02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

び・び・びのびいすけ

本日のお泊り@サンロード (2016年3月7日〜8日)(静岡県伊東市) 

3月7日 公休日

個人的な連休初日。

この連休を利用して伊豆に旅行に行きました。


我が家の伊豆旅行の定番宿と言えば...............プチホテル サンロード


当然、今回もお世話になりました。
とにかく、急に決まった旅行でも電話1本で予約が取れ
面倒な手続きもなく、気軽に立ち寄れるから通っちゃいます。


平日だから、宿泊客はそんなに多くはない。

      20160307サンロード01


今回は105号室。

      20160307サンロード03


部屋に入って、 もっちゃん に甘える びいすけ 。
さっそく、おんぶして貰ってます。

      20160307サンロード04


晩ご飯までは時間があるから、交代で温泉に入ります。
もっちゃん がお風呂に行ってる間、びいすけ と軽く敷地内を散歩します。

サンロードに到着する頃には小雨はあがったものの
途中の山道も霧で視界が悪く大変でした。
とにかく、この日の夕方は霧が凄かった。

      20160307サンロード05


霧にむせぶサンロードのプールサイドを徘徊する びいすけ 。

匂いを嗅ぎ嗅ぎ...............

      20160307サンロード06


そしてマーキング。

      20160307サンロード07



食堂を覗いて、今夜のメニューは何だろう?(笑)。

      20160307サンロード08



びいすけ が一番気になるスポット。

ネコの ニャン太くん のハウスがフェンスの向こうにあります。

      20160307サンロード09



『 びいすけ、行くよ〜! 』っと呼んでも
こちらの顔色を窺って、離れようとはしません。

      20160307サンロード10


プールサイドを匂いを嗅ぎながらの徘徊。

      20160307サンロード11


他のワンちゃんの匂いがいっぱい残っているようで
ひたすら匂い嗅ぎ。

      20160307サンロード12


      20160307サンロード13


      20160307サンロード14



17時を回り、夜の帳が落ち始めているけれど
霧は一向に晴れない。

      20160307サンロード15


匂い嗅ぎの徘徊も良いけど、ウンチとオシッコをいっぱいしてくれたら
夜が楽なんだけどなぁ。

      20160307サンロード16


無事ウンチも済み、もっちゃんと交代。
急いでお風呂に入ってきます。

湯上りでサッパリしたところで、晩ご飯の時間です。
食堂に移動しましょう。

      20160307サンロード17


既にテーブルには、本日の夕食が並べられています。
( これで全てではありません )

      20160307サンロード19



本日のお品書き

      20160307サンロード18



湯上りには、まずはコレでしょう!   

      20160307サンロード25

乾杯〜ぃ!


それでは、いただきましょう。

前菜 各種盛合せ

      20160307サンロード24



刺身 地魚盛合せ

      20160307サンロード20


煮物 桜まんじゅう 金目 竹の子

      20160307サンロード21



お凌ぎ マグロ三色丼

      20160307サンロード22


酢の物 海老サラダ

      20160307サンロード23


焼物 鯛塩焼き 梅蜜煮 レモン

     20160307サンロード30



    
温物 鳥ハリハリ鍋

      20160307サンロード26


鳥肉は、びいすけ の担当。

いっぱい食べなさい。

      20160307サンロード27


      20160307サンロード28


      20160307サンロード29



写真に撮り忘れてしまいましたが

椀物 烏賊磯部
揚げ物 穴子天麩羅 茄子 ピーマン もありました。
     

デザート パンナコッタ

      20160307サンロード31


毎度の事ながら、本日も白飯を3回おかわりして
力一杯、腹一杯の夕食を堪能させて貰いました。



夕食後には、常連さんに誘われて談話室でプチ宴会。
結局、24時近くまでご一緒させて貰っちゃいました。





明けて、3月8日。

さすがに昨夜遅かったせいか、7時過ぎに起きたら
既に びいすけ と もっちゃん は散歩に出かけていました。

この機を逃さず、贅沢に朝風呂。
やっぱり、大浴場で足を伸ばして湯舟に浸かるのは気持ち良い。

ひとっ風呂浴びたら、朝ご飯。

      20160307サンロード32


白飯3回お代りして、朝から力一杯食べました(笑)。

デザートもしっかりいただきました。

      20160307サンロード33



さてさて、チェックアウトの時間は10時迄ですが
ちょっぴり早めに行動しましょう。


チェックアウト時のロビーにて。

      20160307サンロード02


今回も、またまたお世話になりました。
また、次回もよろしくお願いします。



スポンサーサイト
2016/03/31 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

わさびソフトを食べに行こう@萬城の滝 (2016年3月7日)(静岡県伊豆市) 

3月7日 公休日

個人的な連休初日。

この連休を利用して、伊豆に旅行に行きました。

下田市の龍宮窟をあとにして、河津町の『河津桜まつり』に向かいました。
今年は、2月10日から3月10日までが『河津桜まつり』。
ギリギリ間に合うかな?って思っていたけれど
河津町に入って、車窓から眺めてみると、葉桜状態。
小雨の中、駐車場代を払って、葉桜を見に行っても仕方ない。
今年の『河津桜まつり』は諦め、本日の宿泊地である伊東市へ向かうことにします。

ただ、真っ直ぐ伊東市に行っても詰まらない。
河津町から天城を抜けて、途中のお土産屋さんでわさび漬けでも買おう!

わさび繋がりで、わさびソフトを食べよう!

と向かった先は..............萬城の滝キャンプ場。


実は、2年前に萬城の滝キャンプ場の売店でわさびソフトクリームを食べて、
その清々しい味に魅了されていました。


こちらが、その わさびソフトクリーム。

      20160307萬城の滝01

敢えて、コーンで提供するのでは無く、カップで提供することにポリシーを感じます。
(と言っても、ポリシーが有るのか?否かは知りませんが...............)

これが美味いんだなぁ。


目敏く びいすけ がソフトクリームを狙ってます。

      20160307萬城の滝02


身を乗り出して『くれ! くれ!』攻撃。

      20160307萬城の滝03


当然のように、ソフトクリームを与えてしまうダメ飼い主。

      20160307萬城の滝04

安心して下さい。
わさびは避けてあげてますから...............


ソフトクリームが大好きな びいすけ 。

      20160307萬城の滝05


空になったカップを舐め周ります。

      20160307萬城の滝06


奥の方まで、口? 鼻? を突っ込んでます。

      20160307萬城の滝07


見事にカップに鼻が引っかかり、取れなくなって思わず大爆笑。

      20160307萬城の滝08


ソフトクリームを堪能したら、萬城の滝を見に行っちゃいましょう。
何せ、キャンプ場の売店から、徒歩1、2分ですから。

      20160307萬城の滝09


雨あがりって言うか、まだ小雨がパラついているから
水量はいつもより多いようです。

      20160307萬城の滝10


元々、個人的な見解では豪快な滝だと思っていたけれど、
この日は、特に豪快さを感じちゃいました。

      20160307萬城の滝11


やっぱり、滝は雨あがりに見に行くモノかな...............?






2016/03/30 Wed. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

龍宮窟 (2016年3月7日)(静岡県下田市) 

3月7日 公休日

個人的な連休初日。

この連休を利用して、伊豆に旅行に行きました。

小雨降る中、田牛のサンドスキー場で濡れネズミになりつつも遊んだ後は
隣接する龍宮窟に立ち寄って見ました。


雨で周遊路も泥濘んでいます。
カッパが無いから、タオルを巻いて行きましょう。

      20160307龍宮窟01


龍宮窟を上から覗いてみます。

      20160307龍宮窟02


展望台(?)から覗いて見たものの、ハート型は分かりづらい。

      20160307龍宮窟03


結局、周遊路はドロドロの泥濘。
滑らないように気をつけ、早々に下ります。

やっぱり、龍宮窟の中に入りましょう。

      20160307龍宮窟04


時間的に満ち潮のようで、波が押し寄せてきます。

      20160307龍宮窟05


びいすけ を岩場に立たせて、写真を撮っていると
足元まで波が押し寄せてきて、一大事。
びいすけ、足元ビッチョビチョ(笑)。

      20160307龍宮窟06


雨は大したことはないけれど、海は荒れていて波も高い。
雨の日の海辺は気をつけましょう(笑)。











2016/03/30 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

田牛サンドスキー場 (2016年3月7日)(静岡県下田市) 

3月7日 公休日

個人的な連休初日。

この7日〜8日の連休を利用して伊豆に旅行に出かけました。

6日の夜、千葉の佐倉から八王子の実家へ移動。
7日の朝、妹の もっちゃん を助手席に、
びいすけ をリアシートを倒して作ったスペースに乗せて
小雨が降る空を恨めしく眺めながら出発。
相模原相川ICから圏央道、厚木から小田原厚木道路経由で
一路、伊豆半島を目指します。
一応、目的地は下田にして、小田原から一気に南下します。

雨が止んでくれるのを期待しながら
向かった先は...............田牛サンドスキー場


昨年の秋、一度こちらには訪れましたが
以前から、妹の もっちゃん と『一緒に行こう!』 と言っていましたが
抜け駆けをしてしまったので、今回の伊豆旅行の候補地にいたしました。


      20160307田牛サンドスキー01



思いの外時間が掛かり、現地に着いたのが11時半。
小雨が降っているけど、ココまで来たら雨なんか関係無い。
ソリを手にサンドスキー場に向かいます。

      20160307田牛サンドスキー02


前日、何軒かのお店を回って、ソリをゲットした もっちゃん 。
気合いが違います(笑)。

黙々とサンドスキー場の頂上へと向かいます。

      20160307田牛サンドスキー03


サンドスキー場の頂上。
意外に高さがある。

      20160307田牛サンドスキー04



小雨が降っているけど、関係無い。

先ずは、先陣を切って私(びいすけ父さん)がチャレンジ。

      20160307田牛サンドスキー05



砂が湿っていて、なかなか上手く滑ってくれない。

      20160307田牛サンドスキー06



砂の濡れ具合いもさることながら、体重70kg超では、やはり上手く滑らない。

      20160307田牛サンドスキー07


それでも、何とか滑っていきます。

      20160307田牛サンドスキー08



意外にって言うか、超楽しい(笑)。

      20160307田牛サンドスキー09


私が滑っているのを頂上で見ていた びいすけ 。

      20160307田牛サンドスキー10



選手交代。今度は もっちゃん の番です。

      20160307田牛サンドスキー11



何と、 びいすけ を抱き抱えてのチャレンジです。

      20160307田牛サンドスキー12



スムーズに滑り降りていきました。

      20160307田牛サンドスキー13


      20160307田牛サンドスキー14


      20160307田牛サンドスキー15



なぜか、砂山を駆け上がってくる びいすけ 。

      20160307田牛サンドスキー16



一目散に私の元へ駆け上がって来ます。

      20160307田牛サンドスキー17


さすがに急斜面。

      20160307田牛サンドスキー18


でも、急斜面も何ともせず、私の元へ駆け上がって来ました。

      20160307田牛サンドスキー19

う〜む、可愛いヤツ(笑)。


と、思っていたら、
今度はソリを持って斜面を上がってくる もっちゃん へと走って行きます。

      20160307田牛サンドスキー20


そして、再び斜面を登ってくる びいすけ 。
砂を走るのが楽しいのかな?

      20160307田牛サンドスキー21



まるで坂路調教?

      20160307田牛サンドスキー22


しかし、元気だねぇ。

      20160307田牛サンドスキー23

私と もっちゃん は上がってくるだけで息がゼイゼイ(笑)。



だって、下から見上げるとこんな急斜面なんだよねぇ。

今度は、私が びいすけ を抱き抱えて滑り降ります。

      20160307田牛サンドスキー24


      20160307田牛サンドスキー25


滑り降りているはずが、途中で横転。

      20160307田牛サンドスキー26


さすがに、70kg超の体重と びいすけ の体重13kgの重さでは上手く滑れません。

      20160307田牛サンドスキー27


びいすけ を置いて、単独で再チャレンジ。

      20160307田牛サンドスキー28

やっぱり楽し〜い!

再び転んで、背中は砂だらけ。
置いていかれた びいすけ は、吠えながら下り降りてきます。

      20160307田牛サンドスキー29

小雨に濡れ、髪の毛から滴が垂れようが
すっ転んで背中が砂だらけになろうが
斜面を上がって息がゼイゼイしようが
やっぱり、楽し〜い!

でも、本来は小雨の中で遊ぶモノじゃないですね。


砂山にソリの跡。

      20160307田牛サンドスキー30


ソリも買っちゃったし、またいつか晴れの日に
思い切り砂遊びをしに来よう!

リベンジ、アゲイン!












2016/03/29 Tue. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

えっ! こんな所に二ノ宮像? (2016年3月2日)(埼玉県越谷市) 

3月2日 公休日


個人的な連休2日目。

1月末に乗り換えた車の1ヶ月点検。
縁あって埼玉県越谷市のディーラーで車を買ったから
千葉県の佐倉市からは、ちょっと遠いけれどせめて最初の1ヶ月点検は
購入したディーラーでお願いしたいと、先方の要望も有り
越谷市に出掛けました。

点検そのものは30分程度で終わると言うことだから
車を預けて、待ち時間に びいすけ を連れて、
ディーラー周辺を散歩することにしました。

      20160302二ノ宮像01


後日、知ったのですが
ホンダカーズ埼玉は全店舗ワンちゃん同伴可と言うことらしい。

      20160302二ノ宮像02

知っていれば、商談の時に以前の車の中で留守番させなくても良かったのに...............。
この時も知らなかったから、店舗内に びいすけ が入れないから
時間調整に周辺に散歩に出かけたわけですが...............。


店舗周辺を散策し、戻って来ると
展示場の一画に何やら像がある。

      20160302二ノ宮像03


首にマフラーを巻いてはいるが、
明らかに二ノ宮像。

      20160302二ノ宮像04

まさか、ホンダカーズ越谷南店は、廃校跡?


慌てて写真を撮り、台座に掲げられた説明板を読みます。

      20160302二ノ宮像05

二宮金次郎は、神奈川の小田原で生まれ育ちました。
二宮家は村でも大きな農家でしたが、父の時代にほとんどのお金をなくしてしまいました。
金次郎が14才の時に父をなくし、一家4人の生活を1人で支えていかなければなりませんでした。
朝は暗いうちから薪を集めて町に売りに出かけ、
昼は田畑を耕し、夜は遅くまでワラジを作っていましたが、
その生活は大変貧しかったそうです。
金次郎は、この貧乏から早く抜け出したいと、いつも考えていました。
そこで、山から町への行き帰りに、父からもらった本を熱心に読んだのです。
しかし、金次郎が16才の時、母がなくなり、追い打ちをかけるように
川が氾濫して田畑が流されてしまいました。
この貧しさを抜け出し、経験を積み『積小為大』(小を積んで大と為す)という素晴らしい言葉を見つけました。
その後色々な仕事を成功させ、お殿さまの目にとまり、町の色々な仕組みを直しました。
この働きは現代の仕事の考え方と同じだと言われています。

私たちの会社では、偉大な二宮金次郎を誉め称え、
社員が仕事のお手本とし、また近所の皆さまの何かお役にたてたらとの思いで作らせていただきました。

ホンダカーズ埼玉 社長

      20160302二ノ宮像06


う〜む、なかなか立派な社長だ。


      20160302二ノ宮像07


廃校じゃなかったけれど、目的があって建てられた二ノ宮像。


縁あって、こちらのお店とお付き合いさせていだだいたけど
自分の見る目が間違ってなかった(本当かなぁ?)ことが
ちょっぴり嬉しかったりする今日この頃です。








2016/03/29 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

まつぶし緑の丘公園 (2016年3月2日)(埼玉県松伏町) 

3月2日 公休日

個人的な連休2日目。
この日はお昼に越ケ谷に用事があって春日部方面に出かけました。

春日部市の庄和総合公園をあとにして、
向かった先は...............お隣の松伏町、 まつぶし緑の丘公園


お洒落な都会の街を散歩するのは、千葉の田舎(?)に住んでいるモノには似合わない(?)
それよりは、普段行かない町のちょっぴり大きな公園を
散策を兼ねて散歩するのが好き。

このまつぶし緑の丘公園も越ケ谷に予定が無ければ
まず、訪れることは無かったでしょう。
そういう意味では、 びいすけ にとっても貴重な体験になるはず。


こちらが
まつぶし緑の丘公園の入り口。

      20160302まつぶせ緑の丘公園02


ロングリードを装着して、いざ散策を開始。
駐車場を元気よく闊歩する びいすけ 。

      20160302まつぶせ緑の丘公園01


こちらは管理棟。

      20160302まつぶせ緑の丘公園03


管理棟の前にある公園案内図で公園全体を把握いたしましょう。

      20160302まつぶせ緑の丘公園04

大きく分けると、広場ゾーンと里山ゾーンと水辺ゾーン に分かれるようです。




公園全体を周遊路が巡り、約900mの距離があるようです。

      20160302まつぶせ緑の丘公園05



中央にある芝生広場。
こちらが広場ゾーンになります。
奥に見える小高い台地のある辺りが里山ゾーンのようです。

      20160302まつぶせ緑の丘公園06



広場ゾーンと言うだけあって、本当に広い。

      20160302まつぶせ緑の丘公園07



この広場を縦横無尽に走り回ったら気持ち良さそうだと思うのですが...............

      20160302まつぶせ緑の丘公園08


走ることより、芝生に転げ回るのか好き(?)な びいすけ 。

      20160302まつぶせ緑の丘公園09


画像をみているだけで、『うげっ、うげっ!!』と言う
びいすけ の奇声が聞こえてきそうです。

      20160302まつぶせ緑の丘公園10


平日だから、芝生広場がガラガラだけど
休日は人がいっぱいになるんだろうか?

      20160302まつぶせ緑の丘公園11




里山ゾーンに移動すると、なぜか立ち入り禁止。

      20160302まつぶせ緑の丘公園12


どうやら、工事中で立ち入り禁止になっています。
      20160302まつぶせ緑の丘公園13


ところで、公園に緑を増やす工事 って何?
植樹でもしているのかな?

      20160302まつぶせ緑の丘公園14


仕方ないので、里山ゾーンは諦めて、散策を続けます。

      20160302まつぶせ緑の丘公園15



またまた、ネットが張られ立ち入り禁止。
今度は照明工事のようです。

      20160302まつぶせ緑の丘公園16

考えたら、今は3月。
役所で言う所の年度末。
それで色んな工事をしているのかな?



外周を歩くのは諦めて、水辺ゾーンに移動します。

      20160302まつぶせ緑の丘公園17


なだらかなスロープを降って行きます。

      20160302まつぶせ緑の丘公園18


降った先には木道。

      20160302まつぶせ緑の丘公園19



調整池の上を木道が先へと導いてくれます。

      20160302まつぶせ緑の丘公園20


しっかりした木道だから揺れもほとんど無い。
水の苦手な びいすけ も怖れることも無く、快調に歩きます。

      20160302まつぶせ緑の丘公園21


      20160302まつぶせ緑の丘公園22


調整池の先はトンボ池。

      20160302まつぶせ緑の丘公園23


夏から秋にかけて、トンボがいっぱい飛んでいるんでしょうか?

      20160302まつぶせ緑の丘公園24



トンボ池の先は、またまた工事中で立ち入り禁止。

      20160302まつぶせ緑の丘公園25

あまりにも工事中で立ち入り禁止が多いと
若干、興醒めしちゃいます。

まぁ、時刻も11時ちょっと前。
越ケ谷に11時半に約束(予約)があるから
撤収するには、ちょうど良いタイミング。

立ち入り禁止が多くて、100%満足していないから
工事が終わって落ち着いた頃に、また来てみようかな...............?


2016/03/28 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

庄和総合公園 (2016年3月2日)(埼玉県春日部市) 

3月2日 公休日

個人的な連休2日目。

この日は、埼玉に出かけました。
先日乗り換えた車の1ヶ月点検で埼玉県の越谷市に出向く用事がありました。
さすがに、千葉県の佐倉市から埼玉県の越谷市はちょっと遠い。
平日だから、通勤渋滞を避けるために早めに自宅を出て、
R16を北上します。


8時過ぎに千葉県を脱出。
約束(予約)の時間は11時半だから、かなり時間がある。
時間調整もあるし、 びいすけ の散歩もしたい。
ならば、以前から気になっていた公園に立ち寄ることにしました。

立ち寄った先は...............庄和総合公園



庄和総合公園のある場所は、現在は春日部市。
以前は庄和町と称していました。
平成の大合併で春日部市と合併して、現在は春日部市になっています。

千葉方面からR16を走っていると、右手方向に大きな凧のモニュメントが現れる。
そこが庄和総合公園です。


駐車場に車を停めて、公園を散策いたしましょう。

こちらが、公園の入口。
誰も気付かないのか?
入口にある石作りの公園の表札が庄和町のままになってます。

      20160302庄和総合公園36


公園案内図をチェックしておきましょう。

       20160302庄和総合公園01






こちらが、R16から見える大凧のモニュメント。

       20160302庄和総合公園02

以前は『庄和』と書かれていましたが
現在は『春日部』と書かれています。

しかし、デカイよねぇ。
下の方に、 びいすけ が居るのが分かります?



ズームにすると、こんな感じで居ます。

       20160302庄和総合公園03



大凧の奥にあるのが多目的広場。

       20160302庄和総合公園04


多目的広場の片隅にある花時計。

       20160302庄和総合公園05


この花時計は、庄和町の町制施行30周年を記念して造られたモノらしい。

       20160302庄和総合公園06



多目的広場と言っても、ほとんど芝生広場。

       20160302庄和総合公園07

茶一色だった芝生もほんのり緑が見え始めています。



クンクンクンと芝生の匂いを嗅ぐ びいすけ 。

       20160302庄和総合公園08


そして、いきなり芝生にゴロ〜ん。

       20160302庄和総合公園09

びいすけが気に入った芝生で、見かける光景。



そして、起き上がってプルプルプル〜っと体を振る びいすけ 。

       20160302庄和総合公園10




多目的広場に隣接するのは、遊具広場。

       20160302庄和総合公園11


       20160302庄和総合公園12


       20160302庄和総合公園13




こちらが中央広場。

       20160302庄和総合公園14

中央広場には碑やモニュメントが多い。

庄和町時代に平和宣言都市の記念に建てられたモニュメント。

       20160302庄和総合公園15


       20160302庄和総合公園16



何かの記念碑? モニュメントかと思っていたら...............

       20160302庄和総合公園17


       20160302庄和総合公園18


噴水でした。濡れなくて良かったぁ(笑)。

       20160302庄和総合公園19



中央広場の奥には修景池。

      20160302庄和総合公園26


       20160302庄和総合公園20


      20160302庄和総合公園21


水鳥たちも気持ち良さそうに日向ぼっこ。

      20160302庄和総合公園22




さらに奥には、湿性植物コーナー。

残念ながら湿性植物はかなり以前に枯れてしまったのか?
その名残りも見えない。

      20160302庄和総合公園23


ただ、湿性植物コーナーは散策路になっています。

      20160302庄和総合公園24


      20160302庄和総合公園25




こちらが野球場。

      20160302庄和総合公園37

内野席の芝生で例によってゴロ〜んと転がる びいすけ 。
『 うげっ、うげっ!』と奇声付き(笑)。

      20160302庄和総合公園27





体育館前のエントランス広場のベンチを見てびっくり!!

      20160302庄和総合公園28

ベンチで猫が日向ぼっこ。


こちらのベンチも日向ぼっこ。

      20160302庄和総合公園29


こちらも。

      20160302庄和総合公園30



そして、こちらも。

      20160302庄和総合公園31

どうやら、捨て猫の子猫たちのようです。

一応、首輪を付けているから、餌やりの面倒を見ている人がいるみたいです。
人に慣れているようで、近寄って来ます。
びいすけ にも、怖る怖る近寄って来ます。

      20160302庄和総合公園32

しかし、10匹近く居たのには驚きました。



体育館の奥は芝生広場。
こちらの芝生広場はバーベキューエリアにもなっているようです。

芝生広場の片隅には、以前に使われていた利根川の揚水ポンプが飾られています。

      20160302庄和総合公園33



広い芝生広場。

      20160302庄和総合公園34


      20160302庄和総合公園35


身近に手軽にバーベキューが出来る公園のようです。


確かに多目的広場があり、体育館があり、野球場があり
テニスコートがあって、バーベキューも出来る。
いろいろ遊べる総合公園ですね。

こんな公園がある春日部市の旧・庄和町エリアの人が羨ましい。











2016/03/27 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

長狭七福神  大山寺   (2016年3月1日)(千葉県鴨川市) 

3月1日  公休日

個人的な連休初日。

この日は、鴨川市に出かけました。

平塚分校を跡にして、向かった先は...............大山寺


大山寺は、大山不動尊とも呼ばれていますが、
正式には『高倉山 大山寺』と呼ぶようです。
奈良時代に良弁僧正が開山したという大山寺は、高倉山の中腹にあり、
境内からは、長狭平野や鴨川市街が一望できます。
不動堂は方5間の密教堂で、入母屋造り、銅板葺。
堂内には厨子、棟札、良弁僧正が神奈川県の大山寺の不動明王像と同木で作ったと伝えられる
千葉県指定の木造不動明王坐像及び両脇侍立像などがあります。
建築年代は棟礼から江戸時代末期の享和2年(1802)と推定され、
建物自体は江戸時代中期の建築様式を忠実に伝えているそうです。

伊勢原市の大山寺の大山不動尊、成田市の成田山新勝寺の成田不動尊と並んで、
関東三大不動尊の一つといわれてる高倉山大山寺ですが
実は、長狭七福神の一つでもあります。

昨年、鴨川市の廃校巡りに来た時に『長狭七福神』の存在を知りました。
その日は時間が無くて、七福神すべてを回れませんでした。

と言うわけで、長狭七福神巡りの続きです。



七福神は、のどかな田園風景がどこか懐かしく感じられ、
美味しいお米「長狭米」の産地として知られている長狭地区の
七つの寺院を巡ります。
狭街道脇を流れる「加茂川」の本流は、「龍の姿」とし、
七つ以上の橋を渡り「七難即滅・七副即生」をいただきます。
そもそも長狭地区とは、主基(すき)・吉尾・大山の3つの地区からなり、
その長狭地区の七つの寺院を巡るのが長狭七福神です。

長狭七福神は

大山寺 恵比寿
白滝山不動教会 大黒天
長安寺 毘沙門天
方廣寺 弁財天
安國寺 福禄寿
真福寺 寿老人
龍江寺 布袋尊 となっています。



大山寺の沿革が記された説明板。

      20160301大山寺01

しかし、長狭七福神については触れていない。




こちらが仁王門。

      20160301大山寺02


      20160301大山寺03



仁王門をくぐれば、急傾斜の長い石段。

      20160301大山寺04


元気に駆け上がる びいすけ 。

      20160301大山寺05

この日は、朝早くから動いているのに元気な びいすけ 。
ひょっとして、疲れ知らず?(笑)



こちらが本堂。

      20160301大山寺06



ついつい、扁額に目が行ってしまいます。

      20160301大山寺07

実は、扁額よりも正面に飾られた波の伊八作の龍の彫り物が有名らしい。
知らなかったから、じっくり見てくるのを忘れちゃった。



狛犬の前の犬。

      20160301大山寺08


こちらが、鐘楼。

      20160301大山寺11



思わず、鐘を突いてみたくなります(笑)。

      20160301大山寺12




さて、本題の長狭七福神を探しましょう。

      20160301大山寺09


昨年秋に他の長狭七福神の寺院を訪れた時は
赤い幟が立っていて、すぐさま見つける事が出来たけど
こちらには、赤い幟がなさそう。


大きな銀杏の脇のお堂に鎮座しているのかな?
などと思ったけど、お堂はもぬけの殻。

      20160301大山寺10


  
長狭七福神の恵比寿がこの大山寺にあるはずだから
それらしき像を探します。

まさか? と思い、本堂に入ってみます。


幟も何もないけれど、右側の像が竿を持っているから  
これが恵比寿かなぁ?

      20160301大山寺14



そういう事にして、本堂ギリギリまで びいすけ に寄ってもらい
長狭七福神の恵比寿 ゲット!

      20160301大山寺15


本堂の中を覗くと、天井絵図。
寛政11年(1799年)に「狩野洞水」が描いたモノらしいです。

      20160301大山寺13


この本堂の中は、厳かな雰囲気が満載。
それだけ、歴史のある寺だと言うわけですね。

確かに、関東の三大不動尊と言うだけあるなぁ。
でも、七福神巡りをしている身としては、長狭七福神に関する案内板や
看板と言った類のモノがないから、満足度は低い。

本当は、この日に残りの七福神(5ヶ所)を回る予定でしたが
陽が延びて来たとは言え、時刻は16時を回りこの日はタイムアウト。

長狭七福神巡り、まだまだ完遂せず。
次回に期待することにいたしましょう。




2016/03/26 Sat. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて..............大山小学校平塚分校跡   (2016年3月1日)(千葉県鴨川市) 

3月1日 公休日

個人的な連休初日

この日は、鴨川市に出かけました。

大山千枚田をあとにして、向かった先は...............旧・長狭町立 大山小学校平塚分校


平塚分校の本校である大山小学校も既に廃校となり、
以前、大山小学校を訪れました。(その時の記事は こちら

その時に目にした廃校記念碑に刻まれていた沿革に
平塚分校のことが載っていて、平塚分校の存在を知りました。

あれから数ヶ月。

大山千枚田の近くに、平塚分校跡があると知り
平塚分校に訪れてみました。

平塚分校は、

明治10年     平塚小学校が創立される。
明治17年     大山小学校平塚分教場となる。

その後、平塚分校と名称を変え、

昭和42年     本校に統合され、廃校となる。


と簡素な沿革が平塚分校の記念碑に刻まれています。



こちらが、平塚分校の正門。


      20160301大山小学校平塚分校跡01


既に、往時の校舎は解体され、現在は平塚区民センターと称して
地域の公民館となっているようです。

      20160301大山小学校平塚分校跡06


      20160301大山小学校平塚分校跡07


敷地の一画に、立派な石碑が建っています。

      20160301大山小学校平塚分校跡02

      20160301大山小学校平塚分校跡03


まさしく、これが廃校記念碑。

      20160301大山小学校平塚分校跡04

心のふる里 平塚分校の跡


裏には、簡素ながら平塚分校の沿革が刻まれています。

      20160301大山小学校平塚分校跡05






さほど広くはない敷地。
敷地の一画は、消防関連の倉庫になっています。

      20160301大山小学校平塚分校跡08


      20160301大山小学校平塚分校跡09

公民館に消防倉庫。
廃校跡の再利用としては、定番コースか?



敷地内に残る遊具類。

      20160301大山小学校平塚分校跡10


      20160301大山小学校平塚分校跡11


      20160301大山小学校平塚分校跡12


      20160301大山小学校平塚分校跡

廃校になっても、地域の子供たちの遊び場であった事は間違いない。
もっとも、本校が廃校になる少子化のこのご時世。
この遊具類で遊ぶ子供たちがいるのかは不明です。



往時には、見事な花を咲かせ子供たちを見守ってきたであろう桜の木。

      20160301大山小学校平塚分校跡14


公民館である傍ら、大山地区のハイキングコースの休憩地でもあり
ここに車を停めて、ハイキングに出発するベースの役目もあるようです。

      20160301大山小学校平塚分校跡15


いまは、平塚地区センターと言う公民館ですが
以前は、平塚青年館と称して地域の若者たちの施設だったようです。

      20160301大山小学校平塚分校跡16


古びたバス停。
1日に3本しか来ないバスのようですが
利用する人はいるのだろうか?

もし、ハイキング等でこのバス停を利用する人がいたら
バスを降りた先は、昔の分校跡。

『 心のふる里 平塚分校跡 』

そんな事を思い出して欲しいなぁ。




2016/03/26 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

大山千枚田    (2016年3月1日)(千葉県鴨川市) 

3月1日 公休日

個人的な連休の初日。

この日は、鴨川市へ出かけました。


主基斎田址公園をあとにして、向かった先は...............大山千枚田



大山千枚田は、鴨川の中山間に位置し、
房総半島のほぼ真ん中にあり、東京から一番近い棚田として知られています。
平野の田圃と違って耕地整理が遅れたことが、
この美しい棚田を現代に残すことになったようです。
嶺岡の山並みの麓である面積約4ヘクタールの急傾斜地に、
階段のように連なる大小375枚の田圃が大山千枚田です。

大山千枚田は日本で唯一雨水のみで耕作を行っている天水田であり、
そのような場所では動植物も貴重なものが多く生息しているそうです。
棚田は、多面的機能を持っていて、これを守ることが洪水などの災害を防止したり、
貴重な生態系や環境の保全になっているようです。

ちなみに、大山千枚田は『日本の棚田百選』に選ばれています。


里山の広がる狭い道を登っていくと、大山千枚田。
駐車場も20台位まではOK。

駐車場に建っている説明板。
 
      20160301大山千枚田01


      20160301大山千枚田02


      20160301大山千枚田03


棚田の中には入れないから
駐車場から、道沿いに歩いて棚田を眺めます。

      20160301大山千枚田04


確かに、一枚、一枚は小さな田圃ですが
大規模に区画整理された田圃と違って、畦道が描く曲線が美しい。

      20160301大山千枚田05


      20160301大山千枚田06



棚田の見晴らしの良い広場(展望台?)には記念碑。

      20160301大山千枚田07


      20160301大山千枚田08



展望台からも棚田を眺めてみましょう。

      20160301大山千枚田09



本当は、黄金色に実った稲穂が風になびく秋が一番見頃かもしれないけれど
棚田に水を張るこの時期も良い。

      20160301大山千枚田10


      20160301大山千枚田11


      20160301大山千枚田12



大山千枚田の看板をバックにパチリ☆。

      20160301大山千枚田13


      20160301大山千枚田14



やっぱり、弧を描く田圃の曲線美が堪らない。

      20160301大山千枚田15


昨年の秋に近くまで来たのに、時間がなくなって(車両規制)しまい
訪れることが出来なかった大山千枚田。

今度は田植えが終わった頃に、また来てみよう...............。




2016/03/25 Fri. 16:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit