06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

び・び・びのびいすけ

今日の びいすけ @八王子  (2014年7月7日) 

7月7日

7月2日から八王子の実家に居候している びいすけ 。

ホームステイと称して、妹の もっちゃん に面倒を見てもらっています。


この日は台風が近づいていたこともあって
天気も今一歩だったようです。


      20140707八王子


必要最低限の散歩以外は、外に出なかったのかな?


まぁ、一人(一頭)で留守番じゃないし
どうやら、 もっちゃん と昼寝をしていたようだから
それはそれで安心。

どうやら、八王子の実家では今の所、猫を被っているのか?
大人しくお利口にしているみたいです(笑)。


しかし、 びいすけ の顔って意外に でかい!(笑)







スポンサーサイト
2014/07/31 Thu. 09:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

今日の びいすけ @八王子  (2014年7月6日) 

7月6日

7月2日から八王子の実家に居候している びいすけ 。


かく言う私も7月4日の仕事帰りに実家に立ち寄り
7月5日の休みは実家で、 びいすけ と一緒に過ごし
この日朝は実家から都内の職場に出勤しました。

この日も もっちゃん に画像のメールを貰いました。


      20140706八王子


昼間に実家近くの大平公園に出かけたようですね。

八王子の公共のドッグラン。
七国公園ドッグランと小山内裏公園ドッグラン
いずれも有効期限が切れてしまって、
指定された日時の講習も受けていないから
現在は利用出来なくなっちゃいました。

まぁ、最近は びいすけ そのものが
ドッグランが好きじゃないみたいだから
それはそれで良いんだけどね。



大平公園でいっぱい遊んだかな..............?






2014/07/30 Wed. 20:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

今日の びいすけ @八王子  (2014年7月4日) 

7月4日

7月2日から八王子の実家に居候している びいすけ 。

ホームステイと称して、妹の もっちゃん に面倒を見てもらっています。

八王子の実家でどんな風に過ごしているのか?
気になる私に もっちゃん から画像メールが届きました。



      20140704八王子


骨ガムを貰ってカジカジ。

いつも仕事に行く時に、骨ガムを2本放り投げて
その隙に仕事に出かけるから、
あまり骨ガムを食べている姿をまじまじと見たことがない。

上手に前足で押さえて食べるんですね。
ちょっと感心しました。




2014/07/30 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

今日の びいすけ @八王子  (2014年7月3日)(東京都八王子市) 

7月3日

7月1日~2日と伊豆に旅行に行きました。

伊豆旅行の帰りに八王子の実家に立ち寄りました。
その際、 もっちゃん のリクエストもあって
次の休みまで びいすけ を預かってもらう事にしました。

と言うわけで、8月2日の夜から びいすけ は八王子の実家に居候。
ホームステイ(?)と相成りました。



さて、八王子ではどんな日常を過ごしていたのか?
個人的に気になるところです。

そんな気を察してか?
もっちゃん からメールが届きました。

(画像は送られて来たものをそのまま活用させて頂いています)




流石に旅行疲れもあってか?
どうやら、ほとんど寝ていたのか?


      20140703八王子02




そう言えば、この日実家に サクランボ が届くって言っていたなぁ。



      20140703八王子01



あんまり、フルーツなんて買ってまで食べないから
千葉の自宅では見かけない光景です。

ひょっとしたら、プチトマトを遊びながら食べるから
サクランボ も遊びながら食べたのかな?




お〜っ!
今度はコレか!


      20140703八王子03


なんか、贅沢って言うか
びいすけ がメロン好きなのを知っているから
もっちゃん が買ってきてくれたのかな?
びいすけ が羨ましい(笑)。

どうやら、千葉の自宅よりもゴージャスな食生活の びいすけ のようです..............。



2014/07/29 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

cafe アザセボラ (2014年7月2日)(静岡県沼津市) 

7月2日 公休日

戸田漁港から大瀬崎を結ぶ県道17号線。
戸田の町から大瀬崎へ向かって走っていくと
『出会い岬』や『煌めきの丘』と言った富士山のビューポイントがありますが
それとは別に面白い看板に出会います。


      20140702アザセボラ11


『 コーヒー ドウデスカ  8km  』  って? 

これ、なんだ...............?


今度は.........『 コーヒ ドウデスカ 3.5km』
隣の犬のような絵は何?


      20140702アザセボラ13



そして、 『 コーヒー ドウデスカ 2km 』

どうやら喫茶店のようですね
犬(?)の絵があるからドッグカフェ?

興味は膨らんでいきます(笑)


      20140702アザセボラ12



そして、現場に到着。


      20140702アザセボラ03

喫茶店のようです。


紫陽花が綺麗に咲いていて、何となくお洒落っぽい。
山の中って言うか、峠道にはちょっぴり似合わない雰囲気


      20140702アザセボラ04


      20140702アザセボラ10




犬の絵が書いてあるから、大丈夫だとは思うけれど
一応、わんこOkか聞いてみたら..............

わんこOK!!

さっそく、 びいすけ 同伴で入店します。


      20140702アザセボラ05


      20140702アザセボラ06


お店の名前は アザセボラ と言うようです

この辺りの地名が 大字小字の 字瀬洞 (あざせぼら) 
その地名から店名にしたそうです。


この日はお店にいませんでしたが、
看板犬の ビーグル (フライデーくん)がいるようです、

お店のコースターが気にいっちゃいました。


      20140702アザセボラ01



こちらは我が家の看板犬(?) びいすけ

ほかのお客さんは居ないけれど、大人しくしていなさいね!!


      20140702アザセボラ02



鹿肉カレーなんてメニューもありましたが
ここは無難に普通のカレーを頼みました。


      20140702アザセボラ07


食後のアイスコーヒー。


      20140702アザセボラ09


お店から自家製っていうか、
自宅で採れた さくらんぼ プラム のサービス。
こう言うのって嬉しいですね。


      20140702アザセボラ08


オーナーさんの手作り感満載の店内
本当は店内の写真をもっといっぱい撮りたかったんだけど
ちょっぴり遠慮してしまいました。


店内からも晴れていれば、駿河湾越しの富士山が見えるそうですが
この日は残念ながら、富士山は見えず.............。

仮面ライダー好き(それも本郷猛の1号ライダー)のオーナーさん。
ひょっとしたらリアルタイムで見ていたのかなぁ?
もしかして、同年代.......?(笑)







2014/07/28 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて..............井田小学校跡                               (2014年7月2日)(静岡県沼津市) 

7月2日 公休日


煌きの丘から眼下に明神池なるものが見えます。
煌きの丘で楽しみにしていた富士山も眺めることが出来ず
何かパッとしないので、明神池に立ち寄ってみることにしました。


井田集落に入り、民宿街を抜けようとした矢先に
何やら廃校あとらしき風景というか、
それっぽい雰囲気の風景が目に入ってきた。

思わず車を停めて確認してみると、ズバリどんぴしゃ。


           旧・戸田村立  井田小学校跡   でした。




井田小学校は

明治6年 松江学舎第一支校松江学舎として創立。
明治24年 井田尋常小学校として、独立開校する。
昭和22年 戸田村立井田小学校と改称。
昭和59年 戸田小学校に統合され、廃校となる。

と、このような沿革となっています。



こちらが、正門跡。


      20140702井田小学校跡05


この風景で廃校と見抜く私も中々の者?
思わず胸を張ったりして..............(笑)。



門柱は残っていませんが、大きな桜の木が学校跡を彷彿させてくれます。


      20140702井田小学校跡06



正門跡の脇には小さな神社。
そして、神社の鳥居の脇には何やら像が建っています。


      20140702井田小学校跡04


      20140702井田小学校跡01



よく見ると、井田小学校創立百周年記念の碑でした。


      20140702井田小学校跡02


      20140702井田小学校跡03



記念碑の裏面には沿革が記されていました。


      20140702井田小学校跡07



廃校から既に30年の月日が流れ
校舎も解体され、現在は 井田コミュ二ティ広場 となっています。

 
      20140702井田小学校跡13



こちらの遊具はとても30年以上前のものには見えないので
廃校後、コミュティ広場になってから設置されたのでしょう


      20140702井田小学校跡08



廃校跡にはよくあるパターン
ここにも防災倉庫が設置されていました。


      20140702井田小学校跡09



こちらが校庭。
元々広くはない敷地ですが、校舎もなにもないので
それとなく広くか感じたりしてしまいます。


      20140702井田小学校跡10


      20140702井田小学校跡11



敷地のフェンスの隅に宝くじ助成金のプランター。
これは学校遺構とは関係ないようですね。


      20140702井田小学校跡12


二ノ宮像を探してみましたが、ありませんでした。

校舎もなく、門柱もなく、往時の遊具もなく
学校遺構としては、冒頭の 開校百周年の碑(像)しか残っていなく
それ以外に学校を忍ばせるのは、やはり桜の木です。


      20140702井田小学校跡14


      20140702井田小学校跡15


旅先で偶然見つけた廃校跡。

この井田地区は民宿街というか、観光も夏の海水浴がメインの町だろう。
元々そんなに人口の多くない集落だから、おそらく小さな小学校だったのだろう。

そのちいさな小学校も廃校から30年。
子供たちは戸田の小学校へ通い始めて30年になる。
これから先、井田集落はどうなっていくんだろう.....?

さりげなく見守っていきたい.........そんな気持ちになりました。




 
 


2014/07/27 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

戸田のビューポイント (2014年7月2日)(静岡県沼津市) 

7月2日 公休日


浄蓮の滝をあとにして、当初の目的地の沼津市に向かいます。

沼津市と言っても、目的地は平成17年までは田方郡あった旧・戸田村。

伊豆半島の西北端の地で、
駿河湾越しに見る富士山の眺望は素晴らしいとのことで
一度は、その富士山の雄姿を見てみたい。

そんな思いで車を走らせました。

修善寺からは戸田峠超えの道を選び
コーナーリングを楽しみ(?)、二山超えて戸田の町に到着。

しかしながら、晴れてはいるものの所々雲も厚い。
太陽はしっかりと顔を覗かせているものの
何故か西方面、北方面は白い雲に覆われている。


戸田漁港から大瀬崎へ向かう県道沿いには
幾つかの富士山のビューポイントがあります。


その中の二ヶ所に立ち寄ってみました。


最初に..............出逢い岬


      20140702戸田ビューポイント02



本来はこの方向に富士山が見えるのですが.......


      20140702戸田ビューポイント01

やはり、富士山方向には雲と言うか、ガスっていて視界悪し。
富士山は見えませんでした。



こちらは、反対方向の戸田の港町。


戸田の岬や港ははっきり見えるのになぁ.........


      20140702戸田ビューポイント03


      20140702戸田ビューポイント04


      20140702戸田ビューポイント05






続いては..............煌めきの丘


      20140702戸田ビューポイント07



やはり、こちらも富士山方向がガスっていて
駿河湾ごしの富士山は残念でした。


      20140702戸田ビューポイント08



眼下の駿河湾(井田漁港)は、はっきりと見えるんだけどなぁ。

春の菜の花の季節には、ちょうど画像の真ん中辺りの田んぼに
菜の花で『井田』の文字が描かれるそうです。


      20140702戸田ビューポイント06




今回、戸田の富士山の眺望は残念な結果となりました。
このリベンジは、いつか必ず..............

菜の花の『井田』を見に来る時に実現したいな。





2014/07/26 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

浄蓮の滝 (2014年7月2日)(静岡県伊豆市) 

7月2日 公休日

萬城のをあとにして、沼津市に向かう予定だったけれど
萬城ので気を良くした一行(って言いつつも私だけ?)は
やはり同じ伊豆市内にある、もう一つのを目指しました。

ハンドルを握りながら狭い峠道を走ります。

快調なハンドル捌きで口ずさむのは、石川さゆり。
ご存知、 〜♪天城越え〜♬


向かった先は..............浄蓮の




浄蓮のは狩野川の上流部、天城山の北西麓を流れる本谷川にあり、
1万7000年前に伊豆東部火山群の鉢窪山スコリア丘が噴火した際に流出した
玄武岩溶岩流を流れ落ちる直瀑である。
落差は25m、幅は7mで岩盤には柱状節理が見られる。

かつての付近に「浄蓮寺」という寺院があったことから
「浄蓮の滝」という名称がついたと伝わる。

周囲には日本では伊豆半島と熊本県にのみ自生が確認されている
「ハイコモチシダ(ジョウレンシダとも)」の群生地があり、
静岡県指定の天然記念物にもなっている。

(Wikipediaより抜粋)






大型の観光バスが何台も停まっているドライブインのような駐車場に車を停め
浄蓮の滝の探索と相成ります。


駐車場の一画にあった、伊豆の踊り子の像。
こういうのを見ると、伊豆に来ているんだなぁと感じます。


      20140702浄蓮の滝01



浄蓮の滝も駐車場から遊歩道を下って滝へと導かれます。


      20140702浄蓮の滝02



ドライブインのような駐車場とこんな立派な案内看板。
この時点で観光地って言う感じが満ち溢れています。


      20140702浄蓮の滝03



遊歩道をかなり下って、浄蓮の滝に到着。


      20140702浄蓮の滝04



画像には映っていませんが、実は浄蓮の滝には中国人観光客で一杯。
写真を撮るために良い場所を順番待ちしているのに
彼らは並ばない、勝手に横入りするし..............

いやぁ、文化の違いを痛感しました。


      20140702浄蓮の滝05



滝そのものは、やはり落差20mと言うこともあり
それなりに立派なのですが、滝を眺めることの出来るポイントが限られてしまうから
必然的に滝の構図と言うか、写真のポジションも限られてしまうようです。


      20140702浄蓮の滝06



カメラの技術の拙い私には、この構図がベストアングルかな?


      20140702浄蓮の滝07



滝壺近くの売店にも人がいっぱい。
平日なのに人が多い。
もっとも海外からの旅行者には関係ないことかも.......?

ほとんどの人が中国人のようです。


      20140702浄蓮の滝16



浄蓮の滝の近くには、わさひ園があり生のわさびを売っています。

そして、こちらの売店にもありました。

わさびアイス。


      20140702浄蓮の滝09



こちらは、市販のカップアイスに擦りたてのわさびを載っけてくれます。


      20140702浄蓮の滝08



これが、わさびアイス。
売店のお姉さんがサービスでわさびをいっぱい載せてくれました(笑)。


アイスの匂いをめざとく嗅ぎつけた食いしん坊も寄って来ます。


      20140702浄蓮の滝10



わさび を食べた後に、 びいすけ にもアイスのお裾分け。


      20140702浄蓮の滝11



もっちゃん からもアイスを貰ってご満悦。
空のカップを舐めまくってます(笑)。


      20140702浄蓮の滝12




こちらが わさび園。
綺麗な水のある所しか わさび は栽培出来ないから
かなり、清流の川であり滝でもあります。


      20140702浄蓮の滝13


わさび園の奥に進みますが、やがて行き止まり。

浄蓮の滝も見たし、わさびアイスも食べたから
そろそろ車に戻りましょう。


      20140702浄蓮の滝14



最後に別なアングルから浄蓮の滝を眺めてみました。


      20140702浄蓮の滝15


駐車場までの階段の登り坂。
はぁはぁと息を切らして歩く私ともっちゃん。
元気なのは、アイスを二人から貰った びいすけ のみ。

額に汗を浮かべて車に戻ったのは言うまでもありません.........。










2014/07/25 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

萬城の滝 (2014年7月2日)(静岡県伊豆市) 

7月2日 公休日

伊豆旅行2日目。

サンロードを10:00ちょい前にチェックアウトしたあと
富士山の眺望を求めて沼津へ移動することにしました。

伊東から伊豆半島を横断するコーズを選択。
とりあず、修善寺方面に車を走らせていると
気になる案内看板が目に止まった。

『萬城の』..................

気になると素通りできない性格。
という訳で、立ち寄った先は...........萬城の



萬城のは、天城山の北麓を源流とする狩野川の支流、
地蔵堂川の上流にかかる落差20メートル幅6メートルのです。
(万城のと書かれることも多い)。

かつては壷の周囲の玄武岩壁に沿って回ることができ、
滝を裏側から見ることができたので、別名裏見の滝と呼ばれていました。
現在は崩落の危険があるために通行はできません。
また、岩盤の隙間をコンクリートで埋めてあります。

なお、滝には、「この地に住んでいた赤姫の機を織る音がこの滝の水の音と合して、
牛の鳴き声に似ているので、滝の主はこの赤姫の飼っていた赤牛である」との伝説が残されています。

静岡県観光HPより抜粋)


萬城の滝キャンプ場の駐車場に車を停めて、滝の探索です。


駐車場からは、すぐ近く。
遊歩道も完備されていて、ちょっとしたハイキングコースになっているようです。


      20140702萬城の滝01




遊歩道を歩いて(下って)しばらくすると、いきなり萬城の滝が視界に飛び込んで来ます。


流石! と思わずにはいられない。
やはり、20mの滝はそれなりに見応えがあります。


      20140702萬城の滝02



萬城の滝をバックに びいすけ をパチリ☆。


      20140702萬城の滝03



岩場に移動して、パチリ☆。


      20140702萬城の滝04



今度はポーズを変えてみたりして..............。


      20140702萬城の滝05



滝壺近くまで行きたかったんですが、ちょっぴり危険。

ここは大人しく、カメラの位置を変えて滝を眺めてみます。


      20140702萬城の滝06


      20140702萬城の滝07



この位置からが1番迫力がありました。


      20140702萬城の滝08


しばし、滝のミストを浴び、心なしか気分もリフレッシュした気になります。
まあ、あくまでも個人的な主観ですけどね。


萬城の滝を満喫したら、駐車場へ戻ります。


キャンプ場の休憩所で もっちゃん が気になるモノを見つけてきました。

わさびソフトクリーム。


『えっ!?  わさびのソフトクリーム?』

辛そうだから私は遠慮して、 もっちゃん が1個購入。


カップに入ったソフトクリームに、擦りおろした わさび が載っています。


      20140702萬城の滝09


一口食べた もっちゃん の『おいし〜い!』の一言に
思わずつばを飲み込む一人と一匹(笑)。

一口貰って食べてみると、わさびが意外にソフトの甘さに合う。
かえって甘さを引き出してくれるようで、本当に 美味い!。


『美味い!』と言う言葉に敏感に反応するのは、コイツ ↓


      20140702萬城の滝10



わさびのないソフトクリームに夢中な びいすけ 。


      20140702萬城の滝11


      20140702萬城の滝12


いやぁ、わさびソフト、こいつは侮れません。



あまり人が訪れない萬城の滝。
コンクリートで補強されて、人の手が加わったから
魅力半減なんて言う意見も有るらしいが
それを加味しても観光地化していない分、
まだまだ魅力のある滝だと思います。

そして、美味なる わさびソフト に出会ったことも
この萬城の滝を忘れられないモノにしたような気がします.........。




2014/07/24 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

本日のお泊り@サンロード (2014年7月1日〜2日)(静岡県伊東市) 

7月1日 公休日


この日は伊豆に泊りがけで出かけました。


伊豆に来たら、我が家の定番宿って言うか、定宿  

          プチホテル サンロード


      20140701サンロード47



今日の宿泊ワンちゃんは7頭でした。


      20140701サンロード46



お部屋は103号室。


      20140701サンロード38


室内はこんな感じ。


      20140701サンロード37



こら! こら!!
ベットの上で暴れてはいけません!!


      20140701サンロード13



この時期のサンロードのお楽しみの一つのプール。

今年初泳ぎと行きましょう!!



この格好にされたら、びいすけ も諦めた模様で
水に入る前から前脚を動かしています(笑)。


      20140701サンロード14



ちょっぴり冷たいけれど、お構いなしに..............

手を離します。


      20140701サンロード15



さぁ、びいすけ

泳げ〜!!


      20140701サンロード16



今年の初泳ぎ。

思ったほど、水の中でも暴れず、す〜いすいと泳いで行きます。


      20140701サンロード17



いつもなら、バチャバチャと波飛沫を立てて泳いでいますが、
今年はちょっと違うようです。


      20140701サンロード18



ブール3シーズン目で泳ぎに開眼か?(笑)。


      20140701サンロード19



す〜いすい


      20140701サンロード20



す〜いすい


      20140701サンロード21




どっこいしょっ!

約5mほどの泳ぎ。


      20140701サンロード22



泳ぎ終えてホッとしたのか?
寛ぐ びいすけ 。


      20140701サンロード23



『もう1回泳ぐ〜?』


      20140701サンロード24


『 いえいえ、もう結構です。』

そんな事を言いたげな顔してますが..............


これだけで済む訳は有りません。

寛いでいる びいすけ を抱きかかえ
再び、鬼コーチはプールへと向かいます。


プールに拉致られる びいすけ 。

こうやって見てみると、意外にデカい。


      20140701サンロード25


      20140701サンロード26



そう言いながらも、しっかりと水の中に入れられる びいすけ 。


      20140701サンロード27



そして、水の中に入れるや否や、すぐにその場を離れる鬼コーチ(笑)。


      20140701サンロード28



一方、 びいすけ は懸命に泳ぎます。


      20140701サンロード29



二回目も波飛沫は立たない。

(親バカですが、..............)
今年は違う!
泳ぎに開花した!

そう思わずにいられない(笑)。


      20140701サンロード30


      20140701サンロード31


10回ほど、逃げては拉致られ、水の中に入れられ
しばし、小休止。

『 オヤツ欲し〜い ? 』

って聞くだけ野暮ですが..............

      20140701サンロード32



しっかり、『 ちょ〜だい!』 のポーズ。


      20140701サンロード33



最後の1回は、 びいすけ と一緒にプールに入りました。


      20140701サンロード34


      20140701サンロード35




しっかり泳いだ後は、しっかりとシャンプーも忘れずに!


      20140701サンロード36


人間様はと言えば..............


プールのあとは、温泉に入って風呂上がりの一杯。
ぐびっぃ  うまい!!


      20140701サンロード39



さてさて、お楽しみの晩御飯。


      20140701サンロード01


本日のメニュー
品数が本当に多くてワクワクです。


      20140701サンロード02


その前に、びいすけ の晩御飯。
カリカリフードにレトルトのトッピング。


      20140701サンロード03



上目使いに
『 早くくださいよ~ 』 と訴える びいすけ 。


      20140701サンロード04


『 よし!! 』 の合図でがっつきます。


      20140701サンロード05





そうこうしている内に、父さんたちのご飯が準備されます。

これだけでも、それなりの料理の数ですが
このあと更に運ばれてきます。

要するにテーブルに乗りきらない(置ききれない)から
後から後から出で来るんですね。


      20140701サンロード06



いさきの塩焼き (焼き物)


      20140701サンロード07



烏賊吉野 (腕物)


      20140701サンロード08



金目 馬鈴薯  (煮物)


      20140701サンロード09


ほうぼう唐揚げ  (揚げ物)
 

      20140701サンロード10



ステーキ  (温物)


      20140701サンロード11



レアチョコケーキ  (デザート)


      20140701サンロード12


残さずしっかりと、そして美味しくいただきました。


この日は、朝早くから千葉の佐倉市から八王子市、そして伊豆への移動。
そして、適度の散歩と、適度(?)の泳ぎ。

さすがの びいすけ もお疲れの模様。

早々にこのような状態に.................


      20140701サンロード40


      20140701サンロード41


伊豆高原の夜は静かに更けていくのでした..................







明けて、7月2日。
朝5時前に軽く散歩を済ませ、思いきり二度寝。

朝食時間直前にムクっと起き、朝から力一杯食べます。


      20140701サンロード42

大きめの茶碗に変えて貰い、三杯お代わりしました(笑)。




びいすけ はアイムス+レトルトの旅行バージョン。


      20140701サンロード43



レトルトをトッピングして..............


      20140701サンロード44



さあ、食べろ〜!


      20140701サンロード45

ってあっと言うまに完食。



朝ごはんも力一杯食べたし................


さて、天気は今一歩かもしれないけれど
今日こそは富士山がバッチリ見えることを期待して出発いたしましょう.....................。








2014/07/23 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

伊東八景 《 小室山公園 》 (2014年7月1日)(静岡県伊東市) 

7月1日 公休日

静岡県伊東市には伊東八景という景勝地があります。



伊東八景とは

伊東の魅力を存分に味わってもらおうと選定された「伊東八景」は、
市内に数ある景勝地の中から厳選された、伊東を語る上で欠かせない八つの名所群です。
風光明媚な当地ならではの、山あり海あり湖湖川ありのバラエティ豊かなラインナップ。
四季折々、様々な色彩に満ちた風景で、旅人を温かくお迎えいたします。

                      (伊東市HPより抜粋)

八景の景勝地として挙げられたのは

大室山
一碧湖
小室山
松川
オレンジビーチ
巣雲山
汐吹海岸
城ヶ崎海岸

となっています


伊東八景の汐吹海岸をあとにして
次に訪れたのは..................................小室山


小室山のある辺りは小室山公園となっています

小室山公園

標高321mの小室山を中心とした自然公園です。
麓から山頂までの観光リフトで着いた山頂は美しい草原となっており、
パノラマ展望台などから相模湾に浮かぶ伊豆七島や天城連山など、
360度の景観を楽しむ事ができます。
小室山のふもとは、春に丘の上に赤いジュータンを敷いた様に咲乱れる40種10万本のつつじや、
1,000種4,000本の椿が10月中旬から4月中旬にかけて咲きほこるつばき園、
公園の随所にある桜など、一年中楽しめる花の名所となっています。

                  (伊東市観光協会HP より抜粋)


実は、伊東市には大室山と小室山があり
大室山は何度か行ったことがありましたが
いつも近くを通るのですが何故か小室山は素通りで、
今回が始めてとなります。

小室山一帯は小室山公園として管理されているようです。
駐車場に車を停めて、いざ小室山公園を散策開始です。


      20140701小室山公園01



小室山公園は、ツツジの名所らしく、ツツジ園がきちんと管理されています。
時期的にツツジの季節じゃありませんがこのツツジ園を見れば、
ツツジの季節には一面の花が咲き誇っていることでしょう。


      20140701小室山公園04


こちらは庭園。
四阿も有ったりして、池の周辺には桜の木が有ったりして
桜の花やツツジの花の時期に来れば、やっぱり色々楽しめそうです。


      20140701小室山公園02


      20140701小室山公園03




ツツジ園からさらに歩いて数分の所にレストハウスがあり、
そこからリフトに乗れば小室山の頂上まて簡単に行けるそうです。


レストハウス前のバスのロータリーなある石碑。
ついつい石碑があると、カメラを構えてしまいます。


      20140701小室山公園05


      20140701小室山公園06



レストハウス(リフト乗り場)に行ったら、リフトに乗れるのは小型犬までだそうで
『何キロですか?』と聞かれ、思わず『10キロです』と答えた もっちゃん。
先方はしばらく考えこんだ後、『ごめんなさい』と言われたらしい。

どうやら、小型犬とのボーダーラインは10キロのようです。(笑)



大室山でも抱っこならリフト可と言う知識が有ったから
小室山でリフトを断られるとは思ってもいなかったので
ちょっぴりショック。
でも気を取り直し、園内マップを参考に頂上まで歩いて行くことにしました。
(15分ほどの歩きになります。)


      20140701小室山公園07




この道が登頂路。
頑張って歩きまっしょい!


      20140701小室山公園08



一応、看板もあるから迷わないでしょう(笑)。


      20140701小室山公園09



ロングリードで快調に闊歩する びいすけ 。


      20140701小室山公園10



頂上はまだまだ先のようです。


      20140701小室山公園11



頂上まで、あと少し。
この階段を上がり切れば、頂上のようです。


      20140701小室山公園12





無事、頂上へ到達。


      20140701小室山公園13




こちらが展望デッキ。

ちょうど相模湾側に突き出て眺めるような感じです。


      20140701小室山公園15



展望デッキから眺める相模湾。


      20140701小室山公園14



生憎、富士山方面は厚い雲に覆われ、視界も今一歩。
もちろん富士山を眺めることは出来ませんでした。

雲一つ無く晴れ渡ったいれば、
この方角に富士山が見えるらしい。

私 と びいすけ との2ショット写真。
考えとみたら、2ショット写真って余り撮ったことが無い。
ある意味、貴重かも?(笑)。


      20140701小室山公園16



びいすけ は もっちゃん とこの建物内に入って行こうとしましたが、
何やら美術館らしく、ワンコNGとのことでした。


      20140701小室山公園17



小室山から眺める大室山。


      20140701小室山公園18






さあ、今度は一気に下山しましょう。

何故か、前に行きたがる びいすけ 。


      20140701小室山公園19




麓に下りる途中にある 恐竜広場。

恐竜広場と言うだけあって、恐竜のオブジェが有ります。



って言うか、マンモスって恐竜?(笑)。


      20140701小室山公20



何故か、マンモスの前で転がる びいすけ 。


      20140701小室山公21



こちらは、トリケラトプス。


      20140701小室山公22




これは、なんだっけ?


      20140701小室山公23



これもなんだっけ?


      20140701小室山公24

恐竜はあんまり詳しくないんだよなぁ..............



これは有名。
ティラノザウルスですね。


      20140701小室山公25



何故か、ティラノザウルスの前でも転がる びいすけ 。


      20140701小室山公26




芝生がいい匂いでもするんだろうか?


      20140701小室山公27





麓のレストハウスに戻ったころには、額にうっすらと汗。

そうなれば、コレの出番です。


ニューサマーオレンジソフトクリーム。


      20140701小室山公28


小室山レストハウス限定の つつじソフトクリーム と言うモノもありましたが
こちらのソフトが大正解。

さっぱりしていて、口当たりが良い。



『 びいすけ 、欲しい〜?』って、要らない訳がない(笑)。


      20140701小室山公29



この恍惚の表情(笑)。


      20140701小室山公30



ソフトクリームで多少クールダウン出来たし、
時刻もいい塩梅で15時近くになったから
そろそろ本日のお宿に移動いたしましょう。
(って言っても、いつものお宿になりますが................)





2014/07/22 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

伊東八景 《 汐吹公園 》 (2014年7月1日)(静岡県伊東市) 

7月1日 公休日

静岡県伊東市には伊東八景という景勝地があります。



伊東八景とは

伊東の魅力を存分に味わってもらおうと選定された「伊東八景」は、
市内に数ある景勝地の中から厳選された、伊東を語る上で欠かせない八つの名所群です。
風光明媚な当地ならではの、山あり海あり湖湖川ありのバラエティ豊かなラインナップ。
四季折々、様々な色彩に満ちた風景で、旅人を温かくお迎えいたします。

                      (伊東市HPより抜粋)

八景の景勝地として挙げられたのは

大室山
一碧湖
小室山
松川
オレンジビーチ
巣雲山
汐吹海岸
城ヶ崎海岸

となっています


今回訪れたのは...............汐吹海岸


汐吹海岸は、伊東港から川奈港へ向かう途中にある。
沖に手石島を望む汐吹海岸の一番のみどころ は汐吹岩。
潮の干満によって洞穴から潮が吹き上がります。


汐吹海岸の一帯は汐吹公園となっています。
汐吹公園の駐車場に車を停めて、汐吹公園の散策といたしましょう。


      20140701汐吹海岸01



まずは、公園案内図で公園全体を把握。


      20140701汐吹海岸02


汐吹岩の石碑の前で記念撮影。


      20140701汐吹海岸03




箱根では雨に降られましたが
なぜか、ここ伊東では好天気。

ロングリードで びいすけ の好きなように歩かせてみます。



ここが汐吹岩。


      20140701汐吹海岸04

この岩の窪みに波が入り波が入り
反動で汐が吹くということらしい。

当然、波の潮位によって汐が吹いたり、吹かなかったりするわけで
この日は(と言うか、この時間帯は残念な結果の方でした。

でもそんなことは気にしません。

いいんです!  びいすけ の笑顔があればいいんです。(笑)


      20140701汐吹海岸05


      20140701汐吹海岸06


      20140701汐吹海岸07


汐吹岩までは遊歩道が整備され、足元を気にしなくても行けます。


      20140701汐吹海岸08



遊歩道のロープの切れ目から岩場の海岸へも散策できます。


      20140701汐吹海岸09


      20140701汐吹海岸14



水(波)を怖がる びいすけ ですが
岩場は大丈夫のようです。


      20140701汐吹海岸10


海岸からちょっと沖合には名前も知らない小さな島


      20140701汐吹海岸11



多少の雲はあるものの、太陽も顔を覗かせ
とてもいい天気。
そして波は穏やかです。


      20140701汐吹海岸12


穏やかな潮風をいっぱい吸って、気分もリフレッシュ。

箱根の山では天気の神様に見放されていましたが
ここ伊東の海では天気の神様が情けを授けてくれたようです。


      20140701汐吹海岸13


せっかくの好天気
このまま本日の宿に行っても勿体無い。

もうちょっと寄り道してから、お宿に行きましょう。
と言うことで、次なる場所へと移動いたしましょう................。






2014/07/21 Mon. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

海の前のカフェ・レストラン (2014年7月1日)(静岡県伊東市) 

7月1日 公休日

7月1日、2日と個人的な連休。

富士山の眺望を求めて伊豆方面へ出かけました。


芦ノ湖では雨が降り、箱根界隈での富士山の眺望は諦め
時刻はお昼近く、それならばと海鮮丼を目指し
箱根から県道20号で尾根伝いに移動。
十石峠を抜け、熱海を抜け、伊東市へ。
やってきたのは、伊東マリンタウン。


      20140701伊東マリンタウン02


でも正確に言えば目的地はここじゃない

この伊東マリンタウンにある    海の前にあるカフェ


こちらの 海の前にあるカフェ は伊豆高原ビールが直営するカフェ。
テラス席があり、ワンコOKとなっています。


犬連れでは正面からは入れないので
テラス側から入っていきます


      20140701伊東マリンタウン08


当然、目的は海鮮丼。

メニューを見て、注文したのはこれ  ↓


      20140701伊東マリンタウン09

注文数No.1
料理長おすすめ海鮮丼

値段が2200円とちょっぴりお高いですが
え~い!! 太っ腹
年に1度の贅沢じゃ~!!(笑)


箸休めのお新香が運ばれ...........


      20140701伊東マリンタウン03


続いて、お待ちかねの海鮮丼。


      20140701伊東マリンタウン06


      20140701伊東マリンタウン07

いやぁ、美味しかった。

もちろん、あっという間に完食です。

いつも思うんだけど、海鮮丼って何故かご飯が少なめ。
大盛りサイズの海鮮丼ってないのかなぁ.............?(笑)



お店から びいすけ に嬉しいプレゼント。


      20140701伊東マリンタウン01

手作りクッキーです


『 お父さんたちだけ美味しもの食べてズルいです.....!! 』

びいすけ のそんな声が聞こえてきそうなので
オヤツをあげましょう。

は~い、待てですよ!

      20140701伊東マリンタウン05


よ~し!   パクリんちょ。


      20140701伊東マリンタウン04



父さんと もっちゃん は海鮮丼を食べたし、
びいすけ はオヤツを食べて満足。

さぁ、次なる場所へ移動いたしましょう....................。




 




2014/07/21 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

雨の芦ノ湖     (2014年7月1日)(神奈川県足柄下郡箱根町) 

7月1日 公休日


富士山の眺望を期待して伊豆方面へ1泊旅行へ出掛けた初日。

当初は、沼津市の眺望ポイントを巡る予定でしたが
もっちゃん のリクエストもあって、箱根の杓子峠を目指すことにしました。

御殿場ICで東名高速を降り、箱根方面を目指します。
杓子峠は芦ノ湖から芦ノ湖スカイラインでアプローチします。
芦ノ湖へ向かう坂道をアクセルべた踏みで運転していると
フロントガラスにポツリと雨粒が..............。
確かに曇り空だったけど、雨は無いんじゃない?

芦ノ湖畔の桃源台に着いた時には、本降りとは行かないけれど
ポツリ、ポツリと冷たい雨が降り出した。


      20140701芦ノ湖01


せっかく、芦ノ湖の桃源台に来たのだから
ちょこっと散策して行こうか?
時折顔に当たる雨粒を気にすることもなく
桃源台駅脇の湖畔の園地を散策しました。


      20140701芦ノ湖02


次第に雨足が強くなり始めたので、四阿に退避。


      20140701芦ノ湖03


雨さえ無ければ、湖畔の森の遊歩道。
それなりに雰囲気はあるんだけどなぁ.......。


      20140701芦ノ湖04



一方、雨宿りの四阿の中では、またまた もっちゃん からオヤツを貰う びいすけ 。

まずは、座って待て!


      20140701芦ノ湖05



そして、『ちょ〜だい!』のポーズ。


      20140701芦ノ湖06


しっかり、オヤツを貰っていました。



このまま雨の芦ノ湖スカイラインを走っても富士山の眺望は期待できそうも無い。
と言うことで、杓子峠は断念。

芦ノ湖から一度R1に出て、三島経由で沼津に行っても良し、
小田原経由でそのまま伊東に行っても良し
天気の状況次第で臨機応変に行動したしましょう。


芦ノ湖の湖畔を移動中、雨はあがった。
しかし、雲は厚くとても富士山は見えそうもない。

とりあえず元箱根の芦ノ湖湖畔で一服。


      20140701芦ノ湖07


      20140701芦ノ湖08


      20140701芦ノ湖09


      20140701芦ノ湖10

箱根に来るのも久しぶり。
びいすけ は初めてになります。

そして数少ない箱根の思い出、記憶を紐解くと
雨が多かった気がする。

って言うことは箱根の天気とは相性が悪い?(笑)


この雲が西方面から流れてきているから
箱根越えは雲に向かって行くことになる。


      20140701芦ノ湖11



と言うことで、ゆっくり散策したい気持ちを押さえ
箱根散策は、またいずれの機会の楽しみにして
芦ノ湖から足早に去って行くのでありました..............。



2014/07/20 Sun. 14:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

東名高速道路(下り)足柄SAドッグラン (2014年7月1日) 

7月1日 公休日

7月1日、2日と個人的な連休。

この連休を利用して、伊豆の方へ遊びに行ってきました。


前日(6月30日)の夜に八王子の実家に移動して、この日の朝7時頃に出発するつもりが
夜勤明けで帰ってきた6月30日。
夕方から爆睡してしまい、起きたのが23時過ぎ。
急遽、予定を変更してこの日の朝3時に千葉の佐倉を出発。
八王子の実家で もっちゃん をピックアップしたのだけれど
実家に長居し過ぎて、8時に出発。
これが大失敗。R16、R128が大渋滞。
圏央道の相模原相川ICに入るまでが一苦労。
やっぱり、平日は朝早くの出発がセオリーですね。


高速に乗っちゃえば、スイスイ。
いつものように、人間とワンコのトイレ休憩のあしがらSAまで一気に移動です。

足柄SAに到着。
人間のトイレを済ませ、 びいすけ のトイレを兼ねてドッグランに向かいます。

何度も来ているので、心得ているのか?
ドッグランの方向にリードを引っ張る びいすけ 。


      20140701足柄SAドッグラン01


何故かドッグランの入口でマーキング。

『ここは、僕の縄張りですから!』

そんなことを主張しているのか?(笑)。


      20140701足柄SAドッグラン02


ランに入っても走るわけじゃ無いから
最近は、駐車場から近い中・小型犬エリアを利用しています。


いつものようにフェンス周りを徘徊。
匂いをひたすら嗅いでます。


      20140701足柄SAドッグラン03


      20140701足柄SAドッグラン04



ここの匂いが気になるのか?


      20140701足柄SAドッグラン13



ここも匂いが気になるのか?


      20140701足柄SAドッグラン05



何故かマーキング。


      20140701足柄SAドッグラン06



フェンスの外で びいすけ を呼ぶ声が..............。


      20140701足柄SAドッグラン07



コンビニに買い物に行ってた もっちゃん でした。


      20140701足柄SAドッグラン08


『もっちゃん 何買ってきたの?』

もっちゃん の持っているコンビニ袋が気になるようです。



      20140701足柄SAドッグラン09



何か貰えると思って、 もっちゃん の後ろから離れない びいすけ 。


      20140701足柄SAドッグラン10



お座りして、『待て!』状態。


      20140701足柄SAドッグラン11



そして、『ちょ〜だい!』のポーズ。


      20140701足柄SAドッグラン12

このあと、何やらオヤツを貰ったようです。




ドッグランで びいすけ もすっきりしたようだから
そろそろ出発しましょう。


駐車場へ向かう途中、もうとっくに終わっていると思っていた
めちゃイケとのコラボレーションの特設SA。


      20140701足柄SAドッグラン14


      20140701足柄SAドッグラン15



『へぇ〜、まだやってたの?』

って言う感が個人的には強いけれど、
テレビカメラを準備していたりして、ロケではまだまだ使われそう。


      20140701足柄SAドッグラン16


まあ、これから夏休みシーズンを迎える訳だし
まだまだ利用価値が有るって言うことなのかな?

そんな事よりも、いつもは足柄SAで
くっきり、はっきり見える富士山が
厚い雲に覆われて全く見えない。

ま、ま、まずい..............

今回の旅行の目的のひとつ、富士山の眺望。

『こりゃ、ちょっとヤバイかな?』と思いながらも
足柄SAを発つのでありました..............。




2014/07/20 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて....................白井小学校高根分校跡                       (2014年6月26日)(千葉県千葉市) 

6月26日 公休日

都川水の里公園をあとにして、佐倉の自宅に帰るべく
東金街道(R128)を走って、四街道からR51経由で帰ることにしました。

東金街道を走っていて、高根と言う地名が現れた。
千葉市若葉区高根町。

確か、この辺りにも分校跡地が有ったはず..............。


iPhoneで検索しても詳細はわからない。

こういう時は素直に地元の人に聞く。
これが最近学んだ近道、時間の短縮。

地元の老人を探すけれど、昼間の暑い時間帯に歩いていない。
仕方ないので、地元の八百屋さんの御主人(御老人)に
分校の事を尋ねたら、一発で解決。
詳しい場所を教えていただき、辿り着くことが出来ました。

その場所は..............千葉市立白井小学校高根分校跡


高根分校は

明治6年     川井村に川井小学校が創立。
明治10年    多部田村に多部田小学校が設立。
明治16年    川井、多部田両校合併し高根小学校となる。
明治42年    高根、中野、野泉三校合併し、白井尋常高等小学校高根分校となる。
昭和22年    白井村立白井小学校高根分校と改称。
昭和30年      白井、更科両村合併し泉町立南部小学校高根分校と改称。
昭和38年    泉町が千葉市へ編入合併し、千葉市立白井小学校高根分校と改称。
昭和53年    本校に統合され、廃校となる。

     と、このような沿革となっています。



こちらが、高根分校の入口。

この辺りに正門が有ったであろうと推測されますが
門柱など一切残っていません。


      20140626高根分校跡01



廃校後、地域の公民館等になると言うことにはならず、
高根分校の跡地は、民間の土木関係の会社の資材置き場になっていると聞いていましたが、
まさにその通りの状態でした。


とりあえず記念に一枚パチリ ☆。


      20140626高根分校跡03



びいすけ の背後の藪の中に何かがあります。

生い茂る雑草の隙間から 『高根』の文字が確認出来ます。


      20140626高根分校跡02



『もしや.......?』の期待。

雑草を払いのけ、廃校記念碑であることを確認!


      20140626高根分校跡04



廃校記念碑の裏面には、高根分校の沿革が刻まれています。


      20140626高根分校跡05



こちらが、かつての校地。


      20140626高根分校跡06



確かに、現在は土木関係の資材置き場。


      20140626高根分校跡07



子供たちが遊んだ遊具等もなく..............


      20140626高根分校跡08



雑草に囲まれ、二ノ宮像もない。


      20140626高根分校跡09



とても、ここが学校跡地であったなんて
先程の廃校記念碑を見なければわかりません。


びいすけ の背後のプレハブ倉庫。
かつてはこんな感じで校舎が建っていたのだろうか?


      20140626高根分校跡10


実はこの場所の入口にはロープが張られてはいるものの
またけば乗り越えられる。
最近、この資材置き場にも車が入った形跡がない。
轍の跡がない。

ひょっとしたら、土木関係の会社も倒産してしまったんだろうか?



まあ、そんなことは、この びいすけ には関係ないことで
大人しく草の上に座っている................

その視線の先には何はあるのだろう」......?


      20140626高根分校跡11



視線の先には何もなく
やはり、ここが廃校跡だとはわかりづらい。


      20140626高根分校跡12


この場所にはもう何もないから
そろそろ帰ることにしましょう。


      20140626高根分校跡13


廃校のすぐ横にあるバス停。


      20140626高根分校跡14


このバス停が  『 旧・高根分校跡 』 とかになっていれば良かったのに.........

廃校の記念碑も草に埋もれ忘れ去られた感の強い高根分校。
ちょっぴり寂しい想いで、この地をあとにいたしました....................、




2014/07/19 Sat. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

都川水の里公園  (2014年6月26日)(千葉県千葉市) 

6月26日 公休日

個人的な三連休の二日目。
園生の森公園をあとにして、向かった先は..............

          都川水の里公園



実は、この公園。前から気になっていました。
特に何かが有名とかじゃなく、R16を千葉市内から市原方面へ走る時
この公園のすぐ横を通り、毎回、案内標識が視界に入ってました。

中々訪れる機会が無くて、本日やっとその機会を得ることが出来ました。


      20140626都川水の里公演01


この公園は、まだ未完成なのでしょうか?
わざわざ、園内地図に 小川、たんほエリア と書いてあります。


      20140626都川水の里公演02

園内地図で公園の大まかな位置関係を把握して散策開始です。


都小米と言う銘柄なんでしょうか?

      20140626都川水の里公演03


稲は順調に育っているようです。



ネットで調べたら、この都川水の里公園は
千葉県が整備している「都川多目的遊水地」(都川治水対策の一環)を
有効活用する目的で、市と県により整備が進められているそうです。

平成17年から用地買収をし、平成27年完成予定と
約10年間掛けて行う事業だそうです。

小川、田んぼエリアにある、この水田は
毎年抽選で当選した人が農業体験として稲を育てているらしい。
因みに今年度は、27組66名が公園内の田んぼで稲を育てています。


      20140626都川水の里公演04

う〜む、なるほど!



この辺りには、自噴井と言って、自然に湧き出た地下水です。

自噴井(flowing well, flowing artesian well)とは、
その井戸の取水対象の地下水が、人為的な動力によらず、
自ら地表(孔口)に噴出する井戸のことを言う。

(Wikipediaより抜粋)



      20140626都川水の里公演05



      20140626都川水の里公演08



この水の流れに何故か びいすけ は興味津々。


      20140626都川水の里公演06


      20140626都川水の里公演07





こちらは、都川。
この都川の支流(旧・都川)沿いに小川エリアの遊歩道が続きます。


      20140626都川水の里公演09



では、遊歩道を散策してみましょう。


      20140626都川水の里公演10



こんあ案内板も用意されています。


      20140626都川水の里公演11



こちらが都川の支流。
本当に小川のようです。


      20140626都川水の里公演12



ロングリードで びいすけ のペースに任せます。


      20140626都川水の里公演13



遊歩道沿いに咲く紫陽花の花。
いい匂いがするのでしょうか。


      20140626都川水の里公演25


      20140626都川水の里公園14



快調にすたこらさっさと歩いて行きます。


      20140626都川水の里公演15


      20140626都川水の里公演16



後ろ姿だけだと分かりづらいから
前から快調な びいすけ の姿をとらえて見ます。


      20140626都川水の里公演17



この案内板を見ると、春の桜の頃には
堤防沿いに歩くのが楽しそうですね。


      20140626都川水の里公演18


ロープが張られ、ここで行き止まり。
もうちょっと歩きたいなぁと思うけれど
今はまだ仕方が無い。

今後の公園整備で遊歩道が拡張されることに期待いたしましょう。


      20140626都川水の里公演19




Uターンして駐車場まで戻ります。


      20140626都川水の里公演20



やはり、 びいすけ のペースに任せて歩きましょう。


      20140626都川水の里公演21



雲は多少あるものの、この日はいい天気。
梅雨の中休み?

でも雨よりは良いから、中休みも大歓迎。
6月前半に異常な程、雨が局地的に降ったから
今年の梅雨は、もう適度に降ってくれればいいや。


      20140626都川水の里公演22



とは言いながらも、額にはうっすらと汗が浮かび、
びいすけ も舌を出している。


      20140626都川水の里公演23


熱中症には気をつけて、水分はしっかり補給しましょう。


      20140626都川水の里公演24




都川水の里公園。
まだまだ未完ですが、これが予定通りに整備されたら
かなり面白そうな自然公園になりそう。
いやぁ、完成が楽しみだなぁ..............。





2014/07/19 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

園生の森公園  (2014年6月26日)(千葉県千葉市) 

6月26日 公休日


個人的な3連休の2日目。
元々、この3連休は希望を出したものではないので
特にこれと言った予定はない。

こんな時は、近場の公園巡りでもしようと
千葉市内の公園巡りに出かけました。

以前、ネットで見たことのある公園
園生の森公園 に出かけました。


八千代市方面からR16を南下し、京葉道路穴川IC近くに園生の森公園はありました。
あやめ台団地の裏手と言ったら分かり易いかもしれません。

団地近くの手付かずの森。
元々は、園生市民の森と言っていた所を遊歩道を整備して
公園としたようです。
公園と言う割りには、駐車場も無く、車を停めるのに苦労しました。


こちらが、公園の入口。
他にも入口はあるようですが、車を停めた場所の関係から
こちらからのアプローチになります。


      20140626園生の森公園11


      20140626園生の森公園12



雑木林の中に続く遊歩道。


      20140626園生の森公園13


こういった散策路があって、雑木林の中を散策できる公園が好きです。



木で作った、こういった手作り感が溢れるちょっとしたモノも
なぜかしら好印象。


      20140626園生の森公園14




先ずは、公園の案内図で現在位置と散策コースを確認します。


      20140626園生の森公園01



毎年8月になると、キツネノカミソリと言う花が咲くようです。


      20140626園生の森公園10




では、散策開始です。
先ずは森の中へ入って行きます。


      20140626園生の森公園08


      20140626園生の森公園07




雑木林の中の散策路を歩くのって、何で心地良いのだろうか?

って、そんなことを思うのは私だけなんだろうか?
少なくても、 びいすけ は嫌いじゃなさそうだけど..............(笑)。


      20140626園生の森公園06



ずば抜けて、広いわけじゃ無いけれど
適度にベンチが有ったりして、休憩も出来ます。


      20140626園生の森公園02


      20140626園生の森公園05


      20140626園生の森公園09



梅雨に入って充分な水分を木々は取っているから
青々と葉は繁り、木々は光合成を盛んにしていることでしょう。


      20140626園生の森公園03




この公園も利用者のマナーが悪いのか?
はたまた、モラルが低いのか?

最近は、ウンチだけじゃなくて、
ブラッシングして抜けた毛までが問題視されているんですね。


      20140626園生の森公園04

やっぱり、こういう注意書きの立て札を見るたび
悲しい気持ちになるのは、何故なんだろう?




この森のある台地と、あやめ台団地がある台地との間に
湿地帯の八津があり、そちらも公園の敷地内となっています。
ちゅうど団地との境界線でも示すように小さな川が流れ、
川沿いにも遊歩道が設置されています。


      20140626園生の森公園15



鳥の鳴き声でもするのか?
柵の間から首を突っ込み覗きこむ びいすけ 。


      20140626園生の森公園16

『何か居たぁ〜?』

『何にも居ないでしょ!』


      20140626園生の森公園17



何も居ないけど、愛想を振りまく びいすけ 。


      20140626園生の森公園18


      20140626園生の森公園19



遊歩道を更に進めば、やがてウッドデッキの様な木道に変わります。
木の道って言うのも何と無くお洒落。


      20140626園生の森公園20


      20140626園生の森公園21



真っ直ぐ、一直線に木道が伸びています。


      20140626園生の森公園22





やがて木道は終わり、あやめ台団地側の入口に到着します。


      20140626園生の森公園23


この辺りに10台程度停められる駐車場が有れば
最高なんですけどね。


再び、森の中に入って、車を停めた場所に戻ります。
森の散策路を上って行きます。


      20140626園生の森公園24


      20140626園生の森公園25



何だかんだと小一時間。
森の中を散策し、森林浴気分。
天気は良かったけれど、木々に覆われた森の中
太陽も遮ってくれるから気にはならなかった。

今回は遭遇していないけれど、虫が居なくて
車が簡単に駐車できれば、いい公園なんだけどなぁ..............。





2014/07/18 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

志津自然園  (2014年6月25日) 

6月25日 公休日


ジョイフル本田で買い物を済ませ、自宅へ戻ることにしました。
印西市から佐倉市の臼井経由で帰ることにした。

印西市から佐倉市に入った途端に雨は小降りになり、
やがて止んだ。

『えっ!』と思いながら、臼井から志津の方へ回り
帰ることにしました。
と言うのも、佐倉市の志津に気になる名前の公園があるから
立ち寄ってみる事にしました。

向かった先は..............志津自然園



こちらが、志津自然園。
ナビにも、スマホの地図にも載ってない小さな公園です。


      20140625志津自然園02


      20140625志津自然園01



地元では、それなりに知名度と言うか、利用されているのか?
ワンコの散歩の注意看板がありました。


      20140625志津自然園03



よっぽど利用者のモラルが低いのか?
よく見かける内容の看板ですが、こう言った文面を見ると、
何故か悲しくなってしまうのは私だけ?


自然園と名が付くだけあって、遊具等は一切有りません。


      20140625志津自然園04


100m×50mは四方ほどの余り広くはない敷地内は
ちょっとした芝生広場と雑木林のみ。


      20140625志津自然園05


      20140625志津自然園06



芝生の匂いをしつこく嗅ぐ びいすけ 。
どこかのワンコのオシッコの匂いが残っているのかな?


      20140625志津自然園07



せっかくだから、雑木林の中も歩いてみましょう。


      20140625志津自然園08


雑木林って言っても、適度に伐採されていて
きちんと管理されているって感じが強い。


      20140625志津自然園09



雑木林の中でも匂い嗅ぎに精出す びいすけ 。
やっぱり自然の中には何か惹きつけるモノがあるのだろうか?


      20140625志津自然園13


      20140625志津自然園14




適度に木があって、葉っぱが陽を遮り
そして、ちょっとした芝生が生えている。

個人的には好み(笑)。


      20140625志津自然園15




ベンチも有ったりするから、これからの時期は
広葉樹の葉っぱが陽除けになってくれそうだから
ベンチに座って、ぼぉ〜っとしているのもいいかも?


      20140625志津自然園10


      20140625志津自然園11


      20140625志津自然園12



雨上がりだったから、多少地面がぬかるんでいて
粘土質の赤土の上で滑って転びそうになりました。


閑静な志津の住宅街の一画に、ちょっぴり狭いなぁとは思っちゃうけど
朝夕の散歩コースに組み入れることが出来たら楽しいかも?
そんなことが出来る志津自然園の近くに住んでいる人が
ちょっぴり、羨ましいと感じたりします..............。





 
2014/07/17 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

うれしいキャッシュバック   (2014年6月25日) 

6月25日 公休日

この日は公休日。
と言うのも、FIFA ワールドカップ ブラジル大会の日本戦(6月15日、20日、25日)は
全て公休日の希望を出していたので、休みとなっていました。

気を使ってくれた職場の上司が24日、25日、26日と3連休にしてくれまして
旅行に行こうかとも思いましたが、25日の対コロンビア戦は
自宅でじっくり見たいから、気合を入れて応援しましたが
結果は残念な形で終わってしまいました。

天気は怪しかったのですが、行くなら今! とばかりに
北総のドッグラン目指して自宅を出たものの
印西市に入った途端に激しい雨。
急遽予定を変更、買い物に行くことにしました。

向かった先は、ジョイフル本田 千葉ニュータウン店


そう言えば、 びいすけ のドッグフードがそろそろ無くなりそう。
ペットコーナーへ行くと、何やらセールをしています。


      20140625ジョイフル買い物04


P&G商品を5000円以上買えば1000円キャッシュバックしてくれるって........


アイムス 青袋12kg入  3580円で売っていました。
どうしようか....? ちょっぴり思案。
でも、ここは太っ腹。 2袋買っちゃえ~!!

カートに大きな袋を2つ積み込みます。


      20140625ジョイフル買い物01


『お父さん、こんなに買って大丈夫ですか?』
『給料日は月末ですよ~』

そんなことを びいすけ が心配してくれているようです

って、そんな訳はありませんが.............(笑)


      20140625ジョイフル買い物02



レジで精算するときに
『アイムスカード持ってますか?』と聞かれ。
「これですか?」 と見せると
どうやら2000円以上の商品が300円引きになるらしい。
都合600円引いてもらって、ちょっぴり得した気分。

支払いをカードで済ませ、別なカウンターで
キャッシュバックの封筒をもらいました。


中身は...............


      20140625ジョイフル買い物03


カードで買い物して、現金貰って
ものすごく得した気分です。

ドッグフード24kg
しばらく、無くなる心配しなくていいなぁ..............
(って、年内はもう買いにいかなくても良さそうです.............)








2014/07/16 Wed. 14:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit