FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

北条氏館跡 (2014年11月25日)(静岡県伊豆の国市) 

11月25日 公休日

11月25日、26日と個人的な連休を利用して伊豆に旅行に行きました。

今回は伊豆の国市を中心に色々と巡ってみました。


堀越御所跡から歩いて向かった先は.............北条氏館跡


北条氏館(北条氏邸)は鎌倉幕府の執権として活躍した北条氏の館があった場所です。

元弘ニ(1333)年、鎌倉幕府の滅亡後、北条一族の妻や娘たちは鎌倉から韮山に戻りました。そして、一族の中の円成尼という女性が中心になって、邸宅の跡に寺院を建て、北条氏の冥福を祈ったのが円成寺です。円成寺は室町時代にも尼寺として続き、江戸時代まで続いたことが分かっています。


北条氏邸跡は北条氏が鎌倉に本拠地を移すまでの館跡と北条氏滅亡後の円成寺跡が発見され、北条氏の興亡を物語る遺跡として国指定史跡に指定されました。



堀越御所跡の入口の向いに建つ、北条政子産湯の井の碑。

      20141125北条氏館跡01



民家脇の道を100mも歩けば、北条政子産湯の井があります。

      20141125北条氏館跡02


      20141125北条氏館跡03



井戸を覗いて見ましたが、草が生えてて、よく見えませんでした。

      20141125北条氏館跡04


北条政子の産湯の井から300mほど歩けば、北条氏館跡。
こちらにも、説明板や案内板が建ち並んでます。

      20141125北条氏館跡05



北条氏館(北条氏邸)跡の碑。

      20141125北条氏館跡06


城郭ファンのサイトを見てみると、この碑の紹介がないから
どうやら、最近建てられたモノのようです。

      20141125北条氏館跡07



元々は、源頼朝の妻、北条政子の父である北条時政

      20141125北条氏館跡08



こちらも広大な敷地だったようですが、一部は民家となっていて
遺構らしきモノは皆無と言っていいようです。

      20141125北条氏館跡09



堀っぽく見えるけれど、単なる小川かもしれません。

      20141125北条氏館跡10



秋深し。
こちらも銀杏の葉が艶やかに黄色く色づいています。

      20141125北条氏館跡11



びいすけ の背後は守山。

      20141125北条氏館跡12



堀越御所の詰めの城とも言われた守山城址となります。

      20141125北条氏館跡13



鎌倉幕府を興した源頼朝。
14歳で伊豆に流刑にされ、蛭ケ小島で17年が過ぎ、
地元の豪族である北条氏の嫁をもらいます。
この嫁がのちの尼将軍北条政子です。
その政子の父親が北条時政。
韮山の目代山木兼隆に政子を嫁がせようとしていましたが、
これを嫌った政子は館を抜けだし、頼朝のもとに行ってしまいます。

山木判官の追求を恐れた二人は伊豆山権現に逃げ込み保護を受けます。
一方の時政は、平家の行く末を鑑み、山木兼隆から頼朝に鞍替えし結婚を許します。

その後、頼朝は北条氏館に住み、政子は子を授かります。
やがて期は熟し頼朝が挙兵し、山木兼隆を討つことになります。
平家討伐に頼朝の家臣として奔走し、また鎌倉幕府では有力御家人として参画し、
頼朝死後は幕府の執権として活躍した北条氏。
その北条氏の原点がここにあったのでしょう。

この地もそう言った意味では源頼朝の所縁の地のようです。

最近は、頼朝にハマっているなぁ............(笑)。



スポンサーサイト



2014/12/16 Tue. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

堀越御所跡 (2014年11月25日)(静岡県伊豆の国市) 

11月25日 公休日

11月25日、26日と個人的な連休を利用して伊豆に旅行に行きました。

今回は伊豆の国市を中心に色々と巡ってみました。


蛭ケ小島をあとにして、向かった先は.............堀越御所跡



室町時代、幕府は京都にあり、遠く離れた関東を統治するために
鎌倉に鎌倉府が置かました。その鎌倉府の長官が鎌倉公方と呼ばれ、
関東八カ国に伊豆・甲斐を加えた10カ国を統治していました。
しかしながら、鎌倉公方五代目の足利成氏は、
補佐役である関東管領の上杉憲忠と対立してしまい、
1454年に上杉憲忠を暗殺してしてしまったことから
足利氏と上杉氏との合戦が起こってしまいました。

室町幕府は上杉氏を支持し、成氏討伐を行います。
その結果、成氏は古河に逃れ『古河公方』と称するようになります。

1457年、室町幕府の8代将軍足利義政は、古河の成氏に対抗するため、
異母兄の足利政知を鎌倉公方にすることにします。
政知は渋川義鏡と上杉教朝を伴って京都から鎌倉へ向かいますが、
足利成氏の勢力が強大で鎌倉には入ることが出来ず、伊豆の堀越に留まり、
『堀越公方』と呼ばれます。

1482年、幕府と成氏は、関東を成氏が、伊豆を政知が治めることで和睦している
これにより成氏の鎌倉公方としての地位が承認される形となり、
堀越公方は伊豆国のみを支配することとなりました。

1491年、堀越公方の政知が死去すると、子の茶々丸が後継者となりました。
茶々丸は政知の嫡男として誕生したが、素行不良のため牢に閉じこめられていました。
そのため政知は弟の潤童子を後継と定めていたが、茶々丸は、潤童子と継母(潤童子の母)を殺害して
堀越公方となってしまいました。
さらに、茶々丸は家老の外山豊前守を誅殺するなどの事件を起こし、伊豆国内に内紛を起こしてしまいます。
 
この機に乗じたのが駿河国興国寺城の北条早雲です。
1493年、小田原北条氏の始祖である早雲は、伊豆に攻め入り
堀越御所を攻略し、事実上堀越公方を滅亡させてしまいます。

わずか二代、36年で堀越公方は滅亡してしまいました。




こちらが、堀越御所跡。

      0141125堀越御所跡04


      0141125堀越御所跡05

一部は伊豆の国市の土地となっていますが、
周辺は私有地や住宅地であり、本格的な整備や調査が実施できない状態になっています。
一部が発掘調査されましたが、埋めされて現在は更地となっています。

いずれ、歴史公園にでもなるのでしょうか?
やたらと入口に説明看板が並んでいます。


その中の一枚。
堀越御所の縄張りが記された説明看板。

      20141125堀越御所跡01

それなりに広大な敷地だったようですが、全てを発掘調査したわけではないので
現地の説明看板には『伝堀越御所跡』と記されているようです。



この辺りは、堀越御所以外に北条氏館跡があったりと
守山中世史跡群として、伊豆の国市も力を入れているようです。

      0141125堀越御所跡02


      0141125堀越御所跡03




確かに広い更地。

      0141125堀越御所跡06


何もない

      0141125堀越御所跡07


今のままでも、十分に公園と言っても通用しそうです。

      0141125堀越御所跡08


      0141125堀越御所跡09




この辺りは、以前は電源開発の韮山保養所だったところ。
現在は、どこが管理しているのだろうか?

堀越御所には七つの石が置かれていたそうです。
その中の一つ、亀石。

      0141125堀越御所跡10

亀の形をしているから、亀石と呼ばれたそうです。

根元が折れて、草むらに転がっていた説明看板。
亀石の脇の木に立て掛けておきました。

      0141125堀越御所跡11


もう一つ、鶴石と言うのがあるらしいけれど
そちらは見つかりませんでした。


広い敷地内。
銀杏の葉が艶やかに色付いていました。

      0141125堀越御所跡12


堀越御所跡周辺には中世の史跡が多いから
次なる史跡に歩いて行きましょう..................。

2014/12/16 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit