FC2ブログ

12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

習志野七福神⑤  正福寺 《布袋尊》  (2016年1月1日)(千葉県習志野市) 

1月1日 公休日

毎年、元旦の日に実行している七福神巡り。
今年は習志野七福神巡りにチャレンジです。

習志野七福神は、
七福神を祭った市内の七つの寺院を巡礼すると
「七難即滅、七福即生」のご利益があると伝えられています。
「七難即滅、七福即生」というのは、仏法の経典である「仁王経」のなかで、
世の中の七つの大難(太陽の異変、星の異変、風害、水害、火災、旱害、盗難)はたちどころに消滅し、
七つの福が生まれると説かれていることから生まれた言葉です。
この七つの福が七福神の信仰につながっています。
(習志野市HPより抜粋)

7つの寺院とは
東福寺 《恵比寿》
西光寺 《毘沙門天》
東漸寺 《福禄寿》
慈眼寺 《大黒天》
正福寺 《布袋尊》
薬師寺 《弁財天》
無量寺 《寿老人》 となっています。


慈眼寺をあとにして、向かった先は...............正福寺


正福寺は、真言宗豊山派の寺院であり、藤崎山と号します。
正福寺は、慶長二年(一五九七)の棟札があったといい、
安土桃山時代には既に創建していたとされています。




こちらが、正福寺。

      20160101習志野七福神⑤正福寺01


寺号標。

      20160101習志野七福神⑤正福寺02


山門の先は本堂。

      20160101習志野七福神⑤正福寺03


      20160101習志野七福神⑤正福寺04



本堂に掲げられている扁額。

      20160101習志野七福神⑤正福寺05

山号ではないみたい。
(達筆で読めません)


境内の一角に鎮座している習志野七福神の布袋尊。

      20160101習志野七福神⑤正福寺06



やはり、こちらもお堂の中に祀られています。

      20160101習志野七福神⑤正福寺07


      20160101習志野七福神⑤正福寺08



境内を分断するように山門前には県道が走り、
県道を挟んだ先には、観音堂があります。


歩道に残された習志野名木百選のイチョウ。

      20160101習志野七福神⑤正福寺10


      20160101習志野七福神⑤正福寺11



大イチョウの前にある説明看板。

      20160101習志野七福神⑤正福寺09

説明看板によれば...............

正福寺の観音堂の裏手には、筆子の碑があり
また、天正四年(1576年)正福寺の本堂を利用して寺子屋を開き
後の弘文学校として190名の卒業生を世に送り出したと言うことです。


こちらが、観音堂。

      20160101習志野七福神⑤正福寺12

残念ながら、門は閉ざされ、中に入ることは出来ません。



裏手に回って、覗き込んで見ましたが
筆子碑は何処にあるのか?

      20160101習志野七福神⑤正福寺13


結局、見つけられませんでした。



習志野七福神、これで5福神制覇。
とはいえ、いずれもお堂の中に祀られていて
今一歩、満足感が湧いて来ないのは何故なんだろう...............




スポンサーサイト



2016/01/20 Wed. 17:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

習志野七福神④  慈眼寺 《大黒天》  (2016年1月1日)(千葉県習志野市) 

1月1日 公休日

毎年、元旦の日に実行している七福神巡り。
今年は習志野七福神巡りにチャレンジです。

習志野七福神は、
七福神を祭った市内の七つの寺院を巡礼すると
「七難即滅、七福即生」のご利益があると伝えられています。
「七難即滅、七福即生」というのは、仏法の経典である「仁王経」のなかで、
世の中の七つの大難(太陽の異変、星の異変、風害、水害、火災、旱害、盗難)はたちどころに消滅し、
七つの福が生まれると説かれていることから生まれた言葉です。
この七つの福が七福神の信仰につながっています。
(習志野市HPより抜粋)

7つの寺院とは
東福寺 《恵比寿》
西光寺 《毘沙門天》
東漸寺 《福禄寿》
慈眼寺 《大黒天》
正福寺 《布袋尊》
薬師寺 《弁財天》
無量寺 《寿老人》 となっています。


《福禄寿》の東漸寺をあとにして、
向かった先は...............慈眼寺


慈眼寺は、真言宗豊山派の寺院であり蓬莱山普門院と号します。
慈眼寺の創建年代等は不詳ながら、出羽三山の檀那場御祈祷帳による慈眼寺の住職が
延宝四年(1676)に登拝した記録があることから、
江戸時代初期には既に創建していたとされています。



慈眼寺の寺号標。

      20160101習志野七福神④慈眼寺01



そして、山門。

      20160101習志野七福神④慈眼寺02



こちらが本堂。

      20160101習志野七福神④慈眼寺03


      20160101習志野七福神④慈眼寺04



本堂に掲げられた扁額
山号は『蓬莱山』

      20160101習志野七福神④慈眼寺05



決して広いとは言えない境内の一角に例の幟。

      20160101習志野七福神④慈眼寺06



流石に習志野七福神巡りも4ヶ所目となるとパターンが読めて来る。

      20160101習志野七福神④慈眼寺08



こちらのお堂の中に《大黒天》の像があるようです。

      20160101習志野七福神④慈眼寺07



それよりも、新しい発見。
どうやら、習志野七福神は御朱印の代わりにスタンプのようです。

      20160101習志野七福神④慈眼寺09

なんと、慈眼寺は本堂の賽銭箱の横にスタンプが置いてあります。
御朱印帳を持参すれば、どうやらタダで押印出来るみたい。

まあ、御朱印を集めている訳じゃないから
特に気にしないけどね。
(と、言いながらも七福神巡りの御朱印集めも面白そう、なんて思ったりして...............)





2016/01/20 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit