FC2ブログ

05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

笠松城址  (2014年5月24日)(茨城県かすみがうら市) 

5月24日 公休日

この日は、茨城県かすみがうら市城址巡りに出かけました。
4ヶ所の城址を巡るべく、最初に訪れた城址は..............

          笠松城址


笠松城は

正元元年(1259)、この佐谷郷の領主であった佐谷次郎左衛門尉実幹によって築かれたと言われています。
佐谷氏は大掾氏の一族であり、石岡城の馬場資幹の孫にあたる人物だと言われています。
実幹の一族はその後二代ほどで滅びてしまったので、城も廃城となったと言うことです。
佐谷氏の時代には佐谷城と呼ばれていたそうです。

慶長7年(1602)には志築藩主本堂氏の陣屋となり、
それから40年にわたって藩主が居住していたといわれています。
笠松城と呼ばれるようになったのは、その頃のことであると言われています。


こちらが、笠松城の縄張り図

      笠松城址縄張り図

          (余胡くんのホームページ よりお借りしました)



おおよその場所(七会小学校の川を挟んだ対岸)は調べていましたが
しっかりと案内板があるから、迷わずに到着。


      20140524笠松城址01


こちらが、城塁。
この上が主郭にあたります。


      20140524笠松城址20



向かって右側が主郭。左側が二郭になります。


      20140524笠松城址19



民家の前に説明看板。


      20140524笠松城址02


      20140524笠松城址03


看板の奥から坂虎口となり、主郭となります。


郭内に入ってすぐに、笠松城址の碑が建てられています。


     20140524笠松城址04


      20140524笠松城址05



以前は一面の梨畑だったようですが、
現在は整地されてしまった主郭東部。

      20140524笠松城址06


どうやら、ソーラー発電所になるのでしょうか?
一画には山積みされたソーラーパネル。


      20140524笠松城址07

いずれ、フェンスが張り巡され、立ち入り禁止になるのでしょうか?


立ち入り禁止になる前に、じっくり見学して行きましょう。



整地された主郭東部の端っこには、祠が祀られています。


      20140524笠松城址17


祠の辺りから主郭を振り返ってみます。

主郭の西端、森の中を探索してみましょう。

      20140524笠松城址18



唯一と言っても良い遺構の土塁。

高さ1m弱の土塁が郭内に張り巡されています。


      20140524笠松城址08


      20140524笠松城址09


      20140524笠松城址15


      20140524笠松城址16



こちらは虎口(?)

虎口のように見えるけれど、
ひょっとしたら、後世に土塁が削られてしまったのかもしれません。

      20140524笠松城址10



虎口(?)の土塁。


      20140524笠松城址11


郭内はこんな感じで、下草も少なくしっかりと管理されている感じがします。

      20140524笠松城址12


      20140524笠松城址13



主郭の城塁。
この下は藪となり、そして雪入川沿いの谷津となります。


      20140524笠松城址14



主郭の一部分に残された土塁ぐらいしか見所はありませんでしたが、
やっぱり気になるのは、山積みされていたソーラーパネル。

せっかく千代田町時代から指定文化財として残されて来たわけだから、
フェンスに囲まれて『立ち入り禁止!』なんて事にならなければ良いんだが..............


そんな心配をしているのは私だけ..............?







スポンサーサイト



2014/06/12 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit