FC2ブログ

10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

甚兵衛の渡し  (2014年10月12日)(千葉県成田市) 

10月12日 公休日

個人的な連休の2日目。
北総のドッグランをあとにして、まっすぐ自宅へ帰るつもりだったのだが
ちょっぴり機が変わり、印旛日医大駅前から旧・印旛沼を抜け
成田市方面に車を走らせました。

向かった先は.........甚兵衛の渡し

甚兵衛」の渡しとは

それは江戸時代前期のことです。
当時、この辺りは佐倉藩の領地で、領民は佐倉藩の重税に苦しんでいました。
義民、佐倉惣五郎は、佐倉藩による重税の過酷さを徳川将軍に直訴した人物です。
当時、将軍に直訴することは死罪にあたり、
直訴した結果、佐倉惣五郎とその家族は死罪になってしまいました。
しかし、佐倉藩の領民は過酷な重税から解放され、惣五郎に感謝し、
彼に縁のある土地に多くの記念碑が建てられました。

甚兵衛の渡しも、その一つです。
甚兵衛という人物は、佐倉惣五郎が江戸に直訴に行く際に、
惣五郎を小舟に載せて印旛沼を渡し、対岸の吉高に送り届けました。
惣五郎は、佐倉藩の厳しい監視を潜り抜けることが出来、江戸へと向かうことが出来ました。

しかし、自分のやったことが佐倉藩に見つかってしまった場合、
甚兵衛は捕まって家族共々投獄されてしまいます。
そうなることを恥じた甚兵衛は、自ら印旛沼に身を投げたと伝えられています。




こちらが、甚兵衛の渡しの標柱。

成田市って文化財に対する認識が高く
こうやって記念碑や標柱を設置してくれています。

      20141012甚兵衛渡し01

この甚兵衛の渡しは、甚兵衛公園としても整備されています。

先ずは、田んぼの脇を通って印旛沼の湖畔に行ってみましょう。


かつて、重い年貢で苦しめられた領民は、新田開拓と言う名の御旗の元に
この地を開拓して水田を拡げて来ました。

昔の印旛沼はもっと広かったと思うけれど
今は、かなり開拓で埋められて水田となっています。


      20141012甚兵衛渡し02



ロングリードの びいすけ 。
匂いをクンクンと嗅ぎながら、
あっちに行ったり、こっちに行ったり。

      20141012甚兵衛渡し03



こちらが、現在の印旛沼。

      20141012甚兵衛渡し04


      20141012甚兵衛渡し05


      20141012甚兵衛渡し006

      20141012甚兵衛渡し07


      20141012甚兵衛渡し08



目の前を小さなボートが過ぎ去って行きます。
きっと漁業関係の人なんだろうなぁ。

対岸が、惣五郎と甚兵衛が渡った吉高の地。

      20141012甚兵衛渡し09





再び、田圃の脇を歩いて行きます。

      20141012甚兵衛渡し11



鷺が何羽も舞い降りていました。

      20141012甚兵衛渡し10





しばらく歩いて、今回の目的の場所に着きました。


しかし、..................。

着いてびっくり。

      20141012甚兵衛渡し12



甚兵衛公園のコスモスを楽しみにしていたのですが、
時期が悪かった。いや、遅かった。

      20141012甚兵衛渡し13


ほとんど、コスモスは散っていて
わずかに咲き残った花を眺めるだけ。


確か毎年10月の10日過ぎあたりが、見頃だと思っていたんふだけれど.........

      20141012甚兵衛渡し14

いやぁ〜、残念。
もっと早く来れば良かったなぁ。





コスモス畑の前に建つ、甚兵衛の供養塔(堂)

周りには数基の石碑も建っています。

      20141012甚兵衛渡し15


こちらが、甚兵衛の碑。

      20141012甚兵衛渡し16


供養塔(堂)の裏にある(R464沿い)にも新しく建てられた甚兵衛の碑があります。

      20141012甚兵衛渡し24


そして周辺には大きな松の木が建ち並びます。

      20141012甚兵衛渡し23



この松の木が立ち並ぶのは、『水神の森』と呼ばれ、成田市史跡に指定されています。

      20141012甚兵衛渡し21


別名、『甚兵衛の森』とも呼ばれ、
昭和58年に 日本の名松百選 に選ばれたということです。

      20141012甚兵衛渡し22



確かに、立派な松が立ち並んでいます。

      20141012甚兵衛渡し25



そして、こんな説明看板も建っています。

      20141012甚兵衛渡し20

この場所は、 県立印旛沼自然公園 でもあるらしい


よくよく調べてみると、正確には 県立印旛手賀自然公園  として
印旛沼・手賀沼地区を包括して区域指定しているようです。

とにかく、 県立印旛沼自然公園 であり、甚兵衛の渡し であり、
水神の森 であり、 甚兵衛の森 であり、 甚兵衛公演 でもある。
う~ん、
何とも、ややこしい....................・




しかし、年月の流れか?
はたまた、酸性雨? それとも大気汚染?
単なる虫食いなのか?

その立派な松が1本伐採されていました。

      20141012甚兵衛渡し18


      20141012甚兵衛渡し19


      20141012甚兵衛渡し17



春には、菜の花が咲き乱れ
秋には、コスモスが咲き乱れる甚兵衛の渡し(甚兵衛公園)

そして、その一画には松の木の景勝地。

これ以上、この松の木が枯れてしまわないこと、
伐採しなければならないことが無いことを願いたい............。








スポンサーサイト



2014/11/06 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit