FC2ブログ

08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

にっこう へ いこう ②      《 湯ノ湖 》                          (2014年8月22日)(栃木県日光市) 

8月22日 公休日


8月22日〜23日。
1泊2日で日光に出掛けてきました。

『あんよの湯』をあとにして、向かった先は..............


          湯ノ



遠い昔、バイクツーリングで戦場ヶ原まで来たことがありますが、
奥日光の湯元温泉界隈まで来たことはありませんでした。
だから、非常に新鮮って言うか、湯ノの存在さえ知らず
当初は、てっきり中禅寺だと思ってました。




湯ノ(ゆのこ)は

栃木県日光市の西部にある
北東にある三岳火山の噴火によってつくられた堰止である。

日光白根山からの水に加え、湖畔にある日光湯元温泉からの湯が流れ込んでいる。
温泉成分や山からの砂などで水深が浅くなり、湿地化する危機にあったが、
1997年に浚渫工事が行われ、危機を乗り越えた。温泉の湯が流れ込んでいるものの、
水深が浅いため冬季には全面結氷することもある。

湖の南には湯滝があり、戦場ヶ原へのハイキングコースが通じている。
約1時間で一周できる。

                               (wikipedia より引用)




こちらが、湯ノ湖。


      20140822 湯の湖02


      20140822 湯の湖03




かつての湿原の名残りでしょうか?
こんな石碑が建っています。


     20140822 湯の湖01

よくよく調べてみると..............

栃木県日光市にある湯ノ湖、湯川、戦場ヶ原、小田代原のうちの、
260.41ヘクタールが「奥日光の湿原」として2005年、ラムサール条約湿地に登録されました。

それまでは日本の登録湿地は13ヶ所でしたが、
今回の登録で一気に20ヶ所が増え、合計33ヶ所になりました。
「奥日光の湿原」は全域が日光国立公園に指定されており、
自然公園法等によって保全が図られています。
今回の奥日光の湿原の登録により、より責任を持って湿地とその周辺の水系の保全、
あるいはそれらの賢明な利用を進めて行くことを世界に宣言したことになるようです。





湯ノ湖を一周できるハイキングコースの案内図。
一周がちょうど1時間らしいから、散策にはちょうど良いかもしれない。


      20140822 湯の湖04



だけど、この日は予定がビッシリ詰まっている。

湯ノ湖一周のハイキング(散策)は次の機会にして
今回は湖畔で軽く散策です。


ロングリードに付け替えて、 びいすけ のペースで歩かせてみます。


珍しく、水際を歩きます。


      20140822 湯の湖05

海と違って波がないから、湖は大丈夫なのかな?



ここでも、匂いクンクン。


      20140822 湯の湖06



そして、マーキング。


      20140822 湯の湖07



湯ノ湖は試験研究用の湖水のようで、いろんな魚を放流してきたらしい。
どうりで、ボートに乗って釣りをしている人が多い訳です。


      20140822 湯の湖08




こちらは、湯ノ湖に流れ込む川。
湯元温泉の脇を流れてくるから、温かい温水かと思ったら冷たかった。


      20140822 湯の湖09



日光白根山から流れてくるのでしょう。
かなり透き通った清流のようです。


      20140822 湯の湖10


      20140822 湯の湖11


標高1400mの地だから、涼しいかと思っていたけど、
陽射しが強くて、心持ち暑さを感じる。

やっぱり、ワンコ連れは同じ考えのようで、
冷たい川に来ちゃうんですね。


      20140822 湯の湖12



車で湯ノ湖の対岸に移動。
湖畔を歩けば30分(?)のところを数分で移動。


      20140822 湯の湖13



こちらが、湯ノ湖の南側になります。


      20140822 湯の湖14


すなわち、この南側から湯ノ湖の湖水は川の流れとなり、
戦場ヶ原の湿原を抜け、やがて中禅寺湖へと流れて行きます。

湯ノ湖の湖水がどう流れて行くのか?
それを追いかけてみるのも面白いのかもしれない.....................。






スポンサーサイト



2014/09/12 Fri. 16:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

にっこう へ  いこう ①       《 あんよの湯 》                      (2014年8月22日)(栃木県日光市) 

8月22日 公休日


前月(7月)から8月22日、23日、24日と休み希望を出して
今年の びいすけ の誕生日は旅行に行こうと決めていました。

目的地が決まらないまま、日々が過ぎてしまい、
逆に予約の取れる宿泊先が少なくなってきました。


以前から訪れてみたかった日光
1泊2日で出掛けることにしました。


朝、5時に八王子の実家を出発。
国立府中ICから中央道〜首都高速〜東北道〜日光宇都宮道と
順調にかつ、快適に走り日光に到着。


      20140822あんよの湯01


      20140822あんよの湯02


日光と言えは、世界遺産の街。
世界遺産には『日光の社寺』として登録されたようですが、
日光は、世界遺産の社寺だけじゃない。

先ずは、奥日光から攻めてみました。


いろは坂のコーナーを『い〜っ』、『ろぉ〜』、『はぁ〜』.......
と数えながら、アクセル全開。
苦しそうにエンジンは唸り、軽自動車では、ちと辛い。

中禅寺湖を左に眺め、更に奥へと車を走らせます。


向かった先は..............奥日光湯元温泉 あんよの湯



駐車場に車を停め、案内に導かれて、
『あんよの湯』へと向かいます。


      20140822あんよの湯03



こちらが、あんよの湯。


      20140822あんよの湯04


      20140822あんよの湯05



そうです、無料の足湯です。


      20140822あんよの湯06


本当は、何処で散策などをして、ちょっと疲れたなって言う時に足湯に浸かるのが良いのでしょうが
本日の行動予定も詰まっており、順番的に一番遠い所から宿泊地に戻って行くと言う予定なので
足湯が1番最初になってしまいました。


でも朝から200kmぐらいの距離を車で走ってきたので
右足が疲れているって言えば嘘じゃない。


      20140822あんよの湯07

正直言って気持ちいい〜!



無料だからと言っても、一応、公共の施設(本当かな?)。

わんこはNG(のはず?)だから、びいすけ は入れません。


リードを括り付けて、視界の範囲内で待機させます。


      20140822あんよの湯08



しばらくすると、何かを訴えるような顔をして、こちらを見つめてきます。


      20140822あんよの湯09




仕方ないなぁ..............。

もっちゃん と交代で足湯に浸かることに。

(要は、交代で抱っこして待つことに..............。)


      20140822あんよの湯10


      20140822あんよの湯11


      20140822あんよの湯12


      20140822あんよの湯13



流石に、体重13kg。
重いや〜。


お〜い! びいすけ !!
来月から、ダイエット頑張ってみるかい..............?





2014/09/12 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit