FC2ブログ

01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

八千代八福神巡り④  《 長福寺 弁財天 》                        (2015年1月27日)(千葉県八千代市) 

1月27日 公休日


この日は、八千代市の 八千代八福神巡り に出かけました。

八千代八福神は
1989(平成元)年11月に設置されたました。
八千代市仏教連合会と八千代市郷土歴史研究会が『八千代の八』にちなみ、
七福神に吉祥天を加えて八福神としたそうです。
同様に七福神に一つ加えて八福神になっている例では、
同じく、吉祥天が加わった八王子などがあるようです。

八千代八福神は

弁財天     長福寺(八千代市米本)
大黒天     妙徳寺(八千代市真木野)
福禄寿     東栄寺(八千代市保品)
寿老人     長福寺(八千代市萱田)
毘沙門天    正覚院(八千代市村上)
恵比寿     貞福寺(八千代市吉橋)
布袋尊     観音寺(八千代市高津)
吉祥天     妙光寺(八千代市小池)

という構成になっています。



妙徳寺をあとにして、向かった先は.....................
米本地区にある 長福寺の弁財天


弁財天は、七福神中、唯一の女神であり、
知恵財宝、愛嬌縁結びの徳があると言われています。


実は、八千代八福神には長福寺と言うお寺が二ヶ所あって、ややこしい。
米本の長福寺が弁財天。
萱田の長福寺が寿老人。
いやぁ、同じ名称なので間違えてしまいそう。

こちらが、長福寺の寺号標。

      01501247八千代八福神 長福寺(弁財天)13


こちらの長福寺も八千代市民が選んだ
『八千代ふるさと50景』の一つに選ばれているようです。

      201501247八千代八福神 長福寺(弁財天)01


寺号標の脇にある、こちらが八千代八福神の弁財天。

      01501247八千代八福神 長福寺(弁財天)02

残念ながら、弁天堂の中に弁財天は祀られているようで、
その姿を拝む事は出来ませんでした。
   

実は、こちらの長福寺は2回目の訪問となります。
(前回の記事は こちら )
そして、今日と同じく、その時も弁天堂の中を拝見することは出来ませんでした。


気を取り直して、長福寺の参道を歩き、境内へと向かいます。


こちらが、長福寺の山門。

      01501247八千代八福神 長福寺(弁財天)04



そして、本堂に掲げられた扁額。

      01501247八千代八福神 長福寺(弁財天)07      




本堂手前の左側の一角に、こんな説明看板が建てられています。

      01501247八千代八福神 長福寺(弁財天)05

近くにある、米本城址の城主、村上綱清の墓石です。

前回訪れた時は、東日本大震災の際に倒れてしまい
墓地の隅にブルーシートを掛けられていて、
説明看板も無造作に置かれていると言う悲惨な状態でした。

説明看板も昨年新しく作られたようです。



こちらが、村上綱清の墓石。

      01501247八千代八福神 長福寺(弁財天)06



弁財天を拝む事は出来ませんでしたが
東日本大震災で倒壊した墓石も復旧出来たようで、
それが確認出来ただけでも、良しとする事にしよう..................。


    

スポンサーサイト



2015/02/17 Tue. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

八千代八福神巡り③  《 妙徳寺 大黒天 》                        (2015年1月27日)(千葉県八千代市) 

1月27日 公休日

この日は、八千代市の 八千代八福神巡り に出かけました。

八千代八福神は
1989(平成元)年11月に設置されたました。
八千代市仏教連合会と八千代市郷土歴史研究会が『八千代の八』にちなみ、
七福神に吉祥天を加えて八福神としたそうです。
同様に七福神に一つ加えて八福神になっている例では、
同じく、吉祥天が加わった八王子などがあるようです。

八千代八福神は

弁財天     長福寺(八千代市米本)
大黒天     妙徳寺(八千代市真木野)
福禄寿     東栄寺(八千代市保品)
寿老人     長福寺(八千代市萱田)
毘沙門天    正覚院(八千代市村上)
恵比寿     貞福寺(八千代市吉橋)
布袋尊     観音寺(八千代市高津)
吉祥天     妙光寺(八千代市小池)

という構成になっています。


妙光寺をあとにして、向かった先は.....................

真木野地区にある 妙徳寺の大黒天



大黒天は、大地を掌握する神様と言われ、
財宝・福徳海運の神として信仰されています。



こちらの妙徳寺も八千代市民が選んだ
『八千代ふるさと50景』に選ばれているようです。

      20150127八千代八福神 妙徳寺01



こちらが妙徳寺
そして、その山門。

      20150127八千代八福神 妙徳寺02



こちらが、本堂。

      20150127八千代八福神 妙徳寺04


      20150127八千代八福神 妙徳寺05




本堂に掲げられた山号の扁額。

      20150127八千代八福神 妙徳寺06



こちらの妙徳寺には大黒天があるとのことでしたが
境内を探しても大黒天が見つかりません。

こちらが大黒堂。

どうやら、大黒天はこの中にあるようです。

      20150127八千代八福神 妙徳寺03

こちらも大黒天を拝むことはできませんでした。

う~む、これはいかがなものか...............

大黒天を拝むことが出来ないのならば長居は無用。
早々に撤収することにしました。


路上の端っこに停めていた車に戻る際に妙徳寺を振り返ってみた。

大黒堂の裏手には枝垂れ桜があります。

      20150127八千代八福神 妙徳寺07

この妙徳寺の枝垂れ桜も、きっと綺麗なんだろうなぁ。

そんなことを思いながら、次なる八福神へと向かうのでありました..............。





2015/02/17 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit