FC2ブログ

03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

富士山を見に行こう@大瀬崎 (2016年3月8日)(静岡県沼津市) 

3月8日 公休日

伊豆旅行の2日目

煌めきの丘をあとにして、向かった先は...............大瀬崎


元々、駿河湾に突き出た大瀬崎の先端に富士山を見に行くつもりでいましたが、
煌めきの丘で出会った富士山マニアの方に、
県道17号線沿いにある木内建設の向かい側にある神社に行く高台が絶景ポイントと教えて頂き、
そちらを目指して県道17号を北上します。

目指す場所は難なく分かりました。


県道17号の沿いにある吟道之碑入口。

      20160308大瀬崎01


      20160308大瀬崎02

吟道之碑は、大瀬崎を眼下に望む西浦江梨の高台に建っています、
吟道の碑には武人像が鎮座して、大瀬崎と駿河湾越しの富士山と対峙しているそうです。
この碑は昭和39年に全国の詩吟関係者の協力で建立され、
毎年11月には盛大に吟道祭が開催され、全国から多くの詩吟愛好者が集まるそうです。


確かに、眼下に大瀬崎を見下ろし
頭を上げれば、視線の先には富士山があります。

      20160308大瀬崎03


      20160308大瀬崎04


この辺りまでは周りに木々も無く
どちらかと言うと、視界が開けているようです。

      20160308大瀬崎05



さらに土の階段を上がって行くと、目の前の視界は広がりますが
周りに木々も増え、影も出来る。

      20160308大瀬崎06


富士山だけを撮るのなら、良いポジションだけど
人物のバックに富士山を入れようとすると
木々の影になって、上手く撮れません。

      20160308大瀬崎07


      20160308大瀬崎08


      20160308大瀬崎09



本当は、もっと上に上がって
吟道之碑も見て見たかったんですが
今回は単独行ではないので、次回にいたしましょう。

ネットで調べてみると、こんな像があるらしい。





このあと、本日のメインイベントが待っている。
時間も押して来たから、吟道之碑は次回に持ち越し。
今回の伊豆旅行のメインイベントでもあるイチゴ狩りに向かいましょう。

イチゴ狩りの様子は、また明日にでも..............................。






スポンサーサイト



2016/04/02 Sat. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

富士山を見に行こう@煌めきの丘 (2016年3月8日)(静岡県沼津市) 

3月8日 公休日

伊豆旅行の2日目

出逢い岬をあとにして、向かった先は...............煌めきの丘


出逢い岬同様、西伊豆の戸田地区の富士山の景勝地であります。

こちらも、2年前の夏に訪れたのですが
晴れてはいたものの霞に覆われて、富士山を眺めることは出来ませんでした。

しかし、今回はほんのちょっぴり行いが良かったのか?
何とか煌めきの丘から富士山を見ることが出来ました。

      20160308煌きの丘01



そして、訪れた時期が良かった。
ちょうど、菜の花の時期でもあります。

      20160308煌きの丘02



煌めきの丘から、眼下の井田集落が眺められます。
この菜の花畑が見たかった!

      20160308煌きの丘03


煌めきの丘で富士山を眺めていたら、
沼津市在住の富士山マニアの方と話をすることが出来ました。

前日からダイヤモンド富士を撮るために動き回り
今朝は富士宮辺りから伊豆へと富士山を撮影するために移動しているそうです。
彼の話では、富士山を見るなら冬の午前中。
お昼近くになっちゃうと、もやで見えなくなるのらしい。

煌めきの丘からの富士山は、やはり駿河湾越しの富士山。
駿河湾に浮かぶ船を構図の中に入れると、
絵になる写真になると教えてくれました。

さっそく、試してみました。

      20160308煌きの丘04


幾度となく、この地には撮影に来ているらしく、周辺には詳しい。
富士山とは逆方向の斜面には棚田があると教えてくれました。

      20160308煌きの丘05



煌めきの丘から、下に降りる遊歩道があり、
すぐ下にある明神池や井田の集落に行けるようです。

周遊路の始まりはウッドデッキの展望台。

      20160308煌きの丘06


煌めきの丘そのものより、10mほど低いけれど
ここからの眺望も中々のモノ。

      20160308煌きの丘07


      20160308煌きの丘08


      20160308煌きの丘09



ウッドデッキを降りた先は、井田松江古墳群。

      20160308煌きの丘10

太古の昔、井田集落辺りに住んでいた豪族の墓らしい。


井田松江古墳群は、横穴式石室のある円墳で、
昭和29年以降、松江山で29基、丸塚で4基の円墳が数えられたそうです。
古墳時代後期(1300~1400年前)のものと推定されています。


古墳群を歩く、 びいすけ と もっちゃん 。

      20160308煌きの丘11

急いで、後を追いかけます。



古墳そのものの発掘調査は終わっているから
今は、ただ小高い丘のような感じです。

      20160308煌きの丘12


      20160308煌きの丘13


ぽっこり盛り上がった土壇の上からは、
当然、富士山が視界に入ります。

      20160308煌きの丘14


      20160308煌きの丘15


      20160308煌きの丘16


      20160308煌きの丘17


      20160308煌きの丘18



少し雲が富士山にかかっていますが
ここも紛れもなく、富士山の景勝地。

何とか、2年前のリベンジが出来たようです。


先ほどの富士山マニアの方から、大瀬崎の高台の富士山の景勝地を
こっそり教えてもらったので、次なる景勝地へと向かい移動いたしましょう。




2016/04/02 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit