FC2ブログ

05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

廃校を訪ねて..............旧志筑小学校跡                            (2014年5月24日)(茨城県かすみがうら市) 

5月24日 公休日

*始めにお断り*

この志筑小学校は廃校ではありませんが
諸般の事由により、移転したため旧小学校跡となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この日は茨城県かすみがうら市の城址巡りに出かけました。
志筑城址でもある志筑小学校に訪れたら、数年前に学校は移転していて
そこは小学校跡地となっていました。

と言うことで、訪れたのは................

    旧・かすみがうら市立志筑小学校跡


志筑小学校は

明治7年    志筑村において業精学舎が開かれる
明治9年   連合志筑小学校となる
明治20年  志筑尋常小学校となる
明治25年  志筑村立志筑尋常小学校となる
昭和22年  志筑小学校となる
昭和29年  千代田村となり,千代田村立志筑小学校となる
平成4年   千代田町となり,千代田町立志筑小学校となる 
平成16年  霞ヶ浦町との合併によりかすみがうら市立志筑小学校となる
平成23年  2学期より新校舎へ移転

とこのような沿革を経ています   (志筑小学校HPより抜粋)


こちらが、正門跡

      20140524志筑小学校跡01


石造りの門柱

      20140524志筑小学校跡02


      20140524志筑小学校跡03


右の門柱には  『凱旋』
左の門柱には  『記念』  と刻まれています



こちらが、旧・校地。
校舎は既に解体されて何もありません

      20140524志筑小学校跡04

元々は、志筑城の主郭があった地で小学校造成時に整地されたようで
城郭遺構はあまり残されていません。


校庭跡には、昔ながらの木々の茂みが残されています。

      20140524志筑小学校跡05



近づいて見ると、何やら見覚えのあるものが...............


      20140524志筑小学校跡07


何故か、丸ポストだけが取り残されています。

      20140524志筑小学校跡08

当然、もう使用されていない丸ポスト。
投函する人もいないし、集荷もされません。



こちらは裏門でしょうか...............?
やはり石造りの門柱です

       20140524志筑小学校跡06





がら~んと解体された校地は、記念碑もなく、二ノ宮像も遊具もない。

学校遺構が門柱以外残っていません。


たまたま、正門の前で写真を撮っていたら、
近所に住むおばあちゃんに声を掛けられた。

何もなくなった学校跡で写真を撮っていたのが珍しかったようです。
おばあちゃんと色々と話をさせてもらって
歴史のある学校だったし、自分の息子3人もここで学んだし
良い場所にあった良い学校だったのに、移転したのを残念がっていました。
確かに、子供たちが学校に通ってくる姿を何十年と眺め、
それが生活の一部となっていた人にとっては、本当に寂しいものかもしれませんね。





こちらが移転した現在の志筑小学校。

      20140524志筑小学校跡09


      20140524志筑小学校跡10


      20140524志筑小学校跡11


旧地の校舎がどんなものだったか知りませんが
確かに真新しく、近代的な校舎に生まれ変わった志筑小学校。

それよりも気になるのは................

志筑城址でもある旧・志筑小学校跡
この旧小学校跡地が今後どうなっていくのだろうか............?





2014/06/15 Sun. 14:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

志筑城址  (2014年5月24日)(茨城県かすみがうら市) 

5月24日 公休日

この日は茨城県かすみがうら市城址巡りに出かけました。


かすみがうら市(旧千代田町域)にある志筑小学校が城址だと知り、
それなら簡単にナビが案内してくれると思い、向かった先は.......

          志筑城址



志筑城(しづくじょう)は、
鎌倉時代 源頼朝の家臣下川辺政義(後に益戸氏)が、
養和元年(1181) 頼朝に叛いた浮島の信太義広を討ち、
その功により茨城南郡の地頭となり、この地に城を築いたのに始まる。
南北朝時代、5代の顕助・国行父子は小田城主治久と共に南朝方に属し、
北朝方の石岡の大掾(だいじょう) 高幹としばしば戦いを挑み、
半年間も戦闘を続けたが、興国2年(1341)11月、小田城落城の報を聞き、
翌日6代国行は城を捨てて一族の小山氏のもとへ走り、
その後も南朝方のために忠勤を励んだという。
その後、廃城になっていたが、慶長7年(1603)佐竹氏の国替えに伴い、
出羽国(秋田県千畑町) より当地へ移封となった本堂茂親が志筑藩の領主となって、
正保2年(1645)、 ここに陣屋を構えて廃藩置県まで本堂氏12代の居城となっていた。

                              『現地説明板より』


こちらが志筑城の縄張り図

      志筑城址縄張り図

          (余胡くんのホームページ よりお借りしました)





現存している小学校が城址だから、
ナビにセットすれば簡単に行けると思っていたら大間違い。
実は、志筑小学校は数年前に移転して、別な場所の有りました。
志筑小学校周辺をぐるぐる回りましたが、
それらしき案内板や説明看板がありません。
何度も周辺を探しましたが見つからない...............

何人かの人に聞いて、なんとかたどり着くことが出来ました。



こちらが志筑城址の説明看板。
旧志筑小学校跡の正門脇に建っています。
この説明看板を探し求めておりました。


      20140524志筑城址01


      20140524志筑城址02


志筑小学校跡が主郭
元々主郭として削平されていた地に小学校が建ち、
その小学校も移転して校舎も解体され、今は更地となっています。

      20140524志筑城址03


主郭(かつての校庭)に建っている城址碑。

      20140524志筑城址04


      20140524志筑城址05


小学校跡地のフェンスから谷津方向を覗くと、眼下には腰曲輪。

      20140524志筑城址06


主郭奥の土塁

      20140524志筑城址07


小学校跡地の土塁

      20140524志筑城址08


城南西川下の池
この池は、水堀としての役目もしていたと言われています。

      20140524志筑城址09


      20140524志筑城址10



さきほど校庭から眺めた腰曲輪

      20140524志筑城址11



腰曲輪から主郭へと向かう虎口

      20140524志筑城址12



志筑城主郭の城塁

      20140524志筑城址13


東側下の虎口。
弧を描いた登城道を登ってくるとこの虎口が現れます。

      20140524志筑城址14



かつての城址が学校になっているというパターンは多いけれど
その学校も廃校となっているのは珍しい。
しかし、学校建設時と校舎解体時と2度の整地作業で
主郭跡は往時の面影を全くと言っていいほど残していない。

とは言いながらも、少ないながらも虎口や腰曲輪など遺構も残されていて
それなりに見ごたえのあった城址でした.................。



 

2014/06/15 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

第1常陸野公園  (2014年5月24日)(茨城県かすみがうら市) 

5月24日 公休日

この日は、茨城県のかすみがうら市の城址巡りに出かけました。
とは言っても、いつもの癖で気になる場所があれば
道草と称して立ち寄ってしまいます。

第2常陸野公園をあとにして、向かった先は..............

第1常陸野公園


まあ、第2が有るんだから第1も有るはず。
そんな単純な理由で第1常陸野公園を目指します。

実は、かすみがうら市って親切って言うか
観光に力を入れているんだなと感じます。
と言うのも、公園や史跡、文化財の案内板が多い。
大きな(県道の様に広い)道路を走っていると
やたらと目につきます。

第1常陸野公園もこんな感じで迷わずに辿り着けました。

      20140524第1常陸野公園22


こちらが、第1常陸野公園の入口。

      20140524第1常陸野公園01


門があって、管理事務所があって駐車場も広い立派な公園。

と言うのも、当初は宿泊施設を完備した『常陸野自然休養村』と称した施設だったようです。
現在は宿泊施設はなくなったようですが、ナイター照明を完備した野球場や
全天候のテニスコートのあるスポーツ公園のようです。


では、ロングリードを装着して、散策開始といたしましょう。

      20140524第1常陸野公園02


この公園の最大のウリは、やはり野球場でしょう。
この日も、高校生が練習をしていました。

      20140524第1常陸野公園03


野球場を横に眺めながら、さらに進むと、こんなオブジェがお出迎え。

      20140524第1常陸野公園05


写真では、そんなに大きく見えないけれど
びいすけ と比較してみると、意外にでかい。


      20140524第1常陸野公園04



こちらは、ゲートボール場入口。
ゲートボールをしている御老人は居ませんでしたが
ノーリードのトイプードルを遊ばせている人が居て..............
ここでUターン。

      20140524第1常陸野公園06



こちらは第二野球場とでも言うのか、サッカーもできそうな多目的グランド。

      20140524第1常陸野公園07



広いグランドですが、幸いかな? 誰も居ない。

安全確認をして、ロングリードの手元を離します。

      20140524第1常陸野公園08



芝生の上を走り回るかな?って思ったけど
匂いを嗅いで、走る気はなし。

      20140524第1常陸野公園09


『待て!』
そして『座れ!』のコマンドにもしっかり反応して
今日は(も)お利口さん(笑)。


      20140524第1常陸野公園10


      20140524第1常陸野公園11




スポーツ公園のようだから、あまり見所はありませんが
せっかくだから、園内をぐるっと回ってみます。


      20140524第1常陸野公園12


      20140524第1常陸野公園17



こちらは野球場のセンターの背後。
外野の観客席などはありませんが、公園の周遊路があります。

      20140524第1常陸野公園13


せっかくだから、球場をバックに記念写真。
背後に小さく映るのは練習に勤しむ高校生。

      20140524第1常陸野公園14


      20140524第1常陸野公園15


      20140524第1常陸野公園16



ミスか何かをして、走らされているのでしょうか?
びいすけ の前を少年が走って行きます。

      20140524第1常陸野公園18



せっかくだから内野側に移動して、ちょっぴり練習を見学しちゃいましょう。


      20140524第1常陸野公園19


      20140524第1常陸野公園21



高校生たちは、土浦霞ヶ浦高校の野球部のようです。

      20140524第1常陸野公園20


頑張れ!
そして、目指せ! 甲子園。

今年の夏の茨城県代表になるといいなぁ..............。




2014/06/14 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

第2常陸野公園  (2014年5月24日)(茨城県かすみがうら市) 

5月24日  公休日

この日は、茨城県のかすみがうら市の城址巡りに出かけました。

笠松城址を後にして、向かった先は..............

          第2常陸野公園



実は笠松城址に向う際、第2常陸野公園って言う大きな案内板が
県道に掲げられていました。
せっかく近くに来ているんだから、素通りしてしまうのは勿体無い。
と言うわけで、立ち寄ってみることにいたしました。

第2常陸野公園は

市内西部の中佐谷地内にある自然あふれる第2常陸野公園。
芝生広場が広がり、周囲には数多く桜の木が植えられているので、
のんびりと散歩をしたり、桜の時期には花見をしたりすることができるそうです。

      (かすみがうら市観光協のHPから引用)

      
公園散策の基本。
先ずは案内図。
現在地を確認し、公園の全体像を把握します。


      20140524第2常陸野公園01


      20140524第2常陸野公園02


かすみがうら市に合併する前の千代田町時代の古い案内図ですが
どうやら、この公園は遊具のある広場と、
キャンプやバーベキューができる芝生広場がウリのようです。



こちらが、芝生広場。
駐車場のすぐ隣。
案内図の裏手にあります。

      20140524第2常陸野公園03


確かに、この芝生の上にテントを張ってキャンプも気持ち良さそう。



ロングリードに付け替えて、芝生広場から園内を散策します。


芝生広場をトコトコと歩く びいすけ 。

      20140524第2常陸野公園04


匂い嗅ぎが始まるかと思っていたら..............

      20140524第2常陸野公園05



ここいら辺りで、スイッチが入ったようです。

      20140524第2常陸野公園06


激走モードに突入。

      20140524第2常陸野公園07


週末の土曜日ですが、人気のない公園なのか?
訪れる人も居ないようで、力走する びいすけ をしばし眺めている.......

そんな自分に気づきます。



気持ち良さそうに走っているなぁ.......。

      20140524第2常陸野公園08


      20140524第2常陸野公園09


      20140524第2常陸野公園10



走り疲れたのか?
しばし、休憩のようです。

      20140524第2常陸野公園11




散歩(散策)している芝生広場。
連れて来られたドッグランじゃないから
無理に走らなくてもいいよ! などと思っていると
再び、 びいすけ のスイッチが入ったようです。


ピョ〜んと飛んでます。

      20140524第2常陸野公園12


走らされているんじゃなく、
自ら、楽しんで走っているように見えてしまいます。

      20140524第2常陸野公園13


      20140524第2常陸野公園14


      20140524第2常陸野公園15


改めて、『いい顔(表情)しているなぁ』と親バカモード全開。
しばし、走り回る びいすけ を眺めておりました。



芝生広場から、さらに散策を続けます。
ロングリードの びいすけ のペースで歩いて行きます。


      20140524第2常陸野公園16




こちらが遊具広場。
って言う割には、鉄棒しか無い!

あれぇ〜?

      20140524第2常陸野公園17

元々真新しい公園じゃないから
遊具も老朽化して撤去されてしまったんでしょうか?


これじやあ、子供たちも遊びに来ないよね。

      20140524第2常陸野公園21



先へ進みましょう。

      20140524第2常陸野公園20




さらに奥に進めば、何やら人が集まっている。
それも年代の高い人たち。

どうやら、ターゲットバードゴルフ場の芝生の草刈りをしています。
地元のシルバー世代の人たちがボランティアで行っているようです。

      20140524第2常陸野公園18


どうやら、この公園はシルバー世代の方々に人気があるようです。


ターゲットバードゴルフは、鳥の羽の付いたゴルフボールを
こんな形のネットに入れて打数を競うゴルフのようです。

      20140524第2常陸野公園19

知らなかったなぁ。



このターゲットバードゴルフのある場所が公園の一番奥。
これ以上先は何もないから、駐車場に戻ることになります。

      20140524第2常陸野公園22


駐車場に戻りました。
ポツンと1台、我が家の車。

      20140524第2常陸野公園23

先ほどのボランティアのシルバー世代の人たち以外誰も来ていません。

芝生広場の駐車場寄りには桜の木も多く、確かに春の花見の頃は
一面に綺麗な花を咲かせることでしょう。

あまり人が訪れることのない公園だから
ワンちゃんを遊ばせるには、良い公園かもしれないなぁ.......。





2014/06/13 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

笠松城址  (2014年5月24日)(茨城県かすみがうら市) 

5月24日 公休日

この日は、茨城県かすみがうら市城址巡りに出かけました。
4ヶ所の城址を巡るべく、最初に訪れた城址は..............

          笠松城址


笠松城は

正元元年(1259)、この佐谷郷の領主であった佐谷次郎左衛門尉実幹によって築かれたと言われています。
佐谷氏は大掾氏の一族であり、石岡城の馬場資幹の孫にあたる人物だと言われています。
実幹の一族はその後二代ほどで滅びてしまったので、城も廃城となったと言うことです。
佐谷氏の時代には佐谷城と呼ばれていたそうです。

慶長7年(1602)には志築藩主本堂氏の陣屋となり、
それから40年にわたって藩主が居住していたといわれています。
笠松城と呼ばれるようになったのは、その頃のことであると言われています。


こちらが、笠松城の縄張り図

      笠松城址縄張り図

          (余胡くんのホームページ よりお借りしました)



おおよその場所(七会小学校の川を挟んだ対岸)は調べていましたが
しっかりと案内板があるから、迷わずに到着。


      20140524笠松城址01


こちらが、城塁。
この上が主郭にあたります。


      20140524笠松城址20



向かって右側が主郭。左側が二郭になります。


      20140524笠松城址19



民家の前に説明看板。


      20140524笠松城址02


      20140524笠松城址03


看板の奥から坂虎口となり、主郭となります。


郭内に入ってすぐに、笠松城址の碑が建てられています。


     20140524笠松城址04


      20140524笠松城址05



以前は一面の梨畑だったようですが、
現在は整地されてしまった主郭東部。

      20140524笠松城址06


どうやら、ソーラー発電所になるのでしょうか?
一画には山積みされたソーラーパネル。


      20140524笠松城址07

いずれ、フェンスが張り巡され、立ち入り禁止になるのでしょうか?


立ち入り禁止になる前に、じっくり見学して行きましょう。



整地された主郭東部の端っこには、祠が祀られています。


      20140524笠松城址17


祠の辺りから主郭を振り返ってみます。

主郭の西端、森の中を探索してみましょう。

      20140524笠松城址18



唯一と言っても良い遺構の土塁。

高さ1m弱の土塁が郭内に張り巡されています。


      20140524笠松城址08


      20140524笠松城址09


      20140524笠松城址15


      20140524笠松城址16



こちらは虎口(?)

虎口のように見えるけれど、
ひょっとしたら、後世に土塁が削られてしまったのかもしれません。

      20140524笠松城址10



虎口(?)の土塁。


      20140524笠松城址11


郭内はこんな感じで、下草も少なくしっかりと管理されている感じがします。

      20140524笠松城址12


      20140524笠松城址13



主郭の城塁。
この下は藪となり、そして雪入川沿いの谷津となります。


      20140524笠松城址14



主郭の一部分に残された土塁ぐらいしか見所はありませんでしたが、
やっぱり気になるのは、山積みされていたソーラーパネル。

せっかく千代田町時代から指定文化財として残されて来たわけだから、
フェンスに囲まれて『立ち入り禁止!』なんて事にならなければ良いんだが..............


そんな心配をしているのは私だけ..............?







2014/06/12 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて................宍塚小学校                                (2014年5月24日)(茨城県土浦市) 

5月24日  公休日

この日、茨城県のかすみがうら市の城址巡りをするために出かけました。

目的地はかすみがうら市ですが、最近のパターンは寄り道。

この日も、かすみがうら市のお隣の土浦市
今年の春(3月)に廃校になったばかりの小学校があることを知り、
訪れたのは..........................................

             土浦市立宍塚小学校




宍塚小学校は

明治10年   宍塚小学校創設
明治20年   下高津小学校宍塚分教場となる
明治43年   宍塚高等尋常小学校と改称
昭和22年   土浦市立宍塚小学校となる

平成26年  土浦小学校と統合し廃校となる

(ホームページも閉ざされ、詳しい沿革はわかりませんでした)



こちらが、宍塚小学校の正門。
門柱には、まだ表札が掲げられています。

      20140524宍塚小学校01


校門のゲートはしっかりと閉ざされています。

      20140524宍塚小学校02



ゲート脇の狭い隙間を、大きく息を吸ってお腹を凹ませて
ちょっぴり校内に入らせて貰います。

土浦市の教育委員会の方へ
決して怪しい者じゃありませんから!(笑)


校庭から眺める校舎全景。

      20140524宍塚小学校03

この横断幕がちょっぴり泣かせるんじゃないか!

なかなか、学び舎に『ありがとう』なんて言えません。

      20140524宍塚小学校05



逆アングルからの校舎。


      20140524宍塚小学校13


そして、正面から。

      20140524宍塚小学校14



校舎前には、この学校の校訓でしょうか?
石碑に簡素だけど、子供たちへの重みのある言葉が刻まれています。

      20140524宍塚小学校06


一、 なかよく
一、 たくましく
一、 考える

この言葉を伝える子供たちも、もう此処にはいません。



こちらは、廃校の碑。

やっぱり、廃校にはこれがなくっちゃ。

      20140524宍塚小学校07


廃校の碑には、校歌が刻まれています。
裏面を確認するのを忘れちゃったけど、
ひょっとしたら、裏面に沿革が刻まれていたのかな?


      20140524宍塚小学校08




こちらは遊具。
つい2ヶ月前までは、子供たちがこの遊具たちで遊んで居たんだよね。

      20140524宍塚小学校04

      20140524宍塚小学校15

      20140524宍塚小学校09


そしと百葉箱。

      20140524宍塚小学校10






校庭の隅にある水飲み場。
暑い夏の日には、汗をかいたら
この蛇口から水を飲んでいたのかな?

      
20140524宍塚小学校11


      20140524宍塚小学校12







正門近くの茂みの中に、隠れるように校訓の石碑がありました。
どうやら、こちらが正規の校訓のようですね。

      20140524宍塚小学校16



今年の3月末に廃校となり、2ヶ月。
今はまだこんな状態だけど、これが5年、10年と月日が流れ
20年後はどうなっているんだろうか?

校舎は解体されて、更地になっているんだろうか..............?



その頃には、私も びいすけ も生きては居ないだろう..............。











2014/06/11 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

九十九里 白里海岸  (2014年5月19日)(千葉県大網白里市) 

5月19日 公休日

この日は、朝から大網白里市の九十九里浜に向かっていました。
しかしながら数ヶ所の寄り道をして、
遅目のお昼を食べて、
何だかんだと九十九里浜に着いたのは14時を回っていました。

九十九里浜と言っても広い。
九十九里浜は、千葉県房総半島東岸にある、旭市の刑部岬と
いすみ市の太東崎の間の、太平洋に面している全長約66キロメートルの海岸です。
その66キロの間に多くの海水浴場があり、砂浜も整備されています。

今回訪れたのは.....................白里海岸

平日の昼間ですが、駐車場にはそれなりに車が停まっています。

ロングリードに付け替えて、白里海岸を楽しみましょう。


      20170519九十九里 白里海岸01



いやぁ、天気が良いから、海に来ると気持ちが良い。


      20170519九十九里 白里海岸02


空は青く、そして波は白い。

      20170519九十九里 白里海岸03


ロングリードを引っ張りながら びいすけ が砂浜を闊歩します。


      20170519九十九里 白里海岸04


押し寄せた波が上手く引き切らなくて
砂浜が濡れています。
水が苦手な びいすけ ですが、これくらいなら大丈夫?

      20170519九十九里 白里海岸05


波の匂いでも確認しているのか?
それとも潮の香りを楽しんでいるのかな?

      20170519九十九里 白里海岸06



本当は、砂浜を走らせたかったんですが
微妙にサーファーやら、家族連れが居て無理っぽい。

せめて制御できる距離を置いて砂浜を徘徊させてみます。


      20170519九十九里 白里海岸07



決して波には近づかず、波打ち際とも微妙な距離感。

      20170519九十九里 白里海岸08


マイペースで砂浜を徘徊する びいすけ 。

      20170519九十九里 白里海岸09



まぁ、吠えることもなく大人しく徘徊してくれればイイや。

      20170519九十九里 白里海岸10


カメラを構える私に近づく びいすけ 。

      20170519九十九里 白里海岸12


『待て!』のコマンドてま、何故か『伏せ!』

あれぇ〜?

      20170519九十九里 白里海岸11



もう一回チャレンジ。

『待て!』

      20170519九十九里 白里海岸13



今度は上手く出来た! と、思っていたら..............


いつの間にか『伏せ』状態。

あれぇ〜?

      20170519九十九里 白里海岸14


      20170519九十九里 白里海岸15



砂浜に伏せるのは気持ち良いのだろうか?

      20170519九十九里 白里海岸16


      20170519九十九里 白里海岸17


本当は帰りの車の中が砂だらけになっちゃうから
あんまり『伏せ』して欲しくないんだけどなぁ


帰ったら、シャンプーだよ(笑)



 
2014/06/10 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

古民家食堂 もちづき  (2014年5月19日)(千葉県大網白里市) 

5月19日 公休日

この日は、大網白里市の九十九里浜へ行くことにしました。
ただ、九十九里浜に行って帰ってくるだけじゃ芸がないから
何ヶ所か寄り道して九十九里浜へ向かうことにしました。
妙見神社をあとにして、ちょっぴり遅くなったけれど
お昼の時間にいたしましょう

県道30号線沿いにある 古民家食堂 もちづき に向けて車を走らせます。

県道30号線を走っていると、道路沿いに簡易看板がやたらと立ち並べているのが、このお店。

      20140519古民家食堂もちづき12


以前から気になっていて、いつか食べに来てみようと思っていました。


こちらが、 古民家食堂もちづき。

      20140519古民家食堂もちづき01

古民家と言うより、普通の家って言う感じです。


しかし、犬連れは中には入れません。
って言うか、テラス席ワンコOKのお店だから、当然テラス席を占有します。


      20140519古民家食堂もちづき02


まぁ、平日のお昼をちょっと過ぎた辺りの時間帯だから
他にはお客さんが居ません。


先ずは冷たいお水で喉を潤します。

ワンコ用に煮干し(カタクチいわしのごまめ)が出て来ます。


      20140519古民家食堂もちづき03



『びいすけ〜ぇ、食べるぅ?』


      20140519古民家食堂もちづき05



勿論、食べない訳が無い!(笑)。


      20140519古民家食堂もちづき04



メニューの中から頼んだのは 『いわしづくし定食』(1575円 税別)


いきなり、テーブルに七輪が、どぉ〜んと置かれました。


      20140519古民家食堂もちづき06


『えっ!? 何事?』


いわしの味醂干し と いわしの丸干し。
これを七輪で焼いて下さいと言うことです。

      20140519古民家食堂もちづき07



さっそく、七輪で焼いてみましょう。


      20140519古民家食堂もちづき08



ほどなくして、良い感じで煙もあがり
香ばしい匂いの中、いわしが焼けて来たようです。


      20140519古民家食堂もちづき09

いわしの匂いに びいすけ のテンションも上がり気味。
でも、暑いからちょっと待っててちょ〜だい。



これが『いわしづくし定食』の全容。

      20140519古民家食堂もちづき10


いわしの刺身が有れば完璧でしたが
それでも美味しくいただきました。

      20140519古民家食堂もちづき11


 完食です!!

後からネットを見たら
ご飯のお代わり自由と、
いわしの天麩羅が食べ放題って載っていた..............


そう言うのって、先に教えてよぉ〜 (笑)。



2014/06/09 Mon. 17:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

妙見神社 《大網白里・四天木》  (2014年5月19日)(千葉県大網白里市) 

5月19日 公休日

この日は、大網白里市の九十九里浜へ行くことにしました。
ただ、九十九里浜に行って帰ってくるだけじゃ芸がないから
何ヶ所か寄り道して九十九里浜へ向かうことにしました。
金堀城址をあとにして、次なる寄り道として訪れたのは...................


          妙見神社 《大網白里・四天木》


と、書けば恰好がつくのですが
本当は、この妙見神社は偶然みつけた産物。

金堀城址から白里海岸に向かっている途中にありました。



今年になってから、千葉氏の家紋である『月星紋』や『九曜紋』を探して
妙見神社を見つけては、神紋が千葉氏の家紋ではないか?と確認していました。


そもそも、桓武平氏の流れを汲み
平忠常を始祖とする千葉氏。
下総の豪族で、守護大名・戦国大名となった一族である。
一族の争いにより弱体化し、
やがては小田原北条氏の傘下に汲み伏すことになりましたが
一族の繁栄と戦での武運を祈願し、
城の北東に妙見社(妙見神社)を建てていたと言われています。

やっぱり千葉県に住んでいると、特にお膝元の千葉市や佐倉市と言った
北総の地に住んでいると地元贔屓で千葉氏に興味と言うか
愛着が湧いてしまいます。

でも戦国武将で誰が好き?って聞かれれば
北条氏康って答えちゃいます(笑)。

話はそれましたが..............

偶然とは言え、せっかく見つけた妙見神社。
さっそく確認しちゃいましょう。




思ったより小さな妙見神社。

      20140519妙見神社 大網白里・四天木01


川沿いで視界が開けてなければ、
見つけることは出来ませんでした。

      20140519妙見神社 大網白里・四天木02



石造りの割と新しく見える鳥居。

そして艶やかな朱色の本殿。

      20140519妙見神社 大網白里・四天木03



鳥居の神額はしっかりと『妙見神社』の文字。


      20140519妙見神社 大網白里・四天木04



本殿の神紋は.....................


残念ながら、『三つ巴』。

      20140519妙見神社 大網白里・四天木05


鬼瓦にも『三つ巴』の神紋。

      20140519妙見神社 大網白里・四天木06


      20140519妙見神社 大網白里・四天木07



確かに神社には、この『三つ巴』の神紋が多い。

      20140519妙見神社 大網白里・四天木08


まあ、せっかく立ち寄ったんだから、記念の写真を残しましょう。



そう言えば、隣町の東金市は戦国時代は酒井氏が拝領した地。
酒井氏って確か、『三つ巴』が家紋だったはず。
これって、何か関連があるのかなぁ..............?


そんな訳、無いよなぁ..............




2014/06/09 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

金堀城址  (2014年5月19日)(千葉県千葉市) 

5月19日 公休日


この日は、大網白里市の九十九里浜へ行くことにしました。
ただ、九十九里浜に行って帰ってくるだけじゃ芸がないから
何ヶ所か寄り道して九十九里浜へ向かうことにしました。
小中池公園をあとにして、次なる寄り道として訪れたのは...................


          金堀城址



金堀城は

別名、辰ヶ台城とも呼ばれ、土気城の南の丘陵に築かれた城郭であります。
城の規模から城と言うよりは、砦と呼んだほうのが相応しいとも言われています。
築城時期等は不明ですが、土気城の砦として戦国時代までに土気城主、酒井氏によって
この地に構えられたとする考え方が一般的なようです。




こちらが、金堀城の縄張り図

      金堀城址縄張り図


          (余胡くんのホームページ よりお借りしました)



小中池公園から昭和の森公園に至るハイキングコースを歩いて金堀城址を目指します。


      20140519金堀城址01



なかなか良い雰囲気のハイキングコース。


      20140519金堀城址02



昭和の森公園に到着。
小中池が眼下に広がります。


      20140519金堀城址03



この辺りは金堀城址の二郭。
この奥が主郭となります。


      20140519金堀城址04


二郭と主郭を繋ぐ土橋。
土橋の両脇の空堀も
この位置からしっかりと確認できます。


      20140519金堀城址05


      20140519金堀城址06



土橋を主郭側から眺めると、こんな感じ。


      20140519金堀城址13


      20140519金堀城址07



こちらが主郭虎口

      20140519金堀城址08


そして、こちらが主郭虎口の土塁。


      20140519金堀城址09



正確には、土橋を渡ると一段高くなり
そこは腰曲輪(雑草だらけで何が何だかわからない写真です)


      20140519金堀城址14



腰曲輪の先が主郭となります。


主郭には、八幡神社が鎮座しています。


      20140519金堀城址10


      20140519金堀城址11


画像で分かるように、八幡神社も雑草に覆われています。

      20140519金堀城址12






こちらが、主郭搦め手口の虎口。

      20140519金堀城址15



この先は細尾根(両脇が崖)伝いに道が続きます。

幾つかの堀切を越え、下山することができます。

      20140519金堀城址16


      20140519金堀城址17


      20140519金堀城址18




尾根伝いの道を下って行くと、こんな所に出ます。


      20140519金堀城址19


思わず、『ここは、どこぉ〜?』って叫びたくなってしまいます。

再び、登って八幡神社に戻る気はないので
車を停めている小中池公園の駐車場を目指します。


      20140519金堀城址20



田圃の脇の畦道を歩き..............


      20140519金堀城址21



こんな、素掘りのトンネルを抜け.........

      20140519金堀城址22



やっとの思いで、駐車場に辿りつけました。

いやぁ、結構歩いたような気がします(笑)。



昭和の森公園内にある城址ですが、綺麗に管理されている昭和の森公園とは裏腹に
時期的なモノかもしれませんが、雑草の生い茂る城址でした。

だれかが参拝するかもしれない八幡神社もあるわけだし、
一応、公園敷地内だし..............

昭和の森公園の管理事務所さん、
せめて、主郭のある八幡神社周辺だけでも草刈りしませんか..............?(笑)






2014/06/08 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

小中池公園  (2014年5月19日)(千葉県大網白里市) 

5月19日  公休日


この日は、大網白里市の九十九里浜へ行くことにしました。
ただ、九十九里浜に行って帰ってくるだけじゃ芸がないから
何ヶ所か寄り道して九十九里浜へ向かうことにしました。
白井小学校中野分校跡をあとにして、次なる寄り道として訪れたのは

          小中池公園



小中池(こなかいけ)は、千葉県大網白里市字小中にあるため池である。
房総の魅力500選に選ばれているほか、
2010年(平成22年)3月25日に農林水産省のため池百選に選定された。
着工は1933年(昭和8年)で、第二次世界大戦の影響等で工事が遅延し、
1947年(昭和22年)に完成した農業用ため池である。
現在も634haの水田の灌漑用水として利用されている。

(Wikipediaより引用)

その小中池の周囲は「小中池公園」として整備され、
全長90mローラー滑り台があるほか、
遊歩道沿いにはサクラ、アジサイ、モミジが植樹されていて
また、湖畔にはウグイス、ホオジロ、シジュウカラ等がさえずり、
池には錦鯉が放流されていて、訪れる人の憩いの場となっているとのことです。



      20140519小中池公園03


では、さっそく小中池公園を散策してみましょう。





駐車場の隣は、多目的広場。
とは言っても、多目的に使えるほど広くはない。


      20140519小中池公園01





そして、ロープが張られ、自由に出入り出来ないようです。

      20140519小中池公園02



とりあえず、公園の案内板を探します。
(現在地が把握できていません。)

やっぱり、現在地と公園の配置図がないと散策も単調になってしまいます。
公園散策の基本ですね。

案内板で現在地を確認。

      20140519小中池公園17


先ずは、芝生広場。
やっぱり公園と言ったら芝生広場。
まして、新緑の映えるこの時期は緑の絨毯のような
綺麗な芝生で眼の保養をしなくっちゃ。

とは言っても、 びいすけ は芝生を闊歩するのがお好きなようで..............。

      20140519小中池公園04


      20140519小中池公園05


      20140519小中池公園06




そして、いきなりゴロ〜ん。
やっぱり芝生に転がるのは気持ちよいのだろうか?

      20140519小中池公園07


      20140519小中池公園08



ここで、 びいすけ のスイッチが入ったようです。

芝生広場を激走モードに切り替わりました。

      20140519小中池公園09


ロングリードだし、誰も居ないし..............

『走れ〜!!』

思わず、心の中で一人叫んでます。(笑)

      20140519小中池公園10


      20140519小中池公園11


      20140519小中池公園12


      20140519小中池公園13



勢いよく走り回っていた びいすけ が急に足を止めました。
そして、何かに怖る怖る近寄っています。

      20140519小中池公園14


      20140519小中池公園15



何と、亀でした。

      20140519小中池公園16


何で、芝生広場に亀がいるの?
亀も芝生広場で甲羅干しをしていたのでしょうか?



では、散策を続けましょう。


この階段を登って行くと小中池の湖畔(?)に出ます。
まるでダム湖に行くような感じです。

      20140519小中池公園18


こちらが小中池。
意外に広い。

      20140519小中池公園19


湖畔には散策路がありますが、どうやら一周は出来ないようです。
とりあえず行ける所まで行ってみましょう。

先ずは、反時計回りで散策開始。

こちらのルートにはウッドデッキが設置されています。

      20140519小中池公園20



ウッドデッキ越しに下を見ている びいすけ 。
またもや、何かを見つけたようです。

      20140519小中池公園21


大きな錦鯉がたくさん居ます。

      20140519小中池公園22



そして、亀(笑)。
ここでも甲羅干しをしています。

      20140519小中池公園23


どうやら、 びいすけ は亀が気になるようです。



湖畔の散策路を更に先へ進みます。

      20140519小中池公園24


こちらのルートは、この先にある四阿が終点。

      20140519小中池公園25


ちょっぴり額に汗をかいたから、暫し休憩。


      20140519小中池公園26


      20140519小中池公園27



四阿から眺める小中池。

      20140519小中池公園28



さて、小腹が空いたからパンでも食べましょう。

『 びいすけ〜 パン欲っちい?』

      20140519小中池公園29



要らない訳がない(笑)。

      20140519小中池公園30


当然、こうなります(笑)。

      20140519小中池公園31



一息ついたら、今度は時計回りに歩いてみます。


こちらが、この小中池のウリの一つである全長90mローラー滑り台。

まぁ、びいすけ には関係ないけど.........

      20140519小中池公園32

でも、妹の もっちゃん がここに居たら
きっと びいすけ を抱きかかえて滑って居たんだろうなぁ。




こちら側のルートには、説明看板がありました。

      20140519小中池公園33



暫く、湖畔沿いに散策路は続きますが、やがて行き止まりになってしまいます。

      20140519小中池公園34


      20140519小中池公園35


御蛇ヶ池のようにぐるっと一周できれば、
もっと楽しめるのに..............残念です。

この小中池。
住所は大網白里市ですが、限りなく大網白里市のはずれ。
千葉市緑区に限りなく近い。
小中池から昭和の森公園までは距離にして400mほど。
ただし、山路を登っての話ですけどね。

昭和の森公園だと駐車場料金が掛かるけど
この小中池公園の駐車場は無料。
健脚な方なら、小中池公園から昭和の森公園へと頑張ってみるのもイイかも?
浮いた駐車場料金400円で冷たいジュースも飲めますよ(笑)。


2014/06/07 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて.................白井小学校中野分校跡                       (2014年5月19日)(千葉県千葉市) 

5月19日 公休日

この日は、大網白里市の九十九里浜へ行くことにしました。
ただ、九十九里浜に行って帰ってくるだけじゃ芸がないから
何ヶ所か寄り道して九十九里浜へ向かうことにしました。

最初の寄り道として訪れたのは................

          千葉市立白井小学校中野分校跡


白井小学校中野分校は


明治6年    中野村に中野小学校として創設。
明治22年   町村制の施行により、近隣の村々が合併して白井村が発足。
明治42年   中野小学校、高根小学校、野泉小学校が合併して
         白井尋常高等小学校が創設され、中野小学校は分教場となる。
昭和22年   白井小学校中野分校と改称。
昭和30年   白井村と更科村が合併し、泉町発足。
         泉町立南部小学校中野分校と改称。
昭和38年   泉町が千葉市に編入され、千葉市立白井小学校中野分校と改称。
昭和53年   本校に統合され、廃校となる。


と、このような沿革となっています。


実は、すいらんに行く際にこの中野分校の前を通っていました。
以前から小さな公園のように思っていました。

現在は、本郷自治会館と言う地域の公民館のような施設として活用されています。
残念ながら、校舎は既に解体されて新しい自治会館の建物が建てられています。


こちらが、正門跡。


      20140519白井小学校中野分校01


門柱は往時のモノのようです。


      20140519白井小学校中野分校02


しかし、表札は外され、代わりに『無断駐車禁止』の札に変わってます。

      20140519白井小学校中野分校03

勝手に駐車場として利用する人が多いのでしょうか?


敷地内の車路と校庭を区分するために用いたのか?
はたまた、単なる子供たちの遊具として利用していたのか?
黄色、青色、赤色、緑色と彩色された古タイヤが埋められています。


      20140519白井小学校中野分校04


      20140519白井小学校中野分校13


      20140519白井小学校中野分校09


      20140519白井小学校中野分校12



校庭の端っこには、廃校の記念碑

      20140519白井小学校中野分校05



そして、その裏には古井戸跡

      20140519白井小学校中野分校06



そして、こちらが校庭跡
綺麗に管理されていて、ありがちな雑草も目立たない
公園の芝生広場って言っても遜色ないほどです。

      20140519白井小学校中野分校07


      20140519白井小学校中野分校08




気持ちがいいのか?

びいすけ もゴロ~んと転がります。
びいすけ のこの行動で芝生の良し悪しが何となく判ります。

      20140519白井小学校中野分校10


      20140519白井小学校中野分校11


自治会館と大きな木

きっとこんな感じで校舎の脇にそびえ立っていたのでしょう。

      20140519白井小学校中野分校14


そして丹念に芝生の匂いを確認する びいすけ 。

      20140519白井小学校中野分校15


校門の門柱と廃校記念碑と古タイヤ
廃校遺構は、これくらいしか残されていませんが
廃校から36年、東金街道沿いにひっそりと佇んでいるようにも見えます。

すいらんに行く時は必ず通る道沿いなので
また立ち寄ってみることにしよう........................



2014/06/06 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて.............奥野第一小学校跡                            (2014年5月18日)(茨城県牛久市) 

5月18日 公休日


3月に牛久市廃校(跡)を巡りました。
その時に場所が分からず、時間もなかったので
その日は断念した廃校跡がありました。

牛久市のお隣の龍ケ崎市に遊びに来たついでに
勢いで、ちょっぴり足を伸ばして訪れたのは..............

          旧・牛久町立奥野第一小学校跡



奥野第一小学校は

明治9年    井ノ岡村に井ノ岡小学校が創設される         
明治19年   井ノ岡小学校、久野小学校、島田小学校が統合され、
         奥原小学校の分校となる。
明治22年   近隣の村が合併し、新たに奥野村が発足。
明治25年   奥野尋常高等小学校と改称。
昭和16年   奥野第一高等尋常小学校改称
昭和30年   奥野村が牛久町に編入され、牛久町立奥野第一小学校と改称
昭和40年   奥野第一小学校、奥野第二小学校、奥野第一小学校奥原分校の3校が
         統合され、牛久町立奥野小学校が発足し廃校となる

      と、このような沿革を経ています。





実は、この奥野第一小学校跡地を探すのには苦労しました。
やはり、ネットでは詳しい情報が得られず、牛久町時代の古い住所は分かったんですが
現在は牛久市に変わってしまい、まして大字、小字がなくなっているので
現住所がわかりません。

奥野第二小学校跡の前に住んでいる御老人に聞いて、
おおよその場所(牛久第二中学校の近く)は分かったものの
校舎も解体されて、更地になっていると言う情報のみ。

牛久第二中学校の前にある牛久市奥野生涯学習センターを訪ね
休日ですが、出勤していた教育委員会の職員さんに調べていただきました。
(突然の訪問にも親切な応対ありがとうございました。)


こちらが、奥野第一小学校跡。


      20140518奥野第一小学校01


奥野第二小学校跡地の前に住む御老人の話だと更地だと聞いていましたが、
現在は太陽光発電所になっていました。


おそらく、この辺りがかつての正門跡でしょう。

厳重に施錠されているから、中には到底入れません。


      20140518奥野第一小学校02


敷地内に整然と配置された太陽電池(ソーラーパネル)は圧巻です。


      20140518奥野第一小学校03


      20140518奥野第一小学校06


      20140518奥野第一小学校05



フェンス越しにぐると1周してみます


      20140518奥野第一小学校04


      20140518奥野第一小学校08



敷地内に目一杯ソーラーパネルが敷き詰められれているため
とても廃校遺構など残されていません。

廃校記念碑などとんでもない
二ノ宮像もありません。


      20140518奥野第一小学校07


これも時代の流れなんでしょうか..........?

気のせいかもしれないけれど...............
例の震災以降、特に茨城県では自然エネルギーを有効活用しようと
ソーラーパネルの設置が多いような気がする。

これも国策なのかな.....?


廃校ファンとしてはちょっぴり寂しいというか
記念碑でもポツンと建つ更地のほうが良かったなぁ..............

って言うか、牛久第二中学校の前にある奥野生涯学習センターを
ここに建てれば良かったんじゃない.....?(笑)
 

 
2014/06/05 Thu. 17:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて.............奥野第二小学校跡                            (2014年5月18日)(茨城県牛久市) 

5月18日 公休日

3月に牛久市廃校(跡)を巡りました。
その時に場所が分からず、時間もなかったので
その日は断念した廃校跡がありました。

牛久市のお隣の龍ケ崎市に遊びに来たついでに
勢いで、ちょっぴり足を伸ばして訪れたのは..............

      旧・牛久町立奥野第二小学校跡



奥野第二小学校は

明治13年    井ノ岡村の井ノ岡小学校から久野村に久野小学校、
         小坂村に小坂小学校が分離独立して創設される。
明治17年   小坂小学校が久野小学校の分校となる。
明治19年   井ノ岡小学校、久野小学校、島田小学校が統合され,、
         奥原小学校久野分校となる。
明治22年   近隣の村が合併し、新たに奥野村が発足。
明治25年   奥野尋常小学校久野分教場と改称。
昭和16年   奥野第二尋常小学校改称
昭和30年   奥野村が牛久町に編入され、牛久町立奥野第二小学校と改称
昭和40年   奥野第一小学校、奥野第二小学校、奥野第一小学校奥原分校の3校が
         統合され、牛久町立奥野小学校が発足し廃校となる


このような沿革を経ています。


廃校からすでに49年経っているため、ネットで調べても
詳しい所在地等の情報はほとんどありませんでした。

ただ、3月に旧岡田小学校下根分校跡を訪れた時に
その際お世話になった下根保育園の園長さんに、

『学校名は覚えていないけれど、確か小さな小学校があったはず.............』

と、教えていただいていたのが、ここ奥野第二小学校。
その時の記憶を思い出しながら、牛久大仏脇の県道を走り、ひたすら探しまくりました。

やっと見つけた奥野第二小学校跡。

すぐ近くに来ると、学校跡の雰囲気は残っていました。


      20140518奥野第二小学校09


      20140518奥野第二小学校04



門柱は既に無く、殺風景な入口ですが
かつての校門跡には大きな木が聳えています。


      20140518奥野第二小学校06


      20140518奥野第二小学校07


廃校跡は現在、久野公会堂として地域の公民館として活用されています。


      20140518奥野第二小学校08



      20140518奥野第二小学校05



校舎は素手の解体され、公会堂として新しい建物に変わっています。


      20140518奥野第二小学校01


      20140518奥野第二小学校10



公会堂の玄関よりかつての校庭を眺めてみます。

敷地内の多くが駐車場として利用されるようで、アスファルトで覆われています。
かつての校庭跡もすっかり様変わりのようです。


      20140518奥野第二小学校11



敷地の隅にある建物は消防倉庫のようです

      20140518奥野第二小学校02


廃校跡の一画に消防倉庫と火の見櫓。
このパターンも何となく多いような気がする。

      20140518奥野第二小学校03



廃校記念碑や二ノ宮像など廃校遺構が何か残っていないか?
敷地内を探してみましたが、残念ながら何も残っていませんでした。

ちょっぴり残念でした..................。





2014/06/05 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

蛇沼公園  (2014年5月18日)(茨城県龍ケ崎市) 

5月18日 公休日

この日は龍ケ崎・牛久方面へ出かけて来ました。

牛久沼水辺公園をあとにして、向かった先は..............

蛇沼公園


蛇沼公園って、随分物騒な名前ですが、
蛇沼と言う、細長く蛇のような形をした神秘的な沼の脇にある雑木林が生い茂る公園で、
茨城県の自然百選にも選ばれているそうです。

とは言うものの、龍ケ崎市の長山地区の分譲住宅街の奥に
蛇沼公園はありました。



こちらが蛇沼公園の入口。

住宅街のバス通りのドン突きが蛇沼公園です。


      20140518蛇沼公園01


煉瓦作りの門が、どことなく都会の公園の雰囲気を醸し出します。

      20140518蛇沼公園02


まずは、公園の案内図で現在地を確認。

      20140518蛇沼公園03


そして散策コースと言うか、ルートを決めます。

      20140518蛇沼公園04



案内図を見る限り、蛇沼の湖畔に出る散策路は無い様だから
行き当たりばったりで散策しちゃいましょう。

      20140518蛇沼公園05


四阿があるだけで、私の中の公園に対するポイントは上がっちゃいます。
まして、芝生広場に四阿があると、ポイントは高いよぉ〜!

      20140518蛇沼公園06


雑木林の中の散策路も好感。
強い陽射しも遮ってくれます。

      20140518蛇沼公園07


ロングリードで びいすけ のペースでの散策となります。

      20140518蛇沼公園08


      20140518蛇沼公園20



びいすけ の背後に見えるのが蛇沼。

細い道はあるのですが、ロープが張られ立入り禁止。
きっと子供たちが誤って蛇沼に落ちたら大変だから
こういった措置がなされているんでしょうね。

ここは、大人の対応。
これより先には入りません。

      20140518蛇沼公園10


      20140518蛇沼公園11



こちらが、野鳥観察舎。

      20140518蛇沼公園12


観察舎の穴から覗いて見ると..............

確かに自然がいっぱい。

      20140518蛇沼公園13


とても住宅街の奥にある公園には見えません。

      20140518蛇沼公園14


鬱蒼と茂る森。

      20140518蛇沼公園09


本当に緑の映える季節になりました。

      20140518蛇沼公園15


      20140518蛇沼公園16


この先には、望沼台があるようです。

      20140518蛇沼公園17


こちらが、望沼台。
でも、あんまり視界は良くありません。
蛇沼も大して眺めることは出来ません。

望沼台って、完全に名前負け?

      20140518蛇沼公園18


でも、望沼台の一画は煉瓦のアーチが有ったりして
それなりに頑張って作った意気は汲み取ってあげましょう。

      20140518蛇沼公園19


住宅街の端っこにある緑豊かな蛇沼公園。
住宅街に住む方々の憩いの場でもあり、
そこに住む方に飼われているワンちゃんたちの
散歩コースでもあるようです。

この日も4〜5頭のワンちゃんとすれ違いました。


新緑の季節にこれだけ緑が鮮やかだと
紅葉の時期はもっと鮮やかになるのだろうか?
夏は木々が陽射しん遮ってくれるだろうし、
冬は枯れ落ち葉をサクサクと踏みしめる音を楽しみながらの散歩。

いやぁ、この近くに住んでいる人が
ちょっぴり羨ましくなってしまいそう..............。






2014/06/04 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

牛久沼水辺公園  (2014年5月18日)(茨城県龍ケ崎市) 

5月18日  公休日


この日は、龍ケ崎市にある 牛久沼水辺公園 に行って来ました。

      20140518牛久水辺公園01


牛久沼の湖畔。国道6号線からちょっと入った所に
牛久沼水辺公園はあります。

牛久沼水辺公園龍ケ崎市牛久沼湖畔にあり、
牛久沼は周囲 25.5キロの細長い沼です。
コスモスや四季おりおりの花が目を 楽しませてくれ、
白鳥を間近で見ることができる公園です。


湖畔には、こんな四阿があり、この日のような強い陽射しの日には
ちょっぴり陽射し除けになったりもします。

      20140518牛久水辺公園02


その名の通り、牛久沼の湖畔、水辺がこの公園の最大のウリなのですが、
危険防止のために柵が設けられ、直接水辺に行くことは出来ません。

      20140518牛久水辺公園03


『な〜んだ、残念!』

そんな事を びいすけ は思っているのでしょうか?


      20140518牛久水辺公園04

でも、水が苦手なくせに..............(笑)



湖畔にはウッドデッキがあり、湖畔に沿ってウッドデッキの散歩道があったりします。

      20140518牛久水辺公園05


      20140518牛久水辺公園17


      20140518牛久水辺公園18


      20140518牛久水辺公園19




ロングリードで、 びいすけ のペースでウッドデッキを歩いてみましょう。

      20140518牛久水辺公園06


      20140518牛久水辺公園07


障害物もなく、牛久沼の眺望が拓けています。

が、そんな事は興味なくて、ひたすら歩く びいすけ 。

      20140518牛久水辺公園08


      20140518牛久水辺公園09


対岸は牛久市。
ちょうど、この辺りが牛久城址になるはず。

      20140518牛久水辺公園10




こちらは、多目的広場。

日曜日だから、家族連れでも居るかと思いましたが
ほとんど居ません。

わずかに、湖畔で釣り糸を垂らすオジさんが一人。
牛久沼水辺公園、貸し切り状態です。

一応、安全確認(誰も居ないことの確認)をして
ロングリードからそっと手を話してみますが、
広場を走り回る気配がない。

      20140518牛久水辺公園11


草の匂いをクンクンと嗅ぎながら確認。

      20140518牛久水辺公園12



半径10mぐらいの行動範囲で徘徊しています。

      20140518牛久水辺公園13



時々立ち止まり、何かを見つめているのか?
それとも単に、ぼぉ〜っとしているのか?

      20140518牛久水辺公園14


      20140518牛久水辺公園15


      20140518牛久水辺公園16

頭上から、雲雀の『ぴ〜ちく、ぴ〜ちく』と鳴く声が聞こえます。
きっと、雲雀の鳴き声が気になったのでしょう。

いやぁ、それにしても雲雀の鳴き声を聞いたのも久しぶりの様な気がします。


まぁ、この日のような暑さだと、
『走れ〜!』って言っても走らないでしょう。
もっとも、元々走らなくなった昨今の びいすけ ですが..............





湖畔には、水面を柵で区画して白鳥を飼育していますが
なぜか、今日の びいすけ は興味なし。


帰り際、公園の花壇に菖蒲か?
それともアヤメか?
まぁ、どっちかだとは思うけれど咲いていました。

      20140518牛久水辺公園20


      20140518牛久水辺公園21



そろそろ菖蒲の花の時期なんですね。
今年は何処の菖蒲を観に行こうか?

そんな事を考えながら、牛久沼水辺公園をあとにしました..............。





2014/06/03 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

ふるさとふれあい公園  (2014年5月18日)(茨城県龍ケ崎市) 

5月18日  公休日

この日は、龍ケ崎市ふるさとふれあい公園 に行って来ました。


実は、筑波方面に遊びに行く際は、印西市木下から我孫子市布佐を抜けて
利根川を渡り、利根町から龍ケ崎市を抜けて行くと言うルートを走ります。
すなわち、千葉県と茨城県にまたがる広域な地方道を走るのですが
龍ケ崎市の市街地の手前に

← ふるさとふれあい公園 と言う標識が以前から気になっていました。


こちらが、ふるさとふれあい公園のアトリエ。

いわゆるランドマークとでも言うべきか?
公園事務所みたいなものでしょう。
朝9:00からオープンのようですが、到着時は8:00頃。
当然、中には入れません。

      20140518ふるさとふれあい公園01


      20140518ふるさとふれあい公園12



アトリエ前に、公園案内図があるかと思ったけれど、どこにも無い!

仕方ないから適当に園内を散策します。


アトリエの前は多目的広場。
緑が映える芝生とほんのちょっぴりの遊具。

小さな子供たちが芝生で戯れる。
そんな利用を目的としているのでしょうか?

日曜日と言えども、早朝。
少年野球の子供たち以外に、
この公園に訪れている人は居ないようです。

ロングリードに付け変え、 びいすけ の気の向くままにさせてみます。


すったかたぁ〜と、軽快なフットワークで歩いたかと思えば、
芝生の匂い嗅ぎに夢中になります。

      20140518ふるさとふれあい公園02


      20140518ふるさとふれあい公園03


      20140518ふるさとふれあい公園04


      20140518ふるさとふれあい公園05



一通り匂いを嗅いだから、園内を散策いたしましょう。

この ふるさとふれあい公園は旧小貝川のほとりに、
せせらぎ池、水車小屋など、 豊かな「水」をテーマとして作られている公園だそうです。

      20140518ふるさとふれあい公園06


      20140518ふるさとふれあい公園10


ふれあい公園にある池(?)に架かる橋だから、ふれあい橋?


      20140518ふるさとふれあい公園11


ふれあい橋を渡った先には、こんな石碑。

      20140518ふるさとふれあい公園07


説明看板によれば、英 美子(はなぶさ よしこ)の『川は流れる』と言う詩碑らしい。

      20140518ふるさとふれあい公園08



看板らしい看板が見当たらなかった公園ですが、
裏口とも言える、ふれあい橋の先にある駐車場の隅に看板がありました。

      20140518ふるさとふれあい公園09


しかしながら、長い年月?による風化でしょうか?
全く文字が読めず、園内の案内も全く分かりません。




こちらが、せせらぎ池になるのか?
それとも旧小貝川?

とにかく、この水源に沿って歩いてみましょう。

      20140518ふるさとふれあい公園13


私の背丈ほどある茂みが水面を遮り、
野球場の脇を歩いているみたいです。

      20140518ふるさとふれあい公園14


でも、 びいすけ にとっては、草の匂いをクンクンと嗅ぎながらの前進になるので
こっちの方がいいのかな?

      20140518ふるさとふれあい公園15



ヘラ鮒でも釣れるのでしょうか?
3〜4人の若者が釣り糸を垂らしていました。

邪魔にならないように..............

『はい、ポーズ!』 パチリ☆

      20140518ふるさとふれあい公園16




こちらは、ディスクゴルフ場。
いわゆる、フリスビーを使ってコース内にあるネットに入れて行くと言うスポーツ。
さほど広くはないけれど、自然の森を利用してこんなコースも準備されています。

こんな感じのネットにフリスビーを投げ入れて競い合います。

      20140518ふるさとふれあい公園19


      20140518ふるさとふれあい公園20


何せ、芝生広場状態のディスクゴルフ場。

      20140518ふるさとふれあい公園17


とにかく、芝生が気持ち良さそう。

      20140518ふるさとふれあい公園18


芝生で びいすけ を遊ばせようかと思っていたら
ディスクゴルフをする人達がやって来たから諦めました。

びっくりしたのは、割りとご年配の方々だったから
ディスクゴルフって楽しむ方の年代が高いのでしょうか?




ディスクゴルフ場を抜けて、車を停めたアトリエに向かいます。


野球場の前を通ります。
少年たちが野球に励んでいます。

頑張れ! 少年たち!!
イチローやマー君(田中将大)みたいなビッグな選手になれよ!


      20140518ふるさとふれあい公園21


そんな事を思いながら、 びいすけ の歩調に合わせ、
(って言うか、 びいすけ にペースをまかせて)
はるか先に見える駐車場へと向かうのでありました。

      20140518ふるさとふれあい公園22


ふるさとふれあい公園。
名前の割りには、ふれあうモノが少ない。
って言うか、何にふれあえば良いのか?

今一歩、ピンとこない。
完全に名前負けの公園でした..............。

でも、アトリエ前の多目的広場(?)の芝生は
綺麗に管理されていて、好感が持てました。



2014/06/02 Mon. 17:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

爪切り&肛門線絞り&etc (2014年5月14日) 

5月14日 公休日

個人的な連休2日目。

印旛沼の湖畔を約5km散歩したあと
当初の目的、17時にカインズホーム内のペットショップへ行きました。

17時から びいすけ の爪切り&肛門線絞り、etcの予約をしていました。


今回もよろしくお願いします。


顔馴染み(本当かぁ?)のお姉さんに びいすけ を預け、
ダッシュでレジに向かいます。

爪切り、肛門線絞り、耳掃除、肉球ケア、デンタルケア。
この5点セットで税込1000円。

レジで会計を済ませ、ベットショップに戻ると、
びいすけ への施術が始まってました。


いきなり目が合ってしまい、 びいすけ 大興奮。
尻尾を振りまくります。
お店のお姉さんは びいすけ の尻尾の洗礼を受ける羽目に..............


      20140514爪切り01


ちょうど、後脚の爪を切っている最中で
左手で びいすけ を抱き支え、右手で爪を切る。
顔は びいすけ の尻尾で打たれまくり..............

どうも、申し訳ありません(笑)。

      20140514爪切り02


      20140514爪切り03



順調に進んでいるようです。


      20140514爪切り04


      20140514爪切り05



よっこらしょっ! と、体勢を入れ替えて
前足の爪切りに移ったようです。

      20140514爪切り06


      20140514爪切り07



続いて、デンタルケア。

お口を『あ〜ん』して!

      20140514爪切り08


      20140514爪切り09


さらに、耳掃除となります。

      20140514爪切り10


      20140514爪切り11



最後は2人がかりで、肛門線絞り。
この時だけは、ちょっぴり暴れていたみたいです。

      20140514爪切り12


      20140514爪切り13


こうして、今月も爪切り、肛門線絞りは無事終了。
またまた御世話になりました。

来月もよろしくお願いします。


2014/06/02 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

かっぱ公園 (2014年5月14日)(千葉県佐倉市) 

5月14日 公休日


個人的な連休2日目。

この日は前日とうって変わり、全国的に夏日になると言う。

確かに朝から天気は良い。昼間は陽射しも強くなりそうだ。
夕方の17時に予定はあるけれど、陽射しの強そうな日中に
びいすけ を連れ歩くのは可哀想。

朝のウンチ散歩を済ませ、この日も二度寝を決め込んだ。
(単に私が眠いだけ..............?)

昼過ぎにムクっと起き出してみると、
午前中の陽射しはどこへ行った?
完璧な曇り空。と言っても雨が降る気配は無い。

これなら出掛けても問題なし。


と言うわけで、向かった先は..............かっぱ公園


かっぱ公園

正確には 舟戸親水公園 と言うらしい。
印旛沼の湖畔、印旛沼サイクリングロードの舟戸大橋近くにあります。


せっかくだから、印旛沼の湖畔を歩いて(散歩して)
かっぱ公園に行こうと、佐倉ふるさと広場に車を停めて
ふるさと広場からかっぱ公園への湖畔の散策となりました。



こちらが、ふるさと広場。


      20140514かっぱ公園01

ふるさと広場と言ったら、やっぱりこの風車。

佐倉の印旛沼の代名詞。ランドマークです。


      0140514かっぱ公02


チューリップフェスタも終わって、すっかり刈り取られてしまったから
風車の前は殺風景。
次に賑わいを見せるのは、夏の向日葵かな?


      0140514かっぱ公03



ではでは、風車の前からサイクリングロードを歩いて
かっぱ公園へ出発で〜す!


      0140514かっぱ公04


サイクリングロードだけだと、単調で変化が無いから
時折、湖畔の土手に上ったりします。

      0140514かっぱ公05


そう言えば、ふるさと広場のある飯野竜神橋から
かっぱ公園のある舟戸大橋までの間の土手沿いに、
臼井八景が確か3ヶ所有ったはず。

そんなことを思い出していたら、『遠部落雁』 の説明看板発見。

      0140514かっぱ公06


      0140514かっぱ公07

昨年の1月に臼井八景巡りをしたことを思い出しました。


快調に散歩は続きます。
ここぞとばかりに、 びいすけ はマーキングしまくり。
もうオシッコも出ないんじゃないの?(笑)


      0140514かっぱ公08


さらに、臼井八景 『瀬戸秋月』

      0140514かっぱ公09


      0140514かっぱ公10



こんな石碑も建っていました。

万葉の碑(防人の歌碑)と言って、日本の最古の歌集「万葉集」の中で
ただ一首印旛郡出身の人の歌碑と言うことらしい。

丈部直大麻呂の歌碑で、
防人として出立するときに作った歌と言うことらしい。

      0140514かっぱ公11



さらに、先に進みましょう。

このあたりから、額にはうっすらと汗が流れ始め

う〜っ、暑い!
直射日光はないものの、湿度がかなり有りそう。

      0140514かっぱ公12



サイクリングロード沿いのかっぱ公園に到着。
入口からではなく、脇からサクサクと中に入れますが
公園と言っても遊具等はなく、むしろ原っぱと言った方が正解。

そんなかっぱ公園には、雨ざらしのこんな舟が置かれています。


      0140514かっぱ公13



どうやら、笠井先生と言う方が印旛沼の水草を観察する際に
用いていた船らしい。

      0140514かっぱ公14



芝生と言うよりは、自然の草
いわゆる雑草に覆われているかっぱ公園。

何故だか、ゴロ〜んと転がって
『ウゲッ、ウゲッ』と奇声(?)を発する びいすけ 。

最近、芝生広場でこの手のポーズが多いんだよなぁ?

      0140514かっぱ公15


背中が痒いのかなぁ?

      0140514かっぱ公16



お世辞にも綺麗な芝生とは言えないかっぱ公園。
むしろ、下草と言うか雑草に覆われていますが、
ゴロ〜んと転がっていたから、気持ち良いのか?
起き上がった顔は笑顔そのもの。

      0140514かっぱ公17


      0140514かっぱ公18


県道(舟戸大橋)側の正規の入口には、しっかりと公園の表示がされています。

      0140514かっぱ公19


何故、かっぱ公園と呼ばれるのか?
かっぱ公園の名前の由来は不明ですが
まさか、この河童のモニュメントのせい?


      0140514かっぱ公20



県道側から見た、かっぱ公園。

本当に何もない!

      0140514かっぱ公21



せっかく、舟戸大橋近くまで来たのだから、周辺を散策。

かつて、この辺りは『舟戸の渡し』と言って

舟戸はその名が示すとおり、
昔は上総と常陸を結ぶ道の渡船場があり、
印旛沼で漁をする漁師の船留の場所でもありました。
1963(昭和38)年に舟戸大橋が完成し、
渡し船はその役目を終えたそうです。


      0140514かっぱ公22


      0140514かっぱ公23


      0140514かっぱ公24




さぁ、再びサイクリングロードを歩いて
ふるさと広場まで戻ることにいたしましょう。

このサイクリングロードは、正式名称は『印旛沼サイクリングロード』。
八千代市の安宗橋を起点に利根川まで続いているらしい。

舟戸大橋あたりは、安宗橋から4.1km地点のようです。


      0140514かっぱ公25


かっぱ公園の脇には、臼井八景『舟戸夜雨』。

      0140514かっぱ公26


      0140514かっぱ公27


そして、そのすぐ近くには笠井先生が舟を浮かべて観察していた水生植物園。

      0140514かっぱ公28

正直、たいしたことなく、『だから何なの?』って感じです。



サイクリングロードを歩き、時には土手に上がって印旛沼を眺めながら
ふるさと広場を目指します。

しかし、ふるさと広場は遥か彼方。
風車も見えません。

      0140514かっぱ公29


土手の草の匂いを嗅ぎながら歩く びいすけ の歩調に合わせ
ゆっくりとふるさと広場へ向かいます。


      0140514かっぱ公30


      0140514かっぱ公31


額にうっすら汗を浮かべながら、やっとの思いでふるさと広場に到着。
風車脇のサイクリングロードの距離表示は6.6km。


      0140514かっぱ公32

って言うことは、かっぱ公園からふるさと広場までは片道約2.5km。
すなわち、往復したから約5kmの散歩になりました。

なるほど、疲れる筈です。

久々にいっぱい歩いた気がします.....................。



2014/06/01 Sun. 17:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

ドギーズガーデン  (2014年5月13日)(千葉県印西市) 

5月13日 公休日

個人的な連休初日。

この日の天気予報は朝は雨。
そして午後からは雨が上がり、
気温も27℃位まで上がると言う。

朝起きたら、小雨。
小雨の中、ウンチ散歩を済ませ、
二度寝を決め込み、昼過ぎまで爆睡。

さすがに外に出たがる甘え声の びいすけ に悪いから
出掛けることにいたしました。

小雨も上がった14時過ぎからの外出。
向かった先は..............ドギーズガーデン


ドギーズガーデンには15時ちょい前に到着。


先着のお客さんは3頭? 或いは4頭居たっけ?
ドーベルマンとグレートテンのワンちゃんたち。

ドーベルマンとはあまり相性の良くない びいすけ 。
近寄りもせず、むしろ逃げ回っている状態。

ドーベルマンやグレートテンには目もくれず
ドッグラン内のフェンスや芝生の匂い嗅ぎに専念です。


      20140513ドギーズ01


      20140513ドギーズ02


      20140513ドギーズ03


      20140513ドギーズ05


      20140513ドギーズ06




時折、こんな感じでドーベルマン君が近寄って来ますが
びいすけ は素っ気ない態度。


      20140513ドギーズ07


気配を察して、飼い主さん達は気を使ってくれたのか?
1頭、そしてもう1頭とリードを付けて動きを制御してくれました。

この機を逃さず、ハードルの練習。



しかし、当の本人 びいすけ はヤル気なし

      20140513ドギーズ08


ハードルの脇を上手く、すり抜けます。


      20140513ドギーズ09



オヤツでなだめすかせ、何とかジャンプ。

      20140513ドギーズ10


      20140513ドギーズ11


ついでに、輪っかもくぐっちゃいましょう。

      20140513ドギーズ12





そうこうしている内に、ドーベルマンとグレートテンの御一行様は
お帰りになられ、ドッグランは貸し切り状態。

ならば!と びいすけ のスイッチを何とかして入れてみます。
要はジャレあっている内に、飛びついてくるので
それを振り払っていると、テンションの高くなった びいすけ のスイッチが入ります。


スイッチが入れば、激走モードに突入。

貸し切り状態のドッグランを力強く走り回ります。

      20140513ドギーズ13


      20140513ドギーズ14


      20140513ドギーズ15


      20140513ドギーズ16



走れ〜! びいすけ!!


      20140513ドギーズ17


      20140513ドギーズ18



もっともっと走れ〜!

      20140513ドギーズ19


      20140513ドギーズ20


      20140513ドギーズ21
 

このあと、3周くらいドッグランを激走して満足したのか?

あさっての方角を見つめる びいすけ


      20140513ドギーズ04


気がつけば時刻は16時過ぎ。
びいすけ のカラータイマーが作動したのか?

『帰る〜ぅ?』って言うと、
スタスタと出口の方へ歩き出した。


やっぱり、今の びいすけ にはドッグラン滞在時間は1時間のようです..............。




2014/06/01 Sun. 07:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit