04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

び・び・びのびいすけ

加賀清水公園  (2014年5月10日)(千葉県佐倉市) 

5月10日 公休日


村上緑地公園をあとにして向かった先は.........

     加賀清水公園


加賀清水公園は

現在も湧水が出る小さな池のある公園。

この湧水は、佐倉城主「大久保加賀守利常」が参勤交代で、
この湧水のある街道を江戸に通う度に愛飲したと言われている歴史ある湧水です。

地元の有志たちによって丁寧に管理されているため、
環境の良さと清涼な水が保全されているとネットでは記されています。



国道296号線の勝田台駅と志津駅との間、
そして静寂な住宅街の一画に加賀清水公園はありました。

車を停める場所がないから、近くのスーパーの駐車場に車を停め、
さくさくっと買い物をして、その足で公園に向かってみました。
大きな公園ではないので、出口側から入ってみました。

      20140510加賀清水公園01


      20140510加賀清水公園02


コンクリートで固められた湧水路に沿って歩きます。
この湧水路の先が加賀清水公園の池になります。

      20140510加賀清水公園03



ほどなく、池に辿り着きます。
湧水の池であり、地元の方々が管理しているから
綺麗な池だとネットには記載されていましたが、
近所の子供達がザリガニ取りで池の中に入っていたため
泥が攪拌されて、お世辞にも綺麗とは言えませんでした。


      20140510加賀清水公園04


      20140510加賀清水公園05



池のほとりには厳島神社が祀られています。


      20140510加賀清水公園06


小さな池ですが、ぐるっと回ってみます。

      20140510加賀清水公園08



太陽の光に水面が輝いていますが
こうやってみても、やっぱりお世辞でも綺麗とは言えなさそう。


      20140510加賀清水公園09



こちらが、本来の入口のようです。


      20140510加賀清水公園11



説明看板もしっかりと用意されています。


      20140510加賀清水公園10



都内のように都会ではないけれど
住宅街にあるこのこの公園は近隣の人たちにとって
一服の清涼剤のような公園かもしれない。


      20140510加賀清水公園12


      20140510加賀清水公園13


      20140510加賀清水公園14
 

園内には幾本もの桜の木があり、
花見の時期には近隣の人々の目を和ませているのだろうか?


新緑のこの時期、
生い茂ってきた桜の葉が、
いい形で陽除けになっているようだ。
葉漏れ陽が池にキラキラと輝き、
何とも言えない雰囲気を醸し出している。
この時期には、ピッタリの公園かもしれません.........。







スポンサーサイト
2014/05/31 Sat. 22:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

村上緑地公園  (2014年5月10日)(千葉県八千代市) 

5月10日  公休日


竹袋城址をあとにして、向かった先は..........

      村上緑地公園


      
八千代市の村上団地の中にある緑地公園。

国道296号線が志津あたりで大渋滞している時に
八千代市の勝田台から佐倉市のユーカリが丘に抜ける裏道があります。
村上団地の脇から工業団地の脇を抜けていくのですが
その村上団地都工業団地の間にある緑の残る公園です。

おそらく、村上団地と工業団地を造成するときに
クッションエリアとして、そのまま緑地として残されたのではないかと思います。



こちらが村上緑地公園の入口。
看板らしきものはなく、駐車場の入口も兼ねています。


      20140510村上緑地公園21



村上団地に隣接しているので、地域の避難場所にも指定されています。


      20140510村上緑地公園20



ロングリードに付け替えて、緑地内の散策開始です。

      20140510村上緑地公園01


公園の配置図がないので、園内がどうなっているかが判りませんが
行き当たりばったりで散策してみましょう。

      20140510村上緑地公園02


      20140510村上緑地公園03


緑地公園に入ってすぐに広い芝生広場がありました。

      20140510村上緑地公園05



芝生の緑も鮮やかに映えています。
こうやって芝生の生えている公園に訪れるのに良い季節となってきたようです。


      20140510村上緑地公園06


      20140510村上緑地公園07


初めての場所だから、臭いが気になるようです。
やたらと匂いを嗅ぎ回っています。

      20140510村上緑地公園04


こっちでもクンクン。

      20140510村上緑地公園08


さらに、こっちでもクンクン。

      20140510村上緑地公園09



どうやら、この村上緑地公園は近隣のワンちゃんたちの絶好の散歩コースのようです。

芝生広場で びいすけ を遊ばせようとしていたら
ボーダーコリーを連れて来た人が、いきなりノーリードで
フリスビーを始め出した。

それってマズいでしょう。
せめて、他のワンちゃんが居ないのを確認するとか
人が居ないのを確認するんじゃないのかなぁ?

まぁ、ホームグランドじゃないから
触らぬ神に祟りなし。
芝生広場をあとにして、緑地公園内の散策を続けます。


折しも、この日は好天気。


まずは、水分補給といたしましょう。

      20140510村上緑地公園10


水分補給もバッチリ
散策を続けましょう。

      20140510村上緑地公園11



遊具のある広場の一画には、こんなオブジェがありました。


      20140510村上緑地公園12

でっかいぞぉ〜

確かに足がでっかい。

      20140510村上緑地公園13



キリンもいたりして..............

      20140510村上緑地公園14


ここって、アフリカ?

      20140510村上緑地公園15

コンセプトが今ひとつ理解出来ませんが
要は子供が喜ぶのでしょうか?




そんな事を感じながらも、雑木林の中を歩いて行きます。

      20140510村上緑地公園16


途中、こんな橋が有ったり..............


      20140510村上緑地公園17



雑木林を抜け、さして更なる雑木林へと入って行きます。


      20140510村上緑地公園18


      20140510村上緑地公園19



      20140510村上緑地公園22


それなりに広い園内ですが、
これと言って何もありません。
近くに中学校や小学校があるから、
子供たちの騒ぐ声が時折聞こえたりしますが、
元来は住宅街に隣接する公園で雰囲気は中々のモノ。

ゆっくり歩いて回れば、それなりの距離もあり
散歩としての時間もそれなりに費やせる。
駐車場も完備されているから、ぱぁ〜と来て
サクサクと散歩するには、ちょうど良い公園かもしれないなぁ..............。






2014/05/31 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

竹袋城址  (2014年5月10日)(千葉県印西市) 

5月10日 公休日


ドギーズガーデンをあとにして
向かった先は..............竹袋城址


竹袋城は

別名、井ノ内城とも呼ばれ、
城址に平将門の井戸があることにちなんだものだということです。
平将門の井戸が残されていることから、
平将門が出城として築いたものであると言われていますが、
それ以上の詳細は不明です。戦国時代後期においては
千葉氏一族である臼井原氏の影響下に置かれていたものと推定されています。





こちらが竹袋城の縄張り図。


      竹袋城址縄張り図

            (余胡くんのホームページ   よりお借りしました)



国道356号線印西バイパスを小林駅方面から西下、
木下駅方面へ向かい、JRの高架を渡ったすぐ左手の台地が竹袋城址になります。
バイパス側からは車は入れないので、台地基部からのアプローチとなります。

竹袋集落の空き地に車を停め、登城開始。

この道を上った右手側に竹袋城址はあります。
一見、城塁のような切通しですが、
実は、後世に宅地開発で台地がかなり掘削され
その工事の名残りだそうです。

      20140510竹袋城址03


たまたま、三郭近くの畑で農作業をされていた方に話を聞きました。

竹袋城址の土地を所有されている方(地主)から
土地を借りて農作業をされている方で、
以前、余胡さんが訪れた時にも応対されたそうです。

親切にも色々説明して頂き、主郭近くまで案内して頂けました。

その方の話では
主郭は竹に覆われ、完全な竹藪状態。
多少の竹は伐採していただいたそうですが
空堀らしきもののある処へたどり着くのは容易ではない

そして戦時中、この竹袋城址の主郭主郭は陸軍の高射砲陣地として
活用されていたとうことです。
その際、高射砲の設置で遺構の多くは破壊されてしまったのでしょう


そして戦後約70年という月日が流れ.......
城址は竹がうっそうと生い茂り竹藪と化してしまったようです




竹藪手前の竪穴(?)
一見、空堀跡のように見えますが
これが高射砲設置跡の名残りらしい......

確かに空堀にしては規模が小さい


      20140510竹袋城址04


      20140510竹袋城址05




主郭は完全な竹藪
うっそうと茂る竹が行く手を阻みます


      20140510竹袋城址06



竹と竹と間をすり抜けて進軍しますが
空堀のあるところまでが犬連れでは限界。


      20140510竹袋城址07


      20140510竹袋城址08

空堀を確認して撤収。



お会いした方の話では、
余胡さんはこの竹藪の中を2時間近く入っていたということです。
まさに、脱帽です。

      20140510竹袋城址09


      20140510竹袋城址10



主郭を諦め、二郭方面を散策します。


      20140510竹袋城址11


古い墓地跡なのか?
虎口のような土壇や、土塁のような土盛りがあったりします。

      20140510竹袋城址12



空堀跡のような空間。


      20140510竹袋城址13




結局、遺構らしきものをまともに確認できないまま
農作業をしている方にお礼を言って台地を下ることにした。

国道のバイパス沿いに未舗装の道があり、
車を停めた台地麓へ歩いていくと
びいすけ が楽しそうな顔をしています。

城郭遺構は無くても、こうやって自然の中を散歩しているのが
びいすけ にとっては楽しいのかも知れません。


      20140510竹袋城址14


      20140510竹袋城址15



こちらが、城郭の一部に残る将門の井戸。


      20140510竹袋城址01


      20140510竹袋城址02


この井戸があるが故に、
この竹袋城址が将門伝承の地とされているようです。

ただ標柱はあるものの、説明板もなく、
あまり知れ渡ってはいないようです

あくまでも伝承の域を出ないから印西市も力を入れないのかなぁ.......?



 
 
 



2014/05/30 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

ドギーズガーデン  (2014年5月10日)(千葉県印西市) 

5月10日 公休日

個人的な連休2日目。

実は前日の9日も休みだったのですが
朝の散歩を済ませ、二度寝、三度寝をしている内に夕方になってしまい、
外出する機会を逸してしまいました。

前日の失敗を教訓に、今日は早目に行動開始。
朝の7:30分に自宅を出て
向かった先は..............ドギーズガーデン


朝9:00からの営業ですが、月会員の特権(?)を駆使して
8:00すぎにドッグランに入場。
暑くなる前にドッグランで遊ばせます。

ちょっぴり早い時間だから貸し切り状態です。


まあ、いつものようにドッグ内の匂い嗅ぎ。
そして徘徊となります。


      20140510ドギーズガーデン01


連休中にいっぱいワンちゃんが来たのでしょうか?
あちこちの草に残る香りを確認するかのように
あちこちと徘徊します。

      20140510ドギーズガーデン02


クンクンクン。
こっちはいい香り。

      20140510ドギーズガーデン03


クンクンクン。
こっちもいい香り。

      20140510ドギーズガーデン04


オヨヨ!
こっちはもっといい香り。

      20140510ドギーズガーデン05


そんな事を言いたげに、真剣に匂いを嗅いでいます。

      20140510ドギーズガーデン06




しばらくしたら、ドーベルマンのワンちゃんが来場。

初めましての匂い嗅ぎが始まります。

      20140510ドギーズガーデン08


しかし、びいすけ は全く興味なし。

      20140510ドギーズガーデン07



この仔は、びいすけ の事が気になるようですが
びいすけ はその気にならず、どうやら相性も今一歩。

      20140510ドギーズガーデン19

こればっかりは仕方ない。




      20140510ドギーズガーデン09


少し離れて、びいすけ のスイッチを刺激してみます。
どうやら、私と遊びたいようで..........

      20140510ドギーズガーデン14


ジャレて飛びついてくる びいすけ を上手く刺激して
激走モードのスイッチを捜し当てました。


走れ〜! びいすけ!!


      20140510ドギーズガーデン10


      20140510ドギーズガーデン11


      20140510ドギーズガーデン12


      20140510ドギーズガーデン13




      20140510ドギーズガーデン15


      20140510ドギーズガーデン16


      20140510ドギーズガーデン17


      20140510ドギーズガーデン18


まあ、激走モードもそんなに長く続く訳じゃありません。

3〜4周全速力で走り回ったらお疲れのようで..............。

陽射しもちょっぴり強くなり始めたので
早々に撤収準備。
9:00前にドギーズガーデンをあとにすることに致しました。
本日もドッグランの滞在時間は1時間弱。

やっぱり、今の びいすけ には1時間が限界かなぁ..............?





2014/05/29 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

ドギーズガーデン  (2014年5月5日)(千葉県印西市) 

5月5日 公休日

世間ではGW。4連休の3日目。

午後から雨が降ると言う天気予報は的中というか
北総地区に激しい雨をもたらしてそして小雨へと変わり
そしていつしか小雨も止んできたりして....。

出かけるなら今でしょ!!

という訳で、出掛けた先は..............

     ドギーズガーデン


自宅を出てすぐにフロントガラスにポツリポツリと小さな雨粒。
Uターンして家に帰ろうかとも思ったけれど
買い物もあるから、雨が強くなるようならドッグランは諦めればいい。
そんなことを考えながら車を走らせていました。

運良く?、降るんだか、降らないんだか、微妙な天気。

こんな天気では誰もドッグランには来ないようです。
ドッグランは貸し切り状態。


そして、いつものようにドッグラン内を徘徊する びいすけ 。


      20140505ドギーズガーデン01


草の匂いを確かめるように、クンクンと嗅ぎ回ります。

      20140505ドギーズガーデン02


      20140505ドギーズガーデン03



入口近くの草の匂いを嗅いでいる時に
誰かが来たようです。


      20140505ドギーズガーデン05


小さなチワワのワンちゃんが現れましたが
びいすけ は興味なし。
相変わらず、臭い嗅ぎに夢中です。

      20140505ドギーズガーデン04



しばらくしたら、ドギーズのおっちゃん(オーナー)がランに登場。

おっちゃんの姿を見て、びいすけ 大興奮。
テンションが上がったようで、激走モードのスイッチが入ったようです。

      20140505ドギーズガーデン10


      20140505ドギーズガーデン11


      20140505ドギーズガーデン12


      20140505ドギーズガーデン13




走れ〜 びいすけ!

      20140505ドギーズガーデン06


      20140505ドギーズガーデン07


      20140505ドギーズガーデン08


      20140505ドギーズガーデン09



走ったと思ったのも一瞬。

『あれ〜ぇ もう走らないの?』



どうやら、アジリティのシーソーに興味があるようですが
ビビって上がって行きません。

      20140505ドギーズガーデン14


      20140505ドギーズガーデン15

ドッグウォークがあればいいんですが
あいにく、ドギーズガーデンには設置されていません。

せっかくアジリティのあるドッグランに来ているのだから
ハードルにチャレンジしてみましょう。

オヤツで何回も釣って何とかジャンプ。

      20140505ドギーズガーデン16


      20140505ドギーズガーデン17


ハードルの練習に精を出している時に、ポツリポツリと再び冷たいものが..............。

本降りになる前に撤収。
ドギーズガーデンを出てしばらくしたら、雨は本降りに..............。
いやぁ、ずぶ濡れにならなくて良かったぁ。


2014/05/28 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

今日の散歩  高崎川南公園  (2014年5月5日) 

5月5日 公休日


世間では4連休の人が多いこの日。
あいにく朝から曇り空。
おまけに午後からは雨になると言う天気予報。

それならば、朝の内に少し長めの散歩で
びいすけ には我慢してもらいましょうと言うことで
向かった先は..............高崎川南公園


朝ごはんを食べた後、イビキをかいて寝ていた びいすけ ですが

『散歩に行くよぉ〜』の声でムクっと起き出し
玄関にスタコラさっさ。

リードを引っ張り、行く気満々の びいすけ です。

 
      20140505高崎川南公園01


まずは、自分の陣地にマーキング。

      20140505高崎川南公園02


縄張り内に野良ネコが居ないか?
チエックも欠かせません。

      20140505高崎川南公園03


裏道をトコトコ歩き、メイン道路(国道296号バイパス)に出ます。
この道をまっすぐに行けば、JRの佐倉駅。

      20140505高崎川南公園04


この道は別名ブロンズ通りと言って
JR佐倉駅から国道296号バイパスにぶつかる300mほどの道。

わずかな距離の歩道に何体かのブロンズ像が飾られています。

      20140505高崎川南公園05


滅多に来ない場所、道だから匂いが新鮮?
マーキングは欠かせません。

      20140505高崎川南公園06


クンクンと、匂いチエックも当然です。

      20140505高崎川南公園07






そんなこんなでやって来ました高崎川南公園。

      20140505高崎川南公園08



この公園は小さな公園です。
よくある住宅街の中にある児童公園です。

でも、他の児童と違うのは..............

何と! 蒸気機関車のある公園なのです。

      20140505高崎川南公園09


金網に守られて展示保存されているSL。
通称ハチロクと呼ばれる8620形式の蒸気機関車です。

金網の前に説明板も建てられています。

      20140505高崎川南公園10

手書きで手作り感の満載な説明板
説明版にはこのように記されています


この58683号は通称ハチロクと呼ばれて親しまれている8620形式の蒸気機関車です。
日本で最初に機関車を作ったのは明治26年(1893年)であるが
8620は明治末年ドイツから輸入したシエワルツコツク製の8800を参考に
量産化した急行用機関車で大正3年(1914年)より15年間にわたって
初番8620に始まり総数687両が作られ旅客用機関車で最も両数が多い。
この58683号は大正11年10月18日(1922年)汽車製造会社にて作ら
れ国府津庫昭和19年12月~昭和30年2月成田機関区所属され
昭和44年12月11日廃車まで佐倉機関区に籍を置き
昭和48年3月29日現在位置に格付けられた
新製から廃車までの走行距離は2287115kmで地球1周約4万kmとすると約57周です。



現在は佐倉SL保存会の方々が尽力されて保存されているようです


普段は金網に施錠が掛けられていて中には入れないのですが
この日は運良く入ることができました。


      20140505高崎川南公園11


      20140505高崎川南公園12


      20140505高崎川南公園14




当時の佐倉駅のホームの看板でしょうか?


      20140505高崎川南公園13



びいすけ は中に入れないから
金網の外で待機です


      20140505高崎川南公園15



小さな公園ですから、このSL以外には
特にこれといった特色もないので

早々に散歩の続きです


公園の名前の由来にもなっている高崎川
公園のすぐ前に流れています


      20140505高崎川南公園16



緩やかな流れの中、水鳥も羽を休めています。


      20140505高崎川南公園17



せっかくだから高崎川に沿って散歩して
ゆっくり家に帰ることにいたしましょう


      20140505高崎川南公園18


      20140505高崎川南公園19


      20140505高崎川南公園20


ゆっくり歩いて自宅へ戻り、2時間強の散歩は終了。
自宅へ戻ってしばらくしたら、激しい雨が降ってきた。

雨に当たらなくてラッキーでした。
そして、このあとは昼寝と決め込んだ休日でした.........。



2014/05/27 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

ドギーズガーデン  (2014年5月2日)(千葉県印西市) 

5月2日 公休日


個人的な連休2日目
昨日に引き続き、またまたやって来ました  ドギーズガーデン


GWのはざま、平日である5月2日。
ましてや夏日を思わせる好天気の午後3時すぎ、
当然ドッグランには誰も居ません。

はい、貸し切り状態です。

貸し切り状態だから、気兼ねなくフェンス周りや芝生の匂いが嗅げます。
もっとも、貸し切りじゃなくても びいすけ の行動パターンだから
変わらないんですけどね。(笑)


さぁ、好きなだけ匂い嗅ぎなさい。

      20140502ドギーズガーデン01


      20140502ドギーズガーデン02


のっそのっそとラン内を徘徊する びいすけ 。

      20140502ドギーズガーデン03


      20140502ドギーズガーデン04



何かをみつけたのか?

      20140502ドギーズガーデン05


近寄ってみると、カエルでした。
(でも、ピントが合ってないし.......)

      20140502ドギーズガーデン06



せっかくだから、たまにはハードルでもしてみましょう。

      20140502ドギーズガーデン11


2年前は すいらん で結構ハードルの練習もしたんだけど
最近は、すっかりご無沙汰。

ハードルを避けて、こちらに向かって来る びいすけ に
なだめ、すかして、さらにはオヤツで釣ってこの一枚。

      20140502ドギーズガーデン12





ハードルに興味は無さそうだし、
ボールにも興味を示さないから
あとは好きなだけラン内を徘徊させます。

 
気になる匂いでもあるのか?
それとも芝生が気持ちよいのか?

最近、こう言ったポーズが多い気がします。

    20140502ドギーズガーデン13


      20140502ドギーズガーデン14


      20140502ドギーズガーデン15




『ビスケットあげるから、おいで〜』

声を出して呼んでみると、駆け寄って来ます。

      20140502ドギーズガーデン07


      20140502ドギーズガーデン08


どうやら、『ビスケット』と言う言葉には反応するようです。





夏日を思わせるこの日。
午後3時過ぎでも、陽射しは強く、日陰を探します。

日陰、見っけ!

      20140502ドギーズガーデン09

      20140502ドギーズガーデン10


まぁ、ドッグランでガンガンに走りまわる訳でもないし、
こんな感じで、日陰でマッタリもアリかな?


冗談で、『帰る〜ぅ?』って言ったら
ムクっと起き出した びいすけ 。
時刻は午後4時少し前。

やっぱり、1時間が びいすけ にとってドッグランの限界。
リミットなのかなぁ?

ひょっとしたら5時頃に柚子丸君たちが来るかなぁ?
などと思いながらも、この日はドギーズをあとにしました。




 
2014/05/26 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

飯重城址  (2014年5月2日)(千葉県佐倉市) 

5月2日 公休日


個人的な連休2日目

ちょうどカレンダーではGWの最中ですが
平日に当たるこの日。天気もすこぶる良い。
自宅にくすぶっていても勿体ないから近場に出かけることにしました。

向かった先は.........飯重城址


飯重城は、城主、築城時期等詳細は不明
佐倉市の染井野地区と寺崎地区を結ぶ国道296号線のバイパス沿いにありました。

この道はちょくちょく通っていて、
飯重城址の脇を何げに幾度と通り過ぎていたようです。




こちらが飯重城の縄張り図


      飯重城址縄張り図

      (余胡くんのホームページ よりお借りしました)





消防倉庫と火の見櫓の脇にある大宮神社の参道が登城路になります。 


      20140502飯重城址01



参道を大宮神社目指して上って行きます。


      20140502飯重城址02



こちらが大宮神社


      20140502飯重城址03



大宮神社の奥、南側が飯重城の城郭となります。


浅い堀の先に主郭があり
主郭は土塁で囲まれています。

      20140502飯重城址04


      20140502飯重城址05



こちらが主郭北側の虎口
下草が多く、写真で見ると虎口の形状も分かりづらいですね。


      20140502飯重城址06



こちらが主郭内部。
とにかく下草が多い。
やはり5月に入ってしまうと雑草が生い茂ってしまうようです。
もうちょっと早い持期に訪れるべきだったようです。


      20140502飯重城址14



主郭内部の土塁
高いところでは2m近くあります。


      20140502飯重城址07


      20140502飯重城址08



 
主郭南側の虎口
主郭内部から見た所です。


      20140502飯重城址09



同じく主郭南側の虎口
今度は二郭側から見た所です。


      20140502飯重城址10



こちら側の虎口の土塁はそれなりに高く
いかにも城郭って感じがします。


      20140502飯重城址11


      20140502飯重城址12


      20140502飯重城址13



こちらが二郭。
やはり下草に覆われています。


      20140502飯重城址15



国道296号線のバイパス側から見た飯重城址


      20140502飯重城址16



佐倉城(鹿島城)や寺崎城の対岸にあたる台地にある飯重城
規模はさほど大きくもなく、その歴史的背景もはっきりとしていません。
伝承も残されていないところから、文化財としての扱いもなく
説明版や標柱といったものもありません。

しかし、紛れもなく大宮神社の南側に残る主郭跡は城郭遺構であり
中世の山城跡であるようです。

こう言った忘れ去られ埋もれ去っていく城址を巡るのも
やっぱり楽しいものです.............。




2014/05/25 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて.............旧印南小学校跡                             (2014年5月2日)(千葉県佐倉市) 

5月2日 公休日

*始めにお断り*

この印南小学校は廃校ではありませんが
諸般の事由により、移転したため旧小学校跡となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

個人的な連休2日目


佐倉市には、諸般の事由で移転した小学校があり
旧小学校跡地が現在も残されていると知り、訪れてみました。

訪れたのは..............佐倉市立 旧・印南小学校跡


印南小学校は

明治6年     当時の江原村に江原学校創立。
明治20年     江原校、角来校、飯重校を合併して
           江原新田村に新校舎建築を始める。
明治21年     印南尋常小学校と改称して開校。
明治22年     町村制施行により、臼井村立印南尋常小学校と改称。
昭和29年    近隣の町村合併により佐倉市発足。
          佐倉市立印南小学校と改称。
昭和51年    学校移転


と、このような沿革を歩んでいます。


すなわち、昭和51年。
今から38年前に印南小学校は移転したことになります。


こちらが、正門跡。
しっかりと往時の門柱が残されています。


      20140502旧印南小学校跡14


      20140502旧印南小学校跡15


      20140502旧印南小学校跡06



門柱には往時の表札も残っていました。

      20140502旧印南小学校跡04



ちょうど、佐倉市立青少年体育館の清掃係りの人がいらっしゃったので
色々と話をお聞きすることができました。

      20140502旧印南小学校跡05



現在、旧印南小学校跡地は佐倉市立青少年体育館として再利用されています。

      20140502旧印南小学校跡07


木造のこの建物は旧印南小学校の校舎ではなく、
千葉県立佐倉高等学校(佐倉高校)の武道館として活用されていたものを
昭和62年に解体し、平成元年にこの地に移築、改修したものです。

      20140502旧印南小学校跡08


最初に、この木造建築物を見た時に

『お〜っ! 木造校舎!!』

と、一気にテンションが上がりましたが
印南小学校のモノではないと聞き、ちょっぴりテンションがさがりましたが
それでも昭和17年に建てられたこの武道館も中々のモノです。


武道館の背面。

      20140502旧印南小学校跡18




校庭から眺める武道館。
何となく、在りし日の旧印南小学校の校舎のイメージが湧いてきます。


      20140502旧印南小学校跡13



校庭には芝生が綺麗に生え始めています。

      20140502旧印南小学校跡09


芝生を見たら、このポーズ。
って言うか、目を離すといつの間にかゴロ〜んと転がっています。

      20140502旧印南小学校跡10


      20140502旧印南小学校跡11


お〜い! びいすけ !!

『背中かい〜の?』
(間寛平ちゃんバージョンでお願いします)




青少年体育館に対面する一角には、佐倉共同高等職業訓練校があります。
こちらは、旧印南小学校の施設を利用しています。

      20140502旧印南小学校跡12


特別教室か何かで使われていたものでしょうか?

      20140502旧印南小学校跡16


      20140502旧印南小学校跡17






ちなみに、こちらが現在の印南小学校。
旧印南小学校跡地のある台地を下った先にあります。

      20140502旧印南小学校跡01


      20140502旧印南小学校跡02


      20140502旧印南小学校跡03


佐倉市の江原台地区の宅地開発により人口が増え
それに伴い児童数が増えて手狭になって学校が移転されたそうです

そのおかげで、佐倉高校の武道館も移築され有効活用できているから
結果的には良かったんじゃないのかな......?











2014/05/24 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

ドギーズガーデン  (2014年5月1日)(千葉県印西市) 

5月1日 公休日


芝山町の菱田湧水の里をあとにして、向かった先は.........

          ドギーズガーデン


何せ、先日(4月27日)モノは試しに月会員になったから
元を取ろうと必死です(笑)

貧乏人根性丸出しです(爆)


芝山町から成田空港の脇を抜け、成田市内から栄町に入り
JR成田線に沿って車を走らせます。
初めて走る道だから、何故か新鮮な感覚を覚えます。

16:00過ぎにドギーズに到着。

      20140501ドギーズガーデン04


誰も居ないから、フェンス周りや芝生の匂い嗅ぎ

      20140501ドギーズガーデン01


      20140501ドギーズガーデン02


まぁ、誰も居ないドッグランではいつもこんな状態だから
気にはなりませんけど.......


      20140501ドギーズガーデン09


      20140501ドギーズガーデン10




しばらくして、ダイくん登場


      20140501ドギーズガーデン03


何かを探しているのか?
それともいい匂いでもするんでしょうか?

2頭で匂い嗅ぎ嗅ぎ.......

      20140501ドギーズガーデン05





そして、柚子丸くん登場

      20140501ドギーズガーデン06


      20140501ドギーズガーデン07

ワンプロでも始まるのか?と期待しますが
さもあらず.......

のんびり、まったりしている びいすけ 。



挙句の果てには、芝生に寝転んでしまいました。

      20140501ドギーズガーデン05


そう言えば、今日は朝から色々とあちこち回ってきたから
きっと疲れてしまったんでしょう

皆さんよりひと足お先に失礼してドギーズをあとにすることにしました。

ゴールデンウィークの合間の平日ですが
今日、明日と個人的な連休

さぁ、びいすけ
明日はどこへ行こうか...........?


2014/05/23 Fri. 16:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

菱田湧水の里   (2014年5月1日)(千葉県山武郡芝山町) 

5月1日 公休日

この日は芝山町に出掛けて来ました。

旧芝山町立菱田小学校跡をあとにして、向かった先は..............

       菱田湧水の里


芝山町のHPには、写真付きで

『成田国際空港から車で約10分ほどのところにある、菱田地区の湧水地。
山裾から、きれいな水が滾々と湧き出てきます。』

と記載されています。

せっかく近くまで来ているのだから、素通りするのは心もとない。

おおよその場所に見当をつけ、探しあてました。


『菱田湧水の里』と言うネーミングから、自然公園か何かを想像していましたが
何のことはない、公園でもなく、本当に里山の風景が広がる場所でした。

こちらが、芝山町のHPにも写真が載っている場所。

      20140501菱田湧水の里01


このコンクリートの土管(?)に湧水を導いているようです。


      20140501菱田湧水の里02


湧水だから飲めるのか?
そんな疑問がふと頭をよぎります


      20140501菱田湧水の里03



しかし、この水垢を見たら.......


      20140501菱田湧水の里14

ちょっと躊躇しちゃいます(笑)




湧水の土管の近くには綺麗な花が咲いていました。


      20140501菱田湧水の里04



しかしながら、花には疎いので、何と言う花か判りません。


      20140501菱田湧水の里09


花の名前は知らなくても、花の美しさは判るつもり。
びいすけ と一緒にカメラに収めましょう。

      20140501菱田湧水の里05



湧水の里と言うだけあって、この辺りは里山風景が広がる地帯。
いや、田園風景の広がる里山と言ったほうがいいのかな?


      20140501菱田湧水の里06


      20140501菱田湧水の里07



せっかくだから、周辺をぶらっと散策してみましょう。


      20140501菱田湧水の里08



紫陽花の名所でもあるようです。


      20140501菱田湧水の里10



この池は看板に記されている様に、天然の湧水の池らしい。
清水ということですが、そんなに綺麗でもない(笑)


      20140501菱田湧水の里11



成田空港も近いから、海外に旅発つ飛行機もよぎって行きます。


      20140501菱田湧水の里12


      20140501菱田湧水の里13

折しもゴールデンウイーク真っ只中。
この日も海外に旅立つ人も多いんだろうなぁ......


田園風景の広がる菱田の里
この時期は田植えが終わったばかりで
水田は張られたばかりの水面がキラキラと輝いている。

秋になれば黄金色の稲穂一面の世界が広がることでしょう。
その時期にまた訪れることにしようかな.......?










2014/05/23 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて.............旧菱田小学校跡                             (2014年5月1日)(千葉県山武郡芝山町) 

5月1日 公休日


この日は芝山町に出掛けました。

成田空港にほど近い、芝山町の菱田地区に空港建設の時期に校地を移した小学校があると聞き、
訪れたのが..............芝山町立 旧・菱田小学校跡



明治6年に辺田地区のお寺を使い、児童数30人で菱田小学校は始まり、
その後、宿地区に校舎を移転しました。
昭和21年千代田村立菱田小学校、
昭和30年芝山町立菱田小学校となり、
昭和53年に今の場所に移転しました。
校歌は昭和28年につくられ、むくろじ賛歌は昭和62年に発表されました。
菱田小学校も昭和34年には238人の児童数を数えました。

      (菱田小学校HPより抜粋)


現在は少子化と過疎化により、平成21年度は児童数38名という
小規模小学校となっています




こちらが、旧菱田小学校跡。

県道から50mほど奥まった所に何もない、
そしてただただ広い空間がそこにはありました


      20140501旧菱田小学校跡06


そして、その空間の真ん中には大きな木があります。

      20140501旧菱田小学校跡07


当時の写真等確認していないので、詳しいことはわかりませんが
この3本の木は、旧菱田小学校のシンボルで有ったのでは..............?

      20140501旧菱田小学校跡09


      20140501旧菱田小学校跡10


かつてのシンボル? ランドマーク的な存在の木の前で
びいすけ もいい表情をしています。

      20140501旧菱田小学校跡08



旧菱田小学校跡地を何か残されていないか?
ぐるっと一回りしてみます。

こちらが校門跡。
門柱は撤去されてしまったようで
抜いた跡にコンクリートが埋め戻されていました。

      20140501旧菱田小学校跡11


こちらは、花壇か何かの跡のようです。

      20140501旧菱田小学校跡12



確かに、廃校ではなく、移転先にまだ小学校が残っているから
記念碑らしきものもなく、遺構もほとんど無く
此処がかつての小学校跡地だと言うことは分かりづらい。

ただ、芝生(と言うよりも雑草)の広がる空き地って言う感じです。

      20140501旧菱田小学校跡13


平和な日本の歴史の流れに埋れてしまっているけれど
昭和53年3月26日、成田空港の建設問題で反対派約4000人が
「開港阻止決戦・空港包囲大行動 総決起集会」で、この旧菱田小学校跡地周辺に集まったと言う。

そんな事があったことも忘れ去られたように
ゆっくりとこの空間に時は流れて行きます。

      20140501旧菱田小学校跡14


      20140501旧菱田小学校跡15




ちなみに、こちらが現在の菱田小学校。


      20140501旧菱田小学校跡03


      20140501旧菱田小学校跡04


そして、こちらが正門

      20140501旧菱田小学校跡01


      20140501旧菱田小学校跡02


門柱には年季の入った表札が掲げられています。

      20140501旧菱田小学校跡05

きっと旧菱田小学校跡地にあった門柱をそっくり移設したのでしょう。


現在の菱田小学校も過疎化と少子化の影響で
全校生徒(児童)数も激減し、いずれ合理化と言う名の下に
更なる変遷を受けることになるかも知れない。
地域の学び舎が無くなることは、寂しいことでもあります。
いつまでもこの地に菱田小学校があることを願わずにはいられない.............。




2014/05/22 Thu. 16:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて..............芝山小学校高田分校跡  (2014年5月1日)(千葉県山武郡芝山町) 

5月1日 公休日


この日は芝山町に出掛けてきました。

芝山町にある芝山小学校は、かつて3つの分校を有していましたが、
いずれも廃校となってしまいました。
そんな分校をぐるっと巡ってみようと訪れたのは..............

        旧芝山小学校高田分校跡


高田分校は

昭和23年   二川村立芝山小学校高田分校(第3分校)として設置
昭和30年   二川村が千代田村と合併し、芝山町が発足
         芝山町立芝山小学校高田分校(第3分校)と改称
昭和38年   本校に統合され廃校となる


このような沿革を経ています。



里山風景の広がる、芝山町の高田地区の県道沿いに高田分校跡はありました。


こちらが高田分校の正門跡


      20140501芝山小学校高田分校01


残念ながら表札は残されていません。


校舎もすでに取り壊され、敷地には高田共同利用施設が建てられています。


      20140501芝山小学校高田分校04


      20140501芝山小学校高田分校03


こちらの施設も地域の公民館の役割を担っているようです


敷地内には廃校記念碑や子供たちが遊んだ遊具、二ノ宮像など
学校遺構は全く残されていませんでした。

こちらの敷地内にも農業用水路として整備された成田用水の完成記念碑や
芝山県営畑の完成記念碑が建っています。


      20140501芝山小学校高田分校02

やはり、無くなってしまった学校より、生活の柱となる農業に関する事業の方が
関心事が高いのでしょうか......?



学校遺構も残されていなく、分校の面影をわずかに残すのは
正門脇の楠の木。


      20140501芝山小学校高田分校06


      20140501芝山小学校高田分校08


そして建物脇、フェンス沿いの八重桜の木ぐらいでしょうか.....?

      20140501芝山小学校高田分校05



分校跡の一角には芝山町消防団の倉庫と火の見櫓が建てられています

      20140501芝山小学校高田分校07


      20140501芝山小学校高田分校09


地域のランドマークであったであろう分校跡が
忘れ去られているような気がして、
何となく、一抹の寂しさのようなものを感じてしまいました.........。




2014/05/22 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて..............芝山小学校高谷分校跡  (2014年5月1日)(千葉県山武郡芝山町) 

5月1日 公休日

この日は芝山町に出掛けてきました。

芝山町にある芝山小学校は、かつて3つの分校を有していましたが、
いずれも廃校となってしまいました。
そんな分校をぐるっと巡ってみようと訪れたのは..............

          旧芝山小学校高谷分校跡



高谷分校は

明治41年  二川村に二川高等小学校が開校し、分教場と創設。
昭和22年  学制改革により,二川小学校高谷分校(第1分校)と改称
昭和30年  二川村が千代田村と合併し、芝山町が発足
        芝山町立芝山小学校高谷分校(第1分校)と改称
昭和47年  本校に統合されて廃校になりました。


     と、このような沿革です


田園が広がる農村の高谷地区に高谷廃校跡はありました。
遠目からでも。一発で学校跡地とわかる雰囲気です。


      20140501芝山小学校高谷分校跡09


      20140501芝山小学校高谷分校跡08



これが高谷分校の正門

      20140501芝山小学校高谷分校跡02


正門(校門)の脇には太い幹の立派な木
(モミの木だろうか....?)


      20140501芝山小学校高谷分校跡10


      20140501芝山小学校高谷分校跡11



そして門柱には、一枚の表札


      20140501芝山小学校高谷分校跡12


往時の表札です


      20140501芝山小学校高谷分校跡01

42年前に廃校になったわけだから
この表札は廃校後42年もこのままで残されているわけです
もちろん、この門柱も同じ時間を共有しているわけですが.......


校舎はとっくに解体され、
現在は 高谷共同利用施設 として新たな建物が建っています。
まぁ、いわゆる公民館みたいなものです。

      20140501芝山小学校高谷分校跡03



門柱の脇には石碑があり、一瞬、廃校の碑かと思いましたが
この地域の水田に利用する成田用水の完成記念の碑でした。

この地域の農家の方々にとっては、地域の学校の思い出より
生活にひっ迫する農業用水の確保の方が重要だったんですね


      20140501芝山小学校高谷分校跡04



校庭の隅にある遊具


      20140501芝山小学校高谷分校跡05


      20140501芝山小学校高谷分校跡06



遊具である滑り台の前から眺める校庭と共同利用施設の建物

きっと42年前は同じ風景でも、
木造の校舎がこの風景の一部となっていたのでしょう。


      20140501芝山小学校高谷分校跡07




廃校の碑はありませんでしたが、往時の門柱と表札
そして、おそらく往時の子供たちが遊んでいたものではないかもしれませんが
一部の遊具も残っていて、廃校の雰囲気を残す高谷分校。
この雰囲気をいつまでも残して欲しいものです。







2014/05/21 Wed. 12:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて..............芝山小学校大台分校跡 (2014年5月1日)(千葉県山武郡芝山町) 

5月1日 公休日

この日は芝山町に出掛けてきました。

芝山町にある芝山小学校は、
かつて3つの分校を有していましたが、
いずれも廃校となってしまいました。
そんな分校をぐるっと巡ってみようと訪れたのは..............

          旧芝山小学校大台分校跡


大台分校は
明治6年に大台村に創設された大台小学校がその前身です。

明治6年    大台小学校開設
明治22年   近隣の村々が合併し、二川村が発足
         新たに二川尋常小学校が開校
         二川尋常小学校開校大台分教場となる

昭和22年   二川小学校大台分校(第2分校)と改称
昭和30年   二川村が千代田村と合併し芝山町発足
         芝山町立芝山小学校大台分校(第2分校)と改称
昭和37年   本校に統合され廃校となる

このような沿革を経ています。


こちらが大台分校跡


現在は、残念ながら当時の校舎は解体され、
芝山町青年研修所として建物が建ち、再利用されています。


しかしながら、遠目で見ても学校跡の雰囲気はいっぱいです。


      20140501芝山小学校大台分校跡10


      20140501芝山小学校大台分校跡11



こちらが正門

    
      20140501芝山小学校大台分校跡01



門の脇には桜の木

桜の花の季節には綺麗な花を咲かせ、
児童たちを受け入れていたのでしょう。

      20140501芝山小学校大台分校跡02



こちらが青年研修所の玄関


      20140501芝山小学校大台分校跡04


遠目から見れば学校施設のよに見えなくもない

      20140501芝山小学校大台分校跡03


      20140501芝山小学校大台分校跡05



廃校記念碑や二宮像を探しましたが、いずれもなく
学校だった面影を残すのは、やはり校門周辺。


      20140501芝山小学校大台分校跡06


青年研修所の隣には芝山町消防団の倉庫が建てられています

      20140501芝山小学校大台分校跡07


逆アングルからの分跡の遠景

      20140501芝山小学校大台分校跡08


分校跡の前に建つ電柱

こんな看板がくくりつけてありますが........

      20140501芝山小学校大台分校跡09

近くに学校があるって........
もう廃校なんですけど(笑)


この大台地区も過疎というか
北総台地の奥まった農村で、
芝山町や多古町といった地区は鉄道の開発も遅れ
住民の新たな流入が少ないから、
少子化の影響をもろに受けちゃうんでしょうね。

考えたら廃校から既に52年.......

廃校跡地が下手な開発業者の手によって開発されて
訳のわからない状態になっているよりは
青年研修所という公共の施設で利用されていることが
救いだと思うことにいたしましょう.......








2014/05/21 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

鯉のぼりを見に行こう!.........芝山公園  (2014年5月1日)(千葉県山武郡芝山町) 

5月1日 公休日

この日は芝山町に出掛けました。
4月日に鯉のぼりを見に芝山公園に行きましたが、まだ訪れるにはちょっと早く、
芝山公園には鯉のぼりが飾られていませんでした。
(その時の記事は こちら



月も変わって、この日から5月。
皐月です。
皐月の空にあたる鯉のぼりを見ようと、訪れたのは..............

           芝山公園


芝山公園では、緑輝く4月上旬から5月中旬までは、
約50匹のこいのぼりが春風に泳ぎます。
今年は4月22日から芝山公園に鯉のぼりが飾られているそうです。


今回は1番大きな芝生広場の近くに車を停め、
散策開始となります。

こちらが芝生公園入口。

       20140501芝山公園01



やっぱり芝生公園に来たら、埴輪のオブジェは欠かせません。(笑)

      20140501芝山公園02


      20140501芝山公園03


階段を下って芝生広場へと向かいます。

芝生広場の前で、はいポーズ!

      20140501芝山公園04


確か、芝生広場に鯉のぼりが飾られると聞いたけど、
鯉のぼりが見当たらない!

えっ、今年は中止? まさか..............

そんな事を頭の中に思い浮かべながら
園内を鯉のぼり求めて探します。


ここにも無い!

      20140501芝山公園05


ちょうど、JRTを連れて散歩している人がいたので聞いてみたら
芝生広場は芝生広場でも、別な芝生広場でした。

何せ、この芝山公園は何気に広く、園内も3つのブロックに分かれていて
芝生広場は2つのブロックに各々あるようです。

こちらが求めていた芝生広場。
そして、鯉のぼり。


      20140501芝山公園06


風になびく鯉のぼりをイメージしていましたが
この日は風も無く、まったく風になびいていません。

      20140501芝山公園07



びいすけ と鯉のぼりと飛行機のコラボレーション。


      20140501芝山公園08


約50匹の鯉のぼりですが、だら〜んと垂れ下がっているだけ。

      20140501芝山公園09

やっぱり、それなりの風にたなびき、泳いでいるように見えなきゃ!

      20140501芝山公園10


期待していただけに、ちょっぴり残念。

      20140501芝山公園11



時刻もお昼ちょっと前。
お腹も空いて来たから、早目のお昼にしましょう。

芝生広場の脇にある四阿で休憩です。

      20140501芝山公園12


此処に来る途中、コンビニで買ってきたオニギリとパン。

      20140501芝山公園13


パンもオニギリも びいすけ の大好物。
父さんと仲良く食べましょう。

      20140501芝山公園14


と、言ってるそばから『くれ!くれ!』攻撃。

仕方ないから、パンの端っこを見せて『マテ!』。


      20140501芝山公園15


『良し!』で飛びつく びいすけ 。

      20140501芝山公園16


今度はオニギリ。
シャケの具入り。

      20140501芝山公園17



食いつきが違います。

      20140501芝山公園18


      20140501芝山公園19


      20140501芝山公園20


結局、シャケのオニギリは びいすけ にほとんど食べられてしまいました。

オニギリ好きって、びいすけ だけなんだろうか?
シャケのオニギリが好きなワンコって他にいるのかなぁ?




2014/05/20 Tue. 16:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて.............旧芝山小学校跡  (2014年5月1日)(千葉県山武郡芝山町) 

5月1日 公休日


この日は芝山町へ出かけました。

芝山町の中心部(?)にあたる小池地区に芝山町の町役場があります。
実は、この町役場が建っている場所がかつての小学校跡と言うことで
訪れたのが........旧芝山町立芝山小学校跡



芝山小学校は
明治6年    大台小学校開設
明治6年    小池小学校開設
明治11年    新井田・芝山・高谷の三小学校を小池小学校に合併
明治22年    二川尋常小学校開校 分教場を殿部田・下吹入・大台・新井田の4区に置く
明治26年    大台分教場、大台尋常小学校として独立
明治26年    二川高等小学校3年制で開校
明治29年   二川高等小学校4年制となる
明治41年   二川高等小学校開校 大台・高谷に分教場を置く
明治41年   大台分教場4年制複式二段となる
昭和16年   学校令改正のため二川村国民学校となる
昭和18年   大台分教場2年制複式に改める
昭和22年   学制改革により二川小学校になる
昭和23年   高田分校(第3分校)設置(1~2年)
昭和30年   町村合併により芝山町立芝山小学校と名称変更
昭和37年   大台分校(第2分校)廃止し本校に合併
昭和38年   高田分校(第3分校)廃止し本校に合併
昭和39年   芝山中学校二川校舎跡地に校舎移転・校旗・校歌制定

と、このような沿革を歩んでいます。
(芝生小学校のHPより抜粋)

要約すると、古くは小池村に明治6年に創設された小池小学校が
近隣の小学校と統合され、また、明治22年に小池村が近隣の村々と合併して
新たに二川村が発足したため、二川尋常小学校として開校しました。
昭和30年に二川村と千代田村が合併して新たに芝山町となり、
芝山町立芝山小学校と改称されたようです。



芝山町町役場の入口に残る門柱。

      20140501旧芝山小学校跡01

開校記念と刻まれています。


薄汚れて見にくいですが、大正6年に建てられたモノのようです。

      20140501旧芝山小学校跡02


こちらが正門跡。
残された門柱が何と無く正門跡を彷彿させてくれます。

      20140501旧芝山小学校跡07


      20140501旧芝山小学校跡03


門柱の脇には桜の木。
二川小学校時代からの名残りの桜の木のようです。

      20140501旧芝山小学校跡04



正門跡から中に入れば、芝山町町役場の駐車場。

とても小学校の跡地には見えません。

      20140501旧芝山小学校跡08




駐車場から町役場の庁舎を眺めます。

      20140501旧芝山小学校跡09



こちらが、町役場庁舎。
かつて、芝山小学校の第二校舎があった場所らしい。
校舎を解体して、この庁舎が建てられたそうです。

      20140501旧芝山小学校跡06

ちなみに、庁舎に隣接する中央公民館は
芝山小学校の第三校舎と第二校舎の一部が建て替わったものだそうです。


町役場の周辺をぐるっと一回りしてみましたが
小学校跡を彷彿させる遺構はありませんでした。

記念碑ぐらいあるんじゃないかと期待していたんですが..............



逆に、土塁(?)が残っていたり..............

      20140501旧芝山小学校跡10


虎口のような土壇が有ったりして..............

      20140501旧芝山小学校跡05

ひょっとして、此処はかつての城跡?
確かに、城跡に学校が建っているって言うパターンは多いけど.......。



ちなみに、こちらが現在の芝山小学校。
かつての小学校跡地から1kmほど離れた場所にあります。

      20140501旧芝山小学校跡11


      20140501旧芝山小学校跡12

この日は平日で、ちょうど児童達が校庭で遊んでいた(体育の授業?)ため
カメラを首からぶら下げて、犬を連れた怪しい(?)オジさんが
校門前にうろついていると通報されると大変ですから、
早々に撤収いたしました..............。




2014/05/20 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

富里ふるさと自然公園  (2014年5月1日)(千葉県富里市) 

5月1日  公休日


月も変わって、この日から5月。
皐月です。
皐月の空に羽ばたく鯉のぼり。

先日、芝山町の芝山公園に鯉のぼりを見に行ったのですが、
時期が早くて、まだ飾られていなくて、
残念ながら空振りに終わってしまいました。
(その時の記事は こちら

リターンマッチと言う事で、この日は芝山町へ出掛ける事にしました。


佐倉市から国道296号線を東に向かって、
酒々井町、富里市と順調に車を走らせます。
富里市の七栄辺りで、こんな案内板を見かけました。

      20140501富里ふるさと自然公園01



『 ふるさと自然公園? 何それ?』

興味は尽きません。
鯉のぼりは逃げないし..............

      20140501富里ふるさと自然公園02


案内板に導かれるように、ウインカーを点滅させて
左折してふるさと自然公園を目指します。



こちらが、ふるさと自然公園の入口。


      20140501富里ふるさと自然公園03


駐車場もしっかり完備されているし、なかなか雰囲気は良さそうです。

園内の案内板でおおよその規模を把握し、いざ散策開始となります。


      20140501富里ふるさと自然公園04


大雑把に言ってしまえば、高速道路脇の自然が残る地区に
大雨の時の調整池を設けました。
ただ、調整池だけでは勿体ないので、テニスコートやサッカー場や野球場、
多目的な芝生広場を設けて広く一般開放していると言ったところでしょうか?
(富里市の関係者の方々、当たってますか?)

      20140501富里ふるさと自然公園24

まあ、こんな看板がど〜んと置かれていたら、
簡単に推測できますが..............



テニスコートの前を通り過ぎ..............

      20140501富里ふるさと自然公園25


テニスコートを右手方向に見ながら進みます。

      20140501富里ふるさと自然公園05


隣はサッカーのグランド。


      20140501富里ふるさと自然公園06



そして、その隣は多目的広場。
いわゆる、芝生広場って言うやつです。

      20140501富里ふるさと自然公園07



芝生広場に降り立ってみました。

      20140501富里ふるさと自然公園08


前日夜半に雨が降り、今朝も雨が降って
雨上がりの朝に此処に訪れるモノ好きはいない。
(って言うか、若干1名と1頭がいますが.......)

と言うことで、安全確認。
誰も居ないのを再確認して..............

走れ~! びいすけ!!


      20140501富里ふるさと自然公園09


      20140501富里ふるさと自然公園10


      20140501富里ふるさと自然公園11


      20140501富里ふるさと自然公園12


      20140501富里ふるさと自然公園13


正面からのアングルだから、よくわからないけれど......

飛んでる~っっ?

      20140501富里ふるさと自然公園16


      20140501富里ふるさと自然公園14


大きな弧を描き、3周ほど激走して満足したようです。

      20140501富里ふるさと自然公園15




再び、散策の開始

東関道を挟んで反対側(北側)にも散策路は続いています。

      20140501富里ふるさと自然公園17


北側の園地にも調整池があり、その隣は芝生広場
フェンス越しに調整池を眺めながら芝生広場へと向かいます。

      20140501富里ふるさと自然公園18


こちらが芝生広場

      20140501富里ふるさと自然公園19


こちら側(北側)の園地は、
ひょっとしたら訪れる人もいないんじゃないのかな?

しばし、びいすけ をフリーにしてみます。

      20140501富里ふるさと自然公園20


匂い嗅ぎに飽きたのか?
はたまた、散歩する犬もいないから匂いがしないのか?

珍しく匂い嗅ぎもに、いつものように専念しません

かと言って走り回るわけでもありません。

      20140501富里ふるさと自然公園21



ただ、ニコニコと私に笑顔を振りまいているようにも見えます。


      20140501富里ふるさと自然公園22


でもいいんです。
それでいいんです。

親バカと言われようが
びいすけ の喜んだ顔が一番いいんです.........。。


      20140501富里ふるさと自然公園23



この『富里ふるさと自然公園』、意外に穴場。
ちょっぴり気にっちゃいました。







2014/05/19 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

ドギーズガーデン   (2014年4月27日)(千葉県印西市) 

4月27日 公休日

この日は午後から印西市へ出かけていました。


せっかく近くまで来たのだから素通りしちゃ勿体ない。
と言うわけで、訪れたのは..............ドギーズガーデン


ドギーズのフェンス脇を車で走り、徐行。
誰が来ているか?
チェックをしてみると、柚子丸くんとダイくんがいる。

何日か前に素通りしちゃったから
今日はしっかりランに入りましょう。


ソフトバンクのQRコード用のアプリを入れたから
iPhoneでもQRコードが読み取れるようになったので
さっそくモバイル会員登録。
受付で手続きして月会員になっちゃいました。




ランに入ると、さっそく柚子丸くんのお出迎え。


      20140427ドギーズガーデン01


しばし、2頭で遊びます。


      20140427ドギーズガーデン02



いきなりのワンプロ?


      20140427ドギーズガーデン03



と思いきや、ワンプロには展開せず........


      20140427ドギーズガーデン04


何となく、乗り気でない びいすけ に柚子丸くんもつまらなさそう。


      20140427ドギーズガーデン05


どうしたんだろう?
今日は柚子丸くんと遊ばないのかな?

気まぐれな びいすけ 。

その後は気ままにドッグランなのに走ることもなく
近寄ってくるワンちゃんに絡むこともなく.........


      20140427ドギーズガーデン06



ひたすら芝生の匂いをクンクンと確認。
匂い嗅ぎに専念します。


      20140427ドギーズガーデン11


      20140427ドギーズガーデン12



ダイくん、柚子丸くんたちが並んで写真を撮っているところに
ちゃっかりと参加。


      20140427ドギーズガーデン07



ちょっと微妙な空間。


      20140427ドギーズガーデン08

この距離が常連さんたちとの差なのかなぁ.......?



陽も傾いてきました。

夕陽が笠神の田園風景を照らし出しています。


      20140427ドギーズガーデン09


      20140427ドギーズガーデン10


明日もきっと良い天気でしょう.......
でも仕事なんだよなぁ。


さぁ、今日も一日いっぱい遊んだから
そろそろ帰ることにいたしましょう...........。









2014/05/18 Sun. 16:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

中根城址  (2014年4月27日)(千葉県印西市) 

4月27日 公休日


笠神城址を攻略(?)した後は、
すぐ近くのドギーズガーデンには誰も居なかったので
もうちょっと足を伸ばして、同じく旧本埜村域にある城址に向かいました。

御館様 びいすけ と向かったのは..............中根城址


中根城は
別名、中根砦とも呼ばれています。
築城時期、城主等詳細は不明ですが、
近世以降に編纂された「東国戦記実録」などの記述によれば、
天正3年の冬に中根帯刀と、その嫡子中根主税が原肥前守方として
小林・笠上(笠神)城の合戦に加わり中根帯刀が討死を遂げたことや、
嫡子である中根主税が松虫寺、萩原の切所において豊島、土岐勢の攻撃を一時支えたのちに、
自らの館に立ち寄った旨等が記されているそうです。

歴史的な経緯は不明ながら、小林城笠神城などとの関連や
地理的な関連より、戦国時代後期にこの辺りに影響力を持っていた
原氏の家臣たる者の居城であったとも推測されます。





こちらが中根城の縄張り図


      中根城址縄張り図


      (余湖くんのホームページ よりお借りしました)




中根城址は本埜第一小学校の東部にある畑の中の道を進み
場内に入ることができます。

南北に細長い舌状台地の先端部が主郭に当たるため
この畑のあぜ道(?)を進みます。

この森の奥が中根城址となります。


      20140427中根城址01



こちらが三郭
すっかり耕地化されて、一面の畑です。

      20140427中根城址13



三郭と二郭を隔てる空堀跡。
すっかり埋められてしまい、跡形もない。
空堀の面影が何となく判ります。

      20140427中根城址12


こちらが、二郭。
こちらも耕地化されていて、かつては耕作地であったようですが
現在は、ほったらかしにされた削平地となっています。

      20140427中根城址11




いよいよ主郭に突入です。

主郭は全くの手付かず状態で、山林化しています。


主郭土塁と西側の腰曲輪。

      20140427中根城址02


思ってた以上に遺構が少なく
主だったものは、主郭西側の土塁と主郭西側と東側の腰曲輪ぐらいしかない。

こちらが主郭西側の土塁

      20140427中根城址03


      20140427中根城址04




主郭西側の腰曲輪

      20140427中根城址05


      20140427中根城址06




主郭東側の虎口
主郭東側の腰曲輪から見上げてみました。

      20140427中根城址07


主郭東側の腰曲輪
完全な竹林と化しています。

      20140427中根城址08


管理されている竹林なのでしょうか?
タケノコの盗難防止用(?)のネットが張られていました。

      20140427中根城址09


やっぱり、この時期に管理されている竹林に入るのは
ちょっぴり抵抗がありますね

      20140427中根城址10



主郭を歩いている時に、下草の藪っぽいところがガサガサと音がした。
気をつけて見てみると、ぴょんぴょん飛び跳ねて移動する物体があった。


何と、野ウサギでした.........。

慌てて、カメラを向けたけれど
ぴょんぴょん飛び跳ねて、視界から消えてしまいました。

野ウサギって初めて見ました。
本当に北総の台地って自然の宝庫なんですね。


ウサギの猟犬のビーグルですが、流石に野ウサギを追いかけていきませんでした。
って言うか、気がつかなかったみたいです(笑)。






2014/05/18 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit