FC2ブログ

12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

習志野七福神③  東漸寺 《福禄寿》  (2016年1月1日)(千葉県習志野市) 

1月1日  公休日

毎年、元旦の日に実行している七福神巡り。
今年は習志野七福神巡りにチャレンジです。

習志野七福神は、
七福神を祭った市内の七つの寺院を巡礼すると
「七難即滅、七福即生」のご利益があると伝えられています。
「七難即滅、七福即生」というのは、仏法の経典である「仁王経」のなかで、
世の中の七つの大難(太陽の異変、星の異変、風害、水害、火災、旱害、盗難)はたちどころに消滅し、
七つの福が生まれると説かれていることから生まれた言葉です。
この七つの福が七福神の信仰につながっています。
(習志野市HPより抜粋)

7つの寺院とは
東福寺 《恵比寿》
西光寺 《毘沙門天》
東漸寺 《福禄寿》
慈眼寺 《大黒天》
正福寺 《布袋尊》
薬師寺 《弁財天》
無量寺 《寿老人》 となっています。


西光寺をあとにして、向かった先は...............東漸寺

京成津田沼駅から商店街を歩いて行くと東漸寺があります。
実は10年ちょっと前、椎間板ヘルニアの手術でこの近くの病院に入院していました。
術後、リハビリと称して、この商店街に散歩しに病院をちょくちょく抜け出していました(笑)。

実に約11年ぶりに、この地を訪れることになります。


東漸寺は、真言宗豊山派の寺院であり、
龍寳山摩尼珠院と号します。
東漸寺の創建年代等は不詳ながら、
すでに室町時代には創建されていたとされています。


こちらが東漸寺。

      20160101習志野七福神③東漸寺01


      20160101習志野七福神③東漸寺02


こちらが本堂。

      20160101習志野七福神③東漸寺03


      20160101習志野七福神③東漸寺04



こちらの境内にも『習志野名木百選』があります。

      20160101習志野七福神③東漸寺05


その名木である、イチョウ。

      20160101習志野七福神③東漸寺06


確かに立派。
紅葉の時期なら一面黄色になっていることでしょう。

      20160101習志野七福神③東漸寺07



こちらの東漸寺は、習志野七福神の『福禄寿』

      20160101習志野七福神③東漸寺08


やはり、お堂の中に祀られているようです。

      20160101習志野七福神③東漸寺09


あいにく、お堂は閉まっているので
福禄寿の像は確認出来ず。

      20160101習志野七福神③東漸寺10


まぁ、7つの寺院を回っていくのも七福神巡りだから...............
そう思って納得しよう。



スポンサーサイト



2016/01/19 Tue. 17:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

習志野七福神②  西光寺 《毘沙門天》  (2016年1月1日)(千葉県習志野市) 

1月1日 公休日

ここ数年、毎年元旦の日に行っている七福神巡り。
今年は、習志野七福神を巡ってみました。


習志野七福神は、
七福神を祭った市内の七つの寺院を巡礼すると
「七難即滅、七福即生」のご利益があると伝えられています。
「七難即滅、七福即生」というのは、仏法の経典である「仁王経」のなかで、
世の中の七つの大難(太陽の異変、星の異変、風害、水害、火災、旱害、盗難)はたちどころに消滅し、
七つの福が生まれると説かれていることから生まれた言葉です。
この七つの福が七福神の信仰につながっています。
(習志野市HPより抜粋)

7つの寺院とは
東福寺 《恵比寿》
西光寺 《毘沙門天》
東漸寺 《福禄寿》
慈眼寺 《大黒天》
正福寺 《布袋尊》
薬師寺 《弁財天》
無量寺 《寿老人》 となっています。


東福寺から、歩いて行ける距離にある西光寺。
直線距離ならおそらく200mぐらいじゃなかろうか?

当然ながら、東福寺をあとにして向かった先は...............西光寺


西光寺は、真言宗豊山派の寺院であり、無量山地蔵院と号します。
西光寺の創建年代等は不詳ながら、室町時代には創建されていたと言われています。



親切に、しっかりと道案内の看板も建ってます。
これなら道に迷うことは無い。

      20160101習志野七福神②西光寺01



こちらが西光寺。

      20160101習志野七福神②西光寺02



門前の寺号標。

      20160101習志野七福神②西光寺03



こちらが本堂。

      20160101習志野七福神②西光寺04


      20160101習志野七福神②西光寺05



本堂に掲げられた扁額。
山号は『無量山』。

      20160101習志野七福神②西光寺06



西光寺の境内には、『習志野市名木百選』に選ばれたタブノキが有ります。

      20160101習志野七福神②西光寺07



こちらが、タブノキ。

      20160101習志野七福神②西光寺08



そして、境内の一角には習志野七福神の『毘沙門天』。

      20160101習志野七福神②西光寺09



この小さなお堂(毘沙門堂)の中に毘沙門天の像があるようです。

      20160101習志野七福神②西光寺10

ちょうど太陽の位置が悪いのか?
名木タブノキの影になっています。

     20160101習志野七福神②西光寺11

こちらもお堂はガラス張り。
中に小さな毘沙門天像があり有りますが
やはり、感動と言うか、毘沙門天に会えた喜びのような感覚が湧いて来ない。

今までの七福神の多くが石像だったからなのか?
やっぱり、それなりの大きさな石像でないと感動が湧いて来ない。
こんなことを思うのは、私だけなんだろうなぁ...............。








2016/01/19 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit