FC2ブログ

08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

にっこう へ いこう ⑥        《 華厳の滝 》                      (2014年8月22日)(栃木県日光市) 

8月22日 公休日

8月22日〜23日。
1泊2日で日光に出掛けてきました。

日光には幾多の滝があり、
日光三名瀑や奥日光三名瀑と言ったメジャーな滝も多い。

特に日光と言ったら、華厳の滝というぐらい華厳の滝は有名です。

やっぱり日光に来たら、華厳の滝は外せません。
という訳で  華厳の滝  に訪れてみました


華厳の滝は「日本三大瀑布」ですが、
さらに「奥日光三名瀑」でもあり、
「日光三名瀑」でもあります。


日本三大瀑布は、和歌山県の那智の滝、茨城県の袋田の滝、
そして、ここ栃木県の華厳の滝となっています。

ちなみに、奥日光三名瀑は、湯滝、竜頭ノ滝、華厳の滝となり、
日光三名瀑は、霧降の滝、裏見の滝、華厳の滝となっています。


駐車場入口に建つ立派な看板。


      20140822華厳の滝01



さあ、華厳の滝を見に行きましょう。


滝壺まではエレベーターで降りれるようですが
犬連れは不可。

犬連れは観瀑台から眺めることといたしましょう。


      20140822華厳の滝02




こちらが、華厳の滝


      20140822華厳の滝03

さすが、日本の三名爆。

ちなみに、日本の三名瀑は
和歌山県の那智滝
茨城県の袋田の滝
そして、ここ日光の華厳の滝となっています。


      20140822華厳の滝04




こちらが、華厳の滝の落ち口、


      20140822華厳の滝05



どうやら、滝の左側には小さな流れがあるようです。


      20140822華厳の滝06



望遠で目一杯寄ってみます(200mm)


      20140822華厳の滝07

滝壺近くだとこちらの流れもはっきり見えるのでしょうか.......?



危険防止のフェンスがあるから、ここも びいすけ とのコラボは難しい。

      20140822華厳の滝08


      20140822華厳の滝09


      20140822華厳の滝10


何より見学者が次から次へと来るので
撮影スポットを専有できません。

次に待っている人もいるから、早々に引き上げます。



駐車場に戻る前に売店をチェックしちゃったりします。
日光は湯波が有名です。
日光のゆばは『湯葉』と書かずに『湯波』と書くそうです。
二重で引き上げるため、ボリュームがあるそうです。

さすが、ゆばの名産地。

ゆばをアレンジしたこんあB級グルメの看板を見かけます。


      20140822華厳の滝11


      20140822華厳の滝12



前日から、お腹の調子が今一歩だったため。油物はパスして
こんな看板に惹かれちゃいました。


      20140822華厳の滝13



華厳の滝名物(?)  けごんだんご  1本150円也。


      20140822華厳の滝14



びいすけ も狙っていますが、団子はダメ~!!


      20140822華厳の滝15


喉に詰まっちゃうよ!!

さすがのダメ飼い主も、こればっかりはあげません。


      20140822華厳の滝16



素朴な味というか、甘ったるくなく醤油の焦げる匂い
やっぱり団子は、こうじゃなくっちゃ!


      20140822華厳の滝17

小腹も満たされ、心もお腹も満足。



湯滝、竜頭ノ滝と見て回ったので、
この華厳の滝で奥日光三名瀑は制覇したことになります。

日光三名瀑は華厳の滝と裏見の滝と霧降の滝。
こうなりゃ、日光三名瀑も制覇しちゃいましょう..........!?










スポンサーサイト



2014/09/14 Sun. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

にっこう へ いこう ⑤        《 竜頭の滝 》                   (2014年8月22日)(栃木県日光市) 

8月22日 公休日

8月22日〜23日。
1泊2日で日光に出掛けてきました。


日光には幾多の滝があり、
日光三名瀑や奥日光三名瀑と言ったメジャーな滝も多い。

奥日光三名瀑は、湯滝、竜頭ノ滝、華厳の滝となっています。

その中の一つ、 竜頭ノ滝 に訪れてみました。


竜頭滝(りゅうずのたき)は、栃木県日光市にある滝。
奥日光地域を代表する滝の一つで、
華厳滝、湯滝と共に奥日光三名瀑のひとつとされている。

湯ノ湖に端を発し戦場ヶ原を流れ下ってきた湯川の末流にかかる滝。
長さ約210mの急斜面を途中で二手に別れ、まるで大岩を噛むように豪快に流れ下る。
「竜頭」の名前は、二枝に分かれた滝を正面から見た姿を龍の頭に見立てたものとされ、
二手の流れを髭に見立てたとも、中央の岩を頭部に見立てたとも言われる。

滝は下流側正面の観瀑台から眺めるのがよいと言われるが、
東側面には散策路があり、急流状になっている滝を側面から見ることもできる。
かつては上流部の一部を龍雲滝(りゅううんたき)と呼び分け、
滝下流部と区別していた時期もあったという。

竜頭の滝の黒々とした岩壁は、男体山の火山活動の末期に噴出した
デイサイト質の軽石流が形成したもので、
かつて巨大な湖だった戦場ヶ原を埋め尽くしたものがここまで流れ下ってきたものである。
滝を下った湯川はすぐ下流で地獄川の右支流となり、0.5km先で中禅寺湖に流入している。

新緑やツツジ(トウゴクミツバツツジ)の咲く季節、紅葉の景観が見頃であると言われ、
その時期には観光客で賑わう。奥日光一帯では紅葉が訪れる時期が最も早い場所でもある。




戦場ヶ原から中禅寺湖へと車を走らせていると
下り坂の途中に無料駐車場があり、湯川沿いに遊歩道があります。
駐車場に車を停め、湯川沿いに遊歩道を歩きます。


やがて、いきなりこんな看板と遭遇します。

川の流れだと思っていたら、竜頭の滝の流れは、このあたりから始まっているようです。


      20140822竜頭の滝01


      20140822竜頭の滝02


      20140822竜頭の滝03


      20140822竜頭の滝04



このあたりは、直下瀑ではありませんが
確かに、この流れは滝ですね


      20140822竜頭の滝05


      20140822竜頭の滝06




遊歩道をそのまま下っていくと、やがて茶店のある滝壺近くに到着します。


茶店の奥に観瀑台がありますが、犬連れでは入れないと思って最初は躊躇していました、
仕方ないので、遊歩道とは湯川を挟んだ対岸の斜面を上って
水の流れを確認してみました。


      20140822竜頭の滝07

さすがに、上から見ても滝のイメージがつかみづらい。



200mmの望遠で遊歩道側の直瀑を覗いてみます


      20140822竜頭の滝10




気がつくと、一緒に斜面を上がってくると思っていた もyっちゃん が居ない?
どこに行ったのか?

探していると、どうやら茶店の人に犬を連れて入っていいのか?と確認してくれたようです。

遠慮がちに、茶店の奥の観瀑台へ向かいます。



こちらが、観瀑台からの竜頭の滝。

二手の流れが竜頭の滝の特徴です。


      20140822竜頭の滝0



こちらが向かって右手の流れ


      20140822竜頭の滝09



こちらが、向かって左手の流れ


      20140822竜頭の滝08



危険防止の柵があるから、竜頭の滝と びいすけ とのコラボは難しい


びいすけ を抱っこして竜頭の滝とコラボってみましょう。


      20140822竜頭の滝11


      20140822竜頭の滝12


      20140822竜頭の滝13



観瀑台でひとしきり竜頭の滝を満喫して帰ろうとすると
目の前に気になるポスター...................


      20140822竜頭の滝14


ゆばソフト.............?

確かに湯葉は日光の名産品。
これは口にしなくっちゃ!!

速攻で ゆばソフト、お買いげ~!!(350円)


      20140822竜頭の滝15



ソフトを見たら、黙っちゃいない子がいます(笑)


      20140822竜頭の滝16


      20140822竜頭の滝17


      20140822竜頭の滝18


      20140822竜頭の滝19


滝を見たあとは、ソフトクリーム。
どうやら、これが最近のハマリパターンです(笑)。





 



2014/09/14 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit