02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

び・び・びのびいすけ

びいすけとお父さんと時々もっちゃん

手作りに挑戦.............チョーカー編 その4、5、6作目    (2015年2月26日) 

2月26日 公休日

個人的な連休の2日目。

前日の天気予報では、この日は午後から天気が崩れ、
関東地方も雨になると言う予報。

ましてや、朝6時前に びいすけ の散歩に出れば
何と、パラパラと小雨が降っている。

本当は佐原(香取市)に行きたかったんだけど、
それも諦め、二度寝を決め込みます。

お昼前に起きだし、さてどうしょう?
外は小雨だし............................。


そう言えば、数日前にチョーカーの材料が手に入った事だし、
頑張ってチョーカー作りに励んじゃいましょう。



今回はチョーカーを3本作ることにしました。

あらかじめ仕上げ寸法を確認していたので
金具取り付けの為の折り返し寸法を加算してカットします。

      201


ここで、材料と工具を改めて確認。
図面が無いから、頭の中にイメージを膨らませます。

      0150226チョーカー作り02


とは、言ってもシンプルなチョーカーだし、今までに3本作っているから
何となく、慣れてきたみたい。


サクサクと床面仕上げ。
トコノール作業です。

      0150226チョーカー作り03



続いて、金具取り付けの穴を開けて行きます。

      0150226チョーカー作り04



金具の取り付け穴を開けたら、パーツの確認。

      0150226チョーカー作り05


金具を取り付け、カシメ作業に入ります。

      0150226チョーカー作り06



一気にカシメちゃいましょう。

      0150226チョーカー作り07



こんな感じで片側をカシメたら、
前・後ろ、表・裏を間違えないように反対側を取り付けます。

      0150226チョーカー作り08



ここまで来れば、もう完成したようなモノ。

      0150226チョーカー作り09


3頭分のチョーカー。
各々の首回りが違うから、大きさが変わってきます。

      0150226チョーカー作り10



あとは、アルファベットの飾りカシメで名前を入れてあげましょう。

      0150226チョーカー作り11



3頭分のチョーカー、無事完成。

      0150226チョーカー作り12


      0150226チョーカー作り13


      0150226チョーカー作り14


      0150226チョーカー作り15


縁があって家族になった3頭。
びいすけ父さんから、ほんの気持ちのプレゼント。

揃いのチョーカーで散歩に行って貰えると
ちょっぴり嬉しいなぁ............................。



スポンサーサイト
2015/03/31 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

釈迦谷殿台城址   (2015年2月25日)(千葉県いすみ市) 

2月25日 公休日

この日は、勝浦市に出かけていました。
勝浦からの帰り道、いすみ市(旧・大原町)にも立ち寄ってみました。


釈迦谷分校跡をあとにして、向かった先は..............釈迦谷殿台城址


釈迦谷殿台城は、築城時期、城主等詳細は不明です。
ただ一説によれば、上総介広常の家臣の城であったろうと言われているようです。
 


こちらが、釈迦谷殿台城の縄張り図。

      釈迦谷殿台城

          ( 余胡くんのホームページ   よりお借りしました )


この台地が釈迦谷殿台城址。

台地を二分する堀切。

      20150225釈迦谷殿台城址01

実は、台地へと上がっていく導線が見つからず、攻城には苦労しました。


こちらが城塁。
この上の尾根部分が城址のようですが上がっていけません。

      20150225釈迦谷殿台城址02


仕方がないので台地をぐるっと一周してみようと試みますが、それもできません。


      20150225釈迦谷殿台城址03


この竹藪の上に尾根が確認できますが
台地への傾斜がきつくて、簡単に上れそうにありません。


すると、こんな古びたハシゴを発見!

      20150225釈迦谷殿台城址04

いかにも、ここから上がって下さい!って言う感じです。



びいすけ を抱き抱えて、ハシゴを上ります。

竹藪を見上げると、こんな感じ。

      20150225釈迦谷殿台城址05

かなりの旧勾配。


前日の雨で滑りやすくなっている斜面を根性で上ります。
何とか尾根部に到達。

      20150225釈迦谷殿台城址06

縄張り図によれば、この尾根沿いに『妙見の碑』があるらしい。

『妙見の碑』を求めて尾根を進軍しますが
いきなり切岸に遭遇。

      20150225釈迦谷殿台城址07


ここも根性で上り、振り返ってみると、こんな感じ。
旧斜面を上っています。

      20150225釈迦谷殿台城址08


やがて、尾根頂部に出ます。

      20150225釈迦谷殿台城址09


尾根伝いに移動します。
上総の城郭は細い尾根沿いに郭が展開する城郭が多い。
この釈迦谷殿台城もその流れを汲んでいるようです。

      20150225釈迦谷殿台城址10



視界がグッと開け、釈迦谷の集落が見えます。

      20150225釈迦谷殿台城址11



ここが、尾根最頂部。

ここまでの尾根伝いに『妙見の碑』は見当たらない。

      20150225釈迦谷殿台城址12


結局、この先は切岸となって、先へは行けません。
どうも、この釈迦谷殿台城は詰めの城なのかもしれない。
あまりにも尾根沿いに郭を幾つも設けることはできそうも無い。

移動できる範囲で探して見たけど、結局見つかりませんでした。


見所も余りないので、撤収。

この竹藪を下りていくわけですが............................。

      20150225釈迦谷殿台城址13

下りも大変な思いをしてしまいました。


お目当ての『妙見の碑』も見つからず、『苦』多く、『労』報われず、
非常に疲れた攻城でした。

隣町の一宮町に上総介広常の居城であったとされる高藤山城址もあることだから
上総介広常の家臣の城であったとされる釈迦谷殿台城。

やっぱり、『妙見の碑』を見たかったなぁ............................




2015/03/30 Mon. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて...........東海小学校釈迦谷分校跡    (2015年2月25日)(千葉県いすみ市) 

2月25日 公休日

この日は勝浦市に出かけていました。

勝浦からの帰り道。
R128を走り、御宿町を抜け、いすみ市に入った。

『そう言えば、いすみ市に廃校があったなぁ』などと思い出し、
急遽、廃校探しへと向かいました。


向かった先は..............旧・大原町立 東海小学校釈迦谷分校跡


釈迦谷分校について、詳しいことは分かりません。
本校である東海小学校のHPを覗いても沿革について触れていませんでした。
ただ、大原小学校のHPを見る限りでは、昭和44年に廃校となったそうです。


こちらが、釈迦谷分校跡。

      20150225釈迦谷分校13


昭和44年に廃校と言うことは、既に廃校から46年経っています。
さすがに校舎は解体されてしまい、更地の状態となっています。

しかしながら、門柱は残っており、一見して学校跡だと分かります。

      20150225釈迦谷分校01


敷地内ではなく敷地の外、
門柱脇のフェンスの外側にある碑。
『釈迦谷分校跡地』の碑です。

      20150225釈迦谷分校02

碑には、門柱が寄贈されていることが記載されています。
地元の名士なのでしょうか?



思ったよりは小さい碑です。

      20150225釈迦谷分校03


石造りの門柱。

      20150225釈迦谷分校08


      20150225釈迦谷分校10



実は、この地に辿り着くまでにそれなりに苦労しました。
以前、どちらかのブログでこの分校の存在を知りました。

そちらのブログには、釈迦谷分校跡には大野丈助の碑があると書かれていて
それがヒントになっていました。
しかし、ネットで大野丈助の碑を調べても
詳しい場所は分かりませんでした。

たまたま覗いた城郭サイト『余胡くんのホームページ』で、
いすみ市(旧・大原町)の城郭を調べていたら、この碑の事が出てきました。

そんな訳で、何とか辿り着けた釈迦谷分校跡。



こちらが、その『大野丈助の碑』。

      20150225釈迦谷分校04

大野丈助は



正門の門柱をくぐり、敷地内に入ってみましょう。

      20150225釈迦谷分校05


既に校舎は取り壊され、何も残っていません。

地域の公民館が隣接しているから、
廃校後は公園か何かに利用されていたかもしれません。

倉庫らしき小さな建物がポツンと片隅に残っています。

      20150225釈迦谷分校06



なぜか、子供用サイズ?のサッカーゴールがありますが
赤茶色に錆びていて、暫く使われていないようです。

      20150225釈迦谷分校11


      20150225釈迦谷分校12




敷地奥から見る正門。

      20150225釈迦谷分校07



校門脇の桜の木。

      20150225釈迦谷分校08

そして、桜の木の奥に見える台地が釈迦谷殿台城址
当然、このあと攻城いたします(笑)。


いすみ市の山間部にあたる里山風景の広がる釈迦谷集落。
この集落にかつて小さな(?)分校があったことを忘れないでおこう..............



 
2015/03/30 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

興津港海浜公園&興津海岸  (2015年2月25日)(千葉県勝浦市) 

2月25日 公休日

この日は、勝浦市に出かけました。

勝浦駅周辺の勝浦ビッグひなまつり会場をあとにして、向かった先は..............

          興津港海浜公園


興津駅周辺の商店にはひな人形が飾られていて
こちらも勝浦ビッグひなまつりの会場の一つとなっているようです。

しかし、興津に来たのは、 ひなまつり ではありません。
興津の海を眺めて見たかったのです。


こちらが、興津港海浜公園

      20150225興津港公03

駐車場は広く、平日だからガラガラ。

さっそく、公園内を散策します。



駐車場脇、公園中央部にある記念碑。

      20150225興津港公園01


『これは何だ?』と説明看板をじっくりと読んでみます。

      20150225興津港公02

江戸時代、興津は東北諸藩の廻米交易船の碇泊地として、
房総沿岸有数の避難港として、いわゆる興津千軒の繁栄をもたらした要港でした。
殊に穀倉を誇る仙台藩はその往来が最も激しく、
興津天道山下に陣屋を置き、寄港船の取り締まりや連絡等にあたらせたと言われています。

この柱も当時仙台藩によって運ばれたもので、
石巻近在に産する粘板岩、通称仙台石でできています。

かつて港の弁天崎磯際に十数本も並立し、
これに繋留する船舶は一艘につき金1朱と御供米2升、
500石以下は200文を妙覚寺に納めたといわれています。


何やら、たいそう貴重なモノのようです。



公園そのものは広くなく、散策するには物足りない。

      20150225興津港公06


      20150225興津港公13


      20150225興津港公19


      20150225興津港公20


四阿で、 びいすけ のオヤツタイム。

      20150225興津港公14


      20150225興津港公15


      20150225興津港公16


      20150225興津港公17



むしろ、公園そのものよりも、
公園から眺める風景にこの公園の価値があるような気がします。

      20150225興津港公18


      20150225興津港公04


      20150225興津港公05


公園内の景色の良さそうな場所を探します。      

      20150225興津港公08


      20150225興津港公10


この辺りが何となく良さそうですね。

      20150225興津港公07


      20150225興津港公09


      20150225興津港公11



公園の向いにある防波堤が何となく気になります。

      20150225興津港公12





駐車場に置かれていた自販機。
勝浦の勝浦坦々麺がペイントされています。
勝浦らしいって言えば、らしいけど..............。


      20150225興津港公21





先ほど気になった防波堤の方へ足を伸ばしてみます。


防波堤の先(奥)には、砂浜が広がっていました。

興津海岸。
夏には海水浴場として賑わうらしい。

      20150225興津港公22


      20150225興津港公23


      20150225興津港公24



ロングリードの許す範囲内で砂浜を徘徊させます。

      20150225興津港公25


      20150225興津港公26


      20150225興津港公28




せっかくロングリードをしているんだから
ちょっぴり砂浜を走らせてみましょう。

      20150225興津港公29


      20150225興津港公27


      20150225興津港公30



砂浜を噛みしめるように、砂の感触を味わうかのように走る びいすけ 。

      20150225興津港公31


      20150225興津港公32


      20150225興津港公33



砂に残した びいすけ の証し。

      20150225興津港公34



この砂浜は気持ち良いのか?
大きなアクビをしてくつろぐ びいすけ。

      20150225興津港公35


潮風が気持ち良いのか?
潮風を体で感じ取っているようです。

      20150225興津港公36


砂浜に伏して、こんな顔をしてくれると、ちょっぴり嬉しい。

      20150225興津港公37


      20150225興津港公38


波は嫌いな(怖い?)癖に、砂浜は好きな びいすけ 。

勝浦の興津海岸に来て良かったぁ............................。


2015/03/29 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

勝浦ビッグひなまつり   (2015年2月25日)(千葉県勝浦市) 

2月25日 公休日

この日は、勝浦まで出かけました。

勝浦まで出かけた目的は、ズバリ! ..............勝浦ビッグひなまつり


勝浦ビッグひなまつりは、
2001年に全国勝浦ネットワークの縁により、
徳島県勝浦町よりおよそ7,000体のひな人形を里子として譲り受け、
ここ千葉勝浦でも「かつうらビッグひな祭り」が開催されたのが始まりです。

開催期間中、勝浦市芸術文化交流センター「Küste」をはじめ、
市内各所に約30,000体のひな人形が飾られ、
街はひな祭り一色になります。

市内浜勝浦の遠見岬(とみさき)神社の60段の石段一面におよそ1,200体の人形が飾られ、
夕暮れ時からライトアップされます。
期間中は、子どもたちが稚児の衣装で統一したひな行列や盛りだくさんのイベントや
土日は歩行者天国になり各種出店が行われます。

また、ひなまつり会場も勝浦駅周辺以外に上総興津駅周辺や
勝浦海中公園内と数ヶ所に渡り、総数約30,000体のひな人形には圧倒されます。

3年前のこの時期、たまたま勝浦に勝浦坦々麺を食べに行った時、
勝浦ビッグひなまつりを見学して、それ以来その虜になってしまいました。
( その時の記事は こちら )

昨年は、大雪があったりして、パスしてしまいましたが
今年は、この『勝浦ビッグひなまつり』を楽しみにしていました。


      20150225勝浦ビッグひなまつり01


      20150225勝浦ビッグひなまつり02


土曜日や日曜日と言った休日だと人がいっぱいだと思われるし、
何と言っても駐車場の確保に苦労するから、平日が楽。
まして、犬連れで回る訳だから、人が少ない方が良い。


車での移動の関係もあるので
今年も勝浦駅周辺の商店街を歩き、ひなまつりを楽しみます。

と言うことで、『勝浦ビッグひなまつり』の散策です。


      20150225勝浦ビッグひなまつり03


      20150225勝浦ビッグひなまつり04


      20150225勝浦ビッグひなまつり05


      20150225勝浦ビッグひなまつり06





メイン会場(?)となる遠見岬神社の前。

      20150225勝浦ビッグひなまつり07

既に、それなりの人がいて、
犬連れで中に入るにはちょっぴり抵抗があります。


仕方ないので、離れた位置からズームアップ。

      20150225勝浦ビッグひなまつり08

この石段のひな飾り、期間中は毎朝並べて、毎夕片付けているらしい。
でも、それって大変な事ですよね。
頭が下がります。





再び、商店街のショーウィンドウのひな人形を眺めて歩きます。

      20150225勝浦ビッグひなまつり09


      20150225勝浦ビッグひなまつり10


      20150225勝浦ビッグひなまつり11


      20150225勝浦ビッグひなまつり12


      20150225勝浦ビッグひなまつり13


      20150225勝浦ビッグひなまつり14


      20150225勝浦ビッグひなまつり15


      20150225勝浦ビッグひなまつり16



覚翁寺山門前の特設会場。

      20150225勝浦ビッグひなまつり17


これだけでも『凄い!』って思うんだけど
ここも勝浦駅周辺会場の一つ。


      20150225勝浦ビッグひなまつり18



たい焼き屋さん発見。

食べ歩きの始まりです。

      20150225勝浦ビッグひなまつり19


      20150225勝浦ビッグひなまつり20



びいすけ にも、餡子の入っていない尻尾部分をあげましょう。

      20150225勝浦ビッグひなまつり21



ここぞ!とばかりに、飛びつく びいすけ 。

      20150225勝浦ビッグひなまつり22



今度は 焼きさざえ を発見。
魚屋さんの店頭でさざえを焼いていました。

      20150225勝浦ビッグひなまつり24



こちらは、 びいすけ には申し訳ないけれど、あげられません。

      20150225勝浦ビッグひなまつり25

美味しくいただきました。



小腹も満たし、ひな人形巡りは続きます。

      20150225勝浦ビッグひなまつり23

      20150225勝浦ビッグひなまつり26


      20150225勝浦ビッグひなまつり27


      20150225勝浦ビッグひなまつり28


      20150225勝浦ビッグひなまつり29


      20150225勝浦ビッグひなまつり30


      20150225勝浦ビッグひなまつり31


      20150225勝浦ビッグひなまつり32


      20150225勝浦ビッグひなまつり33


      20150225勝浦ビッグひなまつり34


      20150225勝浦ビッグひなまつり35


      20150225勝浦ビッグひなまつり36


      20150225勝浦ビッグひなまつり37


      20150225勝浦ビッグひなまつり38


      20150225勝浦ビッグひなまつり39


      20150225勝浦ビッグひなまつり40


      20150225勝浦ビッグひなまつり41


      20150225勝浦ビッグひなまつり42


      20150225勝浦ビッグひなまつり43


      20150225勝浦ビッグひなまつり44


      20150225勝浦ビッグひなまつり45


      20150225勝浦ビッグひなまつり46


      20150225勝浦ビッグひなまつり47





こちらが、勝浦駅周辺のもう一つの特設会場。
墨交差点前の特設会場。

      20150225勝浦ビッグひなまつり48


      20150225勝浦ビッグひなまつり67


こちらには、大きなひな壇が二つあって、やっぱり『凄い!』。

      20150225勝浦ビッグひなまつり65


      20150225勝浦ビッグひなまつり49





墨交差点から、勝浦駅方面へ、ひな人形を眺めながらの散策は続きます。

      20150225勝浦ビッグひなまつり50



丸ポスト と ひな人形 と びいすけ 。

      20150225勝浦ビッグひなまつり51



ガラス越しに眺めるひな人形ですが
それでも一軒一軒眺めていると、同じモノはないから
それが楽しかったりします。

      20150225勝浦ビッグひなまつり52


商店以外にも、一般の民家の方も自宅を一部解放して
ひな人形やひな飾りを展示しています。

      20150225勝浦ビッグひなまつり53


      20150225勝浦ビッグひなまつり54


      20150225勝浦ビッグひなまつり55


      20150225勝浦ビッグひなまつり56


      20150225勝浦ビッグひなまつり57




勝浦駅前から、遠見岬(とみさき)神社の方へと戻ります。

      20150225勝浦ビッグひなまつり58


      20150225勝浦ビッグひなまつり59


      20150225勝浦ビッグひなまつり60


      20150225勝浦ビッグひなまつり61


      20150225勝浦ビッグひなまつり62


      20150225勝浦ビッグひなまつり63


      20150225勝浦ビッグひなまつり64


      20150225勝浦ビッグひなまつり66


  
全ての商店のひな人形を見たわけではないけれど
かなりたくさんのひな人形を見て回りました。

やっぱり規模で言ったら、関東では一番になるんじゃないかなぁ?

ほとんどがショーウィンドウに飾られ、眺めながら歩いていける『勝浦ビッグひなまつり』。
ひな人形の数、規模で言ったら『勝浦のビッグひなまつり』
ひな人形の質と言うか、店舗の奥に古いひな人形を飾っているのが、『真壁のひなまつり』。

甲乙付けがたいけれど、店舗に入らなくてもひな人形が覗ける勝浦の方が
犬連れには分があるかもしれませんね。

来年もまた見に来ることにしよう............................。






2015/03/28 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

丸ポストを探して.....................千葉・大多喜編 その2                    (2015年2月25日)(千葉県夷隅郡大多喜町) 

2月25日  公休日

個人的な連休初日。

この時期にしか堪能できないイベントを味わうために
この日は勝浦市に出かけました。

勝浦市に向かう途中、通り道である大多喜町へ立ち寄ってみました。
目的は、昨年の夏頃(?)新たに設置された(置き換えられた)丸ポストを確認するため。

ある方のブログで、いすみ鉄道の大多喜駅前に丸ポストが設置されたことを知りました


こちらが、いすみ鉄道大多喜駅前の丸ポスト。

      20150225丸ポスト大多喜05


      20150225丸ポスト大多喜04


確かに根石の部分の基礎が新しい。
コンクリートの色が、最近工事した感がありありです。

      20150225丸ポスト大多喜01


      20150225丸ポスト大多喜03


      20150225丸ポスト大多喜02



千葉県内に現存する丸ポスト 99基(?)

数多くの丸ポストに会いに行ってきました。
 

佐倉市①   13基制覇
佐倉市②   2基制覇
成田市    9基制覇
富里市    1基制覇
東金市    4基制覇
八街市    1基制覇
香取市   10基制覇
印西市    2基制覇
四街道市① 2基制覇
勝浦市    5基制覇
御宿町    2基制覇
山武市    3基制覇 
銚子市    3基制覇
茂原市    4基制覇
白井市①   1基制覇
白井市②   1基制覇
鎌ヶ谷市   5基制覇
習志野市   3基制覇
大多喜町   2基制覇
いすみ市   5基制覇
市原市    1基制覇
袖ヶ浦市   1基制覇
鴨川市    1基制覇  
南房総市   6基制覇
君津市    3基制覇
富津市    2基制覇
木更津市   1基制覇
野田市    2基制覇
我孫子市   1基制覇
柏市     1基制覇
四街道市②1基制覇

そして、本日 大多喜町で新たに 1基制覇

合計99基制覇したことになります。

(この他にも 銚子市の丸型庇付き  白井市のLETTERポスト の2基もあり)

通便物の収納量の関係と、老朽化の中
撤去されてしまう丸ポストも多いですが
こうやって復活する丸ポストがあると、なぜか嬉しいものです............。


2015/03/27 Fri. 16:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

メール便が届きました (2015年2月23日) 

2月23日

仕事からの帰り、郵便ポストを覗くとクロネコヤマトのメール便が届いてました。

1週間ほど前にネットで頼んだモノが届きました。

      20150223メール便 首輪材料01


中身がコレ。

      20150223メール便 首輪材料02



首輪の材料です。

      20150223メール便 首輪材料04



ハーフチョーカー用のチェーンが7セット。
アルファベットの飾りカシメ。
肉球型の飾りカシメ。
骨型の飾りカシメ。
リード用のナスカン4セット。

      20150223メール便 首輪材料03


とりあえず、ハーフチョーカーを近日中に3本作る予定。

それが一段落したら、革製の1m位のリードもいいなぁ。

はたまた、誰も居ない砂浜用に30mくらいのロングリードでも作っちゃおうかな?




と、夢は膨らみ、こうやって外堀を埋めて
自分自身を追い込んで行くのでありました............................。



2015/03/27 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

北総花の丘公園ドッグラン   (2015年2月21日)(千葉県印西市) 

2月21日  公休日

個人的な連休2日目

前日、茨城県の真壁町と石岡市に足を伸ばしたため
この日はちょっとお疲れモード。

飼い主はお疲れモードでも、 びいすけ には関係ない。
出掛ける事が大好きな びいすけ 。
せめて、午前中にドッグランに連れて行き、軽く遊ばせて
午後からは、贅沢に昼寝を決め込もう!と向かった先は..............

北総花の丘公園ドッグラン




ドッグランの駐車場には、10時ちょっと前に到着。
駐車場に車が多い。
さすがに土曜日。ドッグランの利用者も多い。

急いでドッグランに向かうと、入口にこんな看板。

      20150221北総ドッグラン01


そうかぁ〜。
第三土曜日だったのね。

毎月第三土曜日の朝、北総のドッグランはボランティアの方々がドッグラン内を清掃しています。

そう言えば、以前もボランティア活動日にドッグランに来て
ボランティア登録したんだっけ。

さっそく、お手伝いいたしましょう。


      20150221北総ドッグラン02


トング(?)を使って、小石やドングリを拾い集めます。

      20150221北総ドッグラン03


途中からの参加ですが、それでも30分近く小石とドングリを拾い集めました。

      20150221北総ドッグラン04


10時半過ぎに、ボランティア活動も解散。
朝早くから参加して頂いた方々、お疲れ様でした。
そして、ありがとうございました。

      20150221北総ドッグラン05




一方、 びいすけ はと言えば
石拾いの間は放ったらかし状態。

まぁ、いつも勝手にラン内を徘徊しているから気になりませんけど..............。


やっぱり、いつものようにフェンス周りの匂い嗅ぎ。

      20150221北総ドッグラン06



そして、気になる場所にはマーキング。

      20150221北総ドッグラン07


そして、また匂い嗅ぎ。

      20150221北総ドッグラン09



さらには、軽快な足取りでドッグラン内を徘徊。

      20150221北総ドッグラン08



何処へ行くのかと思いきや?
よその飼い主さんに甘え、媚びています。

      20150221北総ドッグラン10



またまた移動(徘徊)。

      20150221北総ドッグラン11



またしても、よその飼い主さんに甘え、媚びまくります。

      20150221北総ドッグラン12

何故か?女性の飼い主さん限定なのが笑えます。



この子は多分、何度か会っている黒ラブくん。

      20150221北総ドッグラン13


びいすけ と遊びたいようですが、体格差が有り過ぎ。
ちょっと無理でしょう。

      20150221北総ドッグラン14




とは言いながらも、本日一番びいすけと絡んでくれたのが、この子。

      20150221北総ドッグラン15


イエローラブくん(?、ちゃん?)。

      20150221北総ドッグラン16


名前を聞き忘れちゃったんだよなぁ〜..............。

      20150221北総ドッグラン17


お互いに匂いを嗅ぎあって、どちらからでもなく誘い合います。

      20150221北総ドッグラン18


      20150221北総ドッグラン19


どう見たって体格差が有り過ぎだから、
ワンプロなんて無理だと思うけれど..............

      20150221北総ドッグラン20



果敢にチャレンジする びいすけ 。

      20150221北総ドッグラン21


よっぽどこの子が気に入ったんでしょうね。

      20150221北総ドッグラン22



この日はレトリバー系の大型犬が多い。
いつもなら、レトリバー系のワンちゃんが近寄ると、
サッとかわして、あまり近寄らない びいすけ ですが
今日は自ら挑んでいます。

      20150221北総ドッグラン23


      20150221北総ドッグラン24


犬の気持ちは分からないけれど、今日は楽しく遊んでくれたようです。

とは言いながら、さすがにドッグランに来て、1時間も経てば飽きてくるようで、
買い物もあるから、早々にドッグランを引き上げることにしました。


来月(3月)のボランティア活動日も仕事が休みだったら
頑張っちゃおうかな............................?





2015/03/26 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて............朝日小学校   (2015年2月20日)(茨城県石岡市) 

2月20日 公休日

この日は茨城県の桜川市(旧・真壁町)に出掛けました。
その足で石岡市にも足を伸ばしましてみました。

大増城址をあとにして向かった先は..............旧・八郷町立朝日小学校


朝日小学校の詳しい沿革はわかりません。
ネットで色々と調べてみたのですが、詳しい沿革はヒットしませんでした。
開校時期等不明です。

平成16年に小桜小学校と統合されて廃校となりました。


こちらが、朝日小学校の正門。

      20150220朝日小学校01


門柱には、『八郷町立朝日小学校』と表札がしっかりと掲げられています。

      20150220朝日小学校02


門柱の裏には『校舎新築記念 昭和30年』と寄贈者の名前と一緒に刻まれています。

      20150220朝日小学校03


すなわち、この門柱も校舎も昭和30年に建てられたことになります。




校門(正門)をくぐれば、すぐに説明看板。

説明看板によれば、
朝日小学校がまだ小桜第二小学校と呼ばれていた昭和23年、
校舎の完成を記念して、山の中に自生していた藤の木を移植したものだそうです。

      20150220朝日小学校04


      20150220朝日小学校05




こちらが、木造校舎。
昭和30年に建てられたモノのようです。

      20150220朝日小学校06


      20150220朝日小学校07


      20150220朝日小学校08


現在、朝日小学校は『朝日里山学校』と言う
稲作りや野菜作りなどの農業体験ができる体験型観光施設となっています。




校舎の前には、お馴染みの二ノ宮像。

      20150220朝日小学校09


やっぱり、木造校舎には二ノ宮像が良く似合う。

      20150220朝日小学校10




こちらは、校舎玄関。

      20150220朝日小学校11



玄関には、朝日小学校の校章が掲げられています。

      20150220朝日小学校25



こちらが校庭

      20150220朝日小学校12



校庭から眺める木造校舎。

      20150220朝日小学校13


      20150220朝日小学校14




校庭に残る遊具

      20150220朝日小学校15



子供たちが遊んだ築山。

      20150220朝日小学校16



今日は びいすけ が遊ばせてもらいます。

      20150220朝日小学校17


      20150220朝日小学校18


      20150220朝日小学校19


      20150220朝日小学校20


      20150220朝日小学校21




校庭の桜の木は、まだまだ蕾すらありませんが
梅の木はポツリポツリと咲き始めています。

      20150220朝日小学校22


      20150220朝日小学校23





先ほどの藤の木の脇には、朝日小学校の緯度と経度の書かれた標柱。

      20150220朝日小学校24



こちらは、体育館。

      20150220朝日小学校26

体育館は校舎と違い、鉄筋コンクリート造り。
比較的、まだ新しい。
地元の方々のスポーツ施設として活用されているようです。



体育館の中庭と言うか、駐車場の片隅にある石碑。

朝日小学校校歌の碑。

      20150220朝日小学校27


こちらは、すぐ隣に建つ『友情』と記された碑。

      20150220朝日小学校28



距離的には土浦市には近いのだが
近くには難所で知られる朝日峠があり
不便を感じでいた地であったのかもしれない。
そのためなのか? 過疎化も加速度が付いて進んで行ったのだろうか?

近年、朝日トンネルなるものが出来、あっと言う間に土浦市に行けてしまう。
2分もかからずにトンネルで峠をパス出来る。
これも時代の流れなのだろうか?

かくも言いながらも、瞬間移動とも言えるトンネルを通り
家路を急ぐのでありました............................。




2015/03/25 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

大増城址(2015年2月20日)(茨城県石岡市) 

2月20日 公休日

この日は、茨城県の桜川市に出掛け、
そのついでに石岡市にも足を伸ばしました。

大増小学校をあとにして、向かった先は............................大増城址



大増城は
築城時期、廃城時期等は不明ですが、
戦国期に小田氏の家臣であった古尾谷壱岐守の居城であったと言われています。




こちらが、大増城の縄張り図

      大増城址縄張り図

          ( 余胡くんのホームページ   よりお借りしました )


じっくりと余胡くんのホームページを読んでから攻城すれば良かったのですが
大増城址の麓にある顕徳院という寺院に車を停め、進軍いたします。


こちらが登城口。

      20150220大増城址01


いかにも、それっぽい登城路。

      20150220大増城址02


そして、それっぽい城塁。

      20150220大増城址03


この辺りから、城内になるのでしょうか?

      20150220大増城址04


      20150220大増城址05



この先が郭跡。

      20150220大増城址06


いかにも虎口です!って言う感じの土盛り。

      20150220大増城址07


      20150220大増城址08


      20150220大増城址14


虎口から見るとこんな感じ。

      20150220大増城址09

しかし、スムーズに進軍できたのもこの辺りまで。


元々、農地として利用されていたと言う。
畑の跡が荒地となって広がっていて、
この先は耕作放置状態。

      20150220大増城址10


とにかく、草が茫々。
おまけに蔦系の雑草の為、枯れ蔦が足に絡まり
私も びいすけ もマトモに歩けない。

      20150220大増城址11


この奥に三郭、ニ郭、主郭と続いているんですが..............

      20150220大増城址12


      20150220大増城址13


おまけに、さらにその先には笹藪で完全に行く手を阻みます。

      20150220大増城址16


     
結局、進軍は諦め、撤収することに..............

ならば!と、郭跡にも見える削平地で一枚パチリ☆。

      20150220大増城址15


      
撤収して見上げる大増城址。

      20150220大増城址17


主郭には八幡様の祠が祀られていると言うことです。
また、八幡様が祀られていることから、
別名、八幡平城とも呼ばれていたらしい。

麓にある、顕徳院。
城主・古尾谷氏の菩提寺であるらしい。

      20150220大増城址18



境内にある碑には、大増城について、少しだけ触れています。

      20150220大増城址19


どうやら、大増城址の北側から進軍したわけですが
北側からからではなく、南側から登城すれば主郭へとアプローチ出来たらしい。

いゃあ、残念。

リベンジは............................遠いから無いなぁ...




2015/03/24 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit