06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

び・び・びのびいすけ

東名高速(下り)足柄SAドッグラン (2016年7月14日)(静岡県駿東郡小山町) 

7月14日 公休日

7月14日〜16日まで個人的な3連休。

梅雨明けはまだですが、時折猛暑の真夏日が有ったりする今日この頃。
7月14日から1泊で出かけることにいたしました。

朝4時半に千葉県(佐倉市)の自宅を出発。
東関道〜首都高〜東名高速と乗り継ぎ西へと向かいます。

7時過ぎ、トイレ休憩も兼ねて、足柄SAへと車を入れます。
東名高速を利用する時に、必ずと言って良いほど立ち寄るSAが、この足柄SA。
何と言ってもドッグランが有るから、何かと便利です。


お父さんのオシッコを済ませたら、今度は びいすけ のオシッコタイム。

      20160714足柄SAドッグラン01

とりあえず、ドッグランに向かいましょう。

平日の朝は7時過ぎ。
さすがに、この時間にドッグランに立ち寄る方は居ません。

      20160714足柄SAドッグラン02



中・大型犬エリアは、貸し切り状態です。

      20160714足柄SAドッグラン03


フェンス沿いにドッグラン内を徘徊する びいすけ 。

      20160714足柄SAドッグラン04



他のワンちゃんの残り香をチェックしているのでしょう。

      20160714足柄SAドッグラン05



ひたすら、匂い嗅ぎに専念します。

      20160714足柄SAドッグラン07


そう言えば、この辺りに設置されていたAフレームが
いつの間にか無くなっている。

      20160714足柄SAドッグラン06

ドッグランの隣に駐車場が有って、
SAに勤務しているのでしょう方々が車を停めて出勤してきます。

時折、足を止めて立ち止まる びいすけ 。

      20160714足柄SAドッグラン08


      20160714足柄SAドッグラン09


      20160714足柄SAドッグラン11



そして、出勤する人が通り過ぎると、
何事も無かったかのように再び徘徊を始める びいすけ 。

      20160714足柄SAドッグラン10


      20160714足柄SAドッグラン12


さてさて、曇り空から太陽も顔を出し、
天気も回復の兆し。
そろそろ出発しましょうか?

『 お〜い びいすけ ! そろそろ帰るよ! 』

      20160714足柄SAドッグラン13

『 帰る 』と言う言葉に敏感に反応する びいすけ 。
小走りに駆け寄って来ます。



太陽が顔を覗かせ、青空も見えてきましたが
残念なことに、目の前の富士山には思い切り雲がかかっています。

      20160714足柄SAドッグラン14


どうも最近は、富士山とは相性が悪いようです。
これって、日頃の行いのせい...............?(笑)







スポンサーサイト
2016/07/31 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

手作りに挑戦..............................犬服作り 第81作目 (2016年7月9日) 

7月9日

仕事を終え、20時前に自宅に戻り
びいすけ の夜の散歩とご飯を済ませます。
その後、父さんは自分の夕食を済ませ
21時過ぎに、おもむろに買い溜めている生地を物色。

端切れを利用して、犬服作りにチャレンジです。
(おいおい、明日も仕事だぞ!)


今回は、昨年に日暮里でワゴンセール(?)でゲットした端切れを利用します。
今年の秋・冬用のラグラン袖の服に仕上げましょう。

犬服作り、その第81弾です。



型紙を当てて、採寸。そして裁断して生地取りです。
まずは、後ろ身頃から。

型紙を当てて、チャコでマーキング。

      犬服8102

チャコのマーキングに合わせて、ローリングカッターで裁断します。




続いて前身頃。

同じようにチャコでマーキング。

      犬服8103

マーキングに合わせて、ローリングカッターで裁断します。



さらには、両袖の生地取りです。
座右の生地は裏表が逆に言えなるから
型紙は共通でも裏表で使います。

型紙を当てて、チャコでマーキング。

      犬服8104

マーキングに合わせて、ローリングカッターで裁断します。




生地取り完了。

      犬服8105



いつもは、各パーツの裁断した状態で写真に残していますが
この日は慌てていたのか?
なぜか撮り忘れてしまいました。



それでは、ミシン作業に入ります。

先ずは、前身頃と後ろ身頃を縫い合わせて身頃にします。
縫い合わせ部分をマチ針で仮止めして、直線縫いで縫い合わせていきます。
カタカタカタとミシンは快調な音を立てています。

      犬服8106



ほつれ防止にジグザグ縫いも施します。
静寂な部屋の中でカタカタカタとミシンの音が響き渡ります。

      犬服8107



続いて、袖作り。
袖用の生地の端を縫い合わせて、筒状にします。
直線縫いでカタカタカタ。

      犬服8108

ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。



続いて、身頃に袖を縫い付けます。

直線縫いでカタカタカタ。

      犬服8109



ほつれ防止のジグザグ縫いも忘れずにカタカタカタ。

      犬服8110



両袖を縫い付ければ、ラグラン袖服の形が出来上がります。

      犬服8111



問題は無いとは思いますが、とりあえずは確認の仮試着。

      犬服8112

サイズ的に問題ないから、OKですね。




それでは、リブ作りに移りましょう。
今回は、生地と同系色。
ダークグリーンのリブにしてみましょう。

      犬服8113



リブの採寸幅は6cmで、
襟口 縫い合わせ寸法15.5cm
    リブ寸法は14cmに
袖口 縫い合わせ寸法10cm
    リブ寸法は9cmに
丈裾 縫い合わせ寸法32cm
    リブ寸法は26cmに採寸しました。

      犬服8114


裁断したリブ生地の端を縫い合わせて、輪っかを作ります。

      犬服8115



裏返して、半分に折り曲げれば立派な輪っかの完成。

      犬服8116



それでは、仕上げの工程。
リブの取り付けに入ります。

先ずは、襟口リブの取り付け(縫い付け)。
直線縫いでカタカタカタ。

      犬服8117


ほつれ防止にジグザグ縫いもカタカタカタ。

      犬服8118



続いて、袖口のリブの取り付け。

直線縫いでカタカタカタ。

      犬服8119



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      犬服8120



両袖のリブを縫い付けて、いつものように小休止。
残すは裾周りのリブ付け。

      犬服8121


一服して、作業再開です。

この裾周りのリブ付けが一番気を使います。
リブを引っ張りながら(伸ばしながら)、マチ針で身頃に仮固定。
さらに縫い付ける時もリブを引っ張り(伸ばし)ながら縫い付けます。

直線縫いでカタカタカタ。

      犬服8122



ほつれ防止のジグザグ縫いは、普通にカタカタカタ。

      犬服8123



これでミシン作業の完了。

      犬服8124


すなわち、完成(?)です。









びいすけ に試着してもらいましょう。

      犬服8125


      犬服8126


      犬服8127



とりあえずは、問題無さそうです。
この時期に着る生地では無いので、実際にコレを着るのは10月以降になると思うけれど
コレを着て、何処へ行こうか?
そんな事を考えるのも楽しいモノです。

犬服作り、その第81作目。
これにて完了です...............。





2016/07/30 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

北総花の丘公園ドッグラン    (2016年7月8日)(千葉県印西市) 

7月8日  公休日

個人的な連休2日目。

前日の猛暑(今季最高の36°C)に懲りて
この日は、夕方まで大人しく自宅で待機。

陽も傾き始める16時半過ぎに自宅を出て
向かった先は...............北総花の丘公園ドッグラン


ドッグランには17時頃に到着。
サマーシーズン期間中は、17時閉園のドッグランが
18時半まで延長してくれるので助かります。


この日は、陽射しが無い分凌ぎやすいのか?
足取りも軽くドッグランへと向かいます。

夕方の17時。
多くのワンちゃんが居るかと思ったら期待外れ。
中・大型犬エリアには、お馴染みビーグルのヴィオラちゃん1頭のみ。

いつものようにフェンス周りの匂い嗅ぎから始まる びいすけ の行動。

      20160708北総01



気になる匂いにはマーキング。

      20160708北総02

そして地面を蹴り、再び匂い嗅ぎ。


ぐるっとフェンスを一周すると、今度はドッグラン内を徘徊。

      20160708北総03


      20160708北総04



時々立ち止まっては、飼い主(私の事です)の位置を確認。

      20160708北総05

(大丈夫だよ、 びいすけ を置いて帰ったりしないから!)



好きなだけ、徘徊してもらいましょう。

      20160708北総06


      20160708北総07



期待通り、マイペースで徘徊する びいすけ 。

      20160708北総08


      20160708北総09



私と目が合うと、安心したのか?

      20160708北総10


周りをチェックして、再び徘徊。

      20160708北総11



しかささ、30分もしたら飽きてきたのか?

腰を下ろす びいすけ 。

      20160708北総12


      20160708北総13


顔は笑っているように見えるけれど...............

      20160708北総14


実は、帰りたいオーラ満載。


『 びいすけ 帰る? 』って話しかけると
荷物を置いてあるベンチに向かっていく びいすけ 。
結局、この日も実質1時間も居なかったドッグラン。
この調子じゃ、夕方の17時半過ぎにドッグラン着のパターンが正解かな?

サマータイム期間中は、そんな行動パターンもアリ!ですね。







2016/07/29 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

龍ヶ岡公園   (2016年7月7日)(茨城県龍ヶ崎市) 

7月7日 公休日

この日は、茨城県の龍ヶ崎市に出かけました。

馴馬小学校をあとにして、向かった先は...............龍ヶ岡公園


龍ケ岡公園は、公園のシンボルとなっている「たつのこやま」のある公園として、
龍ヶ崎市ではよく知られているそうです。

「たつのこやま」は、市内で最も見晴しの良い、標高41メートル(地上23メートル)の人工の山で、
晴れた日には、頂上から牛久大仏や筑波山などが一望できるそうです。



こちらが龍ヶ岡公園の入口。

まずは、来園の証し。
入口で記念写真。

      20160707竜ヶ丘公園01



公園案内図もしっかりチェックしましょう。

      20160707竜ヶ丘公園02



それでは、龍ヶ岡公園の散策開始です。

龍ヶ岡公園の遊具類があるエリアは『たつのこランド』と称しているようです。

      20160707竜ヶ丘公園03


この長いすべり台が人気らしい。

      20160707竜ヶ丘公園04

背後の小高い山は『たつのこやま』。


たつのこランドの脇の広場には大きなテントが張られたようなステージ。
『たつのこステージ』と言うらしい。

      20160707竜ヶ丘公園05


こちらが、たつのこステージ。

      20160707竜ヶ丘公園07



たつのこステージ正面には、たつのこやま。

      20160707竜ヶ丘公園06




頑張って、たつのこやまに登ってみましょう。

      20160707竜ヶ丘公園08



それなりに長い階段を上って行きます。

      20160707竜ヶ丘公園09



頑張れ! びいすけ 。

      20160707竜ヶ丘公園10


      20160707竜ヶ丘公園11



『たつのこやま』の頂上です。

      20160707竜ヶ丘公園12

それなりに視界が拓けています。


標高は41m。

      20160707竜ヶ丘公園13



頂上には、こんなプレートがあって、おおよその方向が分かります。

      20160707竜ヶ丘公園14




南西の富士山方向。

      20160707竜ヶ丘公園15

晴れてはいるものの、残念ながら富士山は見えず...............。
この時期じゃ無理かな?
真冬の雲の無いカラッと晴れた日じゃないと無理かな?



筑波山方向もガスっている。

      20160707竜ヶ丘公園16


      20160707竜ヶ丘公園17



お隣りの牛久市の大仏もかろうじて確認できるほど。

      20160707竜ヶ丘公園18


      20160707竜ヶ丘公園19

牛久の大仏って、かなりデカくて遠くからでもバッチリ見えるんだけど
それだけ、この日はガスっていたのかな?


眼下の視界はバッチリなんだけどね。

      20160707竜ヶ丘公園20



とにかく、この日は暑かった。
東京では36°Cまで気温が上がったらしい。

龍ヶ崎市も暑かった。

木陰でしばし休憩です。

      20160707竜ヶ丘公園21



『 びいすけ、おやつ食べるぅ〜?』

      20160707竜ヶ丘公園22



食べない訳が無い!(笑)

      20160707竜ヶ丘公園23


      20160707竜ヶ丘公園24




せっかくだから、木立の中を散策してから帰りましょう。

龍ヶ岡公園に隣接する破竹川調節池周辺を散策いたしましょう。

      20160707竜ヶ丘公園25



破竹川沿いにに調整池までな遊歩道を散策します。

      20160707竜ヶ丘公園26


      20160707竜ヶ丘公園27



多くの部分が手付かずと言うか、破竹川沿いに木立の中の林道だけがある。
そんな遊歩道を歩きます。

      20160707竜ヶ丘公園28


      20160707竜ヶ丘公園29


      20160707竜ヶ丘公園30



こちらが調整池。

      20160707竜ヶ丘公園31

調整池の外周は立ち入り禁止。
即ち、こちらが散策路の終点。
かなり歩いてきたけれど、龍ヶ岡公園に戻りましょう。

画像真ん中の白い(?)建物が『たつのこアリーナ』。
龍ヶ岡公園は、その奥。
まだまだ距離はあります。

      20160707竜ヶ丘公園32



日陰を選んで歩きましょう。

      20160707竜ヶ丘公園33



龍ヶ岡公園に戻って来ました。

散歩中に、あまり水を飲まない びいすけ も
この日は水分補給に余念がありません。

      20160707竜ヶ丘公園34


多分、2km近く歩いたんじゃないかな?


本当は、この後に龍ヶ崎市民の森に行って、
森の木立の中の日陰を選んで散策するつもりでいたんだけれど
龍ヶ岡公園で出会ったコーギー連れの方に話を伺ったら、
龍ヶ崎市民の森はペットの連れ込み禁止と言うことなので
このまま大人しく帰ることにしました。

いゃあ夏本番とも言える、まだまだ梅雨明けしない北総地区。
次回の連休にでも、プールに連れて行こうかな...............?





2016/07/28 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて.............馴馬小学校   (2016年7月7日)(茨城県龍ヶ崎市) 

7月7日  公休日

この日は、茨城県の龍ヶ崎市に出かけました。


龍ヶ崎市にはWIkipediaにも記載されず、
ネットで調べてもほとんどヒットしない廃校があり
そちらの廃校を訪ねてみました。

訪れたのは...............龍ヶ崎市立馴馬小学校


ネットで唯一知り得た龍ヶ崎市教育委員会のPDFファイルによると


元々、龍ヶ崎市の平台地区の児童は松葉小学校に就学していました。
平成3年度の松葉小学校の児童数は、約800名(普通学級数22)となっていました。
さらに、小柴地区のステラ周辺に、新たに600世帯の分譲が計画されていたため
保護者からは、「早く学校を作ってほしい。」旨の声が高まっていました。
こうした状況を踏まえ、龍ヶ崎市は北竜台地区を開発した住宅・都市整備公団が
学校用地として予定していた場所に、松葉小学校の分離校として
(仮称)平台小学校を建設する計画を進めることにしていました。

一方、(仮称)平台小学校の建設予定地に近接した馴馬小学校では、
平成3年度の児童数が、約120名(すべての学年が単学級)となっており、
数年後には一部の学年が複式学級になると予想されていたことから、
(仮称)平台小学校に馴馬小学校を統合する検討を行うことになりました。
平台地区の保護者からは、統合に反対する声が上がり、
馴馬地区の保護者からは、新設する学校名に伝統ある馴馬の2文字を残して欲しい等々、
双方の保護者から様々な意見や要望が寄せられました。
苦肉の策(?)として平成5年松葉小学校の分離校として馴馬小学校を統合。
その上で、平台小学校の建設予定地に馴馬台小学校として新たな小学校が新設されました。

まるで、昔の江川のドラフトの時みたい(笑)。


まぁ、簡単に言えば(表向きには)
平成5年に松葉小学校に統合されて廃校となりました。
(馴馬台小学校は同じ時期に松葉小学校から分離したけど...............)
色々複雑な大人の事情があったんでしょうね。

ちなみに、松葉小学校のHPの沿革を見ても
馴馬小学校の統合については一言も記載がありませんでした。
(馴馬台小学校の分離についても同様です)


こちらが、馴馬小学校の正門。

      20160707馴馬小学校01


石造りの立派な、そして年季の入った門柱です。

      20160707馴馬小学校02

大きく『明治四十二年一月』と刻まれています。



対の門柱。
もう1本には寄贈者の名が刻まれています。

      20160707馴馬小学校03

『横田 博』さんから明治42年1月に寄贈されたモノのようです。


廃校時の校舎は健存。

      20160707馴馬小学校04



現在は、龍ヶ崎教育センターと称して不登校児童等の教育施設として
活用されているようです。

      20160707馴馬小学校05



職員の方にお断り(許可をいただき)、敷地内を見学させてもらいます。


まだまだ、建物は十分活用できます。(活用されています。)

      20160707馴馬小学校06


      20160707馴馬小学校07


      20160707馴馬小学校08



施設の一部は、市民活動センターとしても利用されているようです。

      20160707馴馬小学校09


      20160707馴馬小学校10



廃校記念碑や二ノ宮像、遊具類といった廃校遺構は見当たりません。

敷地周辺には古い桜の木が立ち並び、
学校跡を彷彿させてくれます。

      20160707馴馬小学校11



校庭も駐車場と化しているから、殺風景。

      20160707馴馬小学校12



校舎脇に建つ古い小屋?
おそらく倉庫として使われていたのでしょう。

      20160707馴馬小学校13



      20160707馴馬小学校14

この日は、今年最高の暑かった日。
朝8時頃に訪れましたが、すでに陽射しは強く
向日葵の花も見事に咲いていました。



2016/07/27 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて..............旧・文小学校跡  (2016年7月7日)(茨城県利根郡利根町) 

7月7日  公休日

この日は、龍ケ崎市に出かけました。


以前、利根町役場の中にある教育委員会を訪ねた時に
利根町の中央公民館がかつての学校跡だと言うことを聞きました。
ネットで色々調べてみましたが、どうもいつ頃まで学校が在ったのか?
詳しい情報が得られませんでした。
移転した小学校のHPを覗いて、詳細な沿革が記されて居ないのですが
確かにその場所に、かつて小学校が建っていたようです。

龍ヶ崎市に出かけるついでに、
通り道である利根町の学校跡(?)に立ち寄ってみることにしました。

立ち寄った先は、...............利根町立 旧・文小学校跡


文小学校は、現在も多くの児童が通う現役の小学校です。
しかしながら利根町中央公民館のある場所が、
かつての文小学校が在った場所だと言うことです。

詳細な沿革は不明ですが
明治22年に文尋常小学校と改称され、中央公民館の場所にあり
幾多の変遷を経て、昭和30年利根町立文小学校と改称し
昭和51年新校舎が完成し、移転したようです。




こちらが、中央公民館周辺。

手前にあるのが福祉センター。
奥の建物が中央公民館。

      20160707級・文小学校跡01



福祉センター前の駐車場は、校庭跡に見えなくも無い。

      0160707級・文小学校跡02



こちらが、中央公民館。

      0160707級・文小学校跡03

利根町の沿革によれば、昭和60年に建てられたモノらしい。


玄関周辺もなかなか洒落たデザイン(?)

      0160707級・文小学校跡04


      0160707級・文小学校跡05



この辺りから眺めると、学校っぽく見えるけれど
公民館として建てられたモノ。

      0160707級・文小学校跡07


こちらは隣接する福祉センター

      0160707級・文小学校跡08

どちらかというと、こちらが学校の建物に見えなくもない。


中央公民館、福祉センターの敷地をぐるっとひと回りしてみたけれど
学校遺構らしきものは残されていません。

遊具の一つぐらいあるのかな~って期待していたんですけどね。

唯一、学校を彷彿させるのはこちらの木。

      0160707級・文小学校跡09



ひょっとしたらシンボルツリーっだったのでしょうか......?

      0160707級・文小学校跡10



中央公民館から直線距離にしたら300m程の位置にある現在の文小学校。

      0160707級・文小学校跡11



学校跡地といっても、こんなに近いんじゃ
移転の時に使えるもの、持っていけるものは全て持っていったんでしょうね。

ちょっぴり期待はずれに終わった文小学校跡でした..........。


2016/07/26 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて.............武田小学校 (2016年7月1日)(茨城県行方市) 

7月1日  公休日

この日は、茨城県の潮来市と行方市に出かけました。

小幡城址をあとにしては、向かった先は...............行方市立武田小学校



武田小学校は

明治13年         武田小学校創立
明治16年         内宿小学校と併合して中城小学校と改称する。
明治19年         近隣の七校を併合して両宿尋常小学校と改称する。
明治22年         武田尋常小学校と改称する。
明治25年         小貫、三和の分教場が独立。武田第一尋常小学校と改称する。
明治29年         武田尋常高等小学校と改称する。
昭和22年         学制改革により、武田村立武田小学校と改称する。
昭和30年         要村、武田村、津澄村が合併して北浦村となる。
               北浦村立新城小学校と改称する。
昭和55年         北浦村立武田小学校と改称する
平成9年          北浦村が町制施行により北浦町となり
               北浦町立武田小学校と改称する。
平成17年         麻生町、玉造町、北浦町が合併して行方市となり、
               行方市立武田小学校と改称する。
平成24年         小貫小学校、三和小学校を統合する。
平成28年         要小学校、武田小学校、津澄小学校が合併して新たに北浦小学校が開校。
               武田小学校は廃校となる。



地域の避難場所となっている武田小学校。

      20160701武田小学校01



正門脇のフェンスには、横断幕。

      20160701武田小学校02



正門前には違法駐車のトラックがいて写真が撮れず
校庭側の通用門前にて。

      20160701武田小学校03


門扉に、割菱のマーク。
まさしく、甲斐武田氏の流れを汲む武田氏の地。
甲斐守護十三代武田信満の弟信久は、応永23(1416)年の上杉禅秀の乱に敗れ、
甲斐から北浦の武井郷に逃れました。信久の子孫が居住地を武田郷と改称し、
以後九代武田信房が佐竹義宣に敗れるまでの174年間この地を統治したそうです。

武田小学校の武田とは、武田信玄で有名な甲斐武田氏の流れを汲むものです。


表札はまだまだ光輝いています。

      20160701武田小学校04




こちらが校舎。

      20160701武田小学校05



校舎正面玄関。

      20160701武田小学校06



玄関庇には武田小学校の校章。

      20160701武田小学校07

割菱に小、まさに武田の地の小学校。


こちらは体育館。

      20160701武田小学校08


校舎前の石碑群。

      20160701武田小学校09



武田小学校の校歌の碑。

      20160701武田小学校10



武田小学校校訓の碑。

      20160701武田小学校12



裏面には沿革が刻まれています。

      20160701武田小学校11


残念ながら、廃校記念碑は見当たりませんでした。


     
そして、こちらは二ノ宮像。

      20160701武田小学校13


      20160701武田小学校14



武田小学校の緯度・経度の標柱。

      20160701武田小学校15

茨城県や山梨県の小学校では、意外に緯度・経度を表記する学校が多い。



広い校庭。

      20160701武田小学校16


      20160701武田小学校17



びいすけ も気持ち良さそうに徘徊。

      20160701武田小学校18


      20160701武田小学校19



広い校庭には、遊具類も多い。

      20160701武田小学校20


      20160701武田小学校21


      20160701武田小学校22


      20160701武田小学校23


      20160701武田小学校24


      20160701武田小学校25


      20160701武田小学校26


      20160701武田小学校27




平成17年に麻生町、玉造町、北浦町が合併して誕生した行方市。
行方市発足時には18校在った小学校が、平成24年に4校が廃校となり、
平成25年に4校が廃校となり、平成26年に5校が廃校となり、
平成28年に3校が廃校となりました。
統合校として新たに3校が開校しましたが、結果的には4校になってしまいました。

旧・麻生町域に在った小学校が7校から2校になり、
旧・玉造町域に在った小学校が6校から1校になり、
旧・北浦町域に在った小学校が5校から1校になりました。

平成24年から始まった行方市の小学校の統廃合。
一応、これで終わりのようですが、
果たして平成の大合併は結果的に良かったのでしょうか...............?




2016/07/25 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

小幡城址  (2016年7月1日)(茨城県行方市) 

7月1日 公休日

この日は、茨城県の行方市に出かけました。

行方市へは、廃校を巡るのが目的でしたが
訪れた要小学校に隣接するお寺が城址と言うことで
訪れたのは...............小幡城址


茨城県の小幡城址と言えば、茨城町の小幡城址が有名なようですが
そちらとは違い、こちらは行方市(旧・北浦町)の小幡城址です。


小幡城は
玉造城主3代景政の子、辰幹がこの地に分地され小幡氏を名乗り、
居館を営んだことに始まると言われているようです。



こちらが、小幡城の縄張り図

      小幡城址縄張り図


余胡さんのHP(余胡くんのお城のページ)からお借りしました。



小幡城の主郭である観音寺。
紫陽花の花が綺麗に咲いていました。

      20160701小幡城址01


      20160701小幡城址02


      20160701小幡城址03



観音寺の本堂。

      20160701小幡城址04



本堂脇に、近年建てられたと言う城址碑。

      20160701小幡城址05


      20160701小幡城址06


      20160701小幡城址07

小幡城については詳しい文献等が無く、不明な部分が多いようですが
城址碑の碑文によれば...............

1464年に完成した小幡城ですが、1578年に佐竹軍に敗れ
1591年に佐竹軍、武田軍、行方軍に攻められ落城したとされているようです。



かつてこの観音寺には三本松と言う松の巨木があり
茨城百景にも選ばれた景勝地でもあったようです。

      20160701小幡城址08

残念ながら、巨木の松は昭和39年に枯れ、伐採されてしまったそうです。



観音寺は小幡城の主郭でありましたが、すっかり改変し
遺構もほとんど無くなり、かろうじて城郭を彷彿させるのは
境内にある鐘楼の建つ土壇と二郭である要小学校との境界にある土塁ぐらいらしい。


こちらが、鐘楼の建つ土壇。

      20160701小幡城址09



物見台の跡だと言われているようです。

      20160701小幡城址10



境内にある大シイの樹。

      20160701小幡城址11

行方市の天然記念物に指定され、樹齢は約500年とされています。


大シイのある辺りも土壇となっています。

      20160701小幡城址12

こちらは土塁跡の名残りかもしれません。



こちらは、主郭と二郭を隔てる土塁。

      20160701小幡城址13


二郭虎口(?)

      20160701小幡城址14

虎口と言うよりは、観音寺から要小学校へ抜ける通用口となってます。



こちらは、三郭。
観音寺の観音堂のあるエリア。
観音寺の墓地でもあり、土塁のような土壇が幾つか確認出来ますが
墓地造成時に造られた後世のモノかもしれません。


      20160701小幡城址15


      20160701小幡城址16


      20160701小幡城址18



こちらが観音堂。

      20160701小幡城址19



背後には立派な土塁が確認出来ます。

      20160701小幡城址17

      

こちらのお堂には、茨城県指定文化財の如意輪観音坐像が祀られています。

      20160701小幡城址20




実は、観音寺は縦に長い敷地となっていて
さらにこの先に仁王門がらあるらしい。
知らなくて、この観音堂辺りが観音寺の最奥だと思い、
主郭である本堂に引き返してしまいました。
仁王門から本堂へと続く道は観音馬場と呼ばれ、桜の名所でもあるらしい。

桜の季節にまた来ようかな?



2016/07/24 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて.............要小学校 (2016年7月1日)(茨城県行方市) 

7月1日  公休日

この日は、茨城県の潮来市と行方市に出かけました。

潮来市では主に公園巡り、行方市では主に廃校巡りをいたしました。

津澄小学校をあとにして、向かった先は...............行方市立要小学校



要小学校は

明治9年        餘戸小学校として開校する。
明治20年       山田小学校小幡分教場となる。
明治22年       要尋常小学校として独立する。
明治29年       要尋常高等小学校と改称する。
昭和22年       学制改革により要村立要小学校と改称する
昭和30年       要村、武田村、津澄村が合併して北浦村となる。
             北浦村立要小学校と改称する。
平成9年        北浦村が町制施行により北浦町となり
             北浦町立要小学校と改称する。
平成17年       麻生町、玉造町、北浦町が合併して行方市となり、
             行方市立要小学校と改称する。
平成28年       要小学校、武田小学校、津澄小学校が合併して新たに北浦小学校が開校。
             要小学校は廃校となる。


と、このような沿革となっています。




こちらが、要小学校の正門。

      20160701要小学校01


      20160701要小学校02


こちらが、校舎。

      20160701要小学校03


      20160701要小学校04


      20160701要小学校05



校舎正面玄関。

      20160701要小学校06



玄関脇には、石碑類と二ノ宮像。

      20160701要小学校07


石碑の一つは校歌の碑。

      20160701要小学校08


そして、もう一つの石碑は『創立百周年記念碑』。

       20160701要小学校10



そして二ノ宮像。

       20160701要小学校11


       20160701要小学校12



残念ながら、こちらの要小学校にも廃校記念碑はありませんでした。
どうも茨城県の廃校には廃校記念碑が建てられているのが少ない気がします。



廃校遺構の一つ、百葉箱。

       20160701要小学校13



そして、日時計。

      20160701要小学校14



こちらは体育館。

      20160701要小学校27



校庭に目を移してみましょう。

      20160701要小学校15


なぜか、遊具類が多い。

      20160701要小学校16


      20160701要小学校17


      20160701要小学校18


      20160701要小学校19


      20160701要小学校20


      20160701要小学校21


      20160701要小学校22


      20160701要小学校23



タイヤを積み上げた遊具は珍しい。

      20160701要小学校24


      20160701要小学校25



校舎全景。

      20160701要小学校26


ここ数年で行方市の小学校は、かなりの数が廃校となりました。
時代の流れと言ってしまえばそれまでですが
この要小学校もその流れに飲み込まれてしまったようです。

実は、この要小学校のある辺りは、かつての城跡であったらしい。
隣接するお寺が主郭にあたり、要小学校は二郭であったらしい。
そちらの城址については、また明日にでも改めて...............。











2016/07/23 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて.............津澄小学校 (2016年7月1日)(茨城県行方市) 

7月1日  公休日

この日は、茨城県の潮来市で公園巡りをした後、
行方市の廃校巡りを行いました。

山田小学校跡(北浦幼稚園)をあとにして、
向かった先は...............行方市立津澄小学校


津澄小学校は

昭和38年      北浦村立山田小学校,同繁昌小学校を統一し,
            敷地を旧中学校の跡地に定め,北浦村立津澄小学校として発足する。 
            当分,山田,繁昌両分教室を置く。
平成9年        北浦村が町制施行により北浦町となり
            北浦町立津澄小学校と改称する。
平成17年     麻生町、玉造町、北浦町が合併して行方市となり、
            行方市立津澄小学校と改称する。
平成28年      要小学校、武田小学校、津澄小学校が合併して新たに北浦小学校が開校。
            津澄小学校は廃校となる。

と、このような沿革となっています。




こちらが、津澄小学校の正門。

      20160701津澄小学校01


門柱の表札は掲げられたまま。

      20160701津澄小学校02


正門から中に入ると、ロータリー兼駐車場。

正門脇のロータリーの一画に建つ顕彰碑。

      20160701津澄小学校03

昭和62年に建てられたモノ?
それにしては、古めかしくて碑文も読めない。



こちらは、校訓でしょうか?

      20160701津澄小学校04

『 心豊かにたくましく 』


更に、気になる石碑。

      20160701津澄小学校05

『 昭和二十五年三月 津澄中学校第三回卒業記念 』と刻まれています。


確かに、津澄小学校は中学校跡に建てられたと記されていますが
昭和25年に卒業記念に植樹されたモノなんですね。

      20160701津澄小学校06



体育館、そしてそれを繋ぐ渡り通路。

      20160701津澄小学校07


通路の先は、当然本校舎。

      20160701津澄小学校08



校舎全景。

      20160701津澄小学校09



別アングルにて。

      20160701津澄小学校10



更に別アングル。

      20160701津澄小学校11



こちらは体育館。

      20160701津澄小学校12



廃校記念碑を探しますが、ありません。
代わりにと言っていいのか? 校歌の碑。

      20160701津澄小学校13



二ノ宮像はしっかりと在りました。

      20160701津澄小学校14


      20160701津澄小学校15



百葉箱も健在。

      20160701津澄小学校16



隣には日時計。

      20160701津澄小学校17




校庭に目を移してみましょう。


廃校に合わせて建てられたボードのようです。

      20160701津澄小学校18

ありがとう津澄小 と書かれています。



こちらは、フェンスに貼られた横断幕。

      20160701津澄小学校19

感謝の気持ちが伝わります。



ポツンと取り残された朝礼台。

      20160701津澄小学校20



使われなくなった遊具類。

      20160701津澄小学校21


      20160701津澄小学校22


      20160701津澄小学校23


      20160701津澄小学校24


      20160701津澄小学校25


      20160701津澄小学校26


      20160701津澄小学校27


      20160701津澄小学校28



校庭奥の通用門。

      20160701津澄小学校29


      20160701津澄小学校30



校舎をバックに一枚。

      20160701津澄小学校31



気が付けば、向日葵の花の季節になっているんですね。

      20160701津澄小学校32



繁昌小学校と山田小学校が統合して開校した津澄小学校。
これら3校跡を順に見てくる事が出来ました。

移りゆく時代の流れに、はかなくも消え去って行く小学校。
これらの小学校がこの地に存在していたことを忘れないようにしておこう。


2016/07/22 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて.............山田小学校 (2016年7月1日)(茨城県行方市) 

7月1日  公休日

この日は、茨城県の行方市にも出掛けました。

繁昌小学校跡地のあとにして、向かった先は...............旧・北浦村立山田小学校



山田小学校の詳しい沿革は不明です。

名前の由来である山田村が明治22年に吉川村・繁昌村・中根村と合併して
津澄村が発足したことから、おそらく明治22年以前に開校していたものと思われます。

昭和38年 繁昌小学校と統合して、新たに津澄小学校が設立され
繁昌小学校と共に廃校となりました。


実は、この山田小学校を探すのが一苦労。
ネットで調べても、山田小学校の事は繁昌小学校と一緒に廃校になった事しか分からない。
何処に在ったのか? 現在はどうなっているのか?
現地(行方市北浦町山田)近辺でご老人に聞けばいいや...............
と思っていたら、それなりに暑い日。 昼前で歩いているご老人が居ない!
って言うか、老人どころか歩いている人が居ない...............

結局、困った時の役所。
行方市の北浦支所にお世話になりました。
しかし、市役所の職員の方も若い方が多く、昭和30年代の事は分からない。
職員OBの方に電話で確認して頂き、なんとか辿り着くことが出来ました。


で、辿りついたのがこちら。

      20160701山田小学校01

旧・北浦村立山田小学校の入口(正門)。



現在、山田小学校跡は北浦幼稚園となっています。

      20160701山田小学校02



さすがに、幼稚園、保育園の類いは敷地内には入れません。
ましてや、犬連れだから余計に気を使います。


フェンスの境界から中を覗き込みますが、
『安心して下さい。怪しい者ではありません(笑)』

      20160701山田小学校08


      20160701山田小学校07


フェンス越しに園庭(校庭跡)を確認します。

往時のモノか否か?
判別はできないけれど、遊具類。

      20160701山田小学校05


      20160701山田小学校06


隣接する八坂神社側からだとフェンスが無いので
敷地内にはいれそうですが、平日の午後。
ちょうど幼稚園児もお昼寝の時間でしょう。

さすがに敷地内に入って行く勇気はありません。
今日が日曜日だったら良かったのに...............。

      20160701山田小学校03


とは言いながらも遊具類は気になるのでしっかりカメラに収めます。

      20160701山田小学校04

こちらの遊具は、いかにも幼稚園って感じだから
後から設置されたモノでしょう。



廃校跡地にはお約束(?)とも言える消防倉庫。

      20160701山田小学校09

敷地の端にしっかりと在りました。


      

裏手に回れば、幼稚園の駐車場。

校庭跡より一段高くなっているから、かつての校舎跡でしょう。

      20160701山田小学校10


      20160701山田小学校11



更地になって砂利が敷かれているけれど
明らかな削平地。なだらかなスロープで校庭に降りられる。
いかにも校舎跡って感じです。

      20160701山田小学校12



スロープ脇には3本の国旗掲揚ポール。

      20160701山田小学校14

幼稚園で国旗を掲げる事ってそんなに無いと思うので
山田小学校時代の遺構じゃないのかな?



このアングルが、校庭跡=学校跡って感じがするから
一番のポジションかもしれない。

      20160701山田小学校13



敷地内をじっくり探索出来なかったから、遺構が確認出来ませんでした。
まぁ、見た感じ、廃校記念碑や二ノ宮像も無さそうだし...............。

正直、廃校から53年の月日が経ち、ネットで調べても
ほとんどヒットしない北浦村立山田小学校。
見つける事が出来て良かったと思うことにしよう。



2016/07/21 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて.............繁昌小学校 (2016年7月1日)(茨城県行方市) 

7月1日  公休日

この日は、茨城県の潮来市と行方市に出掛けました。

潮来市の白鳥の里をあとにして、向かった先は...............旧・北浦村立繁昌小学校跡


繁昌小学校は、詳しい沿革は不明です。

名前の由来である繁昌村が明治22年に吉川村・山田村・中根村と合併して
津澄村が発足したことから、おそらく明治22年以前に開校していたものと思われます。

昭和38年 山田小学校と統合して、新たに津澄小学校が設立され
山田小学校と共に廃校となりました。

こちらが繁昌小学校の入口。(正確には繁昌小学校跡地への入口)

      20160701繁昌小学校01

当時は、この辺りに校門が在ったのでしょうか?


はたまた、緩やかな上り坂を上がったこの辺りに校門が在ったのでしょうか?

      20160701繁昌小学校02



廃校から既に53年。
校舎はとっくに解体されています。

      20160701繁昌小学校03



廃校後、ラジオ工場にもなったらしいですが
そちらもなくなり、現在はグランドゴルフ場。

      20160701繁昌小学校04


      20160701繁昌小学校05


      20160701繁昌小学校06




廃校記念碑や学校跡地の碑などもなく
二ノ宮像や遊具類も残されていない。

      20160701繁昌小学校07

いわゆる、学校遺構ってモノが全く無いから
とても此処が廃校跡地だとは分からない。


強いて、学校跡地を彷彿させるモノがあるとすれば
桜の木だろうか...............?

      20160701繁昌小学校08

      20160701繁昌小学校09





北浦町が行方市になって今年で11年。
あと10年もすれば、繁昌小学校どころか北浦町(北浦村)のことさえ
忘れ去られてしまうんじゃないだろうか...............?


山田小学校と統合して設立された津済小学校も残念ながら
今年の春に旧・北浦町域の要小学校、武田小学校と統合して、
新たに北浦小学校が設立されて廃校となってしまいました。

津澄小学校を訪れる前に、
繁昌小学校と一緒に廃校になった山田小学校へと向かいましょう。



2016/07/20 Wed. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

白鳥の里    (2016年7月1日)(茨城県潮来市) 

7月1日 公休日

この日は、茨城県潮来市と行方市に出掛けました。

潮来市の水郷トンボ公園をあとにして、向かった先は...............白鳥の里


毎年、北浦湖岸「白鳥の里」(水原)には、
様々な種類の水鳥や渡り鳥がたくさん飛来しています。

なかでも、白鳥は昭和56年の初飛来以来、例年100羽ほどが飛来し、
その場所が「白鳥の里」とされていて、身近で観察できるそうです。
白鳥が飛来している期間は、毎年11月下旬から3月上旬までだそうです。


さすがに7月初日のこの時期には、白鳥は居ません。

      20160701白鳥の里01


      20160701白鳥の里02


地元、佐倉市のお隣の印西市にも白鳥の飛来地はあります。
休耕田に水を張り、白鳥を受け入れています。
ただし、そちらは犬連れ禁止。
こちらの白鳥の飛来地はどうなっているのでしょうか?

      20160701白鳥の里03


      20160701白鳥の里04


特に注意書きを書いた看板らしきモノもなく、
来場者のモラルに任せているのでしょう。

北浦って霞ヶ浦の一部で小さなモノだと思っていたけど
意外に広いって言うか、デカイ。
印旛沼の比じゃない(笑)。

      20160701白鳥の里05


      20160701白鳥の里06


      20160701白鳥の里07


冬のシーズンになれば、この辺りの湖畔一体に白鳥が飛来するらしい。
今度のシーズンには、ぜひ訪れてみたいものです。

問題は、白鳥を見て びいすけ が興奮して吠えまくらないか?

山中湖辺りで白鳥に慣れさせるしかないかな...............?(笑)





2016/07/20 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

水郷トンボ公園   (2016年7月1日)(茨城県潮来市) 

7月1日 公休日

この日は茨城県潮来市と行方市に出掛けました。

潮来市では主に公園巡り。
とは言っても廃校も巡ったりして...............

徳島小学校をあとにして、向かった先は...............水郷トンボ公園



水郷トンボ公園は、アサザなどの水生植物やビオトープなどがあり、
自然観察のできるスポットです。

※ビオトープとは?
ドイツ語で、安定した生活環境をもった「動植物の生息空間」のことを意味します。
ある限られた地域に、元来そこにあった自然風景を復元することになります。

この公園は、主に親子連れを対象とした施設と言うことで
自然(水生植物、昆虫、カエル等)観察・体験・環境学習・スポーツ・散策ができる場所になっているそうです。


霞ヶ浦から流れ出る北利根川と北浦から流れ出る鰐川。
その二つが合流する地点からすぐ近くの潮来市福島。
正確には北利根川の河川敷になるんだろうか...............?

      20160701水郷トンボ公園01


現地にある看板を見ると、かなりの年月をかけて
地元の有志やボランティアの手によって作られた公園のようです。

      20160701水郷トンボ公園02



もちろん行政の援助もあり、素敵な公園となっています。

      20160701水郷トンボ公園03


河川敷に新たにこう言った水辺を作るのって大変そう。

      20160701水郷トンボ公園04


      20160701水郷トンボ公園05


      20160701水郷トンボ公園06



それでは、ぐるっと公園内を散策いたしましょう。

      20160701水郷トンボ公園07



おいおい! いきなり、ローリング?

      20160701水郷トンボ公園08


これぞ、トンボ公園って感じの看板です。

      20160701水郷トンボ公園09



カワセミが飛来するようですが、しばらく待っても確認市て出来ず。
バードウォッチングは難しい(笑)。

      20160701水郷トンボ公園10


このトンボ公園。
水辺の公園ではあるけれど、河川敷の公園だから
元々の河川敷を利用した広場があります。

時期的に草が伸びてきているけれど
それでも一部は刈られていて、管理はされています。

      20160701水郷トンボ公園11



この辺りは下草が伸びてきているけれど...............

      20160701水郷トンボ公園12


      20160701水郷トンボ公園13



この辺りからは、しっかりと刈られています。

      20160701水郷トンボ公園14



ロングリードを車の中に忘れちゃったから
誰も居ないこと、誰も来ないことを確認して...............

走れ〜! びいすけ !!

      20160701水郷トンボ公園15


      20160701水郷トンボ公園16


      20160701水郷トンボ公園17



孤を描くように広場を3周ほど駆け回る びいすけ 。

      20160701水郷トンボ公園19


      20160701水郷トンボ公園20



そして、ちょっぴりひと休み。

      20160701水郷トンボ公園18



次の瞬間...............

      20160701水郷トンボ公園21



またまた、地面にローリング。

      20160701水郷トンボ公園22



ミミズでも居て、匂い付けをしているのかなぁ?

      20160701水郷トンボ公園23


      20160701水郷トンボ公園24


ドッグランては、中々走り回らない びいすけ ですが
芝生広場のある公園では、なぜか走り回る。


やっぱり、 びいすけ にとっては、ドッグランよりも
広い芝生広場のある公園の方が楽しいのかなぁ...............?






2016/07/19 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて.............徳島小学校 (2016年7月1日)(茨城県潮来市) 

7月1日   公休日

この日は、茨城県の潮来市と行方市に出掛けました。

稲荷山公園(潮来町立女子技芸学校跡地)をあとにして
向かった先は...............潮来市立徳島小学校



徳島小学校の詳しい沿革は不明です。

ネットで調べてもなかなか情報はありません。
何せ、Wikipediaにも記載されていない廃校。
当初は廃校時期も分かりませんでしたが、
潮来市フイルムコミッションのページで平成24年に廃校を知りました。

どうやら、平成24年に延方小学校に統合されて廃校となったようです。



潮来市の北利根川沿いの徳島集落にあった徳島小学校。

      20160701徳島小学校01



正門はしっかりと閉ざされています。

      20160701徳島小学校02


      20160701徳島小学校03



しかし、校庭奥の通用門は開いているので
こちらから中に入ってみます。

      20160701徳島小学校21


こちらの門柱は、かなりの年季モノ。

      20160701徳島小学校22

見づらいけれど年に建てられたモノのようです。





こちらが校舎

      20160701徳島小学校04


      20160701徳島小学校05


      20160701徳島小学校06


      20160701徳島小学校07



校舎玄関。

      20160701徳島小学校08



玄関脇の石碑。

      20160701徳島小学校09



割と新しい石碑だから、廃校記念碑かと思ったら違っていました。

      20160701徳島小学校10

校訓なのかな?


こちらは、校歌の碑。

      20160701徳島小学校11



一瞬、二ノ宮像かと思ったら違っていました。

      20160701徳島小学校12

『なかよし』の像。



校庭脇の石碑群。

      20160701徳島小学校13


かなり年代物の石碑で、碑文が読めない。

      20160701徳島小学校14


      20160701徳島小学校15



こちらの石碑は、校舎新築の記念碑のようです。

      20160701徳島小学校16



校舎前に建つトーテムポール。

      20160701徳島小学校26

今では、なかなかお目にかかれないトーテムポール。
本当に久しぶりに見ました。




校庭は思ったほど広くはありません。

      20160701徳島小学校23


ただ、遊具類は健在。

      20160701徳島小学校17


      20160701徳島小学校18


      20160701徳島小学校19


      20160701徳島小学校20



隣接するお寺の墓地との境界用の塀には
卒業生の置き土産。

      20160701徳島小学校24

平成14年度卒業の子供たちの作品です。



校舎前の片隅には、お約束とも言える防災倉庫。

      20160701徳島小学校25


 
二ノ宮像も廃校記念碑もなかった徳島小学校ですが
平成24年の廃校後のそのままの形で残されています。
映画やドラマの撮影で利用されている(?)ようです。
一応、潮来市フイルムコミッションに登録されているロケ地ですからね。

それにしても、ネットで色々な情報を検索して入手できる昨今なのに
この徳島小学校の情報は乏しい。
たった4年前に廃校になった小学校なのに
ここまで情報が少ないのは珍しい。
って言うか、潮来市の小学校って情報が少なすぎる。
統合された延方小学校のHPもクローズされているし。
潮来市って秘密主義?(笑)。






2016/07/18 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて...............番外編 偶然見つけた学校跡  (2016年7月1日)(茨城県潮来市) 

7月1日 公休日

この日は、茨城県の潮来市と行方市に出掛けました。

潮来市では、主に公園巡り。
たまたま訪れた稲荷山公園内にある稲荷神社周辺を散策しています。

      20160701偶然の廃校01


      20160701偶然の廃校02



境内脇(裏手)に建つ石碑。

      20160701偶然の廃校03

よくよく見ると、学校跡地の石碑。

さらにじっくりと読み返します。

潮来町立女子技芸学校...............?



潮来町立女子技芸学校は

明治39年 潮来町立女子技芸学校設置認可を文部大臣に申請する
明治40年 行方郡潮来町立女子技芸学校認可 稲荷山に開校
昭和9年 茨城県潮来女子技芸学校と改称する
昭和13年 稲荷山より潮来町出口へ移転改築する

その後、このような沿革となっています。

昭和17年 潮来町立高等女学校と改称する
昭和20年 県移管となり、茨城県立潮来高等女学校と改称する
昭和23年 茨城県立潮来高等学校と改称する。

すなわち、現在の茨城県立潮来高等学校へと変遷していました。


女子校から共学の高校になったようです。
確か、佐倉東高校も似たような沿革を歩んで来たんじゃなかったかな?


石碑の裏面にも沿革は刻まれています。

      20160701偶然の廃校04


昭和13年までは校地。
当然、校舎など残っていません。

      20160701偶然の廃校05


いまでこそ、公園敷地内だけど、かつては神社の敷地だったのだろうか?
この辺りに校舎が建っていたのでしょうか?

      20160701偶然の廃校06



展望台の建っている辺りも確かに削平地。
意識して見ると、学校跡地に見えてくる(笑)。

      20160701偶然の廃校07


      20160701偶然の廃校08


本来は、小学校の廃校を追いかけているけれど
偶然見つけた廃校跡地。

女子技芸学校って言うのも味があるなぁ...............(笑)





2016/07/17 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

稲荷山公園    (2016年7月1日)(茨城県潮来市) 

7月1日 公休日

この日は、茨城県の潮来市と行方市に出掛けました。

潮来市では、公園巡り。
権現山公園をあとにして、向かった先は...............稲荷山公園


稲荷山公園は、潮来市街地と水郷が一望できるロケーションの公園です。
園内には野口雨情(名作「船頭小唄」の文学碑)の詩碑があります。
公園内には、スギ・ヒバ・スダジイ・クマザサ・ノアザミなど数多くの植物がみられ、
ドバト・キジバト・ムクドリなどの鳥類も見られるそうです。


稲荷山公園と名が付くように、稲荷神社のある台地にある公園です。
台地中腹にある駐車場に車を停め、公園へと向かいます。

      20160701稲荷山公園01


こちらが、公園の入口。

      20160701稲荷山公園02



稲荷神社のある台地は、鬱蒼と木々が茂り
さしずめ、潮来市民の森といった感じ。

まずは、稲荷神社から攻めて行きましょう。

      20160701稲荷山公園03



なぜか、稲荷神社の本堂の囲い塀に稲荷山公園の案内板。

      20160701稲荷山公園04



こちらが、御神木の巨杉。

      20160701稲荷山公園05



こちらが稲荷神社の拝殿。

      20160701稲荷山公園06




稲荷神社の脇と言うか、裏手になるのか?
稲荷山公園の一角には展望台。

      20160701稲荷山公園07



せっかくだから、その眺望を堪能いたしましょう。

      20160701稲荷山公園08



晴れてはいるものの、ガスっていてやっぱり富士山は見えません。
つくづく富士山とは相性が悪いようです。

      20160701稲荷山公園09



展望台から眺める潮来の市街地。
まさに『水郷潮来』。

      20160701稲荷山公園10



実は、この稲荷山周辺も『茨城百景』の一つ。

こちらには、立派な石碑がありました。

      20160701稲荷山公園11

『茨城百景 水郷潮来』。
そのものズバリです。


百景の碑の近くには、「船頭小唄」の石碑

      20160701稲荷山公園12


野口雨情が作詞、中山晋平が作曲したそうです。

      20160701稲荷山公園13



「船頭小唄」の石碑の稲荷神社を挟んだ反対側には、『橋本登美三郎記念碑』。

      20160701稲荷山公園14

地元の潮来市生まれ。
ロッキード事件で失墜してしまったけれど
記念碑が建つのだから、かなり地元に貢献した人なんでしょうね。



この先は深い森。

      20160701稲荷山公園15


散策路も整備されています。

      20160701稲荷山公園16



紫陽花も植栽され、散策路の一部は紫陽花ロード。

      20160701稲荷山公園17

もう半月も早く訪れれば良かったかな?



散策路を歩いていると、いきなりこんな看板が視界に入ってきます。

      20160701稲荷山公園18

水戸光圀公の御休処跡地。


今では草が茫々で見る影もありません。

      20160701稲荷山公園19



こちらは、菊池寛の記念碑。

      20160701稲荷山公園23




杉木立の中の散策路。

      20160701稲荷山公園20


なぜか土塁のような土壇がある。

      20160701稲荷山公園21


こちらの土壇は空堀のようにも見える。
城郭遺構?

      20160701稲荷山公園22

気になったので、公園の草刈りをしていたボランティアの方に話を伺ったら
元々、この稲荷山公園には稲荷山古墳があるらしい。
(正式には稲荷山古墳群と言うぐらいだから、それなりの数がある?)
円型の土壇は古墳跡だと思われけれど、直線的な土壇や堀は
第二次世界対戦中に空襲するB-29爆撃機の迎撃砲をこの稲荷山に設置したらしい。
その時に土壇や堀を作ったらしい。

う〜む、こんな所にも戦争遺構が残っているのか...............

見たくないモノを見てしまったけれど、
迎撃砲の事を聞かなければ、城址だったのかなぁ?と
いつまでも疑問符を抱えていたことでしょう。


稲荷神社の脇で、偶然にも気になる石碑を見つけちゃいました。
それについては、また明日にでも...............。











2016/07/16 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

権現山公園   (2016年7月1日)(茨城県潮来市) 

7月1日  公休日

この日は、茨城県の潮来市と行方市に出掛けました。
潮来市では公園巡り。
水郷北斎公園をあとにして、向かった先は...............権現山公園

向かったと言っても距離にしたら、わずかな距離。
水郷北斎公園から歩いて権現山公園に向かいます。


権現山公園は、江戸時代には牛堀河岸のシンボルとして、
大きな黒松や桜が航行する舟の目印となっていました。
江戸時代後期に活躍した浮世絵師である葛飾北斎の富嶽三十六景
「常州牛堀」がこの場所よりえがかれたと言われております。

「茨城百景」にも選ばれた桜(約250本)とつつじの名所であり、
展望台からは北利根川沿いに広がる水郷地帯や霞ヶ浦が一望できます。
天気がよい日には筑波山と富士山を同時に見ることができ、
また綺麗な夕陽を見ることの出来るビューポイントでそうです。



県道沿いに建つ案内板。

      20160701権現山公園01


権現山公園の麓は、熊野神社。

      20160701権現山公園02

鳥居の奥に見える台地頂部が権現山公園になります。


権現山公園の台地に上がる前に、麓の熊野神社を
散策します。


この熊野神社はこの権現山に熊野権現信仰として祀ったものだと思われ、
江戸時代あたりに熊野信仰が盛んになって、小さな社をまとめて建てたモノらしいが
詳しい由縁は分かりません。
鳥居の神学には『三熊野神社』と記されています。

      20160701権現山公園03


      20160701権現山公園04


潮来市になる前の牛堀町の説明看板。
境内には大きな銀杏の樹があって、天然記念物に指定されていたようです。

      20160701権現山公園05



こちらが、その銀杏の樹。

      20160701権現山公園06


      20160701権現山公園07


      20160701権現山公園08




三熊野神社の拝殿。

      20160701権現山公園09



権現山公園へは、拝殿裏手の散策路を上がって行きます。

      20160701権現山公園10



額に汗を浮かべ、数分歩けば、権現山公園です。

      20160701権現山公園11



公園入口には、立派な石碑。

      20160701権現山公園12



公園に入ってすぐに、芝生広場がお出迎え。

      20160701権現山公園13


この芝生広場の周辺には約250本の桜の木があり
花見の名所となっているようです。

      20160701権現山公園14



この時期は、タンポポもどき(正式な名前は知りません)が咲いています。

      20160701権現山公園15




芝生広場の奥には、大きな四阿。

      20160701権現山公園16

まるで、この下に土俵でもあったのか?
思わず、そんなことを思ってしまいます(笑)。



名誉市民 森内捷夫氏の像。

      20160701権現山公園17



そして、こちらが『茨城百景入選記念碑』。

      20160701権現山公園18


茨城百景とは、昭和25年に観光審議会が選定した100の景勝地です。

この権現山公園周辺は、『水郷牛堀』として『茨城百景』に選定されています。
しかし、『茨城百景』の碑ではなく、『茨城百景入選記念碑』って言うのが笑えます。



『茨城百景』に選定されているだけあって
権現山公園の展望台からの眺望は良い。


      20160701権現山公園19


霞ヶ浦と北利根川。

      20160701権現山公園20

運が良ければ、富士山と筑波山も同時に見る事が出来るらしいが
運には見放されているようです(笑)

ちなみに、『関東の富士見百景』の一つでもあるらしいが
例のプレートの付いた石碑は見当たりませんでした。


公園の奥の別な展望スポットからは北利根川。

      20160701権現山公園21

この先には太平洋があるようです。


この日は汗ばむ気候だったから、
涼しくなったら、また来ようかな...............。





2016/07/15 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

水郷北斎公園   (2016年7月1日)(茨城県潮来市) 

7月1日 公休日

個人的な連休2日目。

この日は、茨城県の潮来市・行方市へ出かけました。


先ず、最初に訪れたのは...............水郷北斎公園


水郷北斎公園は、潮来市西部の国道51号線に隣接し、
北利根橋の袂から北利根川(常陸利根川)沿いおよそ1kmほどの距離に広がる公園です。
公園名称の「北斎」は、葛飾北斎の「常州牛堀」にちなむものだそうです。
園内は一面芝生が敷かれ、つりを楽しむ人々で休日は賑わう場所だそうです。
夏場は水郷潮来花火大会の会場として利用されていて、
花火大会の当日はかなり賑わうそうです。


地元の佐倉市以外の公園に来るのも久しぶり。
本当は、もっと早くに訪れたかったんですが
ついつい伸びがちになってしまい、この日になってしまいました。
以前にも、すぐ近くに来たんですけどね。

駐車場が分からなかったから、以前訪れた図書館(牛堀第一小学校跡)に車を停めて
水郷北斎公園へと向かいます。

      20160701水郷北斎公園01


北利根川沿いにある公園。
堤防沿いの道がちょっとした観光用の散策路のような感じです。

      20160701水郷北斎公園02


古い倉庫もあったりして、かつては北利根川水路の拠点だったかもしれません。

      20160701水郷北斎公園03


      20160701水郷北斎公園04




倉庫のある辺りから、公園内を散策します。

      20160701水郷北斎公園05



お世辞にも広いとは言えない公園。
幅は20mほどですが、縦に長いと言うか
北利根川沿いに数百m続きます。

      20160701水郷北斎公園06



この辺りが下流域の最奥地。

      20160701水郷北斎公園07


ここから、上流に向かって散策して行きます。

      20160701水郷北斎公園08



芝生も管理されているみたいで、この時期にしては雑草も少ない。

      20160701水郷北斎公園09



そう言った芝生があれば、当然かの如く びいすけ はこのポーズ。

      20160701水郷北斎公園10

芝生に仰向きで背中をスリスリ。
どこでこのような仕草を覚えてくるんだろう?
悲しいかな? 犬として生まれ持った習性なんでしょうね。



そして、こう言った広場や公園では、当然のように匂い嗅ぎの徘徊。

      20160701水郷北斎公園11



犬連れで散歩に来る人も多いようで、
放し飼い禁止や放置ウンチの禁止などのよく見かける注意喚起の看板もあります。

びいすけ は他のワンちゃんの残り香に夢中です。

      20160701水郷北斎公園12



水門や北利根橋をバックに北利根川を眺めるのも風情があるような気がします。

      20160701水郷北斎公園13


      20160701水郷北斎公園14

紛れもなく、この地は上州牛堀。
北斎の時代には水門や北利根橋は無かったけど、
北斎もこの風景を目にしたのだろうか...............?




2016/07/14 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

手作りに挑戦..............................犬服作り 第80作目 (2016年6月30日) 

6月30日 公休日

この日は、午後から犬服作り。
この日2着目の犬服作りにチャレンジです。


今回は、こちらのロングTシャツを びいすけ のラグラン袖の中服にリメイクいたしましょう。

      犬服8001



いつものようにハサミで大胆に解体し、
型紙を当てて、生地取りです。

先ずは、後ろ身頃から。
型紙を当てて笑、マチ針で固定。
型紙に合わせてチャコでマーキングします。

      犬服8002

チャコのマーキングに合わせて、ローリングカッターで裁断。


続いて、前身頃。
同じように型紙を当ててチャコでマーキング。

      犬服8003

チャコのマーキングに合わせて、ローリングカッターで裁断します。


そして、両袖用の生地取り。
型紙を当てて、チャコでマーキング。

      犬服8004

チャコのマーキングに合わせて、ローリングカッターで裁断します。


これで、生地取り完了。

      犬服8005



こちらが、後ろ身頃。

      犬服8006



前身頃と両袖。

      犬服8007



前準備は完了。
ミシン作業に取り掛かりましょう。

先ずは、前身頃と後ろ身頃を縫い合わせて身頃にします。
脇の部分を合わせて、直線縫いでカタカタカタ。

      犬服8008


ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      犬服8009



続いて、両袖作り。

袖用の生地の端を縫い合わせて筒状にします。
直線縫いでカタカタカタ。

      犬服8010



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      犬服8011



今度は、身頃に袖を縫い付けます。
直線縫いでカタカタカタ。

      犬服8012



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      犬服8013



身頃に袖を縫い付けて、ほぼ形は完成。

      犬服8014



確認の意味を込めて、 びいすけ に仮試着。

      犬服8015

とりあえず、問題は無さそうです。



それでは、後半戦。
リブ作りに入ります。

今回、リブは同系色のベージュにしてみましょう。

      犬服8016



リブ幅は6cmで裁断します。
襟口は17cnだから15cmでカットします。
袖口は10cmだから9cmにカットします。
裾周りは33cmだから26.5cmでカットします。

      犬服8017



カットしたリブ生地の端を縫い合わせて『輪っか』を作ります。

      犬服8018



『輪っか』作りも完了です。

      犬服8019



それでは、リブを縫い付けていきましょう。
先ずは襟口から。

直線縫いでカタカタカタ。

      犬服8020



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      犬服8021



続いて、袖口のリブ付け。

直線縫いでカタカタカタ。

      犬服8023

ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。



襟口と両袖口のリブ付け完了。

      犬服8024



続いて、裾周りのリブ付け。
一番気を使う作業です。

リブを引っ張りながらマチ針で固定し、
引っ張りながらミシン掛け。
直線縫いでカタカタカタ。

      犬服8025



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      犬服8026



裾周りのリブ付けも完了。

      犬服8027

一応、これでミシン掛けは終了。



出来上がりは、こんな感じです。

      犬服8028


      犬服8029


      犬服8030



恒例の びいすけ の試着タ〜イム。

      犬服8031


      犬服8032


      犬服8033




リブも敢えて同系色にしてみましたが、全体の色合いに変化が無く
なんと無く物足りない。
って言うか華やかさがなく、のっぺりとした感じ。

う〜む、多少の変化を持たす意味でも、リブの色は重要だなと考えさせられます。
また一つ勉強になりました...............。

とりあえず、犬服作り、その第80作目の完成です!














2016/07/13 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit