FC2ブログ

09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

ペリーロードを歩く (2015年10月1日)(静岡県下田市) 

10月1日 公休日

9月30日〜10月2日まで個人的な3連休。
この3連休を利用して2泊3日で伊豆へ出かけました。


個人的な連休2日目のこの日は、下田市へ出かけました。


下田城址(下田公園)にこんな案内板がありました。

      20151001ペリーロード01


ペリーロードって確か聞いたことがある。
でも、どんな通りで、どんな町並みなのかは知らない。

せっかく近くにあるんだから、ちょっぴり足を延ばしてみましょう。


ペリ^ロードは、黒船でやってきたペリー提督が
了仙寺で日米下田条約締結の為に行進した道。
現在は、了仙寺から下田公園への約500m。
平滑川をはさむ石畳の小道沿いにはなまこ壁や
伊豆石造りの風情ある家並みが続いています。




こちらがペリーロードの起点のようです。

      20151001ペリーロード02


では、ペリーロードを散策してみましょう。

      20151001ペリーロード03



川沿いの石畳の道は雰囲気が良い。

      20151001ペリーロード05



柳の木も風情がある。

      20151001ペリーロード04



何よりも平滑川沿いの町並みが風情ある。

      20151001ペリーロード06


      20151001ペリーロード07


      20151001ペリーロード08


      20151001ペリーロード09



気がつけば、ペリーロードも間もなく終わり。

この先が了仙寺。

      20151001ペリーロード10



了仙寺は、寛永12年(1635年)、第2代下田奉行・今村伝四郎正長によって創建されました。

大阪夏の陣の時、目に病を持たれた徳川家康公は、家臣の勧めにより、
当時目の神様として崇められていた身延山久遠寺第十一世の行学院日朝上人に
病気平癒の願をかけられました。
その祈願が成就したため、徳川政権安定の時に寺を建立することを約束されました。

今村正長公によって創建された了仙寺には、
当時の幕府の将軍・徳川家光より朱印状によって領地が与えられ、
家康公の祈願成就に奉じました。
従って、了仙寺の寺紋は徳川家の紋である三つ葉葵です。

1854年、日米和親条約が締結され、ペリー艦隊が開港された下田に入港すると、
了仙寺はペリー一行の応接所兼幕府との交渉場所となり、
和親条約の細かい取り決めである下田条約がここで結ばれました。


こちらは、了仙寺の山門。

      20151001ペリーロード11


山門に掲げられた扁額。
山号は 『 法順山 』と言うんですね。

      20151001ペリーロード12


こちらが本堂。

      20151001ペリーロード13


      20151001ペリーロード14



本堂前には、こんな標柱。

      20151001ペリーロード15



国指定史跡とか記されていると犬連れで入っていいのか?
せんなことを思ったりして、じっくり見学できません。

      20151001ペリーロード16



説明板モデルざっと目を通すのみ。

      20151001ペリーロード17


もう一つの山門。

      20151001ペリーロード18

石造りの門柱も良いけれど、
古刹にはやっぱり先ほどの薬医門の方がいいなぁ




この道を川沿いに歩けばペリーロードになる。
下田公園まで戻りながら歩いてみましょう。

      20151001ペリーロード19


やっぱり石畳の小道と柳の木は風情がある

      20151001ペリーロード20



平滑川沿いの町並みも負けず劣らず風情がある、

      20151001ペリーロード21




ペリーロードの片隅にこんなモノを飾られていました。

1829年製30ポンドカロネード

      20151001ペリーロード22


黒船に搭載されていた大砲なのでしょうか?

      20151001ペリーロード23




ペリーロードからちょっと離れた場所。
下田公園の駐車場近くにある『ペリー上陸記念公園』
ペリー提督が上陸し、開港の歴史の原点の場所であり
ここには、ペリーに関する色々なものが飾られています

      20151001ペリーロード26



ペリーの胸像は、「ペリー上陸記念碑」と呼ばれているらしいが
元々は、『ペリー艦隊来航記念碑』と言うらしい。

      20151001ペリーロード28

横須賀(久里浜)にある「ペリー上陸記念碑」と混同されているようです。

私も勘違いしていたのですが
ペリーが初上陸したのは久里浜であり
ペリー艦隊が来航したのが下田ということらしい。




1966年に制作されたこの記念碑ですが、2002年に、現在の場所に移転されました
この移転地が「ペリー上陸記念公園」という名称であることから
行政を始め、地元の方々も、「ペリー上陸記念碑」と呼ぶようになったそうです。

確かに、現地の案内板も「ペリー上陸記念碑」と標記されています

      20151001ペリーロード27


いずれにしても、この下田の地が『日本最初の開港地』であることは間違いない。

      20151001ペリーロード29



こちらの碑には、日米交流150周年によせて、
第43代アメリカ合衆国大統領の「ジョージ・ブッシュ」から贈られた
メッセージが刻まれたプレートが飾られています。

      20151001ペリーロード24



そして、そのプレートの下には、「日米友好の灯」として、
ペリーの生誕地であるロードアンランド州ニューボートから贈られた灯が焚かれています。

      20151001ペリーロード25

ガラスの中に本当の火(炎)が揺らめいているから、びっくりしちゃいます。



幕末の黒船来航で揺らいだ下田の港。
その下田のペリーロード。
町並みの風情も味わい深いが、
歴史の勉強になったのも味わい深いモノです.......................。






スポンサーサイト



2015/10/25 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit