に隣接し、台風などの大雨で印旛沼への流入が多い時は、
洪水を防ぐためにポンプを運転し、印旛沼の水を長門川を通して、利根川に排水します。


西印旛沼と北印旛沼と各水門の配置図。

      20160720長門川公園16


この図で分かるように、酒直水門や酒直機場、印旛水門や印旛機場で北印旛沼の水位を調整し
大和田機場で西印旛沼の水位を調整し水害を防いでいます。

      20160720長門川公園17




この立派な石碑は、『印旛水門の碑』

      20160720長門川公園18


      20160720長門川公園19



そして、こちらが印旛水門。

      20160720長門川公園20

水門の手前が長門川。
水門から先は利根川になります。

      20160720長門川公園22

利根川が洪水のときに水門を閉めて、長門川・印旛沼への水の流入を防ぎます。
又、印旛沼・長門川の水位が上がった時は、長門川からの水をまずこの水門から利根川に流します。



こちらは長門川側。

      20160720長門川公園21


      20160720長門川公園23



そして、こちらが利根川側。

      20160720長門川公園24


      20160720長門川公園25


いゃあ、利根川と印旛沼と各水門との因果関係。
じっくりと勉強させてもらいました。



2016/08/17 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

ダムカードを集めよう  《 北印旛沼 》 (2016年7月20日) (千葉県成田市、千葉県印旛郡栄町) 

7月20日 公休日

個人的な連休。

最近、ハマっているダムカード集め。
ハマっているって言っても、まだ3枚。
いわゆる駆けだしって言うやつです。

一番最初にゲットしたのが、地元・佐倉市の西印旛沼のダムカード。

ダムカードに西印旛沼と北印旛沼の二枚が在って
印旛沼が西印旛沼と北印旛沼に分かれていることも最近になって知りました。

西印旛沼のダムカードを手に入れたんなら
北印旛沼のダムカードも手に入れなきゃダメでしょう。
と言うことで、向かった先は...............北印旛沼


印旛沼は、利根川下流右岸、下総台地の中央に位置します。
もともとは "W" 字型のより大きい沼であったが、
戦後の干拓によって2つの細い水路でつながった北部調節池(北印旛沼)と
西部調節池(西印旛沼)に水域が分かれ、面積は半分以下に減少していまいました。
しかし、それでも湖沼としては千葉県内最大の面積を誇っています。
ちなみに北印旛沼と西印旛沼は、印旛捷水路または中央排水路を介して繋がっています。

通常、印旛沼の水は北印旛沼から長門川を下って利根川へと流れて行きます。
しかしながら、印旛沼自身の増水(内水)や利根川洪水(外水)での逆流入が起こると
それまでの流出方向とは変わり、西印旛沼から印旛放水路(新川・花見川)を伝って東京湾へと排水されます。

すなわち、印旛沼の水位によって北印旛沼から利根川に流れたり
西印旛沼から花見川へと流れを変えるダムのような役目も備えています。


まずは、ダムカードを貰いに行きましょう。


配布場所は、成田市北須賀にある印旛沼漁業協同組合の水産センター。

      20160720北印旛沼01

配布時間が9:00〜11:00って短いから
ついつい行きそびれてしまってました。


ダムカードは直売所で貰えるようです。

      20160720北印旛沼02


北印旛沼のダムカード、ゲット!

      20160720北印旛沼03


この水産センターは、甚兵衛公園のすぐ近く。
とりあえず、甚兵衛公園の奥の北印旛沼の湖畔へと向かってみます。

      20160720北印旛沼04


      20160720北印旛沼05


      20160720北印旛沼06



確か、北印旛沼から利根川に流れる水路(長門川)に水門が有ったはず...............
そんなことを思い出し、ダムではないけれど、水門を見に行きましょう。


成田市のお隣。
印旛郡栄町に酒直水門があります。

こちらが、酒直水門。

      20160720北印旛沼07

水門は橋として活用されています。



酒直水門の碑。

      20160720北印旛沼08


      20160720北印旛沼09



長門川沿いの道から水門を眺めながら
上流域を歩いてみます。

      20160720北印旛沼10


      20160720北印旛沼11


      20160720北印旛沼12

ちなみに、酒直水門の上流域が北印旛沼。
下流域が長門川になるようです。




水門の上に何人かの作業員。
1人や2人じゃないから
何かトラブルでもあったのでしょうか?

      20160720北印旛沼13


邪魔をしないように(迷惑にならない程度に)声を掛けてみると
定期点検で、水門の開閉の点検を行っているらしい。


水門には何枚かの門(ゲート)があり、こちらのゲートは閉ざされ
利根川に流れる長門川の水量を調整しているようです。

      20160720北印旛沼14



酒直水門の近くは、釣りは禁止。

      20160720北印旛沼15



上流域の北印旛沼。

      20160720北印旛沼16


      20160720北印旛沼17



こちらが下流域の長門川。

      20160720北印旛沼18

今まで、気にもしていなかったけれど
印旛沼の役割を知ってくると、水門に対する見方も変わって来ます。
いゃあ〜、勉強になりますわ...............。




こちらがダムカード。

      20160720北印旛沼19


      20160720北印旛沼20



西印旛沼のダムカードと並べてみます。

      20160720北印旛沼21



裏面のイラスト。
実は2枚並べると印旛沼全体の地図になります。

      20160720北印旛沼22


やっぱり、印旛沼のダムカードはセットで揃えないとダメですね。



2016/08/16 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて...............中村小学校境分校 (2016年7月15日)(神奈川県足柄上郡中井町) 

7月15日 公休日

伊豆旅行の2日目。

この日は、丹沢方面へと足を伸ばしてみました。


山北町の共和小学校をあとにして、
向かった先は...............中井町立中村小学校境分校跡


境分校は、明治6年に開校した誠成館の支校として明治8年に創設されました。

明治10年  誠成館の本・支校がそれぞれ独立し、
校名を境学校と改称する。
明治42年  中村村立尋常高等小学校に統合され
本校の分校(分教場)となる。
大正3年  境分教場は中井村境(現在の境コミュニティーセンター)に移り、新校舎が完成。
昭和22年  学制改革により中井村立中村小学校境分校と改称する。
昭和33年  町制施行により、中井町立中村小学校境分校と改称する。
昭和42年 本校に統合され廃校と。(12月2移転(8月24日)

と、このような沿革となっています。



境分校の校舎は既に取り壊され、跡地は地域の公民館として
境コミュニティセンターが建っています。

      20160715中村小学校境分校01


      20160715中村小学校境分校02



建て替えられたコミュニティセンターの建物ですが
見た感じ、学校の校舎のように見えなくもない。

      20160715中村小学校境分校03


たまたま、コミュニティセンターに来ていたオジさんに話を伺ったら
ほぼ同じ位置に校舎が建っていたそうです。

      20160715中村小学校境分校04



校庭跡。

      20160715中村小学校境分校05


校庭の一画は往時の面影を残しているのか?
あまり、改変されたようには見えない。

      20160715中村小学校境分校06


こちらの遊具は往時からのモノなんだろうか?

昭和42年廃校だから、今から49年前。
う〜む、42年前のブランコなんだろうか...............?

      20160715中村小学校境分校11

微妙だなぁ...............。


こちらの遊具は廃校後に設置されたモノのようです。

      20160715中村小学校境分校07



学校遺構を探しますが、コレと言ったモノは残されていません。

      20160715中村小学校境分校08



おそらく、シンボルツリーであったであろう大きな木も切り落とされてしまったようです。

      20160715中村小学校境分校09

切り株を見れば、それなりの大きさだったのが分かります。
ひょっとしたら、桜の木だったのでしょうか?


校庭の隅に石碑が1基。

      20160715中村小学校境分校10

思わず、廃校記念碑かと思って駆け寄ると
芭蕉の句碑でした。



枝を落とされ、ほぼ幹のみの樹。
     
      20160715中村小学校境分校12

これこそが、シンボルツリーの名残りか?


びいすけ は校庭跡を気ままに徘徊&匂い嗅ぎ。

      20160715中村小学校境分校13



お約束の防災倉庫。
こちらの廃校跡にもしっかりありました。

      20160715中村小学校境分校14



Wikipediaにも載っていない、小さな廃校(廃校跡)。
おそらく此処に学校が在ったなんて、
地元の年老いた方々ぐらいしか知らないんじゃなかろうか?

そんなことを思いながら、時刻は16時を回りました。
東名高速の秦野ICへと向かいます。

ラジオの交通情報では、東名高速の東京料金所から首都高の谷町JCまで
断続的に渋滞しているらしい。
東京を抜けて千葉に帰るのは大変だけど、まぁ仕方ないよね。

21時過ぎに自宅に戻ると、速攻で高鼾の びいすけ でした...............。








2016/08/15 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて...............共和小学校 (2016年7月15日)(神奈川県足柄上郡山北町) 

7月15日 公休日

この日は、伊豆旅行の2日目。
神奈川県の丹沢地区に足を伸ばしてみました。


丹沢湖をあとにして、向かった先は...............山北町立共和小学校


共和小学校の詳しい沿革は不明です。

平成22年に廃校となり、137年の歴史を閉じました。
その年の3月に6年生3人が卒業すると、在校生ゼロとなり、
新1年生が当面入学しないということから
山北町では前年11月に閉校を決めたそうです。
廃校当時、校長を含めた教職員が6人、在校生(6年生)が3人と言うことでした。



車にナビが付いていると便利ですが、
時にはトンデモナイ道を案内したりします。
共和小学校の住所をナビに入力して案内通りに車を走らせていると、
『どう考えても、この道にこの車は無理でしょう!』と言う場面に遭遇しました。

ナビは右側の細い道を行け!と案内します。

      20160715共和小学校01



普通車は通れない! って看板で出てるし...............

      20160715共和小学校02



仕方ないので、路肩の広い場所に車を停めて1.8km先にある共和小学校を目指します。


傾斜のきつい上り坂を息を切らしながら上ります。
しばらくすると、ゲート。
そして、『通行止め 歩行車専用』の貼り紙。

普通車者じゃなく、軽自動車だって無理じゃん!(笑)

      20160715共和小学校03



確かに共和小学校のある辺りは山奥になるようです。
かなり上ってきています。

      20160715共和小学校04


ただでさえ天候が悪いから、木々の間の道は暗い。
大野山へ向かうハイキングコースを進んでいるようです。

      20160715共和小学校05



とりあえずは、大野山方面へと進みます。

      20160715共和小学校06


あがっていた雨が再び、ポツリ、ポツリとしだした頃に
やっと共和小学校に到着。

こちらが共和小学校の正門。

      20160715共和小学校07

あれ?
敷地内に車が...............?
えっ! どういう事?
通行止めじゃないの?

どうやら、車を停めた場所(二又路)をまっすぐ行けば
そのままこちらに来れたようです。
(右側の狭い道をひたすら歩いて来ました)

やっぱり、ナビは信じられない(笑)。


門柱の表札は往時のモノのようです。

      20160715共和小学校08



門柱脇の少年の像。

      20160715共和小学校09

雨に濡れているから、リアルさが増しています。



もう片方の門柱の脇には二ノ宮像。

      20160715共和小学校11



二ノ宮像も雨に濡れると表情が違う気がします。

      20160715共和小学校10

と言っても、こちらの二ノ宮像は初めてだから
晴れているときの表情を知らないんだけど...............
    


広くはない敷地の奥には校舎。
そして手前の校庭は雨でぬかるんでいます。

      20160715共和小学校12


      20160715共和小学校14




校舎は鉄筋コンクリート2階建。
昭和47年に建てられたモノらしい。

      20160715共和小学校15


玄関に掲げられた表札。

      20160715共和小学校16



『旧 共和小学校 』と書いてあるから、廃校後に作られたモノのようです。

      20160715共和小学校17



現在は、『町立 共和のもりセンター』という
子どもたちの体験教室の出来る宿泊施設となっています。

      20160715共和小学校18


この日も、小型マイクロバスで10名ぐらいの子供たちが訪れていました。

      20160715共和小学校19

実はその子供たちを丹沢湖で偶然見かけていて、
見覚えのあるマイクロバスと子供の顔。
思わず、行動パターンが似ているなぁ〜と思ったりしました(笑)。

      20160715共和小学校20





おそらく、シンボルツリーであった大きなクスノキ。

      20160715共和小学校13



こちらは、往時の職員宿舎でしょうか?

      20160715共和小学校21



      20160715共和小学校22



子供たちも居るので、あまり長居は出来ません。
廃校記念碑を探しましたが、残念ながら見つかりません。


さて、息を切らして上って来た道を今度は一気に下って行きます。
上ってくる時に気が付かなかったけれど
途中の集落の道端には、双体道祖神。

      20160715共和小学校23


かなり年季の入った道祖神。

      20160715共和小学校24


この集落に住んでいた子供のたちは、この道祖神を見ながらきつい道を歩いて
共和小学校まで通ったんだろうなぁ。

その小学校も今は廃校です...............。





2016/08/14 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit