FC2ブログ

01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

南山公園  (2015年1月23日)(千葉県白井市) 

1月23日 公休日

北総のドッグランをあとにして、向かった先は..............南山公園

南山公園は、
北総鉄道白井駅の近くにある調整池を利用した公園です。
池の周りには散策路が整備され、ジョギングやウォーキングを楽しむ多くの人が訪れるそうです。


この南山公園。
以前、白井郵便局に白い丸ポストを見に行った時に
すぐ近くを車で通りました。
何気に池が有ったりして、雰囲気の良さそうな公園だなって思っていて
いつか、機会が有れば、訪れてみたいと思っていました。



公園の無料駐車場に車を停め、公園散歩の開始です。


まずは、案内板で公園全体を把握したしましょう。

      20150122南山公園01



どうやら、この公園は、調整池がウリのようですね。

      20150122南山公園02


      20150122南山公園03



調整池の外周を一周できる遊歩道があるようなので
そちらに向かいます。


すると、いきなり野球のグランド。

      20150122南山公園04

どうやら、運動公園の一面もあって、
野球のグランドどテニスコートがあるようです。



そして、この南山公園は団地の中にある公園でもあるようです。
隣接するのは南山団地のようです。

      20150122南山公園05


      20150122南山公園06


北総台地を切り開き団地を造成し、元々あった谷津に調整池を設けて公園化したようです。
(これは、個人的な見解。間違っていたらゴメンなさい。)





ロングリードを引っ張りながら、軽快に歩む びいすけ 。

      20150122南山公園07


      20150122南山公園08


匂いが気になるのか?
はたまた、ノラ猫でも見つけたのか?

どうやら、茂みが気になるようです。

      20150122南山公園09


      20150122南山公園10




調整池沿いの散策路をさらに進みます。

      20150122南山公園11



一度下って.....................

      20150122南山公園12


再び上り.....................

      20150122南山公園13



やがて、芝生広場。
ちょうど、駐車場から調整池を半周した形になります。

      20150122南山公園14

芝生広場と言っても、さほど広くはない。
ロングリードで走らせるわけにもいかない。


この芝生広場のある辺りが、南山公園の正面口になるのだろうか?


調整池の散策路の入口。

      20150122南山公園15



先程の入口から階段を下れば散策路。
そして、こんなモニュメントが建っています。

      20150122南山公園16



こちら側の散策路は雑木林を抜けて行きます。

個人的には、雑木林の中の散策路って好きです。

      20150122南山公園17

裏を返せば、そんな雰囲気のある公園を散歩するのが好きです。



びいすけ のペースに合わせて、雑木林の散策路を歩きます。
調整池も時折覗くことも出来て、単調にはならない。

      20150122南山公園18


      20150122南山公園19


      20150122南山公園20



やがて、調整池を横断する橋が現れます。

      20150122南山公園21

橋を渡らず、まっすぐに行けば駐車場。
でも、せっかくだから、橋を渡ってみましょう。

      20150122南山公園22


橋の上から眺めた調整池。

      20150122南山公園23


こうやって見ると、池と言うよりは単なる川に見える。


この調整池をぐるっと一周する散策路のある南山公園。
団地に隣接する公園だけど、朝・夕の犬の散歩にはちょうど良い距離。

この近くに住む人・ワンちゃんは、身近な散歩コースがあって
ちょっぴり羨ましいと思ったりして.......,.....................





2015/02/15 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

北総花の丘公園ドッグラン  (2015年1月23日)(千葉県印西市) 

1月23日 公休日

1月22日、23日と個人的な連休でしたが
22日は、ほぼ終日の小雨。
おまけに、外は寒いし。
必要最低限の散歩しかしてませんでした。

明けて、23日のこの日。
やっぱり早朝は小雨が降っていたあとのように路面が濡れている。
今日も『寝て曜日』になっちゃうな〜って思っていたら
お昼過ぎに太陽が、輝いているではありませんか!

急いで身支度整えて、向かった先は.....................

北総花の丘公園ドッグラン




ドッグランに着いたのは、ちょうど13時頃。
お昼の時間間際だから、ちょうど入れ替わるような形になるから
誰も居ないかな〜?って言う予想通り、フリーエリアは誰も居ません。
(小型犬エリアには3頭居ましたが..............)

      20150122北総06



もっとも、先着のワンちゃんが居ようが、居まいが
びいすけ には余り関係はありません。


いつものように、フェンス周りの匂い嗅ぎから始まります。

      20150122北総04



そして、気になる匂いがあれば、マーキング。

      20150122北総05


再び、フェンス際を徘徊。

      20150122北総07



そして、再びマーキング。

      20150122北総08




いつ頃からだろうか?
散歩の時には、そんな素振りを見せないのに
ドッグランでオシッコをすると、排尿後に土を蹴る。
ドッグランでしか見せない、奇妙な行動。

      20150122北総09


      20150122北総10



何か問題でも?

そんな事を言いたげな顔をしています。(笑)

      20150122北総11



ついでに、土の盛山の匂いも嗅いじゃいます。

      20150122北総01


      20150122北総02


      20150122北総03


      20150122北総30



じっくりと、噛みしめるように匂いを嗅いでいます。

      20150122北総12


      20150122北総13


      20150122北総14




匂い嗅ぎに飽きたのか?

徘徊もせずに、立ち尽くす びいすけ 。

      20150122北総15


      20150122北総16





さすがに、誰もいないから
いつものように、他のワンちゃんの飼い主さんに擦り寄ることも出来ません。


さすがに、放ったらかし状態じゃ可哀想だから
タイヤで遊びましょう。

      20150122北総17


      20150122北総18

とは言っても、タイヤ遊び=オヤツが貰える、と言う図式の びいすけ 。

しっかり、オヤツを貰う態勢です(笑)。





オヤツも貰ったことだし、ちょっぴり走ろうか?


びいすけ に、ちょっかい出して何とかスイッチを入れてみます。


びいすけ のスイッチに触れたようで、一瞬だけですが激走モードに突入。

      20150122北総19


      20150122北総20


      20150122北総21


      20150122北総22


      20150122北総23


      20150122北総24


      20150122北総25


一瞬だけでも走ってくれればいいや。



走り疲れたのか?
(と言っても大きく円弧を描き、2周ぐらいしか走っていない。)

地面に腹這いになる びいすけ 。

      20150122北総26


      20150122北総27



しばらくしても、ドッグランには新たな来場者が現れない。
駐車場にも車は入って来ない。

帰りたいのか?
ベンチに飛び乗る びいすけ 。

      20150122北総28


徘徊することも無く、走り回るでも無く
ただ私の後ろを付いて回る びいすけ 。

      20150122北総29


私が動かなければ、足元にじっと佇む びいすけ 。

結局は、ドッグラン内を びいすけ と散歩している状態になってしまいます。
だったら、何処の公園にでも散歩に行こう!

久しぶりにドッグランの滞在時間が1時間を切ってしまいましたが
北風が冷たいドッグランでじっとしているならば、
少しは見慣れない風景の公園でも散歩に行きましょう..............。






    

2015/02/14 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

すいらんグリーンパーク わんわん広場  (2015年1月17日)(千葉県茂原市) 

1月17日 公休日

個人的な連休2日目。


この日は、ダック家を誘ってドッグランに出かけました。

もう、2年前になるのかな?
すいらん への行き方(近道)を教えますよ!と約束しておきながら
ずっとそのまま時は流れてしまいました。

佐倉市内の某コンビニの駐車場で待ち合わせて
車2台で向かった先は...................
        すいらんグリーンパーク わんわん広場


通い慣れた すいらん への近道。
森の中を走ったり、右に左に曲がっての近道。
豆ミルクさんは近道覚えられたかなぁ?(笑)。



すいらん には、13時頃到着。

ささぁっと、受付手続きを済ませ、まずはビッグワン広場へ入ります。

      20150117すいらん01


考えたら、私自身 すいらん に来るのが久しぶり。
最近、ご無沙汰しちゃってます。

当然、ご無沙汰な びいすけ 。
やはり、フェンス周りの匂い嗅ぎから始まります。

      20150117すいらん02



ラン内を徘徊。

      20150117すいらん03


先着の大型犬には目もくれない。

      20150117すいらん04



近寄って来た、5ヶ月のビーグルちゃんにも興味なし。

      20150117すいらん05


この仔は5ヶ月の女の子。

     20150117すいらん06

多分、 びいすけ も5ヶ月の頃は、これぐらいのサイズだったはず。

ちっちゃくて、かわいい〜!

      20150117すいらん07


久しぶりに会った 空姉 を捕まえて、こっちのランに入ってもらったけれど
久しぶりの 空くん、星ちゃん に近寄ることもなく、
ひたすら徘徊。

      20150117すいらん08

びいすけ の背後に小さく写っているのが、空姉 と 空くん。



そのくせ、ワンコには近寄らないくせに
空姉 には、しっかり擦り寄っています。(笑)

      20150117すいらん09




週末土曜日の午後。
ドッグランには次から次へと来場者が現れ、
いつの間にか、ビッグワン広場には10頭以上のワンちゃんとなりました。

      20150117すいらん10


コミュニケーションを取るのが下手なのか? 苦手なのか?
中々、ワンちゃんたちの輪に入れない びいすけ 。

またまた、徘徊行動となります。

      20150117すいらん11


      20150117すいらん12


      20150117すいらん13


ここにも、単独行動、徘徊活動が好きなワンコがいました。

      20150117すいらん15

ダック! びいすけ と一緒に遊んでよぉ〜!



こんな写真をみると、さも一緒に遊んでいるように見えますが
すれ違い徘徊時にオヤツで釣ってしまったポーズ(笑)。

      20150117すいらん16





こちらは、茶々丸パパさん。

      20150117すいらん14


そして、こちらが茶々丸ママさん。

      20150117すいらん27






実は、人気ブログ『ビーグル犬☆茶々丸&海老蔵SQUARE』の茶々丸くん&海老蔵くんが
すいらん に遊びに来られました。

ブログは拝見させて頂いているんですが、お会いするのは初めてです。




    
茶々丸くんと海老蔵くんと絡んで遊んでくれるかな~と期待しましたが
どうも他のワンちゃんが気になる様子。
    
      20150117すいらん17


      20150117すいらん18



体格差が違うのにハスキー犬に挑む びいすけ 。

      20150117すいらん19


      20150117すいらん20


      20150117すいらん21


      20150117すいらん22

ハスキー犬と遊ぶのかな?と思っていたけれど
結局、またまた徘徊。


そんな びいすけ に忍び寄る影(笑)。

      20150117すいらん23

茶々丸くんです。


どうやら、びいすけ の匂いが気になるようです。

      20150117すいらん24


      20150117すいらん25


びいすけ も立ち位置を変えてサービス?

何故か、 びいすけ の股間が気になる茶々丸くんでした。

      20150117すいらん26



その後、茶々丸くんは、次なるターゲット(ダック)のそばに忍び寄るのでありました。

      20150117すいらん28



ビッグワン広場を離れ、木陰と風の広場へ移動。


こちらには、既に先着していたビーグルが4頭。
そちらに、 びいすけ と ダック が合流。
さらには、茶々丸くん、海老蔵くんも合流。
そして、初めましてのビーグルちゃんも合流。

何だかんだで9頭(?)のビーグルが居たことになります。

初めましてのビーグルちゃんの飼い主さんとお城の話題で盛り上がり、
写真を撮るのも忘れてしまいました。


久しぶりの すいらん。
今回は、 びいすけ よりも、私が満足したドッグランとなったようです..............。






2015/02/13 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

鎌苅館跡   (2015年1月16日)(千葉県印西市) 

1月16日 公休日

高田山城址をあとにして、向かった先は...........鎌苅館跡




鎌苅館の詳細は不明です。
1984年に刊行された「印旛村誌」には「鎌苅館址」(かまがりやかたあと)の名称で記載され、
地元では通称を「ホンノウジ」と呼び、「堀之内」の転訛である旨を推定されています。
また、15世紀中頃にこの地域に勢力を有した地方豪族の館址ではなかろうかとも
記載されていると言うことです。



こちらが、鎌苅館の縄張り図

      鎌苅館縄張り図 

                 ( 余胡くんのホームページ よりお借りしました )





この先が鎌苅館跡。

しばらく行けば、左手側に土塁が見えてきます。

      20150116鎌苅館跡01



道沿いに土塁と空堀が見えたら、ちょっぴり行き過ぎ。

      20150116鎌苅館跡02


      20150116鎌苅館跡03




しばらく戻れば、竹藪へと続く小径があり、土橋が現れます

      20150116鎌苅館跡04


      20150116鎌苅館跡05



びいすけ の左側が空堀ですが
かなり埋まっています。

びいすけ の立っている場所は、かつての土塁の跡を削平したものだろうか?
まっすぐ進めば、やがて耕作地。
そして民家へと続きます。

      20150116鎌苅館跡06



なんと、空堀に軽トラックの放置。
って言うか、完全に投棄(?)。

      20150116鎌苅館跡07



耕作地手前の空堀。

      20150116鎌苅館跡08



そして、土塁。

      20150116鎌苅館跡09

耕作地→土塁→空堀→郭 と言う並び。
単純に考えれば、順番がおかしい?

耕作地→空堀→土塁→郭 と言うのが城郭のセオリーなはずなのに........。


      20150116鎌苅館跡10



主郭内部。

主郭は60m四方の郭。
適度に伐採はされているものの、竹藪状態に近い。


そして、主郭内部に空堀がある。

      20150116鎌苅館跡11



この空堀が主郭を分断しています。

      20150116鎌苅館跡12




これが、また謎?
何故、空堀で主郭を分断する必要があるのか?

      20150116鎌苅館跡13


      20150116鎌苅館跡14





こちらは、主郭外周を巡る空堀。

      20150116鎌苅館跡15


かなり埋まってしまってはいるが、きちんとした遺構として残っています。

      20150116鎌苅館跡16


      20150116鎌苅館跡17


      20150116鎌苅館跡18


冬場の夕暮れ。
陽が傾くのも早い。
元々、森の中の竹に覆われている鎌苅館跡。
ただでさえ薄暗いのに、日暮れが近づくとさらに暗くなる。

多少の心残りは有るものの、この鎌苅館跡をあとにすることにした..............。






2015/02/12 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

高田山城址  (2015年1月16日)(千葉県印西市) 

1月16日  公休日

北総のドッグランからの帰り道、
まっすぐ自宅へ帰ってもつまらないから
印西市の2ヶ所ばっかり廻って帰ろう!  と立ち寄ったのは

      高田山城址


高田山城は詳細は不明で詳しい伝承等も残されてないようです。
横矢の掛かった出枡や空堀等の遺構の構造から
戦国後期の城であると思われています、
近くには師戸城、岩戸城、臼井城などがあることから、
これらに関連して、一時的に急造された砦のようなものでったともされているようです。



こちらが、高田山城の縄張り図

      高田山城址縄張り図
   
          ( 余胡くんのホームページ よりお借りしました )



旧・印旛村の


製材所裏から台地奥へと続く道。

この奥の右手に高田山城址はあります。

      20150116高田山城址01



びいすけ の背後の森の奥が高田山城址。

      20150116高田山城址02



森の中は完全な藪状態。
山林化していて、まったく管理されていない状態。

藪の中を木々に遮られながらも進軍します。


しばらく進むと目の前に現れた空堀。

      20150116高田山城址03



以前はかなり深い空堀だったと思われるけれど
枯葉や倒木で埋まりつつらある。
それでも、はっきりと空堀とわかるのだが、どうもカメラに収めた画像になると
その規模と言うか、本当の姿が伝わり辛い。

      20150116高田山城址04

デジカメ画像だと、立体感がないからだろうか?

本当は出枡があって、横矢の掛かった空堀なんですが.........




空堀に降り立ち、二郭の土塁を眺めて見ます。

      20150116高田山城址05


空堀を渡り、土塁をよじ登り、二郭へ突入です。

二郭もそれなりの藪。

とりあえず、二郭虎口を探します。





二郭虎口から見た、二郭の土橋。

      20150116高田山城址06



びいすけ が居た方が土橋らしく見えるかな?

      20150116高田山城址07



土橋の上から眺める二郭空堀。

かなり埋まっています。
実際は、空堀っぽく見えるんだけど
やっぱり画像にすると、その立体感がうまく伝わらない。

      20150116高田山城址08


      20150116高田山城址09



一度、二郭から出て反対側から土橋を確認します。

      20150116高田山城址10




そして、二郭虎口の土塁。

      20150116高田山城址11


二郭内部。
この藪の奥に主郭があります。

      20150116高田山城址12



主郭空堀。
かなり埋まってしまっていて、規模が小さく見えてしまいます。

      20150116高田山城址13



主郭への土橋。

      20150116高田山城址14


土橋を渡れば、主郭内部。

こちらも、それなりの藪状態。

      20150116高田山城址15



主郭最奥(台地先端)から台地下部を眺めてみます。

      20150116高田山城址16


      20150116高田山城址17


      20150116高田山城址18





主郭下の腰曲輪。

      20150116高田山城址19


      20150116高田山城址20


腰曲輪の先には、二郭の空堀。

      20150116高田山城址21




そして、こちらが高田山城址遠景。

      20150116高田山城址22




全体的には藪が激しく、山林と化しているもの
空堀や土塁、土橋と比較的良好な形で遺構が残っています。
ただ、数百年も殆んど手が入っていないため、
荒れていると言えば、その一言で済んでしまう。

もうちょっと、管理をしっかりすれば、それなりの古城だと思うのだが.......,


印旛村から印西市に行政の管理元も変わったのだから
そろそろ印西市も旧・印西市域外の史跡管理に
今まで以上に力を入れてみませんか...............?


2015/02/11 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

北総花の丘公園ドッグラン  (2015年1月16日)(千葉県印西市) 

1月16日  公休日

個人的な連休初日。

特に予定を入れていない平日の休日。
いつもなら朝、4時45分の目覚ましで起こされ、
びいすけ の散歩に出かけますが、
この日は目覚ましを完全に無視。
目一杯9時近くまで爆睡していました。

さすがに朝のお勤めを済ませたい びいすけ を散歩に連れ出し
朝ご飯を済ませます。


さて、今日は何しようか?

特に予定も無いし、
かと言って、1日家の中に居るのも勿体無い気がするし..........


こんな時は、無難にドッグラン。
そうだ、ドッグランに行こう!

と言うわけで、向かった先は............

           北総花の丘公園ドッグラン



ドッグランに着いたのは13時ちょっと前。

平日の午後いち。
丁度、お昼で帰られた人との入れ替え時間なのか?
ドッグランには誰も居なくて貸し切り状態。

      20150116北総ドッグラン04



いつものように、フェンス周りの匂い嗅ぎから
びいすけ のドッグランは始まります。

      20150116北総ドッグラン01



気になる匂いが有れば、ここぞとばかりにマーキング。

      20150116北総ドッグラン02



そして、また匂い嗅ぎ。

      20150116北総ドッグラン03


     
ひたすらフェンス周りをクンクンと匂いを嗅ぎながら徘徊する びいすけ 。

      20150116北総ドッグラン05



ふと、 びいすけ の足が止まりました。

      20150116北総ドッグラン06



視線の先には、新たな来場者(犬)。

      20150116北総ドッグラン07

どうやら、柴犬が来たようです。


いきなり、座ってウェイティング状態。

      20150116北総ドッグラン08



そして、姿勢を低くして臨戦態勢を整えます。

      20150116北総ドッグラン09


      20150116北総ドッグラン10

次の瞬間、ダッシュで入り口に向かうと、
何と、小型犬エリアに行っちゃいました。


びいすけ が落ち着くのを見計らって
柴犬はフリーエリアに移動して来ます。



初めましての柴犬。
もうすぐ2歳ので♀。このはちゃん。

      20150116北総ドッグラン12


どちらかと言うと、柴犬が非常に気になる びいすけ 。

このはちゃん との相性ば如何でしょう?

      20150116北総ドッグラン13


こうやって写真だけ見ると、2頭で楽しく遊んでいるように見えますが..........

      20150116北総ドッグラン11

並んで走ったのは一瞬だけ。
相性は悪くなさそうなんですが..........




いきなり、固まった びいすけ 。

      20150116北総ドッグラン14



視線の先には、新しい来場者(犬)。

      20150116北総ドッグラン15



大型犬のバーニンズマウンテン。

ちょっぴり、いや、かなり体格差があるから
一緒に遊ぶのには無理がありそう。

      20150116北総ドッグラン16




この時間帯になると、意外に次から次へと新しい来場者(犬)が現れます。

この子は、 びいすけ が気になるのか?
やたらと びいすけ の匂いをチェックします。

      20150116北総ドッグラン17



びいすけ もこの子が気になるのか?
匂いをチェックします。

      20150116北総ドッグラン18



お互いに匂いのチェックを仕合います。

      20150116北総ドッグラン24


      20150116北総ドッグラン33



一度離れたかと思ったら............

      20150116北総ドッグラン30



びいすけ が一生懸命誘っています。

      20150116北総ドッグラン31

びいすけ から誘うなんて珍しいことです。
よっぽど、このワンちゃんが気に入ったのでしょうか......?


びいすけ の誘いに乗ってくれたようです。

      20150116北総ドッグラン32


      20150116北総ドッグラン34


      20150116北総ドッグラン35

ワンプロまでは行きませんが、しばし2頭でジャレあっていました。



一緒に遊んだ子の飼い主さんに寄り添う びいすけ 。

      20150116北総ドッグラン19



飼い主さんに寄り添っていたら、
さっきまで遊んでいた子はトイプードルに取られちゃいました。

2頭でで遊んでいる中に割って入っていけない びいすけ 。
引っ込み思案とでも言うのでしょうか?

タイヤの上で羨ましく眺めています。

      20150116北総ドッグラン20


2頭の背後に回り込んで、 びいすけ を撮ってみます。

      20150116北総ドッグラン21



こうヤってみると、仏頂面。(笑)

      20150116北総ドッグラン22


      20150116北総ドッグラン23

でも、私にとっては見慣れた顔でもあります。




今度は、トイプードルの飼い主さんに擦り寄っていく びいすけ 。

      20150116北総ドッグラン25




徘徊している びいすけ を呼び戻してみます。

なかなか、戻ってこない.............


『お~い!!  オヤツ ぺ~る(食べる)?』

そう叫んでみると、力強く走って来ます。

      20150116北総ドッグラン26


      20150116北総ドッグラン27


      20150116北総ドッグラン28


      20150116北総ドッグラン29



今度は、待てをさせて、呼び戻します。

『 びいすけ 帰るよ~!!』

      20150116北総ドッグラン36


      20150116北総ドッグラン37


      20150116北総ドッグラン38

さらに「力強く走って来ました。

あれ~?!
ドッグランに飽きちゃったのかなぁ?

腕時計を見たら14:00を回っていた。
ドッグランに来て1時間。

やっぱり、1時間が限界なのかなぁ...................?










2015/02/10 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

カインズホーム佐倉店ドッグラン  (2015年1月11日) 

1月11日 公休日


1月8日、9日と連休で10日は仕事。
そして、この日の11日は休み。
俗に言う、飛び石3連休ってやつです。

朝、6時過ぎに散歩に連れ出し、それから二度寝。
お昼近くまで爆睡。

撮り溜めしているドラマを観て、気が付けば14時過ぎ。
このままじゃ1日が終わってしまう。

買い物もあるし...........

って事で、慌てて身支度をして向かった先は

カインズホーム佐倉店ドッグラン


      20150111 カインズドッグラン01


カインズのドッグランは利用料無料。
ただし、同時に入れるのは5頭まで(今は6頭になったんだっけ?)
おまけに、1時間の時間制限付き。

時間がない時、ちょっとだけでもノーリードで遊ばせたい!
そんな時には重宝します。

いつも(平日)のこの時間帯なら、殆んど待ち時間なんか無いんだけど
良く良く考えたら、この日は日曜日。祭日でもある。

何と待ち時間50分。
今から、北総のドッグランに行くのも面倒だし............

仕方ないから、店内をぐるぐる回って、雑貨品の調達。


館内放送で呼ばれて、受付完了。

ドッグランに入場です。

      0150111 カインズドッグラン02


      0150111 カインズドッグラン03




いつものように、お決まりの匂い嗅ぎ。


フェンス周り、そして芝生へと徘徊します。

      0150111 カインズドッグラン05



びいすけ の背後で同じような行動をするパグ。

      0150111 カインズドッグラン04


このドッグランで何度も会っている、ガッツです。

      0150111 カインズドッグラン06




さすがに、日曜日。
そして、順番待ちをするだけあって、定員満員(満犬)。


ワンコよりも飼い主さんが気になる びいすけ 。

      0150111 カインズドッグラン07


ガッツの母さんに寄って行きます。

      0150111 カインズドッグラン08

せっかく、久しぶりにガッツに会ったんだから
ガッツと遊べばいいのに..............




こちらのドッグランにある唯一の遊具とも言えるドッグウォーク。


なぜか、こちらのドッグウォークが得意な びいすけ 。

      0150111 カインズドッグラン09

まぁ、ドッグウォークの上でポーズをすれば
オヤツが貰えるのを知っているから何ですけど..........


当然、オヤツをあげちゃうダメ飼い主。(笑)


オヤツを貰って、これ以上待っても貰えないと分かると
自ら下りる びいすけ 。

      0150111 カインズドッグラン10


      0150111 カインズドッグラン11


      0150111 カインズドッグラン12

そのあたりは、しっかりしていると言うか、
チャッカリしているようです。






遊び相手を探しているのか?
ドッグランを徘徊する びいすけ 。

      0150111 カインズドッグラン13



1頭気になるワンちゃんが居るようです。

      0150111 カインズドッグラン14



しかし、相手にされません。

って言うか、思い切り吠えられているし、
相手のワンちゃん、思い切り尻尾が下がっちゃってるし。

      0150111 カインズドッグラン15

どうやら、思い切り嫌われたようです。



わんこがダメなら、次の手があるさ!とばかりに
飼い主さんに近寄る びいすけ 。

      0150111 カインズドッグラン16



一応、私の顔色を伺ってはいるようです。

      0150111 カインズドッグラン17


そうこうしている内に、そろそろ利用時間の1時間になろうとしています。


さてさて、今日のドッグランは満足できたかな?







2015/02/09 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

北総花の丘公園ドッグラン  (2015年1月9日)(千葉県印西市) 

1月9日 公休日

個人的な連休2日目。

この日は、毎朝決まった時間になる目覚まし(4:45分)を
思い切り無視して9時過ぎに起床。
急いで びいすけ の朝の散歩、ご飯を済ませ
録り貯めしていたドラマを観ていたら正午近くになった。

さて、今日は午後からどうしよう...............?

こんな時は、無難にドッグランに行きましょう。

と言うことで、向かった先は 北総花の丘公園ドッグラン




ドッグランには13時ちょっと前に到着。

駐車場には、車が2台。
平日だし、お昼ちょっと過ぎだから
こんなモノでしょう。


ランに入ると、いつものようにフェンスや芝生の匂い嗅ぎから始まる びいすけ 。

      20150109北総04

      20150109北総01



先着のワンちゃんは3頭。

その内、1頭はビーグル。

      20150109北総11

この体型、顔つきはビオラちゃん?



でも、飼い主さんが違う。


でも、ビオラちゃんに見えるんだけどなぁ。


      20150109北総10



近寄って、匂いを嗅ぎあいます。

      20150109北総02


      20150109北総03





初めて会う飼い主さんと話をしたら
やっぱりビオラちゃん。

いつも連れて来る飼い主さんが今日は都合が悪く
近所の方が代理で連れて来たそうです。

う〜む、納得。


     

ビオラちゃんと遊ぶのかな?と思いきや、
トイプードルの飼い主さんを追いかけて吠える。
     
      20150109北総05

黒い服を着ているけど、怪しい人じゃないから
吠えてはいけません!!



初めて会うイタグレくんと追いかけっこでもすればいいのに
あっさりとした態度。

      20150109北総06



イタグレくんは、 びいすけ の事が気になっているみたいなんだけど...........。

      20150109北総07




当の びいすけ は、イタグレくんの飼い主さんが気になるようで、
近寄って背中を押し付けスリスリしています。

      20150109北総08



イタグレくんもヤキモチを焼いているのか?
負けじと自分の飼い主さんに甘えています。

      20150109北総09





どういう訳か?
いきなり、 びいすけ のスイッチが入った模様です。

      20150109北総12



激走モードに突入です。

      20150109北総13



走れ〜! もっと走れ〜!!

      20150109北総14



私の心の声が、そう叫んでいます。

      20150109北総15



激走モードの びいすけ がスローダウン。

      20150109北総16



ビオラちゃんを必死に誘っています。

      20150109北総17



おとなしく誘えばいいのに、
『ワン、ワン、ワン』と吠えながら誘うから
ビビってしまったビオラちゃんは固まり、尻尾も下がってしまいます。

      20150109北総18



ビオラちゃんにフラれ、ランを徘徊する びいすけ 。

      20150109北総19


      20150109北総20



誰かいないかな?
物色でもしているのか?

      20150109北総21



新たな来場者(犬)。
フレンチブルちゃん。

      20150109北総22



今度は、この子がターゲットのようです。

      20150109北総23



元々、このフレンチブルちゃんとビオラちゃんは相性が良いようで
2頭で遊んでいる中を、 びいすけ が乱入した形。

      20150109北総28




いつもは、追いかける方が多い びいすけ が
なぜか追いかけられて、勝手が違うよう。

      20150109北総24


      20150109北総25


      20150109北総26


2頭での追いかけっこが、
いつしか3頭での追いかけっこになっています。

      20150109北総27



その後、数頭の小型犬がフリーエリアに入って来て..........
      
『キャンキャン』と吠えながら輪の中に入ってきます。

      20150109北総29



どうも、小型犬の『キャン、キャン、キャン』と吠える声が
私も びいすけ も苦手。
輪の中から離れてしまいます。

      20150109北総30


さて、何だかんだと言いながらも1時間近くの時間が経ちました。
そろそろ『帰りたいオーラ』を発し、『帰りたいモード』に突入寸前の びいすけ 。

ちょっぴり風は冷たいし、タイミング的にもちょうど良い。
買い物もあるし、今日は(も?)早めの撤収となりました。




2015/02/08 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて..........第十番小学西大須賀校跡  (2015年1月8日)(千葉県成田市) 

1月8日 公休日

西大須賀城址から、車を停めている昌福寺まで
県道を歩いていました。

偶然、妙見神社を発見しましたが
その前にも偶然の発見をしました。

いきなり、目の前に現れた石柱。

      20150108 第十番小学西大須賀校跡02

第十番小学西大須賀校跡 と刻まれています。


えっ!
いきなり学校跡地の碑が目の前に現れるとは
正直、驚きです。


裏面を確認します。

      20150108 第十番小学西大須賀校跡01


明治8年に昌福寺の境内に開校されたようです。
そして、明治12年にこの地に校舎を建てて移設したようです。

その後の沿革については記載されていないので
ちょっぴり調べてみました。

ネットでそのままでは情報が得られず、
近隣にあった(平成26年廃校)滑河小学校を調べていたら
その沿革が分かりました。
( 滑河小学校の記事はこちら


明治8年に昌福寺の境内にて開校した第十番小学西大須賀校が
幾多の変遷を経て、成田市立滑河小学校となり
平成26年に廃校となったのです。


Wikipediaの滑河小学校の沿革によれば

明治8年西大須賀村昌福寺内に第18番小学西大須賀学校として設立。
明治20年 村立西大須賀尋常小学校に名称変更。
明治22年滑川、西大須賀、大菅、猿山の4ヶ村を合併し滑河町誕生。
明治23年 町立西大須賀尋常小学校に名称変更。
明治41年 西大須賀尋常小学校と猿山尋常小学校が統合、
滑河尋常小学校設立。

即ち、明治41年までは、この地に小学校があったことになります。



碑の建っている場所は駐車場です。

      20150108 第十番小学西大須賀校跡03


      20150108 第十番小学西大須賀校跡04



しかし、この一画は成田警察署滑川駐在所の敷地。

      20150108 第十番小学西大須賀校跡05

即ち、旧校地は駐在所に変貌していたと言うことです。


確かに、江戸時代から寺子屋としてお寺や神社で
子供達に教えてきた経緯がらあるから
明治5年の学制が定められた時には、
多くの寺院や神社の境内に学校が設立されてきました。

昌福寺の境内に学校が開校したのも知らなかったが
それが、後の滑河小学校になっていたとは
さらなる驚きでした。

偶然見つけた、学校跡地の碑。
そこは、最近廃校になった小学校の前身の跡地でもありました。



2015/02/07 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

西大須賀城址  (2015年1月8日)(千葉県成田市) 

1月8日 公休日

この日は、成田市(旧・下総町)の『しもふさ七福神』巡りを行う傍ら、
旧・下総町域の城址巡りを行っていました。

『しもふさ七福神』の昌福寺の駐車場に車を置いて
徒歩圏内の城址へと向かいました。

向かった先は..............西大須賀城址


西大須賀城は、
大須賀城(松子城)の西北方向の守りを固めるために築かれた城であったと推測されます。
成田市大室の円通寺に残る記録によれば、大須賀氏の臣、西大須賀宮内という者がいて、
彼が城主だったのではないかと言う説もありますが、
築城時期等を含め、詳しい事はよくわかっていません。



こちらが、西大須賀城の縄張り図。

      西大須賀城址縄張り図

              ( 余胡くんのホームページ よりお借りしました )



県道63号線からちょっと奥に入った耀窟神社がある台地が
西大須賀城址になります。

県道からちょっと奥まった位置にある鳥居をくぐって、
西大須賀城址の攻城開始です。

      20150108 西大須賀城址01



いきなり、急な石段。

      20150108 西大須賀城址02



しかも、長い。

      20150108 西大須賀城址03



さらに石段は続きます。

      20150108 西大須賀城址04


石段を上りきった所から、今来た石段を振り返って見ます。

それなりに深い切り通しになっています。

      20150108 西大須賀城址05



こちらが虎口にあたるのか?

この先は、耀窟神社。

      20150108 西大須賀城址06




こちらが、耀窟神社の本殿。

      20150108 西大須賀城址07



本殿背後から、利根川方面への視界は開けています。

      20150108 西大須賀城址08



本殿下の腰曲輪。

鬱蒼と竹が生い茂り、画面では分かりづらいけれど削平地。

      20150108 西大須賀城址09


幅は6mほど。

竹が無ければ、こんな感じ。
これなら腰曲輪っぽい。

      20150108 西大須賀城址11


腰曲輪から下へ降りていく道(?)がありますが
行かないほうが正解。

      20150108 西大須賀城址10

そのまま下っていくと、民家の庭に出るか?
それとも倉庫の裏に出るか?の選択肢。
いずれもちょっぴり(2m近い)段差があって大変です。

      

西大須賀城址遠景。

      20150108 西大須賀城址12



県道を車を停めた昌福寺までトボトボと歩いて行きます。


ふと、気になる横道を発見。

      20150108 西大須賀城址18


西大須賀城址のある台地へと繋がっているようです。

そして、その先には何やら祠があります。

      20150108 西大須賀城址17


狭い石段を上ってみると、何とそこには妙見社がありました。

      20150108 西大須賀城址13


      20150108 西大須賀城址14

って言うことは、千葉氏関連の城郭と言うことになります。



一気にテンションがヒートアップ。

      20150108 西大須賀城址15

西大須賀城址についても、情報は少なく
ネットで色々検索しても中々情報は得られません。

ましてや、こちらの妙見神社(妙見社)に至っては
殆んど触れられていない。

勝手に師と仰ぐ余胡さんのHPにも記載されていない妙見神社を発見して
何か、宝物を探し当てたような気分。

ただ、一つ気になるのは
妙見神社(妙見社)は千葉氏関連の城郭において
城の守り神として鬼門となる北東に祀られることが定説です。
しかし、西大須賀城址との位置関係をみると北東ではなく、
むしろ南西になるような気がするんだけど.............。



妙見社の脇に建っている小さな祠。

苔の生え具合いが何とも言えない。

      20150108 西大須賀城址16

残念なのは、書かれて(彫られて)いる文字が判読できない。
何の祠なのか? 正体不明です。


しかし、車を停めている昌福寺への足取りは軽くなりました...........。




     


      


2015/02/06 Fri. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

しもふさ七福神⑦  《 昌福寺 寿老人  》  (2015年1月8日)(千葉県成田市) 

1月8日 公休日

この日は成田市の『しもふさ七福神』巡りをしてきました。

『しもふさ七福神』は、千葉県の旧下・総町域(現・成田市域)に点在する6つの寺と
1つの牧場を七福神の札所に定めたもので、
旧・下総町が地域活性化事業の一環として、昭和61年に誕生しました。
7柱の神様をお参りすることで7つの幸福が授かるといわれています。
毎月7日が『しもふさ七福神』の御縁日です。

『しもふさ七福神』は

昌福寺(寿老人)
龍正院(毘沙門天)
眞城院(弁財天)
乗願寺(布袋尊)
成田ゆめ牧場(福禄寿)
常福寺(大黒天)
楽満寺(恵比寿)

と言うような構成になっています。



昨年末に、訪助崎城址へ訪れた際に車を停めるために立ち寄った乗願寺が
『しもふさ七福神』の一つでした。

年が明けて2015年。
この日は『しもふさ七福神』の残り6福神を巡ることにいたしました。

ここまでに6福神を巡り、『しもふさ七福神』も残すは一つ。

菊水山城址をあとにして、向かった先は 
成田市西大須賀にある 『しもふさ七福神』   昌福寺(寿老人)


寿老人は、星の化身で、不老不死の霊薬を持つと言われ、
長寿延命、富貴長寿の神として信仰されています。



県道63号線沿いにある昌福寺。

『しもふさ七福神』の看板も県道沿いに建っています。
裏を返せば、この看板が昌福寺の目印と言うことになります。

      20150108しもふさ七福神 昌福寺01



こちらが、昌福寺の山門。

      20150108しもふさ七福神 昌福寺02



昌福寺は昔より健康と長寿の神様として人々から広く崇敬されているそうです。
昌福寺は、浄土宗で本太蓮社良扇上人が開山されました。
本堂には、十間四面の総欅造りの天井に極彩色の百花の絵
、内陣欄間に龍などの彫刻を施してるそうす。




山門奥には、本堂。

      20150108しもふさ七福神 昌福寺07


この昌福寺、敷地内に保育園があり(月かげ保育園)、
ちょうど、園児が境内で遊んでいました。

園児の邪魔にならないように参拝。

      20150108しもふさ七福神 昌福寺08



こちらは、本堂に掲げられた扁額。

      20150108しもふさ七福神 昌福寺09




境内の片隅に鎮座している『しもふさ七福神』の寿老人。

      20150108しもふさ七福神 昌福寺03


      20150108しもふさ七福神 昌福寺05


      20150108しもふさ七福神 昌福寺04


      20150108しもふさ七福神 昌福寺06



これで、『しもふさ七福神』全て制覇。

今年も健康で、そして びいすけ に長寿を。
さらには、多いなる幸と福が舞い落ちてくることを期待しています。

(欲張り過ぎかなぁ?)(笑)




2015/02/06 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

菊水山城址  (2015年1月8日)(千葉県成田市) 

1月8日 公休日

この日は、成田市(旧・下総町)に出かけていました。

『しもふさ七福神』巡りの傍ら、城址巡りも行ってきました。

龍正院をあとにあいて向かった先は................菊水山城址



菊水山城は、別名を滑川城とも呼ばれ、
南北朝時代に南朝側の城として築かれた城らしいと言うことです。
詳細は明らかにされていませんが、戦国末期、織田左京大夫政治の居城とされ、
「常総軍記」等の軍書に登場する滑川の城が、この菊水山城とされています。


残念ながら、この菊水山城址は平成元年頃に城址のあった山ごと土砂取りのために
山ごと破壊されてしまったらしい。

龍正院の裏山にあった菊水山城址は、廃校となってしまった滑川小学校と
県道を挟んだ反対側にあったようです。
元々、墓地があったようですが、県道造成時にも墓地の一部が移転されたようです。


ご覧のように、城址のあった山(台地)は殆どなくなっています。

      20150108 菊水山城址02



今はただ雑草が生い茂る削平地となっています。

      20150108 菊水山城址01


      20150108 菊水山城址03
 


わずかに残る城址の面影。
県道脇のかつての登城路(?)

      20150108 菊水山城址04



行けるところまで行ってみましょう。

      20150108 菊水山城址05


登城路の左側に台地の一部が残っていますが
斜面のために上がれない。

柳営院の墓地の一部の脇を進みます。

      20150108 菊水山城址07




しばらく行くと、行き止まり。

この先から台地がすっかり無くなっています。

      20150108 菊水山城址07

この先から二郭、そして主郭へと続く台地があったようです。
しかし、現在はフェンスの先には何もありません。

時代の流れとはいえ、台地がそっくりなくなり
城郭遺構が全く壊滅してしまった菊水山城址。
20数年前の出来事ですが、残念ですね..........。







2015/02/05 Thu. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

しもふさ七福神⑥  《 龍正院 毘沙門天 》  (2015年1月8日)(千葉県成田市) 

1月8日 公休日

この日は成田市の『しもふさ七福神』巡りをしてきました。

『しもふさ七福神』は、千葉県の旧下・総町域(現・成田市域)に点在する6つの寺と
1つの牧場を七福神の札所に定めたもので、
旧・下総町が地域活性化事業の一環として、昭和61年に誕生しました。
7柱の神様をお参りすることで7つの幸福が授かるといわれています。
毎月7日が『しもふさ七福神』の御縁日です。

『しもふさ七福神』は

昌福寺(寿老人)
龍正院(毘沙門天)
眞城院(弁財天)
乗願寺(布袋尊)
成田ゆめ牧場(福禄寿)
常福寺(大黒天)
楽満寺(恵比寿)

と言うような構成になっています。



昨年末に、訪助崎城址へ訪れた際に車を停めるために立ち寄った乗願寺が
『しもふさ七福神』の一つでした。

年が明けて2015年。
この日は『しもふさ七福神』の残り6福神を巡ることにいたしました。

ここまでで都合5福神わ巡ったことになり、残りは2福神。
眞城院をあとにして、向かった先は 
成田市滑川にある 『しもふさ七福神』   龍正院(毘沙門天)

毘沙門天は、仏教四天王の一人で、
七福神中唯一武将の姿をしており融通招福の神として信仰されています。



こちらが、龍正院の寺号標

      20150108しもふさ七福神 龍正院01


龍正院は、坂東札所観音第28番目の霊場として知られています。
ご本尊は、十一面観世音菩薩で、脇侍として不動明王と毘沙門天が祀れています。
仁王門は国指定重要文化財。本堂、鰐口などは県指定文化財です。


こちらは龍正院の由緒書き。

      20150108しもふさ七福神 龍正院02



びいすけ の背後にあるのが、国指定重要文化財の仁王門。

      20150108しもふさ七福神 龍正院03


何やら、仁王門の前に人が集まっています。

      20150108しもふさ七福神 龍正院05


住職さんも不安気に見ているのか?

      20150108しもふさ七福神 龍正院04

どうやら、注連縄を取り替えているようです。

あれ?
注連縄って年末の12月28日までに取り替えるんじゃなかったっけ?



取材に来ていた成田市の広報の方の話では
ここ龍正院では古来より毎年1月8日に注連縄を取り替えるらしい。



賑々しい現場を尻目に本来の目的である
七福神巡りをしちゃいましょう。
      

見慣れた『しもふさ七福神』の看板。

      20150108しもふさ七福神 龍正院06



そして、こちらが『しもふさ七福神』の毘沙門天。

      20150108しもふさ七福神 龍正院07


      20150108しもふさ七福神 龍正院08


      20150108しもふさ七福神 龍正院09




毘沙門天の隣には、道祖神が祀られています。

      20150108しもふさ七福神 龍正院10



こちらが、龍正院の本堂。

      20150108しもふさ七福神 龍正院11


こちらは、千葉県の指定文化財らしいが
旧・下総町時代の説明看板だから、文字がカスれて読み辛い。

      20150108しもふさ七福神 龍正院12



本堂と びいすけ 。

      20150108しもふさ七福神 龍正院13




県道沿いに建ち並ぶ、宝筐印塔群。

      20150108しもふさ七福神 龍正院15


      20150108しもふさ七福神 龍正院14


こちらは、成田市の指定文化財らしい。
      
      20150108しもふさ七福神 龍正院16




そうこうしている内に、
仁王門の注連縄は無事取り替えられたようです。

      20150108しもふさ七福神 龍正院17



見事な注連縄です。

      20150108しもふさ七福神 龍正院18



これで『しもふさ七福神』の6福神を巡ったことになります。
残すはあと一つ。
この勢いで制覇しちゃいましょう。



2015/02/05 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

下総利根宝船公園  (2015年1月8日)(千葉県成田市) 

1月8日 公休日

この日は成田市(旧・下総町)へ出かけてきました。

『しもふさ七福神』巡りと数ヶ所の城址巡りの合間に立ち寄ったのは

     下総利根宝船公園


下総利根宝船公園は下総地区北部の田園地帯にあり、利根川と隣接している公園です。
芝生広場を横断する園路は、千葉県から太平洋に流れ出る利根川をイメージし、
利根川に架かる主な橋の名前を表示しています。
芝生広場中央には成田市を飛び石で型どり、下総地区のしもふさ七福神巡りにちなみ、
七福神をモチーフとしたモニュメントを配置しています。

芝生広場東側には、宝船をイメージした展望台があり、
利根川、筑波山、条件の良い日には富士山まで望むことができます。
また、展望台にはすべり台もあり子供も楽しむことができます。

              ( 成田市HP より抜粋 )


駐車場の端っこにある公園案内図。

      20150108 下総利根宝船公園01



でも、案内図が必要な広さのある公園じゃない。

      20150108 下総利根宝船公園02



旧・下総町は『しもふさ七福神』で町の活性化を図ろうとしたようです。
この公園にも『しもふさ七福神』の案内図がありました。

      20150108 下総利根宝船公園03


確かに公園の名前からして、七福神に関連ありそうな感じはしますが........


名称に因んだ宝船が見えます。

      20150108 下総利根宝船公園04



この公園の面白いところは、芝生の中に展開する遊歩道。
アスファルトの小径ですが、川の流れに見立てているようです。

      20150108 下総利根宝船公園31


遊歩道の所々にこんな標柱が建っています。

こちらは江戸川。

      20150108 下総利根宝船公園05


利根運河。

      20150108 下総利根宝船公園06


野田市関宿

      20150108 下総利根宝船公園07


鬼怒川。

      20150108 下総利根宝船公園08


利根川。

      20150108 下総利根宝船公園09

どうやら、この公園の名前の通り、野田市関宿からの利根川流域を表現しているようです。


手賀沼...........?

      20150108 下総利根宝船公園10

確かに、利根川流域である。



小貝川........?

      20150108 下総利根宝船公園11

茨城県の取手あたりになるのかな.....?



印旛沼

この辺りは聞きなれた地元。
何となく親近感を感じちゃいます。

      20150108 下総利根宝船公園12


ご存知、成田市。

      20150108 下総利根宝船公園17

やっぱり、この公園のお膝元だから登場しないとね。



横利根川って.........?

      20150108 下総利根宝船公園19

知らなかったなぁ。



常陸利根川?

      20150108 下総利根宝船公園20

これまた、知らなかった。



利根川の終点、銚子市。

      20150108 下総利根宝船公園22



そして、太平洋。

      20150108 下総利根宝船公園21


利根川流域の繋がりが、何となくわかったような気がします。



公園中央には、七福神のモニュメント

      20150108 下総利根宝船公園13



左から、弁財天、大黒天、恵比寿。

      20150108 下総利根宝船公園14



同じく、福禄寿、布袋尊。

      20150108 下総利根宝船公園15



同じく、毘沙門天、寿老人。

      20150108 下総利根宝船公園16

要は、この公園に七福神が集まっています。




そして、その七福神が乗って宝を運んでくる宝船。

      20150108 下総利根宝船公園18


近寄って見ると、かなりデカい。

      20150108 下総利根宝船公園27


裏に回ってみると、意外や意外。
階段があって展望台になっています

      20150108 下総利根宝船公園23


上ってみると、こんな感じ。

      20150108 下総利根宝船公園26



利根川の展望が広がります。

      20150108 下総利根宝船公園25



宝船のお宝ならぬ、 びいすけ にとってのお宝のオヤツにしましょう。

      20150108 下総利根宝船公園28


      20150108 下総利根宝船公園29


      20150108 下総利根宝船公園30



さぁ、英気を養ったことだし、『しもふさ七福神』巡りを続けましょう....................




2015/02/04 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

しもふさ七福神⑤  《 眞城院 弁財天 》  (2015年1月8日)(千葉県成田市 

1月8日 公休日

この日は成田市の『しもふさ七福神』巡りをしてきました。

『しもふさ七福神』は、千葉県の旧下・総町域(現・成田市域)に点在する6つの寺と
1つの牧場を七福神の札所に定めたもので、
旧・下総町が地域活性化事業の一環として、昭和61年に誕生しました。
7柱の神様をお参りすることで7つの幸福が授かるといわれています。
毎月7日が『しもふさ七福神』の御縁日です。

『しもふさ七福神』は

昌福寺(寿老人)
龍正院(毘沙門天)
眞城院(弁財天)
乗願寺(布袋尊)
成田ゆめ牧場(福禄寿)
常福寺(大黒天)
楽満寺(恵比寿)

と言うような構成になっています。



昨年末に、訪助崎城址へ訪れた際に車を停めるために立ち寄った乗願寺が
『しもふさ七福神』の一つでした。

年が明けて2015年。
この日は『しもふさ七福神』の残り6福神を巡ることにいたしました。

大和田城址をあとにして、向かった先は 
成田市高岡にある 『しもふさ七福神』   眞城院(弁財天)


弁財天は、七福神中、唯一の女神であり、
知恵財宝、愛嬌縁結びの徳があると言われています。



こちらが眞城院の寺号標

      20150108しもふさ七福神 眞城院01


眞城院は、高岡山瑞泉寺眞城院。天台宗のお寺です。
本尊は阿弥陀如来 特に善女人の信者が多く、弁財天御宝前に護摩供を修し、
開運延命、家内安全、商売繁盛、諸願成就を祈願しています。
5月には弁財天が祀られているお堂の周りに藤の花が美しく咲くそうです。




眞城院の参道。
びいすけ の背後に見えるのが山門。

      20150108しもふさ七福神 眞城院02



こちらが山門。

      20150108しもふさ七福神 眞城院03



そして、本堂。

      20150108しもふさ七福神 眞城院04


境内をぐるっと回って、七福神を探しましたが見つかりません。
墓地の奥にも目を凝らしましたが見つかりません。


何のことはない。
国道356号線を挟んだ反対側に眞城院の弁天堂があり
そちらに七福神はありました。

この辺り(旧・下総町高岡)は高岡陣屋がらあった場所。
その陣屋の名残りである堀跡が弁天堂の脇にありました。

      20150108しもふさ七福神 眞城院05


      20150108しもふさ七福神 眞城院11



こちらが、『しもふさ七福神』の看板。

      20150108しもふさ七福神 眞城院06

七福神のいずれも、こんな形で案内されているようだから
分かりやすくて良い。


こちらが、『しもふさ七福神』の弁財天。

      20150108しもふさ七福神 眞城院07


      20150108しもふさ七福神 眞城院09


      20150108しもふさ七福神 眞城院08


      20150108しもふさ七福神 眞城院10



これで『しもふさ七福神』の内、5福神を見て回ったことになります。
残すは2福神。
頑張りましょう!

って言ってもモデルコースは滑川駅から徒歩にて、
全行程約17km。
もっとも車での移動だから、楽って言えば楽なんですけどね........(笑)。




   



2015/02/03 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

大和田城址  (2015年1月8日)(千葉県成田市) 

1月8日 公休日

この日は『しもふさ七福神』巡りの傍ら、
成田市の城郭巡りもしてきました。


『しもふさ七福神』の楽満寺をあとにして
向かった先は.................大和田城址


成田市大和田(旧・下総町大和田)にある龍安寺の背後の山が大和田城址と言うことです。


大和田城の築城時期等の詳細は明らかではありませんが
大和田氏の先祖は鎌倉幕府執権の北条氏であったとされています。
北条時頼の子である北条時宗の弟宗頼が、下総国大和田に所領をもらい、
この地に土着して大和田氏を名乗るようになったと言われています。


こちらが、大和田城の縄張り図。

      大和田城址縄張り図


                 ( 余胡くんのホームページ よりお借りしました。)



こちらが龍安寺。

寺号標の前でパチリ☆。

      20150108大和田城址15



そして、山門前でパチリ☆。

      20150108大和田城址11


山門前で写真を撮っていたら、龍安寺の奥さんが出て来られてきたので
少しお話をさせていただきました。

大和田城の事を尋ねたら、以前にも何人かが同じような事を言っていたけど
『何もない竹藪だよ』と言われました。
確かに、余胡さんのHPにも同じような事が書かれていました。
裏山(竹藪)に入る事への許可をいただき、攻城開始です。


こちらが、登城口。

      20150108大和田城址01


そして、すぐに三方を囲まれた枡形にぶつかります。

      20150108大和田城址02



枡形の脇の斜面を竹を避けながら、よじ登ります。

      20150108大和田城址03



斜面を上がりきって、そらに進めば、やがて主郭。

こちらは、主郭の土塁。

      20150108大和田城址04



主郭も一面竹だらけの竹藪。

      20150108大和田城址05


      20150108大和田城址06

仕方ないので、主郭から二郭へと移動します。

主郭と二郭を隔てる堀切。

      20150108大和田城址07


この堀切。
以外に深い。

      20150108大和田城址08



竹があって、深さ、大きさが画像では上手く伝わらないようです。

      20150108大和田城址09


     
びいすけ の背後の堀切が竪堀のようになっています。

      20150108大和田城址13

怖る怖る、堀切を下って行きます。

      
20150108大和田城址12


     
堀切を下りきった登城路の入口。

      20150108大和田城址14

龍安寺の方には何も無いと言われていましたが
枡形はあるし、土塁も一部残っている。
そして見事な堀切も残っている。

竹藪化が激しい大和田城址ですが、筍取りの導線は綺麗に伐採されていて
本堂裏からは、堀切へも容易に辿り着ける。


探索を終え、本堂脇から眺める大和田城址。

      20150108大和田城址10


龍安寺の方には何も無いと言われていましたが
枡形はあるし、土塁も一部残っている。
そして見事な堀切も残っている。

竹藪化が激しい大和田城址ですが、筍取りの導線は綺麗に伐採されていて
本堂裏からは、堀切へも容易に辿り着ける。

そして、何よりも普通の人が何も無いと言う場所で
城郭遺構をはっきりと認識できた自分自身の城郭マニア度(?)に
ちょっぴり鼻が高くなったりして............(笑)。


2015/02/02 Mon. 03:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

しもふさ七福神④  《 楽満寺 恵比寿 》  (2015年1月8日)(千葉県成田市) 

1月8日 公休日

この日は成田市の『しもふさ七福神』巡りをしてきました。

『しもふさ七福神』は、千葉県の旧下・総町域(現・成田市域)に点在する6つの寺と
1つの牧場を七福神の札所に定めたもので、
旧・下総町が地域活性化事業の一環として、昭和61年に誕生しました。
7柱の神様をお参りすることで7つの幸福が授かるといわれています。
毎月7日が『しもふさ七福神』の御縁日です。

『しもふさ七福神』は

昌福寺(寿老人)
龍正院(毘沙門天)
眞城院(弁財天)
乗願寺(布袋尊)
成田ゆめ牧場(福禄寿)
常福寺(大黒天)
楽満寺(恵比寿)

と言うような構成になっています。



昨年末に、訪助崎城址へ訪れた際に車を停めるために立ち寄った乗願寺が
『しもふさ七福神』の一つでした。

年が明けて2015年。
この日は『しもふさ七福神』の残り6福神を巡ることにいたしました。

常福寺をあとにして、向かった先は 
成田市中里にある 『しもふさ七福神』   楽満寺(恵比寿)



恵比寿は、七福神唯一の日本の神様で、
漁業・商売繁盛の神として信仰されています。



こちらが、楽満寺の入口。

      20150108しもふさ七福神楽満寺01

楽満寺は、臨在宗(妙心寺派)のお寺。
本尊は安産子育の如意輪観世音菩薩。春日作。
源頼朝、実朝の母堂の守り本尊といわれています。



こちらにも、常福寺にあったような説明看板が建っていました。

      20150108しもふさ七福神楽満寺02



そして、その横には『しもふさ七福神』の看板。

      20150108しもふさ七福神楽満寺03



そして、こちらが『しもふさ七福神』 恵比寿。

      20150108しもふさ七福神楽満寺04


      20150108しもふさ七福神楽満寺05


      20150108しもふさ七福神楽満寺06




七福神の先には、楽満寺の仁王門。

      20150108しもふさ七福神楽満寺07




仁王門脇の鐘楼

      20150108しもふさ七福神楽満寺08



そして、こちらが本堂。

      20150108しもふさ七福神楽満寺09



本道に掲げられた扁額

      20150108しもふさ七福神楽満寺10




ネットで、この楽満時のことを調べていたら
どうやら、この楽満寺は子宝に授かる寺らしい。

「子供が欲しいのでお茶碗を貸して」と言うと、
母親になる人(なった人)が飲んだ茶碗を貸してくれるそうです。
その茶碗で毎日お茶を飲むと授かるそうです。

要は、このお寺で子宝を授かるよう祈願をしてもらうと
茶碗を貸してくれるらしい。
その茶碗で毎日お茶を飲むと、子宝に授かるらしい。

そして子宝に授かったら茶碗を返しに行くわけですが
その時に新しい茶碗を一緒に収めるらしい。
その収めた茶碗を次なる祈願者に貸し出すといったシステムのようです。

なかなかユニークなお寺と言っていいのだろうか?

世の中知らなかったことも多いようです...................




2015/02/01 Sun. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

名木城址  (2015年1月8日)(千葉県成田市) 

1月8日 公休日

個人的な連休初日。

この日は『しもふさ七福神』巡りの傍ら、
成田市の城郭巡りもしてきました。


『しもふさ七福神』の常福寺から徒歩圏内にある
名木城址 へ立ち寄ってみました。



名木城は、築城時期等は定かではありませんが、
伝承によれば、城主は芝山弾正という者で、
天文21年(1551年)、久留間丹波守という者と戦って敗れ、
この地で死亡したと言うことです。
しかし、これらについての詳細は不明であり
一説によれば、神崎城、あるいは大須賀城の支城であった可能性もあるようです。



こちらが、名木城の縄張り図

      名木城址縄張り図

            ( 余胡くんのホームページ よりお借りしました )



常福寺前の細い道を南西に行けば、
やがて緩やかな下りとなり、八津を挟んだ対面に
地元では「城山」と呼ばれる台地があり、そちらが名木城址と言う事で
車で向かったら、いきなり圏央道の造成工事。


谷津を埋め、道路を建設中。

      20150108名木城址01


縄張り図の雰囲気とかなり違うため、詳しい場所がわからず
同じ道を何度も車で徘徊していました。

日向ぼっこをしていた地元の御老人に「城山」の場所を教えていただき、
何とか辿り着けました。

こちらが、登城路。
まさに、ギリギリの所を圏央道が走ることになります。

      20150108名木城址02



ちょうど、ブルドーザーの裏手の茂みの中にある祠。

      20150108名木城址03

余胡さんの縄張り図にも、この祠は記載されています。



登城路も工事用の重機で広げられ、
往事の面影はかなり薄れてしまっているようです。

      20150108名木城址04



こちらが、城内。
この辺りまで、工事用の車が入ってきたようで
轍の跡もくっきりと残っています。

      20150108名木城址05


虎口になるのか?
主郭下の帯曲輪手前の土塁。

      20150108名木城址06


かなり埋もれているが、帯曲輪の空堀。

      20150108名木城址07



こちらは、帯曲輪。

      20150108名木城址08



主郭に上がる道(主郭虎口)を探して、帯曲輪をぐるっと歩きます。

      20150108名木城址09



結局、帯曲輪から主郭へと続く導線を見つけられず、
主郭は断念することに..........

      20150108名木城址10



いっその事、 びいすけ を担いで、斜面を登っちゃおうか?とも考えましたが
今日はまだまだいっぱい巡る予定なので無理は禁物。

おとなしく撤退することにしました。


城山そのものが削り取られるような事や、城址が破壊されることは免れましたが
圏央道の工事現場に隣接し、ギリギリ残ったと言う感が強い。


城山(名木城址)が辛うじて残った事を
良し!とすることにしよう.............。



2015/02/01 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit