07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

び・び・びのびいすけ

びいすけとお父さんと時々もっちゃん

本日のお泊り@マッキントッシユ (2014年7月30日〜31日)(山梨県北杜市) 

7月30日 公休日

7月30日~31日の1泊旅行
今回お世話になったのは、清里高原にある

          マッキントッシュ


      20140730~31 マッキン11


      20140730~31 マッキン12


      20140730~31 マッキン29



実は、この日に千葉のビーグル友達が泊まりに来ると聞いていたので
こっそり予約。

突然、顔を出して驚かしてしまおう!! と密かに計画をしていました。
チェックイン時間の15:00からわざと1時間ずらしてマッキンに到着。

今回のお部屋は202号室。


      20140730~31 マッキン06



室内はこんな感じ。


      20140730~31 マッキン01



こら!こら!!
ベットに乗っちゃ、いけません!!(笑)


      20140730~31 マッキン02


朝4:00からの移動だから、びいすけ も疲れたのかな?

丸ポストに城址巡りに廃校巡り
今日もいっぱい歩き回ったから疲れたんでしょう.......


      20140730~31 マッキン03



いっぱい汗をかいたから、シャワーを浴びて、ひと時の涼を求めます。


      20140730~31 マッキン04


う、う、うまい!!


調子に乗って夕食前に缶ビール3本開けちゃって酔っぱ状態(笑)


      20140730~31 マッキン05



一息着いたところで、マッキンのドッグラン(2階)から駐車場を眺めながら、 
千葉の友人の到着を待ちます。
    

      20140730~31 マッキン08



少し酔っぱな状態で、人工芝の匂いを確認する びいすけ を眺めています。


      20140730~31 マッキン09


      20140730~31 マッキン18


      20140730~31 マッキン19




須玉町辺りより高度が高いため、湿度か低くて
西陽が当たっても、さほど不快感はない。

さすが、清里高原。


      20140730~31 マッキン10



なかなか友人が到着しないので、駐車場にて待機。


      20140730~31 マッキン13



マッキンビーグルの大歓迎?

吠えられまくる びいすけ でした。


      20140730~31 マッキン14




到着がちょっと遅いので、どっかで寄り道しているのか?
はたまた大渋滞に巻き込まれているのか?

メールをしたら、職場の同僚の身内に不幸があって
急遽、予定をキャンセルしたらしい。

う〜む、残念。
久しく会って居なかったから、会いたかったなぁ。



部屋に戻って、夕食の時間まで、しばし休息。

さすがの びいすけ もおネムちゃんです。


      20140730~31 マッキン15


      20140730~31 マッキン16






時刻は18時。
いつの間にか、うたた寝をしちゃったので内線電話で
『食事の時間ですよ〜』とオーナーに起こされます(笑)。



お待ちかねの晩御飯。

今日は旧・須玉町界隈を走り回っていたので
コンビニおにぎりと言うお昼。

さすがに腹ペコです。


まずは、前菜。


      20140730~31 マッキン20



続いてスープ。


      20140730~31 マッキン21



シーフードのグラタン(?)。


      20140730~31 マッキン22


ブロッコリーは、 びいすけ のおなかに入りました。


      20140730~31 マッキン23



そして、メインディッシュの肉料理。

やはり、豚肉は びいすけ のもとへ..............


      20140730~31 マッキン24



そして、サラダ。


      20140730~31 マッキン25



デザート。


      20140730~31 マッキン26



そして、食後の珈琲。


      20140730~31 マッキン27


ボリュームもあって、満足した夕食でした。


食後は、恒例(?)のマッキンビーグルのご紹介。

今回は3組の宿泊で、内1組は夕食無しの外出中で
マッキンビーグルとの御対面も簡単に済んじゃいました。

会いたかったピノくんの息子にも会えました。
(名前聞いたけど、少し酔っぱで忘れちゃいました。)(笑)


      20140730~31 マッキン28





昼間の疲れも有ってか?
この日は22時前にバタンキュー。

気が付いたら、朝の4時でした。


5時過ぎに、そぉ〜と玄関を出て、朝の散歩。
びいすけ の朝のお務めを済ませます。

それから二度寝。
8時に再び、『朝食ですよぉ〜』の内線電話で起こしてもらい、
朝ごはんも力いっぱい食べます(笑)。


      20140730~31 マッキン30

ピザトーストが美味しかったなぁ。
お代わりしたいぐらい(笑)。


デザートも抜群の美味しさ。
当然、完食です。


      20140730~31 マッキン32


こちらは、おこぼれに預かろうとテーブルの下から
見つめている びいすけ 。

ゴメンね。 びいすけ にあげられるモノはありません。


      20140730~31 マッキン31

と、言いながらもパンのミミを与えるダメ飼い主(笑)。




早くチエックアウトしようと、9時半にフロントに顔を出したら
他の2組は既にチエックアウト済み。


急いでチエックアウト。


お世話になりました〜!!


出発前にマッキン前で、パチリ☆


      20140730~31 マッキン17



さぁ、1泊2日の北杜市の旅行、2日目の始まりです。

今日もお城に廃校、そして丸ポスト。
頑張って巡っちゃいましょう!!



スポンサーサイト
2014/08/31 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

古宮城址 (2014年7月30日)(山梨県北杜市) 

7月30日 公休日

この日は山梨県北杜市の城址巡りもしていました。

獅子吼城址に続き、北杜市城址巡り第3弾。

           古宮城址


津金小学校の敷地裏。
ちょうど明治校舎と大正校舎の間を歩いていくと諏訪神社があります
この諏訪神社がかつての古宮城にあたります。


古宮城は

源清光がここに館を築き、旧・大泉村の谷戸城に居館を移すまで
津金に居たと伝えられたことから「御所」の地名が付けられたといわれています。
清光の移住後に「古御屋(ふるみや)」と呼ばれるようになったとの説があります。
この古宮の地には武田信虎も居城したといわれ、
また、武田氏に仕えた津金衆の居館だとの説もあり、この説が有力視されているようです。

源平合戦の50年以上前の時代に平安時代の武将である源清光は
当初、常陸国(茨城県)を本拠としていたが、
朝廷より大治5年(1130年)、甲斐市河荘に流罪となったため
八ヶ岳南麓に土着し、子孫らが甲斐国各地を勢力基盤とし、
逸見氏・武田氏・加賀美氏・安田氏・浅利氏といった甲斐源氏の各有力支族の祖となったとされています





こちらが、諏訪神社。
すなわち、古宮城址であります。

神社という割には鳥居が見つかりません。


      20140730 古宮城址01



こちらが城址碑


      20140730 古宮城址02


      20140730 古宮城址03


城址碑の裏面には、古宮城の説明が記されていますが
読みづらい。


      20140730 古宮城址12

かなり年季の入った城址碑かと思いきや
意外に意外、平成4年の建立でした。
諏訪神社の氏子さんたちが建てられたもののようです。





こちらが、諏訪神社の拝殿。


      20140730 古宮城址11


そして、こちらが舞台。

江草に鎮座している根古屋神社にも有ったけれど、
この地方のそれなりの神社には舞台があるようです。


      20140730 古宮城址05



拝殿(本殿)背後から、津金小学校大正校舎に向けて空堀が広がります。


      20140730 古宮城址06



この空堀が古宮城址の唯一と言っても良い遺構。


      20140730 古宮城址07


拝殿背後からの空堀は、それなりの姿を留めてています。
諏訪神社の氏子さんたちが、きちんと管理しているようです。


      20140730 古宮城址08


大正校舎近くは雑草も生い茂り、管理区分の差がでるようです。

本当は、この空堀が大正校舎の床下まで続いているらしい。


      20140730 古宮城址04




こちらが、諏訪神社の境内。


      20140730 古宮城址09



拝殿脇の石像と祠。


      20140730 古宮城址10



諏訪神社そのものは、そんなに大きくないし、広くはない。
古宮城の廃城後、諏訪神社が祀られたと言うことから
津金小学校の明治校舎や大正校舎も古宮城跡に建てられたのかも知れない。

ひょっとしたら、津金小学校の敷地一体が、かつての古宮城だったのかも知れない。

数百年経った今では、それを知る人は居ない。
時代の流れの中で、そして歴史の流れの中で、
津金の地はかくも変貌していったのかも知れない..............。





2014/08/30 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて.....................津金小学校                              (2014年7月30日)(山梨県北杜市) 

7月30日 公休日

この日は山梨県北杜市廃校巡りをしました。

山梨県北杜市廃校巡り。
その第9弾となります。


比志小学校をあとにして、色々と情報を整理し
新たな情報を得るために北杜市の市街地へ向かいます。
北杜市役所の教育委員会で色々教えてもらい、新たな情報を元に
向かった先は..............

北杜市廃校巡りの第9弾

          旧・須玉町立 津金小学校


こちらは、北杜市廃校の中でもメジャーな場所。
『おいしい学校』と『明治・大正・昭和の三代校舎の学校』と
北杜市も観光に力を入れている場所でもあります。



津金小学校は

明治6年      津金村に津金学校創設。
明治8年      藤村様式の校舎完成(明治校舎)。
明治20年     津金尋常小学校と改称。
大正元年     津金高等小学校と改称。
大正4年      高等小学校を廃止し津金尋常高等小学校と改称。
大正13年     校舎増築。大正校舎完成。
昭和22年     津金村立津金小学校と改称。
           (同敷地内に津金町立津金中学校を設置)
昭和28年     津金中学校校舎完成(昭和校舎)
昭和30年     津金村が 若神子村・穂足村・多麻村と合併して須玉町が発足。
           須玉町立津金小学校と改称。
昭和43年     津金中学校が統合され廃校となる。
昭和60年     須玉町内の6小学校が統合され須玉小学校が発足。
           江草小学校、津金小学校、岩下小学校、穂足小学校、
           多麻小学校、若神子小学校の6校は廃校となる。
           (須玉小学校は若神子小学校跡に新設された)



こちらが、津金小学校正門。


      20140730 津金小学校02



正門脇には、旧・津金学校跡の説明看板

明治時代の津金学校の校舎(明治校舎)が観光の名所となっているようです。


      20140730 津金小学校03



そして、おいしい学校の看板。


      20140730 津金小学校04

昭和校舎をレストランとして開放しているようです。


校門をくぐって校内をぐるっと散策します。


校庭を校舎を眺めながらゆっくり歩いて行きます。



こちらが昭和校舎。

      20140730 津金小学校05


      20140730 津金小学校07



そしてこちらが大正校舎。


      20140730 津金小学校06



そして、こちらが明治校舎。

やっぱり、明治校舎が一番の華になっているようです。


、      20140730 津金小学校08



校舎に近寄ってみましょう。


      20140730 津金小学校09



昭和63年に「一度解体されましたが
その後、平成2年に復元完成し、平成3年からは須玉歴史資料館として活用されています。
旧・須玉町の歴史文化財と、明治から昭和にかけての学校関係資料を展示され、
1階には『明治カフェ』があり、お茶も飲めるようです。

残念ながら、この日は休館日の水曜日。
まぁ、びいすけ連れじゃ、中には入れませんけどね.......


      20140730 津金小学校16


      20140730 津金小学校10


      20140730 津金小学校11


      20140730 津金小学校12


明治8年に建てられた洋風な校舎。
当時の山梨県知事の藤村紫朗が県内の小学校の建築に取り入れたため
この建築様式を藤村式と言うらしい。

そう言えば、以前訪れた都留市の尾県学校もこんな雰囲気だったような気がします。







こちらが大正校舎


      20140730 津金小学校13



その玄関。


      20140730 津金小学校14



現在は、須玉町津金公民館となっているようです。


      20140730 津金小学校15



不思議なことに玄関が2つある。


こちら側の玄関には、
三代校舎ふれあいの里 大正校舎 と看板が掲げられています。


      20140730 津金小学校17





こちらが、昭和校舎。


      20140730 津金小学校18


そして、その玄関。


      20140730 津金小学校19



庇にはおいしい学校の看板。


      20140730 津金小学校20




テラス席もあるから、交渉すればテラス席の利用は可能かも?
そう言えば、まともなお昼を食べてないから、小腹もすいた........

しかし、残念
おいしい学校も定休日は水曜日でした。


      20140730 津金小学校21




昭和校舎の前の校庭は、おいしい学校のための駐車場
今日は定休日だから駐車している車は少ないし
訪れている人も少ない。

これが駐車場が満車、校庭に車が溢れていたら
ちょっぴり興醒めしちゃいそう。


      20140730 津金小学校22



空いているから、校庭のフェンス沿いの桜の木も絵になります。
春には満開の桜が待っているんだろうな。


      20140730 津金小学校23




昭和校舎の前には廃校記念碑。


      20140730 津金小学校24



やっぱり、廃校にはこれがなくっちゃ!!


      20140730 津金小学校25



こちらは、校門の近くにあった石碑。
津金小学校関連の石碑かと思ったら
県営中山間地域統合整備事業記念碑でした。


      20140730 津金小学校01




フェンス沿いに津金小学校の外周を歩いてみます。


やっぱり、北杜市が推している観光資源なのだろうか?
やたらと看板が建っている。


      20140730 津金小学校26



はたして、どれくらいの人たちがここを訪れるのだろうか?


      20140730 津金小学校27





帰り際、逆光の中、門柱をじっくり眺めて見た。


昭和参年十一月十日建立 と刻まれている。


      20140730 津金小学校28



どうやら、昭和天皇の即位を記念して建てられたもののようです。


      20140730 津金小学校29






期待していた津金小学校だったけれど
あまりにも観光地化っぽくなっていてちょっぴり期待はずれ。
もっと寂れてた感があれば.................

同じ年に廃校となった江草小学校と比べちゃうと
小学校らしさが残り少ないなぁと感じてしまうのはなぜなんだろう...............

ちょっぴりメジャー感が強いから
廃校好きにはちょっと物足りないかもしれないなぁ.................


そう言えば、この津金小学校には二ノ宮金次郎は無かったそうです。
代わりと言ってはなんですが、大正校舎の前に野口英世像が建っているそうです。

気がつかなかったなぁ............う~む、残念!!







2014/08/29 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて.....................比志小学校                              (2014年7月30日)(山梨県北杜市) 

7月30日 公休日

この日は山梨県北杜市廃校巡りをしました。

山梨県北杜市廃校巡り。
その第8弾となります。


富里分校をあとにして、向かった先は..............

          旧・須玉町立 比志小学校



こちらも、みずがき湖ビジターセンターで仕入れた情報。
この地に来るまで、その存在を知りませんでした。

ネットで色々調べましたが、詳しい沿革はわかりません。
あとで北杜市の教育委員会に訪れ、教育総務課の方々にお聞きしましたが、
やはり、詳しいことはわかりませんでした。
教育総務課の職員の皆様、お世話になりました。


みずがき湖ビジターセンターにあった、手作りの周辺案内のイラストマップには
比志尋常小学校跡と書かれていましたが、
増富小学校のHPには昭和28年の卒業式の写真が掲載されていました。
少なくても昭和28年までは健在していた小学校のようです。
昭和22年の教育令で就業年数が6年となり、それまでは尋常小学校と呼んでいた学校も
全国一斉に公立小学校となったため、旧・須玉町立比志小学校と言われていたと思われます。




こちらが、比志小学校の正門。


      20140730 比志小学校01



石造りの門柱


      20140730 比志小学校12


かろうじて読めるかすれた文字は、
昭和4年と刻まれています。


      20140730 比志小学校13




門柱から眺める校内。


      20140730 比志小学校02



この建物は当時の校舎なのだろうか?


      20140730 比志小学校03



増富小学校のHPに載っていた比志小学校の写真では
古い木造の校舎が写っていたから、校舎ではないのかもしれない。


      20140730 比志小学校04



でも、小さな学校の校舎に見えなくもない。


      20140730 比志小学校05




玄関には、増富公民館比志支部 の看板が掲げられています。


      20140730 比志小学校06






廃校記念碑はありませんが、二ノ宮像が残されていました。


みずがき湖ビジターセンターの手書きの案内図には
『独特な二ノ宮像が可愛いらしい』と書かれてありました。

そもそも石段のある高台に二ノ宮像を設置するのも珍しい。
一瞬、お地蔵さんかと思っちゃいました(笑)。


      20140730 比志小学校07


これが、その二ノ宮像。

赤い帽子をかぶっているから、やっぱりお地蔵さんに見えてしまいます。


      20140730 比志小学校11


せっかくだから、びいすけ と一緒に記念撮影 パチリ☆


      20140730 比志小学校08




二ノ宮像越しに建物を眺めてみます。


      20140730 比志小学校09



右側(手前)の古い木造の建物は、やっぱり校舎っぽく見えます。


      20140730 比志小学校10



敷地の外れにひっそりと建っている石碑。
校舎増築時の寄付金の芳名が刻まれています。


      20140730 比志小学校14


こちらは運動場拡張費の寄付者の名前が記された石碑。


      20140730 比志小学校15


見づらいですが、『運動場拡張費寄附○□』と銘されています。

最後の二文字は読めませんでした。


      20140730 比志小学校16






こじんまりとした小学校。
分校といっても通用しそうな小さな学校。
でも分校を持った本校でした。


分校だった富里分校が昭和38年に廃校になった(?)と言う事だが
本校である比志小学校も昭和38年に廃校になったのだろうか?

旧・富里小学校と和田分校が昭和38年に統合され、東北小学校が創設された・
この経緯を考えれば、比志小学校と富里分校が昭和38年に統合され、
新たに北小学校が創設された(?)としてもおかしくない、
個人的な推測ですが、ひょっとしたらこんな経緯なのかもしれない。

知っている人がいたら、誰か教えてほしいなぁ......................





2014/08/28 Thu. 14:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて.....................比志小学校富里分校                         (2014年7月30日)(山梨県北杜市) 

7月30日 公休日

この日は山梨県北杜市廃校巡りをしました。

山梨県北杜市廃校巡り。
その第7弾となります。


増冨小学校をあとにして、向かった先は..............

          旧・須玉町立 比志小学校富里分校


この学校の事はみずがき湖ビジターセンターで教えてもらいました。
と言うわけで、この学校のことは全く知りませんでした。
ネットでしらべても、現在の工房のことは出て来ますが、
肝心の分校の事はまったく不明。
(その工房のHPを見ると、昭和38年に廃校となったらしい)

地元で『富里分校』といか言わないようで、
じゃあ本校はどこなの?と聞いてもわからないようです。
この日の午後、北杜市の教育委員会にも尋ねましたが、よくわからないようです。
その際に、北杜市教育委員会の教育総務課の職員さんにお世話になりましたが、
結局は詳しいことはわかりませんでした。
従って、詳しい沿革等全く不明です。

(後日、ネットでいろいろ調べまくったら、どうやら比志小学校の分校らしい.........?)




とは、言いながらも小さな木造の校舎は残っておりました。


      20140730 富里分校01


      20140730 富里分校02




こちらが、富里分校の正門。


      20140730 富里分校05




おそらく、工房の方が作られたのでしょうか?
木製の『旧富里分校』と刻まれた表札が外れて落っこちていました。


      20140730 富里分校03



反対側の門柱には『お茶・工作・遊』と表札が掲げられています。


      20140730 富里分校04



門柱には、創立三十周年記念 昭和三年建立 と刻まれています


      20140730 富里分校12

 と言うことは明治31年に創立されたのだろうか...........?



地域の公民館として活用後、ほったらかしにされていた施設を
工房のオーナーが借り受けたようです。
現在は、フィトンチッドという名の染工房となっているようです。


フィトンチッド ちいさな学校 と名付けられた工房。


     20140730 富里分校11



元々、不定期営業とのことですが、平日のこの日は当然開いていません。


      20140730 富里分校06



留守番のネコを見つけて、吠える びいすけ 。

そして、 びいすけ の吠える声に反応して吠える留守番のワンちゃん。
2頭の吠える声が静かな山あいに響きます。


校舎内(工房内)には入れないけれど
ワンちゃんを刺激しない程度に校舎に近づいてみます。


      20140730 富里分校07


      20140730 富里分校08



びいすけ 連れでは、この辺りが限界。


      20140730 富里分校09



本当は、校舎の裏側にも回ってみたかったけれど
さすがに、現在他の用途で利用されている民間の施設となると
遠慮と言う二文字が目の前にチラついてしまいます。


      20140730 富里分校10




結局、外れて転がっていた表札を門柱にハメ直して
この地をあとにすることにした。


      20140730 富里分校13



偶然ではないけれど、
この地に来て初めてその存在を知った廃校
現地に来なければ見ることも出来なかった廃校
人知れずに時代の流れの中で、その存在も忘れさられてしまう廃校
そんな廃校の存在を私だけが知っている..............

これが、廃校巡りの楽しさの一つかもしれない..............。




2014/08/28 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて.....................増富小学校                               (2014年7月30日)(山梨県北杜市) 

7月30日 公休日

この日は山梨県北杜市廃校巡りをしました。

山梨県北杜市廃校巡り。
その第6弾となります。


旧・須玉町立 増富小学校跡 をあとにして、向かった先は..............

          北杜市立 増富小学校



増富小学校は

昭和63年     塩川ダム建設によりダム湖に沈んでしまう旧・須玉町の北小学校と
           同じく旧・須玉町の東北小学校が合併し、新たに発足し開校。
           (北小学校と東北小学校はこの時に廃校となる。
          
           校舎完成までは、北小学校を流用した。

平成16年    須玉町が町村合併により北杜市誕生。
          北杜市立増富小学校と改称。

平成24年    須玉小学校に統合され、廃校となる。


と、このような沿革となっています。



県道を挟んで、みずがき湖ビジターセンターの向いにある増富小学校。
この先が増富小学校です。


      20140730 増冨小学校18



こちらが、増富小学校の正門。


      20140730 増冨小学校01



こちらは、門柱。

北杜市立増富小学校 と表札はまだ掲げられたままです。


      20140730 増冨小学校02



門扉は閉まっていますが、隙間から中に入れるので失礼させていただきました。


遊具もしっかり残っています。

ジャングルジムにブランコ。


      20140730 増冨小学校03



グランド用のローラーは校庭に放置されていて
雨風にさらされています。


      20140730 増冨小学校04


こちらが、校舎。
鉄筋建てのちょっとお洒落なデザインの校舎です。


      20140730 増冨小学校05


      20140730 増冨小学校06



校庭側の玄関前には山梨県の小学校に多い、緯度と経度の記された校碑。


      20140730 増冨小学校07


      20140730 増冨小学校08




校舎は平成元年3月竣工。
開校が昭和63年4月だから、開校後1年経って児童はこの学び舎で学ぶことになりました。


      20140730 増冨小学校09

ちなみに、昭和63年の開校時には児童数は27名。
閉校となった平成24年(平成23年度)は5名。
そのうち2名が卒業生だったため、在校生は3名。
山梨県下で1番児童数の少ない小学校でした。
在校生3名は統合した須玉小学校に通っているそうです。





校庭の隅にある百葉箱。


      20140730 増冨小学校10


こちらは路地に面した玄関。
児童たちは、こちらから出入りしていたようです。


      20140730 増冨小学校11



そして、玄関横には体育館。
地元の方々の運動施設として活用されているようです。


      20140730 増冨小学校12




もう一度、校庭に戻ります。

校庭の逆側から改めて校舎を眺めてみます。


      20140730 増冨小学校14

たった24年で廃校となった校舎。
このまま朽ち果てていくのも勿体無い。
何か有効活用できればいいのだが、過疎化が進むこの地区では
新たな活用方法も見い出せないかもしれない..........。




先ほどとは別な遊具。


      20140730 増冨小学校13


      20140730 増冨小学校15


      20140730 増冨小学校16



それなりに標高が高いと言えども、この日は好天気。
湿度は低くても陽射しは強い。

ちょっぴり木陰で小休止。


       20140730 増冨小学校17


さて、そろそろ出かけましょう
次なる場所へと移動いたしましょう...............。


2014/08/27 Wed. 17:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて....................旧・須玉町立 増富小学校跡                    (2014年7月30日)(山梨県北杜市) 

7月30日 公休日

この日は山梨県北杜市廃校巡りをしました。

山梨県北杜市廃校巡り。
その第5弾となります。


増冨中学校をあとにして、向かった先は..............

          旧・須玉町立 増富小学校跡



この増富小学校と言うのは、本当にややこしい。
ネットで調べると必ず出てくるのが、
昭和63年に旧・須玉町の北小学校と東北小学校が合併して開校した増富小学校。
校地は比志地区にあり、みずがき湖ビジターセンターのすぐそばに有りますが
平成24年に廃校となっています。

それとは別に、遡ること49年
同じ名前の増富小学校が昭和38年に廃校となっています。
その増富小学校が建ってたのがこの地になります。


実は、この日までこの学校の存在ま知りませんでした。
たまたま見つけた、この小学校の分校(増富小学校和田分校)のことを
分校近く(和田集落)で教えていただいた初老の男性に教えていただきました。
丁寧に『神戸(ごうと)集落の増富中学校の坂の下』と場所まで教えてくれました。


創立時期は不明ですが
和田分校という分校も持っていたから
それなりに地域にとっては重要な位置づけの小学校だったようです。

昭和38年、和田分校と統合し、新たに須玉町立東北小学校が発足し
増富小学校は廃校となってしまいました。



こちらの増富小学校跡は増富中学校のすぐ近く。
増富中学校から坂道を100mほど下ったところにあります。


増富中学校から坂を下って行きます。


      20140730 旧・増冨小学校跡04

茂みの中に何かがあるようです。


近寄って見ると、石碑が建っています。


      20140730 旧・増冨小学校跡06



かなり年季の入った石碑。
文字がかすれてよく読めません。
建てられた時期も不明ですが、
どうやら増富小学校の校舎増築の際の寄付をされた方々の名が刻まれています。


      20140730 旧・増冨小学校跡07



石碑のタイトルも書体が古く、読み取れません。


      20140730 旧・増冨小学校跡08




石碑のある場所の反対側がかつて学校のあった場所。

一時期、増富中学校も増富小学校の校舎の一部を借りていたらしい。
と言う事は、それなりの敷地の広さがあったようです、


      20140730 旧・増冨小学校跡05


この辺り一帯が増富小学校の校地だったと思うけれど
すっかり様変わり。

一部は宅地化されて民家も建っているようです。


      20140730 旧・増冨小学校跡09


      20140730 旧・増冨小学校跡10






こちらが、その廃校跡らしき場所。
削平地だから、校庭跡になるのでしょうか......?


      20140730 旧・増冨小学校跡01

廃校から既に51年
校舎はとっくに解体され、更地となっています。


雑草が生い茂り、単なる広場か空き地にしか見えません。


      20140730 旧・増冨小学校跡02


      20140730 旧・増冨小学校跡03



校舎もなく、門柱もなく、二ノ宮像もない。
廃校記念碑や子供たちが遊んでいた遊具も残っていない。

唯一に証が先ほどの石碑のみ。
学校遺構がほとんど残っていないから
ここに学校があったなんて誰も気づかないだろう。
昭和38年に廃校となった増富小学校。

昭和38年に1年生(6歳)だった人も今は57歳。
と言う事は、今現在、57歳以上の人の記憶の中にしか、
この学校のことは残っていないのだろう........

ここにも時の流れの中で、忘れ去られた学校跡がありました。
せめて。私だけでもこの学校のことはしっかり覚えておこう................。









2014/08/27 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて.....................増富中学校 (2014年7月30日)(山梨県北杜市) 

7月30日 公休日

この日は山梨県北杜市の廃校巡りをしました。

山梨県北杜市の廃校巡り。
その第4弾となります。


東北小学校をあとにして、向かった先は..............

          旧・須玉町立 増富中学校


本来は、廃校となった小学校を中心に廃校巡りをしていますが
この増富中学校は、昭和31年に建てられた木造校舎が今尚残されていると言うことなので、
訪れるのを楽しみにしていました。


増富中学校は

昭和22年 山梨県北巨摩郡増富村に増富村立増富中学校開校。
昭和34年 増富村が須玉町に編入。
須玉町立増富中学校と改称。
平成16年 須玉中学校に統合され閉校、廃校となる。


と、このような沿革となっています。


廃校となった増富中学校ですが、現在はその施設を活用し、
工藤耀日美術館として利用されています。




こちらが、増富中学校の入口。
この坂を上れば、木造校舎が迎え入れてくれます。



      20140730 益富中学校01



こちらが、木造校舎と玄関。


      20140730 益富中学校02


      20140730 益富中学校03


      20140730 益富中学校04



58年前に建てられた校舎は、今尚、輝いて見えるような気がします。


      20140730 益富中学校05




校舎から校庭へと階段を下ってみます。


      20140730 益富中学校06



こちらが、校庭。
さすがに中学校ともなれば、部活動などがあるから
校庭はそれなりに広い。


      20140730 益富中学校07



校庭に建つ校歌の碑。


      20140730 益富中学校08




そして、廃校の碑。(閉校記念碑)


      20140730 益富中学校09


      20140730 益富中学校10



さらに、『閉校記念碑記』と記された石碑。


      20140730 益富中学校11

簡単ではあるけれど、増富中学校の沿革が記されています。

碑文によれば、昭和22年にすぐ近くにあった旧・増富小学校の校舎の一部として教場が開校し、
昭和31年に現在の地に新校舎が建てられ、
開校以来、千八百余名の生徒を送り出したらしい。



校庭から眺める校舎。


      20140730 益富中学校12



校庭が一段下がり、校舎が高台に建つ。
江草小学校と似たような構図ですが、
木造校舎はやっぱり絵になります。


      20140730 益富中学校13


      20140730 益富中学校14


      20140730 益富中学校15


校庭奥にある校門。

こちらの校門は位置的に和田集落方面から通う生徒が利用したのか?


      20140730 益富中学校17


門柱には、校名を隠すかのように白い板が貼られています。


でも、しっかり寄贈者の名前は残されていました。


      20140730 益富中学校16



校門から再び校庭へと戻ります。


      20140730 益富中学校18



やっぱり、増富中学校はこのアングルが良い!


      20140730 益富中学校19




校庭に残された閉校記念植樹の標柱。


      20140730 益富中学校20



ハナミズキを植えたようです。


      20140730 益富中学校21


この標柱を見て、何故か 一青窈 の『ハナミズキ』のメロディが浮かんできた。


♪〜♬
薄紅色の可愛い君のね
果てない夢がちゃんと終わりますように
君と好きな人が 百年続きますように..............


気がついたら歌詞を口ずさんでいました。

この歌、大好きなんだなぁ。

ひょっとしたら、この歌を聞くたびに
増富中学校のことを思い浮かべてしまうかもしれない..............。








2014/08/26 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて.....................東北小学校                               (2014年7月30日)(山梨県北杜市) 

7月30日 公休日

この日は山梨県北杜市廃校巡りをしました。

山梨県北杜市廃校巡り。
その第3弾となります。


和田分校をあとにして、向かった先は..............

          旧・須玉町立 東北小学校



東北小学校は

昭和38年 須玉町大字小尾字神戸にあった増富小学校、
同町大字小尾字和田にあった増富小学校和田分校を統合して
新たに、同町大字小尾字和田に須玉町立東北小学校を発足。
(増富小学校及び和田分校は廃校となる)

昭和63年 須玉町北小学校と統合。新たに増富小学校が発足。
廃校となる。


と、このような沿革となっています。



廃校後は、敷地を民間に払い下げ、
学校法人 自然学園高等学校となっています。


      20140730 東北小学校01



こちらが、正門。


      20140730 東北小学校02



東北小学校時代の門柱のようですが、当然校名の表札は外されています。


      20140730 東北小学校03


      20140730 東北小学校14




校舎全景。


      20140730 東北小学校04



正面玄関には、現在の校名の表札が掲げられています。


      20140730 東北小学校05


夏休みだからなのか?

生徒は一人も居なく、先生も居ない。


      20140730 東北小学校06



山奥の廃校を再利用した高校ですが
どうやら、通信制の高校のようです。

      20140730 東北小学校07

ネットで調べてみると、この校舎以外にも
甲府市と大月市の梁川に校舎を持っているようで、
そちらの校舎が主体の学校のようです。

確かに、この地は通学するには余りにも遠い。

全寮制ならまだわかるのですが..............。



誰も居ない校内を びいすけ と探索してみます。


      20140730 東北小学校08


      20140730 東北小学校09



小学校の廃校として、既に26年が経っています。


雑草の中に、東北小学校時代の遊具が埋れています。


      20140730 東北小学校10


      20140730 東北小学校11


      20140730 東北小学校12


      20140730 東北小学校13


この荒廃ぶりからすると、自然高等学校の須玉キャンパスとなっていますが
ひょっとしたら廃キャンパス(廃校舎)になってしまったのかもしれない



昭和63年に廃校となった東北小学校。
ちょうど塩川を堰き止め、塩川ダムが建設され
湖底に沈む事になった北小学校と統合して、
新たに場所を移し、増富小学校へ変わって行った。

(便宜上の呼び方であるけれど)
旧・増富小学校から発展して誕生した東北小学校。
その歴史の中で新・増富小学校へと橋渡しをして行った小学校。
この地に小学校はもう出来ないとは思うけれど
新・旧の増富小学校のバトンリレー、ご苦労様でした..............。




2014/08/25 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて.......................増富小学校和田分校                         (2014年7月30日)(山梨県北杜市) 

7月30日 公休日

7月30日、31日と個人的な連休を取って、山梨県北杜市に出かけました。

今回の旅行は、題して

『びいすけ と行く北杜市 城址と廃校、そして丸ポスト探しの旅』


江草小学校に続いて、北杜市廃校巡り第2弾。

          旧・須玉町立 増富小学校和田分校



増富小学校和田分校は

ネットで色々調べましたが、詳しい情報を得ることができませんでした。
詳細な沿革は不明です。

実は、元々この和田分校の存在さえ知りませんでした。
たまたま、東北小学校を探していたら目に止まった。
いかにも廃校っぽい古びた小さな木造校舎を見つけてしまった。
そんな偶然の産物でした。

数少ないネットの情報と現地で聞いた情報によれば..............

開校時期は定かではないが、
旧・須玉町小尾の神戸集落にあった増富小学校の分校として設立されたようです。
昭和38年に須玉町立東北小学校が発足し、
従来あった本校の増富小学校、和田分校と共に廃校となったそうです。

(増富小学校と言う同じ名称の小学校が、旧・須玉町比志地区に昭和63年に開校し、平成24年に廃校となっているから、ややこしい。)




こちらが、和田分校の入口。

正面に見えるのは、分校の校庭に後から建てられた公民館。


      20140730 増冨小学校和田分校01



こちらが、分校の正門。

雑草の中に辛うじて、その姿を見ることが出来ます。


      20140730 増冨小学校和田分校02



そして、こちらが分校の校舎。


      20140730 増冨小学校和田分校03


廃校から既に51年。
木造の小さな校舎です。


所々窓ガラスも割れ、扉も無い状態。

失礼して、中を見学させてもらいました。


      20140730 増冨小学校和田分校04



小さな教室ですが、黒板も残っています。


      20140730 増冨小学校和田分校05


      20140730 増冨小学校和田分校06



廊下の床は腐っていて、ちょっぴり危険。


      20140730 増冨小学校和田分校07



このアングル、この構図だと、
いかにも小さな分校って言う感じがします。


      20140730 増冨小学校和田分校08


      20140730 増冨小学校和田分校10




このアングルだと、廃墟って言う感じが強い。

実は、車で横を通り過ぎた時、
このアングルで視界に飛び込んできました。


      20140730 増冨小学校和田分校09


 
校庭跡には、地域の公民館が建っています。


      20140730 増冨小学校和田分校12


      20140730 増冨小学校和田分校13



そして、学校跡の象徴の桜の木。


      20140730 増冨小学校和田分校11

やはり、学校の校庭には桜の木が似合う。


廃校後、校舎をそのまま利用したり、
ちょっと改装して地域の公民館として
活用するってパターンは多いけれど、
この地区の場合は新たに公民館を建てたから、
校舎が残ったのかもしれない。


..............にしても、廃校から既に51年。
十分に手入れをされて来たとは言えないけれど
風雪に耐え、よくぞこの時代まで残ってくれた。


      20140730 増冨小学校和田分校14



この姿に感謝。


      20140730 増冨小学校和田分校15




山梨県北杜市のはずれ。
おそらく、この地に再び訪れることは無いかと思う。

忘れる事が無いよう、しっかり瞼にその姿を焼き付け、
この地をあとにすることにしました.....................。





2014/08/24 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit